競馬をやって何が悪い。〜予想は敗因分析から〜

菊花賞の出走予定馬展望が中心!今週あの人気馬はなぜ負けたのか? ラップとレース映像をリンクさせた詳細な敗因分析から競馬の真髄に迫る。 敗因分析できれば次買うべき馬が解る。競馬予想は回顧から始まる。

シリウスステークス 2019 予想:本命10マッスルビーチ

time 2019/09/28

シリウスステークス2019の予想

阪神11R ダ2000m
馬場想定:良~稍、標準ダート想定

展開予想

 雨は今のところは金曜正午で普通に良馬場、明日は正直天気は微妙で降らない可能性もあるんじゃないかなと。まあ降っても稍重程度まで、標準ダートぐらいで想定しておきたい。

 展開予想だが、逃げ馬が内のヤマカツライデンが包まれたくないので芝スタートの地点で主張しそう。外からメイショウワザシも競っていくかもしれないが、2000は明確に距離の意識を持ちそうなのでそこまで競っていかない可能性もある。ペースはそこまで速くはならないまま1~2角でさらにペースダウン。向こう正面からの競馬になる可能性が高く、イメージとしては62-61ぐらいでスローバランスでも3秒台に入ってくるかなという感じで見ておきたい。

予想

◎10マッスルビーチ
○08アングライフェン
▲01ピオネロ
△04モズアトラクション
△09ナムラアラシ
3連複:◎軸○▲△BOX
3連複:◎▲軸○△流し
3連単F:◎○▲→◎○▲△→◎○▲△

◎マッスルビーチ

 本命はこの馬にした。ピオネロと悩んだけど、ピオネロは最内は良いんだがタイムフライヤーやヤマカツライデンといったところが当てにならないのでそこで包まれた状態で動けないリスクがあったので本命にはしづらくなったという感じ。逆にマッスルビーチはこの枠なら前半から割と自由度の高いポジショニングができる。前半はそこまで無理をしなくてもいいし芝スタートでそんなに前を取れる感じはしないが2000でこのメンツなら好位も視野。急かさなくていいので1~2角のペースダウンで外からなら自然と前との差は詰まってくると思う。流れとしてみても楽に入りやすいのが一つ。

 それと何といっても前走の鳥取特別が圧巻だったこと。阪神の1800でペースは47.6-49.9とかなりのハイだがこの馬は後方で進めつつ、12.3 – 12.5 – 12.8 – 12.4 – 12.4 – 12.3とL1でも12.3と落ちない中で3馬身ぐらいあったところをL1でズドン。もちろんL2の地点でも伸びてきていて後方中目から直線外という感じだったがそれでも強烈。恐らく後半4Fは48秒前後、47秒台も視野に入ってきているので、その点で考えればかなりの後半型の競馬ができている。これなら距離延長自体は歓迎できると思うし、何よりL1を自身では推定11秒台で伸びてきていることを考えても底が全く見えない。エンジンをかけてやらないとなかなか動けないイメージなので、松岡ならある程度3~4角で強気の仕掛けをしてくれると思うし、50kgで出し切ってという競馬ができれば。今年の3歳はダート路線が凄いと思う。

○アングライフェン

 相手はちょっと悩んだがアングライフェンにした。仁川Sが悪くなくて、ここではピオネロに敗れているが63.9-61.8とかなりのスローからの13.0 – 12.2 – 12.2 – 12.2 – 12.4 – 12.8と5F戦で中団内で包まれながらもしっかりと進路を作ってL1でピオネロに対して内から並びかけて僅差の2着。ちょっとペースが遅すぎた感じはあるし内枠で包まれてしまったのもね。2走前のブリリアントSでは61.0-60.9と高速ダートで平均で流れ、12.4 – 12.1 – 12.0 – 11.9 – 12.5と淡々とした中でポジションを押し上げながら最後までしぶとく伸びての勝利。テルペリオンやピオネロをここでは撃破していると。基本的には全体で流れたほうがいいが、ポジションをある程度押し上げてもいい馬なので、外目の枠なら1~2角から向こう正面序盤で早めに動いていけるかなと。川田を信頼しつつ対抗に。できれば平均ぐらいまでは流れてほしいけど、まあ1秒程度のスローで前を取る意識があれば。

▲ピオネロ

 阪神2000にフィットしている馬。まず基本的には後半のロンスパの状況が望ましいのと、前半はそこでしっかりとロンスパの流れに対応するために息を入れたい。阪神は1~2角が急なので息が入りやすいし、そこから向こう正面でのロンスパになりやすい。この馬はそこが合うんだと思う。3走前の仁川Sの場合は63.9-61.8とかなりのスローだったが、13.0 – 12.2 – 12.2 – 12.2 – 12.4 – 12.8と5F戦で2列目の外から掛かり気味に入りつつロスがあってもL2ではしっかりと対応してきた。L1で甘くなるのはこの馬の弱点ではあるが、それでも一昨年のシリウスS2着が60.5-61.2とややハイ寄りの平均で流れて12.5 – 12.3 – 12.1 – 11.8 – 12.5というラップ推移で2列目外からしっかりとマスクゾロの出し抜きに食らいついてきた。基礎スピードも息さえ入れば2000なら対応できるし、2段階加速もキックバックを受けながらでもできる。なんでもできるタイプだし総合力は高い。2列目ポケットでスムーズなら今回のメンバー構成なら普通にチャンスだと思う。3連複の相手で穴目で狙いたい一頭。

△モズアトラクション

 まず内枠が良くない。ゲートは甘いのでどうしたって後方からの競馬になるなら、早めに外を確定させて動きやすい外枠の方が良かった。内枠だと下げ切ってから外になると有力差し馬のさらに後ろになるし、押上げポイントとなる1~2角の減速地点で外まで持って行けなければ最後方付近からロンスパで外々になると仁川Sみたいになってしまうこともある。また、エルムSが爆発したんだが47.6-49.9と極端に流れた中で追走してバテ差してきた。この感じだと割とポテンシャル面でもやれてきたけど、基礎スピードを問われたうえでのものなのかなという感じ。消しても良いかなとも思ったんだけどね…ただやはり出し切っちゃえば平安Sを見てもわかるように49.2-49.6と平均、12.9 – 12.2 – 12.1 – 12.5 – 12.8と坂の下りからの競馬でL3最速、外からチュウワウィザードと共に伸びてきて決定的な伸びを見せた。59kgとはいえオメガパフュームを撃破していて、かみ合ってしまえば地力は最上位は間違いない。まあ今回はかなり不安はあると思うが、それでも地力を評価して連下で押さえておく。

△ナムラアラシ

 追い切りがなぁぁぁ…はっきり言って良くは見えなかった。ただあそこまで酷ければ逆にみんな買わないだろう。もともと追い切りで走ってくる馬ではないから、あんまり気にしすぎずむしろ地力を評価すべきか。この馬も出し切ったらトップレベル相手にやれる阪神2000巧者。5走前のアルデバランSではアングライフェンに敗れているのでそれ以上の評価はできないが、それでも12.6 – 12.6 – 12.2 – 12.6 – 12.7とL3最速の流れで後方馬群の中を捌いてL1でぐんと来た。この馬もエンジンのかかりが遅いのでバテ差しが効く形のほうがいい。条件はいいが、休み明けと追い切りが悪いのを少し嫌って穴目で押さえる程度にしておきたい。

sponsored link



先週の無料情報見ましたか?!黄金コンビ+シュナイダーくんみたいな3頭!
しかも10人気を5頭内におさめて77,250円獲得!

1着13ゴールドクイーン 04人気
2着11ヒロシゲゴールド 02人気
3着04ラインシュナイダー10人気  5000円投資→77,250円(1545%)
普通ラインシュナイダー10人気いれますかね?! ファイヤー!ですね(笑)



札幌記念、STV杯、小倉記念、クイーンS、京王杯SC、Vマイル、宝塚記念、 そしてダービー!いつもうまい感じで無料買い目情報で的中をもたらしてくれてます! 
そして朗報! 例年人気薄好走、配当高めのシリウスS,スプリンターズSを無料配信。 この重賞にどの穴馬をいれてくるのか?見ておいて損はないはずです。
週末買い目エントリー⇔コチラから
Yahoo,Gmailを推奨します。当日バタつくのでお早目にエントリーし 前日20~22時頃までお待ちを!メルマガで注目馬や各重賞情報も配信されるので平日から要チェックです。

競馬をやって何が悪い。分析note…弥生賞から高松宮記念まで!



Links

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。