競馬をやって何が悪い。〜予想は敗因分析から〜

菊花賞の出走予定馬展望が中心!今週あの人気馬はなぜ負けたのか? ラップとレース映像をリンクさせた詳細な敗因分析から競馬の真髄に迫る。 敗因分析できれば次買うべき馬が解る。競馬予想は回顧から始まる。

札幌記念 2019 出走予定馬:ワグネリアン&福永騎手想定

time 2019/08/15

札幌記念 2019 出走予定馬:ワグネリアン&福永騎手想定

第55回 札幌記念(GII)出走予定馬展望

日程:2019年8月18日(日)
コース:札幌芝2000m

予想用・出走予定馬一覧

ワグネリアン(福永騎手想定)

 昨年の日本ダービーでは強烈な末脚だけでなく積極的なポジショニングで福永をダービージョッキーとした名馬ワグネリアンが札幌記念に出走予定だ。馬の強さだけでなく、福永の好騎乗が勝利を手繰り寄せた。今年は大阪杯で3着、そろそろダービー馬の存在感を見せておきたい。

※この記事はブログ無料公開対象です

 タイプとしては後半のロングスプリント型で、瞬間的な切れ味はさほどではないが長く速いラップを連続する競馬が合っていると思う。今回はおそらく全体で流れると思うのだが、基本的にはスローで結果を残してきた馬なのでその点をどう判断するかやね。皐月賞がいまいちだったのがなあ…。

日本ダービー(GI)1着

東京芝2400m良 18頭8枠17番
2:23.6 60.8-58.3 S^2
12.7 – 11.0 – 12.3 – 12.4 – 12.4 – 12.3 – 12.2 – 12.0 – 11.7 – 11.2 – 11.2 – 12.2

 まずは当然日本ダービー勝ちから振り返りたい。東京の2400m戦でペースは2.5とかなりのスロー、そこからの4F戦気味と。最速11.2でそこまで速いラップを要求されず、分散されてのロングスプリント的競馬とみていいだろう。

 17番枠から五分のスタート、そこから外枠でも怖がらずにじわっと促してポジションを取って好位の外。道中壁も作れなかったが折り合わせながら3角へ。3~4角で好位の外からコズミックフォースを目標に進めて2列目付近で直線。序盤から追われてしぶとく食らいつくがまだ地味。L2でもじりじりと伸びてコズミックに並びかけ、最後は内で粘るエポカドーロを競り落として半馬身差の勝利。

 福永が強気に勝ちに行ったことが全てを引き寄せたなという内容。あらためて見ても、やっぱりこの前半んのスローの内に良い位置を取れたのが大きいし、3~4角で前がペースを上げていく中でも怯まずに動く形になったが、それでL1の減速ラップで差し込んできているからね。かなり強い競馬だったとは思うが、同時に福永がここまで攻めなければ恐らくまた届かなかったんだろうなと思う。強さを見せたものの、スローでポジションをしっかりと取ってという競馬だし、後半型の競馬なのは間違いない。評価するという点でもスパッと切れたというよりは11秒前半を維持しつつというロングスプリント的な競馬かなと。

大阪杯(GI)3着

阪神芝内2000m良 14頭2枠2番
2:01.1(+0.1) 61.3-59.7 S^2
12.6 – 11.1 – 12.7 – 12.7 – 12.2 – 12.4 – 11.8 – 11.4 – 11.6 – 12.5

 今年の大阪杯では2000m戦の中でしぶとく差し込んで3着と一定のパフォーマンスは見せてきたといえる。ペースは1.6でかなりのスロー、そこからの後半の4F戦でL3最速11.4。これだけ見ると微妙だが、当日は時計がかかっていたし、その中でのL3最速11.4なのでこの馬場でのロングスプリント的なギアが求められていたのかなという感じ。3~4角中間地点で速いラップを要求されているし、このレースは明らかに内で立ち回った馬が上位を独占しているという点で考えても、評価が難しい一戦。

 2番枠からまずまずのスタート、そこから無理はせず中団の内目で進めていく。道中もスローの流れで3列目の内目で我慢。3~4角でペースが一気に上がっていく中で上手く内内を通しながら直線。序盤で最内を取ってアルアインの抜け出しに食らいつく。L1では外からキセキが伸びてきていてクビ差で3着まで。

 ここでは3~4角でペースが一気に上がった中で最短距離を通すことができたのが大きかったと思う。そのうえで後半のロングスプリント的競馬になったが、キセキやアルアインといった5歳世代のトップレベルを相手にワンパンチ足りなかったかなとは思う。ただ内目を立ち回った馬が上位なのは間違いないところだが、直線で完全に最内だし避けていた馬も多かったので、直線で通したところの差が多少あった可能性はあると。まあこの競馬がワグネリアンにとってのベターか?といわれると微妙だが、前半ゆったりの中で後半のロングスプリントをある程度引き出せたというのは確かだと思う。個人的には時計がかかる馬場が影響したのもあるかなと。

皐月賞(GI)7着

中山芝内2000m良 16頭1枠2番
2:01.6(+0.8) 59.2-61.6 H^2
12.6 – 11.0 – 11.9 – 11.5 – 12.2 – 11.9 – 12.4 – 12.4 – 12.7 – 12.2

 この皐月賞が個人的には物足りなかったかな。ただ基礎スピード面でどうこうというよりはポテンシャル面での話になる。このレースは字面で見ればかなりのハイだが、前3頭がぶっ飛ばしていたもので、離れた4番手のエポカドーロ以下は推定で1000通過61秒ぐらいの入りだったと思う。なので実質はスローロンスパの可能性が高いわけで、その流れでいまいち伸びきれなかったのはある。あまり分散されないほうがいいタイプの感じはするんだけどね。

 2番枠から好発を切っていたが無理はせずに外の馬を行かせて中団馬群の中で様子を見ながら進めていく。道中も外目に誘導しながら中団の外目で追走、3~4角で手が動いて追われているのだが後方に下がってしまって直線。序盤でそこからの伸びも地味、L1まで狭かったのもあるがグレイルやステルヴィオに見劣りなだれ込んでくるだけの7着完敗だった。

 ここでは3~4角で外から動きたかったがむしろ下がってしまった感じ。直線での伸びという点でも正直言って目立ったものではなく、窮屈だったのを差し引いてもグレイルには決め手で見劣ったしジャンダルム辺りと比較してもそんなに変わらなかった印象を受けた。まあもちろんスムーズさを欠いていた可能性もあるし、ペースの問題というよりはロングスパートで完全にポテンシャル面を求められると難しかったという感じではある。ただもちろんだが札幌記念でもコーナーでの動きが求められる可能性が高いし、立場的にも内で我慢してという競馬ができればいいが外枠だと簡単に内には入れられないだろうからね。その点も踏まえて3~4角で外からポテンシャル戦となった時の不安はやはり拭えない。

札幌記念2019への展望

 この世代はまだ評価が難しいところはある。ブラストワンピースが古馬になってあそこまでダメになるとも思わないし、エポカドーロもイマイチ。フィエールマンとグローリーヴェイズが天皇賞春で強かったが、シャケトラの不幸も含めて古馬の一線級が不在だったともいえる。この馬自身も大阪杯では悪くない流れでアルアインやキセキといった1つ上の先輩に先着を許す格好で、もちろん首差首差で差のない3着と悪くはないが抜きんでたパフォーマンスを見せているか?といわれると微妙。

 そのうえで、2000適性も1周コースで割と淡々とした形になると微妙かなと思っている。大阪杯は前半が明確にスロー、後半も4F戦に近い形で中間的なロングスプリントの競馬になったのも良かったかなと。皐月賞みたいに前後半でややスローではあっても後半ある程度分散して速い上がりを引きだせないような競馬はあまり噛み合っていないように感じた。特に3~4角で外から動こうとしてポジションダウンしていたのは引っかかるね。コーナーが緩い札幌なのでコーナーで勝負する形での不安があるというのは個人的には気になる材料かな。東スポ杯勝ちが流れた中でやれているが、メンバーレベルには恵まれていてこれをどの程度評価できるかはここまでくると微妙。現時点ではまだ不安はあると思うが、能力的にはもちろんここでも十分勝負になるだけに、連下あたりで押さえるのが妥当かなと。枠順も踏まえつつ最終的に判断したい。

sponsored link

PR)競馬学会の予想に痺れました!!
今週もよろしくお願いします!

毎週無料予想土日計2鞍ずつ配信される競馬学会
このサイトの無料予想が絶好調と読者様よりご報告が入りました!

▼先週の無料予想的中実績
8/10(土)札幌11RSTV杯
三連複ボックス2.5.6.7.10
結果:7-2-10 2,250×500=11,250円獲得◎

これが実際に無料配信されていました。
基本的に3連複のBOXなのですがこれが的中率が高い!

▼その他無料予想実績
8/4小倉11R 小倉記念【3連複】ボックス
3,5,6,8,9 推奨購入馬券代:500円
小倉記念の結果は8-9-6で見事に的中!40,150円獲得◎

今年の日本ダービでは12人気ロジャーバローズを組み込み見事に三連複万馬券を的中◎



日本ダービー(G1)3連複1→7→13 12,050円的中!12番人気を5頭の中に入れるとは!
今週は「札幌記念(G2)」週。土曜札幌日刊S杯・日曜札幌記念(G2)無料配信!!
誰でも無料登録できますのでお早めのご登録を推奨します!
今週の札幌日刊S杯と札幌記念(G2)の無料予想を受け取るにはコチラから!


競馬をやって何が悪い。分析note…弥生賞から高松宮記念まで!



Links

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。