競馬をやって何が悪い。〜予想は敗因分析から〜

菊花賞の出走予定馬展望が中心!今週あの人気馬はなぜ負けたのか? ラップとレース映像をリンクさせた詳細な敗因分析から競馬の真髄に迫る。 敗因分析できれば次買うべき馬が解る。競馬予想は回顧から始まる。

3/9(土)ワイドな予想

time 2019/03/09

3/9(土)ワイドな予想

 先週は散々な結果に…申し訳ない。今週は攻めの姿勢を基本にしたいなと。やっぱ穴目を狙ってなんぼです。先週同様、一部を公開しますが公開も下手に当てに行かずに妙味ある穴馬をピックアップしたいですね。無料公開対象は中京11R、中山10R。

中山10R サンシャインS(16下)

◎06ゴールドギア
○02ララエクラテール

 ゴールドギアは血統だけ見ると確かに2500は?という感じもしないでもない。ただ前走を見てもエンジンがかかってから長く良い足を使ってくるポテンシャルタイプっぽい感じ。中山2000でペースバランスも61.2-59.8とスローからの12.2 – 11.9 – 11.7 – 11.7 – 12.3と4F勝負の中で後方から3~4角で外外を押し上げながらも最後までいい足を維持してサブライムカイザーの追撃を振り切っているからね。長く分散しつつもL2辺りで鋭く伸びてきているので距離自体は意外といいかもしれない。

 ララエクラテールは前走のダイヤモンドS5着が地味に人気を落とす要因というか、逆に好走しちゃって扱いづらいという感覚になっているのかなと。ただ意外と力のいる馬場でタイトな中でのポテンシャル戦では悪くなくて、5走前の札幌日刊スポーツ杯では61.8-61.5と平均から12.1 – 11.8 – 12.5 – 12.8 – 12.3とL4最速で後半はポテンシャル線、という流れを後方から3~4角で外外を押し上げてねじ伏せてきているからね。むしろここ2走は府中で速度的に苦しかった感じはするし、この条件である程度ポジションをとってくれば侮れないと思う。穴狙いをしたい一戦かな。

中京11R トリトンS(16下)

◎12ブロワ
○08ライトオンキュー

 斎藤新に期待しよう、というのは少し酷かもだがワイド的にはこういうふわふわした馬を狙うのは案外オッズ的に面白い。実際複勝人気だと今の段階で下から2番目だからね。ただ適性的に見て面白い馬で、飯豊特別の勝ち方を評価。新潟1200、内回りでコーナーでの減速が大きくなりやすいコース。34.4-34.1と平均で刻んで11.9 – 11.0 – 11.5 – 11.7 – 10.8 – 11.6と11.7とL3でペースダウンからL2で一気に10.8と速いラップを踏んで出し抜いての完勝。この感じからも前半ゆったり入ったほうが良いタイプだと思うし、3~4角の下りでむしろペースダウンする傾向が強い中京1400は合う可能性が高い。ここ2走は中山1200のハイペースで脚を削がれてしまった感が強いし、過去4走全て厳しい流れ。この距離で主導権を取って息を入れられれば。

 ライトオンキューはまあ軸としては。2走前の庄内川特別が中京1400と同じ舞台で11.1 – 11.7 – 11.6 – 11.4 – 11.4のラップ推移、2列目からしっかりと抜け出してL1で突き放しての完勝。ラップを落とさない中で楽に抜け出す競馬だし、34.2-34.4とある程度流れた中でやれたのは好感。前走で力のいる馬場でもやれているので、雨で渋っても大丈夫かなと。

競馬をやって何が悪い。分析note…弥生賞から高松宮記念まで!



Links

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。