競馬をやって何が悪い。〜予想は敗因分析から〜

菊花賞の出走予定馬展望が中心!今週あの人気馬はなぜ負けたのか? ラップとレース映像をリンクさせた詳細な敗因分析から競馬の真髄に迫る。 敗因分析できれば次買うべき馬が解る。競馬予想は回顧から始まる。

ジャパンカップ 2019 出走予定馬:ダンビュライト&松若騎手想定

time 2019/11/20

ジャパンカップ 2019 出走予定馬:ダンビュライト&松若騎手想定

第39回 ジャパンカップ(GI)出走予定馬展望

日程:2019年11月24日(日)
コース:東京芝2400m

予想用・出走予定馬一覧

ダンビュライト(松若騎手想定)

 今年は京都記念で久々の勝利を味わったダンビュライトがジャパンカップに出走予定だ。前走の今日おt大賞典では果敢に逃げて2着と新たな一面を引き出した。引っ張る馬がいなければ強気のレースメイク、それを府中でも展開できるか?

※この記事はブログ・note無料公開対象です。

 ジャパンカップを予想するうえで最大のポイントはダンビュライトが逃げるのかどうか、だと思う。これが行かなければ正直何が逃げるのかなかなか予想がつきにくい。またどういうペースで引っ張っていくのか。特にペースに関してはダンビュライト本人の結果を左右することになるとも思う。まあ難しいところではあるが、松若が府中の2400でどこまで強気に攻めていけるか。

京都記念(GII)1着

京都芝外2200m良 12頭6枠8番
2:14.8 63.3-59.3 S^4
12.9 – 11.2 – 13.1 – 13.1 – 13.0 – 12.2 – 12.2 – 12.0 – 11.9 – 11.1 – 12.1

 まずは3走前の京都記念勝ちから一応振り返りたい。この時の京都は時計が掛かっていた状態で、ペースも4秒のドスロー。ラップ推移的には向こう正面で12秒台に一応上がったものの上がりきらず、ほぼほぼ2F戦という感じ。なので直線でのギアチェンジが求められたもののL1で12.1と落ち込んでいるので差しもある程度利く、力の要る馬場でのトップスピード戦というところ。

 8番枠からまずまずのスタートを切ってハナも意識しつつ進めていくが、最終的には外からタイムフライヤーが行き切ったので控えて番手。道中もタイムから少し離れた2番手でドスローの流れに落とし込むが、向こう正面でブラックバゴが動いたので2列目の内に少しポジションダウンする形で3角。3~4角でも2列目の内ポケットでロスなく進めながら直線で馬場のいい外に出す。序盤でしぶとく伸びてここで先頭に立つ。L1で外からくるステイフーリッシュの追撃を振り切ってのクビ差の勝利。

 ここでは力の要る馬場でのトップスピード戦だったと思うが、その中で2列目とベストに近い位置から直線で馬場のいい外目を選択できたし、結果としてここでしっかりと伸びて先頭に立ってきたと。L1は甘くなっていると思うが、それでもステイフーリッシュやマカヒキレベルだったのでなんとかなった、というのが正直な感想かな。ぶっちゃけて言うと同日の松籟Sとそんなに差はない(63.2-59.6でL2最速で11.9-11.0-12.0)。なのでパワー型のトップスピード戦としてみているが、それでも低調な一戦だったと思うのでこのパフォーマンスでは正直ここに入っても厳しいだろうと思っている。まあダンビュライトの場合高速馬場のほうが合っている可能性もあるしそこで強気の競馬をしてくればという見方はできるかな。この勝利はあまり評価していない。

大阪杯(GI)9着

阪神芝内2000m良 14頭8枠14番
2:01.6(+0.6) 61.3-59.7 S^2
12.6 – 11.1 – 12.7 – 12.7 – 12.2 – 12.4 – 11.8 – 11.4 – 11.6 – 12.5

 大阪杯では9着と完敗を喫しているが、個人的にはそこまで悪くはないと思っている。もともとこの時の大阪杯は顕著に内有利だったと思っていて、実際上位はすべて内を通しているし、キセキ以外は最内を通した馬が1,3,4着。対して外から動こうとしたブラスト含め多くの実力馬が伸びあぐねている。その中で外からの競馬になったからね。3~4角で速いラップを踏んでいて時計が掛かるなかでもロングスプリントの競馬に近かったと思う。

 14番枠からまずまずのスタートを切ってそこから促しながら先行争いに絡んでいく。ただ最終的には無理はせずに控えてステイフーリッシュの後ろを選択、好位の外で向こう正面。このあたりでペースも落ち着いてしまって団子状態の中で好位の外、内に入れられずに3角へ。3~4角でステイの一つ外から必死に追走するが4角辺りで少し置かれつつ中団で直線。序盤でジリジリ伸びずばてずで後退気味。しかしL1ではそこまでばてずに食らいついて9着も0.6差で踏ん張った。

 これ結構悪くない内容で、この馬場としてはL3最速の11.4は結構速くおそらくロングスプリントのギアを要求されていると思う。もちろんだが後半は失速気味のラップなのでL1はまずポテンシャルのギアに落ちている。ここでいうほど離されなかったからね。ラップ推移からも3~4角で速いラップを踏んで外というのはかなり難しい競馬だったと思うし実際上位勢と伸びあぐねた馬を見ても顕著だったと思う。前半がもう少し流れていればまた違ったと思っているが、力の要る馬場でのスローからの4F戦で外外からでもそこそこやれた、というのはそんなに悪くないだろうと。

京都大賞典(GII)2着

京都芝外2400m良 17頭7枠14番
2:23.7(+0.2) 59.7-59.3 M
12.9 – 11.0 – 11.5 – 12.1 – 12.2 – 12.2 – 12.3 – 12.4 – 11.7 – 11.6 – 11.5 – 12.1

 前走の京都大賞典の逃げは内容のある競馬だったかなと思う。ペースは見ての通りで平均。ラップ推移的にも12秒前半を刻みながら3角の下りで加速して11秒台に入れての4F戦。標準~やや高速程度だし、速いラップをあまり要求されない競馬に持ち込めた。基礎スピード+ポテンシャル面でこれだけやれているし、個人的には怖いなという感じ。

 14番枠から好発を切って積極的に先行、ハナをちらつかせつつ内のドレッドノータスを制して積極的に逃げの手を打つ。そのまま比較的淡々とペースを作って後続に足を使わせつつ3角。3角では各馬がかなり仕掛けてくる中で徐々にペースを引き上げて後続に足を使わせつつ4角でパンと合図が合って出口で1馬身半ほどに広げて直線。序盤で2列目を出し抜きにかかるがダークホースのドレッドノータスに食らいつかれる。L1では抜け出されるがシルヴァンシャーの追撃は問題なく振り切っての2着。

 開幕週でうまく逃げられたというのもあるが、平均ペースでこれだけしぶとく踏ん張れているように、この馬は本来ある程度基礎スピードを活かした方がいい馬だとは思っている。3角手前で各馬がじわっと仕掛けてきたのでここからの4F戦に持ち込む形だったし、これは京都記念と違うパターンだがこれでしぶとく最後まで踏ん張れたし面白い競馬だったと思う。もちろんドレッドには差されたが、こちらは高速馬場でも分散すれば結構強い馬だからね。噛み合いさえすればだし、強気の逃げが打てるかどうかでかなり変わってくる馬だと思う。

ジャパンカップ2019への展望

 まあ、とにかく逃げてほしいなと。今回のメンバー構成なら噛み合い切れば勝つチャンスすらあると思っている。この馬の場合取り上げた3走がいずれも力の要る馬場ではあるんだが、高速馬場自体は問題ないというかむしろ本来は得意であってもいいと思っている。皐月賞のイメージをここまで引っ張ってどうか?というのもあるが、超高速馬場で59.0-58.8と平均でも12.4 – 11.9 – 11.4 – 11.4 – 11.7と少し緩んでの4F戦でこれを外から勝ちにいく形で最後までしぶとく食らいついたのは印象的にはいつまでも残ってしまうかな。この時の1,2着が内をうまくロスなく通したアルアインとペルシアンナイト。レイデオロやスワーヴ、ウインブライトも含めてこの世代は全体的なレベルは高かったと思っている(抜きんでた馬はいなかったが)。その中で皐月賞では地味に一番強い競馬といっても過言ではなかった。

 この皐月賞が京都大賞典とちょっとつながる部分はあると。平均ペースからの4F戦でしぶとく踏ん張れたが、力の要る馬場でのポテンシャル戦となるとちょっと甘さが出てしまった感じはある。京都記念だってメンツに恵まれただけでL1の減速ラップは準OPとそう差のないレベル。個人的には高速馬場で基礎スピードを活かしたうえでのロングスプリントがベストかなと思っているのでそういう競馬に持ち込めればチャンスは大いにある。後はビビるかビビらないか。松若も京都ならいいが東京の2400で逃げるとなるとかなりペースを上げていく意識を持たないとおそらく難しいと思う。昨年のキセキよりも少し速いぐらいのペースを作ってくれればなあ。59秒前後で入って道中もそこまで緩めずに強気のレースメイクができれば…とは思っている。現実的に松若にそこまで期待するのは困難なので印としては回すつもりだけど重い印までは…?かな。良い馬だけど、とにかく進め方次第。

sponsored link

マイルCS無料開放情報的中!
先週淀エリ女→福島フルーツライン→淀マイルCS!3タテ!!
───────────────── 
マイルCS    228%
フルーツライン  384%
エリザベス女王杯 290%
レース前日夜に 実際配信された買い目がコチラ↓
─────────────────

─────────────────────
土曜福島メイン12番サンアップルトン力強い伸び!!マイルCS5番インディチャンプからの3連複的中!!ご紹介しててよかった!またまた的中報告がきてます!
そして絶対見ておくべき!ジャパンカップも無料開放確定!
前日夜ににG1厳選買い目無料開放あり!!!!
まだまだG1続くのでここの重賞無料予想はエントリーマストです。
ジャパンカップ厳選買い目無料版エントリー
無料メール登録後確認メールがきたらクリックしてログイン。締切りはないと思いますが、お早目のエントリーは必須ですね。(無料予想でこの精度!連続的中期待できそうですね!!)

競馬をやって何が悪い。分析note…弥生賞から高松宮記念まで!



Links

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。