競馬をやって何が悪い。〜予想は敗因分析から〜

菊花賞の出走予定馬展望が中心!今週あの人気馬はなぜ負けたのか? ラップとレース映像をリンクさせた詳細な敗因分析から競馬の真髄に迫る。 敗因分析できれば次買うべき馬が解る。競馬予想は回顧から始まる。

函館2歳S 2019 出走予定馬:ケープコッド&吉田隼騎手想定

time 2019/07/18

第55回 函館2歳S(GIII)出走予定馬展望

日程:2019年7月21日(日)
コース:函館芝1200m

予想用・出走予定馬一覧

ケープコッド(吉田隼騎手想定)

 今年も中央2歳重賞最初の函館2歳ステークスが行われるが、前走未勝利戦を圧勝したケープコッドが出走予定だ。新馬戦こそ敗れたがレッドヴェイバー相手にしぶとく差を詰めハナ差の2着。未勝利は順当に好時計で勝ち上がり、ここで世代最初の重賞タイトルホルダーとなるか。

※この記事はブログ無料公開対象です

 新馬戦も2着だが内容的には2列目からレッドヴェイバーを追いかけつつ最後まで差を詰めていた。少し待たされた分もあったしかなり決定的に来ていたからね。個人的にはこの馬が予想するうえで、このレースの中心的な存在として考えるべきかなと思っているが…。

新馬戦2着

函館芝1200m稍 11頭2枠2番
1:09.8(+0.0) 33.9-35.9 H^2
12.2 – 10.5 – 11.2 – 11.9 – 11.7 – 12.3

 新馬戦から2戦振り返っていきたい。新馬戦は稍重で行われて全体的に見てもかなり時計がかかっていた。その中で10秒を切ってきたのもあるし、再加速の流れでしっかりと最後まで脚を使って上位に食らいつけた。個人的には高く評価したい一戦だ。

 2番枠からまずまずのスタートを切って、そこから押して追走していく。最終的には2列目のポケットに入り込み逃げ馬の後ろで3角へ。3~4角で2列目のポケットだがここで少しブレーキを踏まされて直線。序盤で進路確保で少し苦労も抜け出したレッドヴェイバーの直後を取る。L1では3着以下を千切り、前のレッドヴェイバーを猛追してハナ差まで詰めたが2着。

 ここでは内枠ということもあってまず2列目のポケットを確保したという感じ。ゲート、二の足ともまずまず良くてそこを確保できたのは良かったが、3~4角でペースダウンする中で少し我慢を強いられたかなという内容。直線で先に抜け出したレッドヴェイバーの後ろからL1で何とか捕え切りたかったが上手く抜け出されてしまった分だけ、ハナ差足りなかったという感じ。ただ明らかに最後は詰めていたわけでこれを評価しないわけにはいかないし、開催終盤になれば当然ラストの踏ん張りが求められるがそこでは一番の内容だった、という点は大きい。

新馬戦1着

函館芝1200m良 8頭8枠8番
1:09.9 34.1-35.8 H^2
12.4 – 10.7 – 11.0 – 11.6 – 11.8 – 12.4

 前走の新馬戦は勝つべくして勝ったなという内容。時計的には新馬戦ほど目立たなかったが、ペースは1.7とかなりのハイで淡々とした流れを作って5馬身差の完勝。

 8番枠からまずまずのスタート、二の足はそこまで速くなくて促しながら追走して好位の外目ぐらい。先頭列が結構雁行状態となっていて外を通しながらじわっと押し上げて3角では2番手まで上がる。そのまま逃げ馬に楽に並びかけていって馬なりで先頭列で直線。序盤で楽に抜け出すと、追い出されて最後まで後続を突き放しての圧勝。

 時計的には地味だがそれでも当日は時計がかかっていて1000万下が34.5-35.6とある程度流れて1:10.1しか出ていないし、3歳未勝利も1:09.9。このあたりの評価が難しいが、古馬との比較で互角以上にやれているのでこの時点としては褒められていい。その中で楽々と番手から抜け出す競馬ができているしより厳しい流れになった中でも脚を引きだせている点は評価できる。

函館2歳ステークス2019への展望

 まあ、レッドヴェイバーが叩いてどこまで上昇してくるか?というのはあるが、これを目標にしながらスムーズに出し切れれば十分逆転のチャンスはあるだろうと。またこの馬は包まれた中でも競馬ができているという点は大きいし、不安らしい不安が今のところない。基本的にはこの馬を中心にして考えたい。新馬戦の時計はかなり速くて、稍重で時計も掛かっていながら9秒台。当日のUHB杯が1:09.5ということを考えても目立つからね。レッドヴェイバーももちろん強敵でこの2頭がまずは中心、そのうえで別の路線で時計・ラップ的に面白い競馬ができている馬を狙うべきかなと。本命候補の一頭になる。あとは抽選を通過できるかどうか…というのはあるかな。

sponsored link



また先週もやってくれましたね!無料予想的中!
実際配信されてきた買い目がコチラ→↓↓

▼7/13(土)中京1R三連複予想▼

三連複7-9-11 1,550×500=7,750円的中!1→3→6人気の3連複を軸の9ボナパルト1着で的中◎

▼7/6(土)中京10R濃尾特別ワイド予想▼


ワイド12-14 870×3,000=26,100円的中!5000円投資でしっかり+21,000円!3番人気と6番人気のワイドを2点で的中はさすがとしか言いようがありません!
そしてCBC賞週から好調継続ですね!
CBC賞週・総投資:20,000円(4鞍各5000円)・総回収:64,400円・回収率:322%!!
この週は全的中!桜花賞、皐月賞、フローラSから7月前半もずっと調子よすぎなんです!
今週は【中京記念】含めた4鞍にまた期待しちゃいましょう!ワイドの買い目がきたら鉄板というのはもうみなさんご存知ですよね?!
はじめての方は無料メルマガ登録しておき、当日バタつかないようにお早めにエントリーしておきましょう(まずは無料予想から、そして注目はここの重賞セットプランなので要チェックです!)


競馬をやって何が悪い。分析note…弥生賞から高松宮記念まで!



Links

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。