競馬をやって何が悪い。〜予想は敗因分析から〜

菊花賞の出走予定馬展望が中心!今週あの人気馬はなぜ負けたのか? ラップとレース映像をリンクさせた詳細な敗因分析から競馬の真髄に迫る。 敗因分析できれば次買うべき馬が解る。競馬予想は回顧から始まる。

プロキオンステークス 2019 予想:本命09マテラスカイ

time 2019/07/07

プロキオンステークス2019の予想

中京11R ダ1400m
馬場想定:重~不、高速ダート想定

展開予想

 土曜の段階で普通に高速ダートになっていたと思う。どうも土曜夕方から夜にかけて雨が降りそうな感じでこれが読めないけど、一応土曜の馬場想定で入っていきたい。

 展開予想だが、これはもうマテラスカイが主張するだろうと。テンが速いので他もおそらく逆らわずに行かせて2番手でいいという馬が多い。ただ、そこの争いは起こるわけで、内からサクセスエナジーが芝スタートでも速いので番手でマテラの後ろを取りたい。外からウインムートは芝スタートはいまいちなのでどこまで入っていけるか、しかも58kgだからね。ペースは去年みたいな感じになるかな、質の高い基礎スピードを求められる可能性が高い。

予想

◎09マテラスカイ
○01サクセスエナジー
▲05サンライズノヴァ
△04ヴェンジェンス
△08ウインムート
×10アルクトス12ミッキーワイルド
3連複:◎軸○▲△×BOX
3連複:◎▲軸○△×流し
3連単F:◎○▲→◎○▲△→◎○▲△×

◎マテラスカイ

 ここは仕方ないかな…良馬場なら少し評価を下げようかなと思っていたし、本質的に1400はちょっと長いんよね。ただ、基礎スピードの質が抜けて速いから、昨年みたいに33.5-35.6と超ハイでも33.5という前半の速度勝負に持ち込み、10.9 – 11.2 – 11.6 – 11.2 – 12.8と後半も少し加速して出し抜いての圧勝。驚異のレコードだが基本的に芝スタートで一気に上げきってしまった方がいい。逆にダートスタートの1400だとどうしてもそこまで上げるとオーバーペースになってしまうから適性的に1400はぎりぎり。一応、その後雨が全く降らなくて、日曜正午の段階で時計が少し落ち着いていたら対抗に下げるかも。

 それでも前走のドバイゴールデンシャヒーンなんかでも34.71-36.04、日本式で33.7-36.0ぐらいで超ハイの流れに番手で乗っていっても最後まで食らいついていたからね。1200でスピードを活かしやすいコースならトップレベル。JBCスプリントは京都で3角の登りの影響もあるからね。この条件なら。

○サクセスエナジー

 相手はサクセスエナジーにした。なんだかんだ言っていつもウインムートに先着されているイメージではあるが、比較で見たときにこちらの方が基礎スピード面で押していけるタイプ。前走のさきたま杯は完敗ではあったがペースが遅く36.4-36.6と平均で落ち着いてしまって12.4 – 12.3 – 11.6 – 12.2 – 12.8とL3最速。ここで11.6とかなり速いしここで外からの競馬になってしまったからね。こうなると後半勝負では分が悪い。

 すばるS勝ちが34.5-36.4、3角手前に上り坂がある淀でスピードで押し切って完勝している。また昨年のプロキオンSでも4着ではあったが33.5-35.6と超ハイで10.9 – 11.2 – 11.6 – 11.2 – 12.8というラップ推移、好位の内目からの競馬になったが直線で外に出してしぶとく伸びてウインムートとは僅差の勝負まで持ち込んでの4着。もうちょっと前を取れればというところで芝スタートは安定して前を取れているし、昨年と比べると今年は逃げ馬は変わらないが番手を狙う馬が少ない、ウインムートより内なので上手くかみ合えば面白い。

▲サンライズノヴァ

 状態面次第というところで追い切りは良かったと思う。これなら一発あるかな。もともと高速ダートは根岸S2着実績があり、これが33.9-35.8とダートスタートでもテンが速い中で11.0 – 11.8 – 12.1 – 11.7 – 12.0と後半も大きく落とさない、という流れ。後方から直線鋭く伸びてL2で先頭列。L1でノンコに外から差されたが3着以下は2馬身半も離しているからね。かなり強かったと思うし、軽いダートでの時計勝負そのものの対応もできる。

 それと、どうしても確実に後ろからの馬になるので、早い段階で全体のペースが上がり切ってくれた方がいい。縦長になることでスペースも生まれるし前との差があるのでおっつけながら3角でもスピードに乗せてという意識を持ちやすい。基本的に出し切らないとダメなタイプだし、高速ダートで芝スタートでスピードに乗せやすい状況はいい。できればもう少し外枠のほうが良かったけど、追い切りも含めて単穴で狙いたい。

△ヴェンジェンス

 1200の高速ダートでは昨年花のみちSでマテラスカイに完敗しているが、1400の前走の天保山Sでは強い競馬。阪神1400で重馬場、34.6-35.6とややハイで11.8 – 12.0 – 11.6 – 11.6 – 12.4と後半加速する競馬を好位の外から動いてねじ伏せてきた。速いラップを問われたところでロスがあっても強かったし、成長を感じさせる走り。中山1200のゴリゴリスプリント戦だったカペラSでも5着に差し込んできているようにタイトな流れも悪くない。高速ダート適性、1400で警戒かな。

△ウインムート

 前走のさきたま杯が圧勝で、あれを見るに本質的にはもうちょっと距離があってもいいような感じ。36.4-36.6と平均から12.4 – 12.3 – 11.6 – 12.2 – 12.8とL3最速、コーナーで速いラップを一気に踏んでそのまま最後まで踏ん張って突き放す形。前半でコントロールすることで良さが出ていた印象。逆に1200だがゴリゴリで基礎スピード特化のカペラSでは苦戦しているし、昨年のプロキオンSも3着で頑張っているものの3着確保はやっとこさという感じ。番手争いはサクセスエナジー同様楽にはなると思うが連下までかな。思ったより人気していないのは好都合。

×アルクトス

 キングズガードと悩んだけど、このメンバー構成ならこっちかな。この馬は道悪実績そのものはあるがあくまで2歳のもの。それでも内容・ラップ的にかなり優秀で、今のこの馬ならもっと上げてきていいだろうと。芝スタートの1400は未経験だし基礎スピードの質は正直2段階ぐらい上の競馬を求められるので前半部分は不安もある。それでも2走前のオアシスSでは東京マイルで47.6-49.1とハイペースからの12.5 – 12.4 – 12.1 – 11.8 – 12.8とL2最速戦で好位の外からL2で鋭く伸びて先頭に立っている。ある程度のハイペースは対応してくるかな。適性の不安は多少あるが、能力面を評価して保険的に押さえたい。

×ミッキーワイルド

 まあ、正直芝スタートでゴリゴリの競馬だと3走前の鈴鹿特別がそこまでのインパクトはないので微妙。ただ前走の麦秋Sは強くて、東京1400で35.2-36.1とややハイから11.7 – 12.2 – 12.1 – 11.8 – 12.2という流れ、L2の坂の登り最速地点で外からぐんと伸びてきて突き放した。この感じだと坂の登りで一気に加速する府中の適性が高い印象。中京もそういう形態だが、マテラスカイが引き上げてとなるとそこまでの余裕はないと思うし、能力は非凡だと思うけど適性面で見劣るので保険的な押さえ。

PR)やってくれましたよ!必見です!!
無料予想全的中!?競馬サイト「TAZUNA」


人気急上昇中「TAZUNA」という競馬サイト
的中報告が私のところに多数届くので気になって今週見ていたら。。

▼6/29(土)無料予想配信買い目▼



【6/29(土)中京6R3歳未勝利】
ワイド予想全的中!
2-8 510×3000=15,300円獲得(推奨金額)
3-8 730×2000=14,600円獲得(推奨金額)

【6/29(土)中京10R知多特別】
3連複予想完璧な的中!
8-10-15 3,510×500=17,550円獲得(推奨金額)
6/29(土)予想収支結果:+37,450円 回収率:475%!!!

▼6/30(日)無料予想配信買い目▼



【6/30(日)中京11RCBC賞(G3)】
三連複フォーメーション予想的中!
3-4-9 3,350×500=16,750円(推奨金額)
重賞の3連複を10点でしっかり的中させていました!

【6/30(日)中京7R3歳未勝利】
ワイド予想これまた完璧な的中!
7-12 1,010×2,000=20,200円獲得(推奨金額)
6/30(土)予想収支結果:+26,950円 回収率:370%!!!

どうですかみなさん!?CBC賞週無料予想4鞍全的中!!この通りに買っていたら・・・
総投資:20,000円(4鞍各5000円)
総回収:64,400円
回収率:322%!!

先月の収支でも無料予想のワイドで大きなプラス収支があったと報告したばかりでした。
やはり先週のワイド予想も完璧に当ててますしかなり良いと言いましたよね!?
今週は「七夕賞(G3)」を無料予想!これを含めた土日4鞍が無料配信です。これほどまでに実績をあげているサイトの無料予想なんてもらわなければ明らかに損ですよね!?
無料登録するだけで、週末レース前日に配信を受け取ることが可能です!

無料予想絶好調TAZUNAの予想を受け取る!!(無料)
住所などの個人情報の登録はございません。
メールアドレスを入力して返信メールのURLをクリックするだけ!


競馬をやって何が悪い。分析note…弥生賞から高松宮記念まで!



Links

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。