競馬をやって何が悪い。〜予想は敗因分析から〜

菊花賞の出走予定馬展望が中心!今週あの人気馬はなぜ負けたのか? ラップとレース映像をリンクさせた詳細な敗因分析から競馬の真髄に迫る。 敗因分析できれば次買うべき馬が解る。競馬予想は回顧から始まる。

高松宮記念 2019 レース回顧・結果:ミスターメロディ、福永が訃報のキングヘイローに餞の勝利!

time 2019/03/25

高松宮記念2019のレース回顧・結果

中京芝1200m良
1:07.3 33.2-34.1 H^1 
12.0 – 10.1 – 11.1 – 11.4 – 11.2 – 11.5

展開分析・総評

 キングヘイローは気まぐれだからサインは素直ではないだろうと思っていたが、ダイメイプリンセスではなく祐一の方やったね。祐一はキングヘイローが後押ししてくれたのもあるかも、といっていたが本人のキングヘイローへの気持ちが強く出たんじゃないかなと思っている。ああ見えてそういうことをすごく気にしている人だと思うからね。キングヘイローへ、餞別の勝利というやつかな。難しいレースだったけど、祐一がここで勝ったのは良かったと思う。

 う~ん…正直、上位3頭の中で一番ミスターメロディが狙えなかった…。1200の適性面という点でほとんど未知数だったし、穴目ならともかく3番人気でとは…という感じで実際に来てしまったな。セイウンコウセイは拾えなかったが函館スプリントSが示すようにハイペースそのものは実績があったのでそこまでペースも上がり切らなかったしその中でよかったのかなと。ショウナンは狙っていたのでこれだけはばっちり。ただこれは取れんなぁ…

 展開的には外から行き切ったモズスーパーフレアだが、ペースを少しコントロールする意識が働いた。それでも今週の馬場を考えて33.1なら最低限のペースかな。もうちょっと引き上げないと、という結果ではあるんだけど。

1着03ミスターメロディ(福永)

 五分のスタートから促しながらポジションをとっていき、ラインスピリットより前のポジションを3角までに取り切る。3~4角で好位の内内から我慢をしながら、4角でセイウンコウセイの後ろから直線でそのセイウンが伸びながら外によれてくれたのでその内のスペースから伸び始める。そこから最後までしぶとく踏ん張って体半分、リードを保ってのGI勝利となった。

 余談だけど、キングヘイローの呪いシリーズも大団円で完結したなと思う。もともとはディヴァインライトの高松宮記念でキングヘイローが外から一気に差し切って祐一のGI初制覇を防いだ「一番いてほしくない馬が前にいた」から始まったわけで…。そこからはキングヘイローに乗ってはGIで勝てず、そのまま引退。そこから年月が過ぎてフサイチパンドラという有力馬に出会ったが、その前にはキングヘイロー産駒のカワカミプリンセスが立ちはだかった。パンドラの初勝利はカワカミの斜行降着での勝利で、祐一の勝利インタビューの微妙さからも伝わってきたように、ケチが付く勝利。そんな紆余曲折がありながら、キングヘイローが死んだときに、こうやって一番キングヘイローのことを思っていた人間が勝利をするという。

 前にも書いたけど、呪いとはつまりトラウマ。キングヘイローを勝たせられなかったという自責の念と、だからこそダービーを意識しすぎての折り合い恐怖症が生まれた。ダービー制覇の時に書いたけど、その呪いを解き放てたからこそダービーを勝てたと思う。ダービーを勝った祐一を見届けてから逝ったキングヘイローと、そのキングヘイローに餞別の勝利を送った祐一。キングヘイローがそこまで思っているはずはないと思いつつも…でも実際そうなっているからね。これ以上ないコンビだ。ある意味、キングヘイローという馬に囚われ続けてきた一番の人が福永祐一だと思うが、このお話はこの勝利でハッピーエンドを迎えたと解釈していいんじゃないかな。本が一冊できてしまいそうな、そんな素敵なドラマだったと思う。もちろんそこまで考えているのはごくごく少数だと思うけど、競馬って…いいよね。だからこそ、若手騎手も頑張って良い馬に乗ってほしいし、騎手の思い入れはそのままファンにも伝わる。あの頃の競馬が面白かったのはそこにあるとも思う。

 さて、感傷的な話がメインになってしまったが、正直言ってなんでここでミスターメロディが来たのかわからない。人気もしていたし、内枠は良いと思ったがそれだけで狙えるか?といわれると…敢えて言えば、運が良かったのと運を引き寄せた福永の騎乗。まず重要だったのが最序盤のポジショニングで、大きかったのはラインスピリットの前をとれたこと。レース展開予想の段階でラインが前に行くだろうと思っていたし、それより前をとってくるとは…という祐一の英断を褒めないといけないと思う。そしてもう一つの運は直線やね。まず普通にセイウンコウセイが延びてくれたことと、外に一瞬よれてくれたことで進路が楽々とれた。最短距離を通して上手く進路を確保できたという状況が大きかったと思う。あとはやっぱり内の馬場が有利だったんじゃないかな。ショウナンアンセム辺りも最後まで結構伸びてきているからね。結果的にちょうどいい位置で、内目を立ち回れた馬が上位という競馬になっている。噛み合った中で有力馬が流れをうまく作れず崩れた結果、福永とミスターメロディに運が転がり込んできた…という解釈になってしまうかな。

2着04セイウンコウセイ(幸)

 好発を切って押して主張しハナ、しかし外からモズが競ってきたので最終的には無理をせずに控えて2列目の内。3~4角でも上手く内内でモズの後ろをとって直線で外。序盤で追い出される瞬間少し外によれて、このスキを後ろのミスターメロディにつかれる。L1で前に出られ、踏ん張り続けて2着は死守。

 う~ん…ここで完全復活とは…。さすがにここ数走が悪すぎて買えなかったが、もともとはハイペースでもやれる馬だからね。時計勝負に高いレベルでは対応できない馬だと思っていたので軽視したが、やられてしまった。まあ流れの中で上手くバランスをとれたと思う。最序盤で良いスタートを切って主導権をとりつつも、外のモズが競ってきたので3~4角でしっかりと最内を通しながらスピードをコントロールして入って直線でスムーズに外に出す競馬ができたからね。敢えて言えば直線入りで外によれなければミスターメロディは進路で相当苦しんだと思うのだが、この辺りがキングヘイローの後押しなのかもしれない。

3着07ショウナンアンセム(藤岡康)

 五分のスタートから前半無理はせずに中団やや後方に下げていくような感じで進めていく。3~4角でも中団馬群の内目で我慢しながらコーナーワークでロスを最小限に押し上げて直線。序盤で進路がなく苦労していたが、置かれない。L1入りで進路確保して内からするすると伸びてくるが僅かに及ばず3着。

 イメージ通りの競馬をしてくれたと思うし、展開も結局そこまで上がり切らなかったのでこの馬のバランスでは後傾で入れたこと。これはかなり大きかったかな。これ、噛み合い切ってたら勝ちまであったと思っていて、L2で再加速の段階で進路があれば一気に抜けたと思う。進路がなかったのでL2の坂の登りでの加速ラップで置かれず窮屈になってしまっていた。この坂の登りでの反応が非常に良い馬で府中でたまに爆発しているけどその辺が大きい。余力がある状況でいかにトップスピードに乗せてくるか。この3着は展開的に噛み合ったのが大きいとは思うが、1200でもこうやって前半無理せず脚を残せれば鋭く反応できるというのは見せたし、軽い中京1200はベストに近いんじゃないかなと思う。この馬だけでも来てくれて本当に良かった。

4着13ダノンスマッシュ(北村友)

 五分には出て、そこから促しながらポジションをとって好位の外ぐらいでバランスをとってくる。3~4角で2列目外に並びかけて勝ちに行って直線。序盤でそこから追い出しを待ちつつだが、おいださsれてもそこまで伸びてこずジリジリ。L1で内3頭と比べて最後までそれなりに差を詰めているが4着。

 この展開になってしまうと3~4角で外からというのはやっぱりしんどいね。とはいえ、それでも勝ち切るタイプの馬もいるわけで、この馬としては何か突き抜けるほどの武器は持っていなかった、外枠を覆し切るだけのものはなかったということだと思う。ただ、逆に言えば内枠で上手く嵌れば立場は全く違ったと思うしね。力差という点でみれば負けはしたけど強さは見せたと思う。ちょっとした運の違いが今回は影響した4着じゃないかな。まだ抜けた存在ではないけど、ペースが落ち着けばやっぱりトップレベルの馬だと思う。馬は強いけど、今回に関して言えば条件が悪かったね。

5着05ティーハーフ(国分優)

 五分のスタートから押して押して追走といつもより積極的な入り方で中団付近で進めていく。3~4角でも中団の中目でブレーキしながらスピードを調整しつつ直線。序盤で馬群の中目で包まれてスピードに乗せきれず。L1手前で進路確保からそれなりにくらいつくが5着まで。

 う~ん…これ難しいけど、この馬としてはもう少しポジションを抑えたほうが良かったかもしれんね。この辺りは一度説明したいところなんだけど、ポジションをとってしまうと前に行くほど仕掛けのタイミングが遅れやすくなる。後ろにいるからスペースを詰めながらスピードに乗って進路を選んでいけるからね。この馬は中団でポジションをとったことで3~4角でスペースがなくなってしまった。なので前の流れに合わせる形になったので3~4角でブレーキをしていたと。直線でそこからスッと加速するのと、3~4角でスペースを詰めながらスピードに乗せて入ってくるのとでは違うし、特にティーハーフの場合は前半死んだふりでもトップスピードの質を最大限まで高めてから、その惰性で突っ込みたいタイプ。坂の登りでも進路が作れなかったので惰性をつけきれないままになってしまった。嵌っていたらもっとやれたんじゃないかなと思う。千載一遇のチャンスだと思っていただけに、前半の積極的なポジショニングが裏目になってしまったかなと…。

6着08レッツゴードンキ(岩田)

 五分のスタートからある程度促しているが前には行けず、後方に下げる形で内に。道中も後方内目で立ち回りながら、3~4角でも後方内目から中目を通しながら直線。序盤で進路がなくかなり待たされる。L1でやっとスペースができて追撃してきたが6着。

 う~ん、噛み合わず。まあここ2年が噛み合っていたのもあるし、内の各馬がみんな手応え良かったから逆に進路ができなかったよね。あの位置からになってしまうと難しいし、捌けていれば違ったけどL2で差を詰めたいところで待たされてしまったからね。今回に関しては積極的なポジション取りという行為と気持ちキングヘイローが福永に運を引き寄せたと考えるべきかな…。ドンキも押してはいたんだが、さすがに軽い馬場でこのペースだと前半の基礎スピード面での難しさがあるのかな。阪急杯では楽だったけどなあ。

8着12ロジクライ(ルメール)

 やや出負け、押しているがなかなか前には行けず、それでも中団に入っていこうとするが、3角で少し不利を受けて下がる。そのまま3~4角で中団馬群の中で我慢しながら中団で直線。序盤で外目に誘導して上手くダノンの後ろをとってくる。しかしL1までジリジリで伸びとしては地味、なだれ込んでの8着完敗。

 ロジクライは普通に1200は短い、という感覚通りの負け方だった。追走に苦労していたし外枠で良い位置を取れないと3~4角もあんな感じになっちゃうからね。それでも直線で進路を作ってくるあたりは流石ルメールだし、そこからはそれなりには脚を使っているけど。これも内枠だったらもうちょっとましだったと思うし、今回は結構枠の差が大きく出た気がするなあ。1200は短いと思うし、一度ワンターンの1800で積極策を取ってほしいんだけどね。

9着06アレスバローズ(川田)

 まずまずのスタートを切ってある程度促しつつ好位の一角で入っていくが、3角手前で少し狭くなる。そこから3~4角でも好位の中目で我慢の展開、窮屈になってブレーキ気味、スペースがない状況で直線。序盤で進路を取りたかったがダノンの後ろをとるもののブレーキを踏んでしまう。そこからの追い出しになるが反応鈍く、そのままじりじりとした伸びで9着。

 う~ん…まあ展開が合わなかったのはある。もっとモズが飛ばすとは思っていたし、変な感じになったので3~4角で息が入ったところである程度ペースが上がるとあてにしていた各人がブレーキしている感じになったからね。メカニズムとしてはティーハーフと同じで、惰性を活かしたいのにスペースがなくなって進路がなくてブレーキしながら直線まで入ってきているから末脚を最大限に引き出し切れなかったという結果。まだティーハーフは直線の段階では良かったけど、アレスバローズは直線でダノンの後ろをとったらダノンが言うほど伸びなかったからそこでブレーキする感じにもなって坂の登りに入るという最悪の形だからね。自転車で坂を上がるときに、しっかりとスピードに乗って上がるのと、その手前でブレーキして上がるのとでは全然違う、という物理的な話になる。一番まずい入り方になったからね。まあ川田を攻めるにはちょっとかわいそうな展開と枠だけど、突き詰めればちょっと前半が中途半端だったと思う。この馬にとって重要なのは3~4角でいかにスピードに乗った状態にもっていくか。前半のポジションはペースによるけど、このメンツならそこまでこだわらなくても良かったかなあ。まあ難しい競馬ではあった。

15着15モズスーパーフレア(武豊)

 五分のスタートから押してハナを主張、内のセイウンも速いがこれを制して何とかハナを奪い取って3角。3~4角でも単騎気味に進めて少し息を入れつつ4角出口で仕掛けを待って直線。序盤で追い出されるが明らかに甘くなる。そのまま失速した。

 う~ん…まあ、理想のペースではないが、それでも前傾では入っているし、再加速もできるタイプだからそんなに悪くはない。理想を言えばやはり32秒台半ば、後半ぐらいでは入ってほしいというのはあったので遅かったのは悪阻方。ただ内が有利な馬場状態で3~4角ではある程度支配できていた。ここまで甘くなったとなると、それ以外の要素を考えるべきだと思う。直線入りのL2の地点で全く動ける気配がなかったからね。坂の登りでの加速もファルコンSではできていた(L1に入るまでは先頭)わけで、それが敗因とも考えにくい。武豊が言っているように状態面の可能性が高いんじゃないかなと思う。そもそも今日はいつもより二の足が遅かった感じがするし。若干の坂スタートというのはあったにせよ、もうちょっとスピード感をもって入ってくると思っていたので。

 ということで馬券をどこから買おうか迷うレース。そこでひとつ新しい買い方を試してみませんか?最新の能力指数を使った買い方です。
 
 最近登場した「うまとみらいと」というサイトの指数がかなり当たっていて利用者が急増していると編集部内でも話題になっています。
 自分の力だけで予想するよりも、利用できる新しい手段は使ったほうが効率が良いことに気付かれ始めているようです。
 
で、「うまとみらいと」の何が凄いの? ↑無料登録できるので、私自身も使って試してみました。
 
使ってみて感じたのは、とにかく「指数コンテンツ」が豊富だということ。
以前から3連単がよく当たると話題の「コラボ指数」に加えて、「的中率90%の鉄板系指数」と、「爆発力がある穴馬指数」までも。競馬指数コンテンツがいろいろ詰め込まれて取り放題といった感じです。
 
3つの指数とも使ってみましたが、個人的なお気に入りはやはり「コラボ指数」。
走る馬が視覚的に一瞬でわかってしまうシステムの使いやすさ。
指数が低い馬=強い馬なので、単純に指数の低い順に買うだけという明快さです↓
↑このコラボ指数が本当に高確率で的中を持ってきてくれます。
 
因みにこの時、フェブラリーSの結果は憶えていますか?
コラボ指数順に並べると
15 インカンテーション
16 ノンコノユメ
18 サンライズノヴァ
19 ゴールドドリーム
21 テイエムジンソク
この5頭で勝負したわけですが、、
 
結果
15 インカンテーション 3着
16 ノンコノユメ    1着
18 サンライズノヴァ  4着
19 ゴールドドリーム  2着
21 テイエムジンソク  12着
 
どうですか?
いとも簡単に3連単41,560円GET!
 
この時のコラボ指数考案者・北条直人の予想根拠がこちらです↓
「6番インカンテーションは前走地方の7着と過去データ的には対象ではなく人気も低いですが、直近3年全てで指数1位が絡んでいることから今回候補として入れました。前走データでも絞りましたが、指数的に見ても上手く上位でまとまっていますし、過去のデータからも指数上位が入りやすいのでこの5頭でイケるはず」
※「北条直人の競馬ブログ」より抜粋
重賞予想解説者:北条直人
 
6番人気→1番人気→4番人気の決着ですからね
こんなにサラリと当ててくるとは、、
 
この男いとも簡単に三連単を当ててくるので
数日分遡ってサンプルを取って的中率を調べてみたところ、、↓↓
コラボ指数:12月28日(木)的中率結果 ================================== 単勝:87% 複勝:100% 馬連:66.7% ワイド:91.3% 3連複:54.2% 3連単54.2% ==================================
 
コラボ指数:12月24日(日)的中率結果 ================================== 単勝:79.2% 複勝:95.8% 馬連:45.8% ワイド:75% 3連複:41.7% 3連単41.7% ==================================
 
コラボ指数:12月23日(土)的中率結果 ================================== 単勝:87.5% 複勝:100% 馬連:62.5% ワイド:83.3% 3連複:25.0% 3連単25.0% ==================================
 
一般的に3連単の的中率は10%程度なので、 平均の約3~4倍、、
3回に1回は三連単が当たっていました!
この精度は、ぐーの音も出ない、、。
 
https://miraito.collabo-n.com 3連単が3回に1回当たる「コラボ指数」
これはオススメできます!
  さらに、的中を重視したいときには「的中率90%の反則技指数」、高配当を狙っていきたいときは「魅せる穴馬HitMake」と使い分けることができる。このあたりは、その時々のお財布事情次第で使い分けるとよいとは思います。
 TVでも新聞でも他の競馬サイトでもこの量の指数予想はできないです。数字を見ているだけでも楽しくなりますよ。確かにこんなサイトは今までありませんでした。
 
 当然、「週末全72レース分の予想・買い目」の準備がここで全て足りてしまいます。プロ(さほど当たらないプロ)の予想に数万円かけて購入するより、格段に割がよいと思います。
 
 毎週のメインレースと1~6レースは無料提供しています。無料予想だけでも十分儲けられるので、まずは無料でどんどん当てまくってみて下さい!↓↓
https://miraito.collabo-n.com
※メール送信後、返ってくるメール記載のURLをクリックで登録完了。
※全レースの指数を見放題できるコラボ放題プラン(月額1,980円)もあります。

何悪。分析note2021



Links

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。