競馬をやって何が悪い。〜予想は敗因分析から〜

菊花賞の出走予定馬展望が中心!今週あの人気馬はなぜ負けたのか? ラップとレース映像をリンクさせた詳細な敗因分析から競馬の真髄に迫る。 敗因分析できれば次買うべき馬が解る。競馬予想は回顧から始まる。

関屋記念 2019 レース回顧・結果:ミッキーグローリー、好調ルメールを背に夏の新潟でも鋭く弾け完勝

time 2019/08/13

関屋記念2019のレース回顧・結果

新潟芝外1600m良
1:32.1 46.5-45.6 S^1
12.6 – 10.9 – 11.2 – 11.8 – 11.5 – 11.8 – 10.8 – 11.5

展開分析・総評

 関屋記念の方も想定の範囲内ではあるが、2秒前後のスローをベースとしているので想定よりはバランス的に1段階速い、という感じの流れになった。ペースは0.9でややスローの範囲も平均に近い。ただ、比重としては後半型の競馬ではあるので、ある程度の位置からしっかりと速いラップを踏める馬、もしくは後方からなら高速馬場で速いラップを維持し続ける能力面が問われていると思う。ミッキーグローリーは上がり的に見ると凄まじいけど、映像的に見るとトップスピードの質でスパッと切れたというよりはロングスプリント能力の高さになるんじゃないかなと。というかロードクエストは何なんや…。

1着13ミッキーグローリー(ルメール)

 出負けして後方からの競馬となってしまう。道中も促していたがあまり前につけられる感じはなく追走に苦労しつつ後方外目。3~4角でも外目を追走しつつ馬群の中目でここでは外に出さずワンテンポ我慢して直線へ。序盤で前が一気に離している状況で促されているがまだ後方馬群の外目でもたついている。l2の最速地点では前のディメンシオンが伸びていて地味目、その外に出してから徐々に伸び始めるとL1で前が減速したところで一気に突き抜けた。

 この馬は多分10秒台後半を連続しているという感じ。瞬間的にスパッと切れたというよりはL1でまとめて面倒を見た。そこまでにトップスピードに近い状況で風よけを上手く利用できていたしこの辺はルメールらしい進め方。L2ではまだ4列目で前とは4馬身はあったと思う。ここからL1でもまだ詰まってなくて3馬身差ぐらいからL1でぐんとだからね。11.5の地点で3馬身差を捕えていてここで恐らく11.0ぐらい。L2でも少し詰めていたが1馬身ぐらいなのでおそらく10.7前後ぐらいだと思う。L3で前が11.8とラップを落としていて、単騎逃げ馬がここでつかまっているので恐らく後ろの馬はある程度本仕掛けが早かったんじゃないかなと。ただ、ここまで速いラップとなるとたぶんトップスピード勝負になっているとは思うんだけどね。L2の地点まで仕掛けを待ってここで上手く風の抵抗を避けながら外に出してから維持することができたという感じ。前に進んでいかなかった中でルメールも最大限に勝つための我慢をして最後に弾けたというところ。この競馬なら本質的にはもうちょっと距離があったほうがいいだろうね。サングレーザー的な感じで秋天に出ても面白いと思うんだけどね。スパッとは切れないけど、高速馬場でかなり速いラップを連続してくるしこの馬場でのロングスプリント適性が高そう。いい馬だと思う。

2着14ミエノサクシード(川島信)

 やや出負けしていたが、そこから積極的に前半でポジションをリカバーして好位の外を取る。道中も極端ではないがスロー寄りの流れ、好位の外でロスを厭わず3~4角でも好位の外から直線へ。序盤で軽く追われる程度でまだ仕掛けず、徐々に取りついてL2で仕掛けられるとここで2列目から先頭列に並びかけてくる。L1ではソーグリッタリングとのたたき合いを外からまとめてミッキーグローリーに面倒みられたがそれでも2着争いはハナ差で制した。

 川島のファインプレーというか、今のこの馬はある程度前半で良いものを見せているのでそこを活かす競馬ができたというのが2着争いを制すことができた要因になると思う。後半勝負にシフトしすぎず、無理のない範囲で好位を確保したからね。入りが46.5なので遅くはないが速くもない。その流れでも今はあの位置に持って行けるし、そこを怖がらずに持って行った川島をまずは褒めるべきかな。自分がしてほしい通りの競馬をしてくれた。そのうえで想定よりちょっと速かったけど、それでもこれでしっかりと脚を引きだせたならいい馬になってきたと思う。前半ある程度流れて良さが出てきているので今後もマイル路線で良いと思うが、1800を使う場合でもやはり前半である程度攻めるほうがいいと思う。

3着06ソーグリッタリング(浜中俊)

 まずまずのスタートを切って様子を見ながら進めていくが、最終的には下げて好位の中目。道中も少し力んでいたが3~4角では3列目の外から仕掛けを待ちつつ楽な感じで直線。序盤馬なりですっと先頭に立つが外から一気にミエノサクシードが来たので追い出されてここで2頭の叩き合いに持ち込む。L1までしぶとく踏ん張っていたが3着まで。

 こういう競馬が理想的やね。その中で外から一気に来られて最後は差されてしまったという点では、今の時点ではこれが力差というところもある。どちらかというと末脚の絶対量でちょっと見劣ったし、それをポジション差で上手く補ってきたという感覚で良いだろうと。動ける馬でロングスプリントもできる馬だけど、ここまで軽い馬場で速いラップを要求されると一瞬しか使えないのかなと。エプソムCもそんな感じだったし、意外と適性の幅は広いタイプだと思う。前半ある程度流れてやれる馬なので、もうちょっと前半の比重を上げた競馬ができれば面白いんだけどね。ちょっとこれでも少し流れが遅かった感はある。

4着09ディメンシオン(戸崎)

 五分のスタートを切ってある程度促しつつ中団馬群の中目で進めていく。道中も好位列の後ろで無理はせずに進めて3角。3~4角でも中団馬群の中目で進めて直線で外。序盤で追い出されてすっと伸び始める。L2では良い脚で2列目まで押し上げてくる。L1で少し伸びが甘くなってミッキーに差されて前2頭との差をクビまで詰めたところの4着まで。

 う~ん…惜しかった。まあこれぐらいはやれていいかなと思っていたけど、やっぱりペースがそこまで速くなかった中でミエノサクシードに位置取りの差を逆転されてしまうと…というところではあったかな。このペースだともうちょっといい位置を取れればというところで、ゲートが並、二の足も並。まあその辺も含めてワンパンチ足りないところではある。1800に延長するにしてもそうだが、この馬の無理のない範囲でのポジショニングを意識できればいいんだけどね。素材はそこそこ良いものを持っているので、後は条件が揃えばやね。

5着05サラキア(丸山)

 五分のスタート、そこから内目のスペースを押し上げつつだがそれでも好位の中目まで。3角手前で少し窮屈になってポジションダウンして中団。そのまま中団の外に出して直線に入ってくる。序盤で追われるがさほど伸びはなくL2あたりでジリジリと来ていたが外のディメンシオンの方が伸びがいい。L1では前2頭との差は詰まらず、ロードクエストの猛追をしのいで掲示板死守まで。

 ん~まあこんなもんでしょ。というよりこの馬が5番人気に落ち着くぐらいに今の競馬ファンは手ごわい。難しいよねほんと。まあ前走のエプソムCで逃げられたのは同型がおらずどうぞどうぞの状態だったから。今回のメンツでそれはまず無理だし内枠だとかなり難しいからね。3角手前で少し下げてしまったのはちょっとかわいそうな展開だったが、それでも後半の決め手勝負で上位を争えるほどのものをこれまでも見せていなかったからね。位置取りをキープできていたらもうちょっと面白かったけど、それでも3着はなかったんじゃないかな。この路線は牝馬が強いけど、それだけ5,6歳世代の層が厚いんよね。ノームコアみたいに条件が噛み合って爆発する馬もいるけど…この馬は素材的にそこまでのパフォーマンスをまだまだ見せられていないからね。

9着10ロシュフォール(田辺)

 出遅れて最後方付近、そこから押してリカバーして後方馬群の中に入っていくという感じ。3角でも後方内内を通しながらロスなく押し上げて直線で中目。序盤でそこから上手くミエノサクシードの後ろを取って追い上げ態勢、L2で徐々に甘くなって3列目付近からラストまでいいところなくなだれ込むだけ。

 ん~まあゲートが下手だしこのメンツだと後方からになるのはやむを得ない。ただ、ペースがもう少し遅ければこれで脚も使えたかなと思うが、思ったよりは流れていて1秒程度のスローなのでこの馬にとってはこれで出遅れてリカバーして脚を使うというのはちょっとしんどかったかなという感じ。マイルの流れはやっぱり忙しかったように感じるね。もうちょっと遅ければ後半の末脚の質で勝負になったと思うんだけど、その点が微妙にかみ合わず。逆に言えばややスローでも忙しいならマイルは本質的に不向きだと思う。

14着03ケイデンスコール(石橋脩)

 五分のスタート、そこから様子を見つつ促して好位の中目から最終的には中団に下がる感じ。3~4角でも中団の中目で追走しながら直線。序盤で外に出して追われるが弾ける気配はなく。最後まで後方のまま14着惨敗。

 ん~まあこういうケースになりがちだよね。NHKマイルCは中盤で緩んだから後方で無理せず脚を残せていたという見方ができるわけで、こうやって1秒程度のスローでも中盤で大きく緩まない中でとなるとどうしたって前半で脚を使ってしまうという感じ。それでもここまで伸びないような競馬ではないと思ったがね、少し削がれるとは思ったが完全に脚を引きだせなかったからね。この馬は結構難しい面があるかもしれんね。かといってスローなら質量を高めてくるか?といわれたらそれは微妙だしね。NHKマイルCの2,3着はちょっと嵌った感はあったし、ここで噛み合わなかった馬を狙うほうがいいかもしれんね。

sponsored link

PR)脅威の指数「コラボ指数」
先週の2重賞ドンピシャ的中でした!

人気コンテンツ「コラボ指数」
先週の「関屋記念」「エルムS」の2重賞でドンピシャ的中でした!




8/11(日)関屋記念(G3)
1着ミッキーグローリー(指数1位/14)
2着ミエノサクシード(指数2位/23)
3着ソーグリッタリング(指数3位/25)
3連単13-14-6 26,410円的中◎
指数1→2→3位のドンピシャ的中!もちろん指数30以下の好走期待馬です。
この指数の順位どおりに買えば的中というなんと高精度な指数なのか!!

さらにエルムS(G3)も指数でしっかり的中!

1着モズアトラクション(指数1位/9)
2着ハイランドピーク(指数6位/29)
3着サトノティターン(指数7位/30)
3連単4-13-6 143,000円的中!!
2着の13ハイランドピークは10番人気!これを指数で6位に指名して2着でこの配当はお見事です! この2つの重賞で先週はボロ儲けでした!!
北条ブログにはピックアップされた馬も載っているんですが・・・



このサイトはこういう楽しみ方もありますので無料登録で全然楽しめます! 今週は「札幌記念(G2)週」。コラボ指数は札幌記念と各会場前半1~6R無料配信! これだけの実績の指数ならもちろん毎週参考にしたいですよね! →札幌記念週の指数を見る(CLICK)
無料メルマガ登録のみで見れるのでお早目にエントリーしておきましょう。(無料)

競馬をやって何が悪い。分析note…弥生賞から高松宮記念まで!



Links

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。