競馬をやって何が悪い。〜予想は敗因分析から〜

菊花賞の出走予定馬展望が中心!今週あの人気馬はなぜ負けたのか? ラップとレース映像をリンクさせた詳細な敗因分析から競馬の真髄に迫る。 敗因分析できれば次買うべき馬が解る。競馬予想は回顧から始まる。

神戸新聞杯 2019 予想:本命03サートゥルナーリア

time 2019/09/21

神戸新聞杯2019の予想

阪神11R 芝外2400m
馬場想定:良~稍、超高速馬場想定

展開予想

 雨の程度が読みにくいが、今のところそこまで降る感じではなさそうなのかなと。よほど極端に降るようなら考え直すかもしれないが、基本的にはあまり影響のない前提で土曜通りの超高速~少し渋って高速ぐらいまでの範囲で幅は持たせる。

 展開予想だが、これが難しい。ひとまず動画でアップロードしているのでそちらを見てもらえたらというのはあるけど、あれも一つの展開というだけでこれといって決まっているわけではないだろうと。この枠の並びになった時に、サートゥルもヴェロックスも権利は必要なくあくまでたたき台の一戦。必要なのはワールドプレミアやシフルマンといったところ。粘り込み3着を懸けての勝負というのもあるかな。いずれにせよ、前に行く意識を持ちそうなのはこの2頭だと思うし、豊が逃げの手を主張するところまで行くかどうか。どちらにせよスローバランスにはなると思うが、幅を見ても60-59~62-58ぐらいまでは十分あり得る。後はヴェロックスの川田がどの程度早めに動くのか次第。

予想

◎03サートゥルナーリア
○05ヴェロックス
×04レッドジェニアル06シフルマン08ワールドプレミア
3連複:◎○軸△×流し
3連単F:◎→○→×

◎サートゥルナーリア

 この本命に関しては勝つ可能性も高いと思っているし、連軸としての信頼度が高いという点でヴェロックスより上、という評価。この馬は総合力の塊みたいな馬で、ある程度どういう競馬でも高いレベルで対応できてしまうのが強み。特にポテンシャル、ロングスプリントをそこそこ高いレベルで持ちながら要所でもう一段の脚を使えるし、それが鋭い。また緩い流れから一気に加速ができるギアチェンジも持っていて、鞍上の意図通りに動けるような展開になれば競走馬としての完成度の高さで勝負になると。だから化け物ではない、天才肌って感じの馬。

 何といっても機動力が素晴らしい。ホープフルSは正直調教みたいな競馬だったと思うが、62.5-59.1と超スローからの11.8 – 11.8 – 12.2 – 11.5 – 11.8と2段階加速戦。2列目の内で包まれた状態から直線で進路ができるかどうか?というだけの手ごたえ、強引に割って出るほどの瞬時のギアチェンジで一気に突き抜けた。レベル的には平凡だがこのギアチェンジの性能の高さがこの馬の武器で、萩Sも楽なメンツだったが12.8 – 12.5 – 12.4 – 11.4 – 11.7と2F戦でほぼ手が動かず一気に反応していたからね。ここまで後半の競馬センスを見せている馬はなかなかお目に掛かれない。

 ただし、逆に言えばこのセンスの良さを必要とされない競馬では少し脆さがあり、ダービーでは57.8-60.5と超ハイをリオンリオンが刻み、離れたロジャーバローズが平均ペースで3~4角で捕まえに行く、12.3 – 12.4 – 12.2 – 12.0 – 11.9 – 12.0と淡々とした流れで離れた中団の大外から脚を使って押し上げざるを得なかった。余力があった直線前半ではヴェロックスの外から交わして明確に前に出る一方で、一杯となると甘くなって最後は4着とヴェロックスに差し返されてしまっている。皐月賞でも59.1-59.0と平均の流れ、12.1 – 12.2 – 11.7 – 11.6 – 11.4とL1最速の流れで中団外からすっと反応してL2の地点で先頭に立って抜け出しかける。L1で食らいつかれる形になっているが、加速していく過程がいい馬。その点を踏まえると阪神外回りではヴェロックスの方が適性的には良いかなとも思っているが、今の高速馬場ならトップスピードの質でこちらが上回れると思う。一列ぐらい後ろ、内目で立ち回って器用さを活かせる形なら勝ち切ってくれると信じたい。

○ヴェロックス

 相手もヴェロックス。ただ馬券的には2着付けにしたい。この世代は4強だとみていて、その中でどういう展開でも強いのがサートゥルで、ヴェロックスはスローロンスパでポテンシャル戦が理想だと思う。少し動き出しで鈍いところがあって、若駒S,若葉Sは強い競馬だが先行策からいずれも速いラップを要求されないタフな馬場、ポテンシャル戦での完勝。皐月賞はもちろん強かったと思うが、59.1-59.0と平均の流れで好位の外から勝ちに行く形になった。それでも12.1 – 12.2 – 11.7 – 11.6 – 11.4とL1最速の流れで加速していく過程のL2の地点であっさりサートゥルに交わされている。

 基本的にはL1で踏ん張って伸びてくるタイプで、東スポ杯では4着だったが内容的には一番上。48.5-46.2とかなりのスローから11.9 – 11.6 – 11.6 – 11.4 – 11.6と後半5F戦で外から勝ちに行ってL1でようやくという感じ。ダービーでもそういう競馬でL1で伸びてきているわけで、基本的には出し切る意識がないと難しい。過去になるが野路菊Sではスローからの12.8 – 13.0 – 11.1 – 11.1 – 11.9と3F勝負でカテドラル相手に苦戦していた。この感じからも川田が主体的にどうレースを作っていくか次第。4~5Fで分散したとしてもサートゥルナーリアは無理をしなければポテンシャルも高いレベルにあるし、ダービーからロングスプリントもある程度は持っているので、ヴェロックスとしては3角辺りで先頭に立ってペースを引き上げてサートゥルに追いかけさせるような競馬にもっていきたい。その点では競馬が難しいのはヴェロックスの方だと思う。本番なら川田もそういう競馬をしてくると思うんだけど、前哨戦でと考えたときにそういったリスクをどこまで取ってくるかやね。無難に乗ってしまうと総合力の高いサートゥルに見劣ると思う。まあ単純に見る分にはここは楽しみな一戦ではあるけどね。どう成長してくるか楽しみではある。ジャスタウェイに初重賞をという点もあるしね。

×レッドジェニアル

 まあ難しいけど、シンプルに単純な地力では3番手に入ると思う。この馬はダービーでも57.8-60.5と超ハイから12.3 – 12.4 – 12.2 – 12.0 – 11.9 – 12.0と流れた中で後方からの競馬となってしまって自分の脚はそれなりに使ってきたけどという感じ。2走前の京都新聞杯では60.0-59.5と平均から12.4 – 11.8 – 11.7 – 11.5 – 12.1と分散してロジャーバローズの勝ちパターンをきっちりと外から捕え切った。ここでは流れた中で中団に入れたというのもあるからね。ただトップスピードの質は目立っていないし、スローからの後半勝負で?というのは少し不安がある。こちらは2強が早めに仕掛けてきた時に目標にしての3着なだれ込み要員。

×シフルマン

 こちらは前残りで後ろの2頭が仕掛けを遅らせたときに残ればのシフルマン。この馬は一瞬の反応は良いんだけど使える脚が限定的、という感じでトップスピード戦でも速いラップをある程度踏めるほうだと思う。4走前のフリージア賞では東京2000で12.6 – 12.4 – 11.3 – 11.3 – 11.4と3F勝負で番手からすっと反応してL2で抜け出したがL1で甘くなっている。このレベルでは質的にはさほどでもないが、要所ですっと動けていたのは良いし、若葉Sでもヴェロックスが早めに勝負にくる中で12.3 – 11.9 – 12.0 – 11.5 – 12.0とL2で加速してここでは抵抗できていた。L1で甘くなってワールドプレミアに差されたが、少しリードをもらって仕掛けを待つことができれば面白いね。

×ワールドプレミア

 豊がここでどう乗ってくるか。逃げる可能性もあると思うし、番手でコントロールの可能性もまあまあ高いと思う。ヴェロックスがどの位置を取ってくるかだが、ワールドプレミアとしては逃げるかどうかはともかく、ある程度前目から早めに仕掛けつつ何とか出し切って粘りたいというところだろうと。シフルマンとの兼ね合いで行かないようなら行ってもいいだろうしね。若葉Sでも62.2-59.9とかなりのスローからの12.3 – 11.9 – 12.0 – 11.5 – 12.0とL2の加速で少し置かれていてL1ジリジリとは伸びてきた。京都2歳Sでも12.8 – 12.0 – 11.6 – 11.2 – 11.6と加速していく過程で外から動かしていたのに置かれていた。おそらくトップスピードの質的には足りないと思うし、シフルマンにも早い段階では不利になると思うので、これに対して早めにプレッシャーを掛けてどこまで粘れるかやね。

sponsored link


―――――――――――――――――――――――――
≪直近の勝負重賞もとにかく当たってます!≫
―――――――――――――――――――――――――
◎アイビスサマーD   2万7100円【的中】
◎エルムステークス   2万1140円【的中】
◎セントウルステークス 1万9570円【的中】
◎新潟2歳ステークス  1万2250円【的中】
◎小倉2歳ステークス    3190円【的中】
◎紫苑ステークス      2400円【的中】

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

今週の【神戸新聞杯】は情報で絞って狙える!

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

昨年は◎○穴で会心の万馬券的中!

さらに今年のダービーも!皐月も獲った!

―――――――――――――――――――――――
本当にサートゥルナーリアの相手探し?

神戸新聞杯の『絞りに絞った3頭』を無料で教えます

―――――――――――――――――――――――

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

【絶好調】毎週のように万馬券ラッシュ!
―――――――――――――――――――――――――

■8月 3日札幌 5R 33万4450円【的中】
■9月 1日新潟 5R 15万7460円【的中】
■8月10日小倉 3R  8万5100円【的中】
■7月13日福島 9R  7万2710円【的中】
■7月20日福島10R  6万9630円【的中】
■7月20日中京12R  6万7140円【的中】
■8月31日小倉 6R  5万1970円【的中】
■7月13日福島 5R  4万6810円【的中】
■8月25日新潟 6R  4万6160円【的中】
■8月11日札幌 6R  4万5000円【的中】
■8月10日小倉12R  4万2740円【的中】
■8月10日札幌 8R  3万6380円【的中】
■9月 1日新潟 3R  3万2760円【的中】
■7月28日札幌10R  3万2410円【的中】

※他にも厳選鞍から的中多数!(300倍以下は割愛)

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

【神戸新聞杯】はこの3頭!絞りに絞った3頭を教えます


★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★



競馬をやって何が悪い。分析note…弥生賞から高松宮記念まで!



Links

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。