競馬をやって何が悪い。〜予想は敗因分析から〜

菊花賞の出走予定馬展望が中心!今週あの人気馬はなぜ負けたのか? ラップとレース映像をリンクさせた詳細な敗因分析から競馬の真髄に迫る。 敗因分析できれば次買うべき馬が解る。競馬予想は回顧から始まる。

フィリーズレビュー 2019 出走予定馬:アウィルアウェイ&石橋脩騎手想定

time 2019/03/05

フィリーズレビュー 2019 出走予定馬:アウィルアウェイ&石橋脩騎手想定

第53回 フィリーズレビュー(GII)出走予定馬展望

日程:2019年3月10日(日)
コース:阪神芝内1400m

予想用・出走予定馬一覧

アウィルアウェイ(石橋脩騎手想定)

 3戦2勝、京王杯2歳ステークスでもファンタジストに詰め寄る2着と存在感を見せているアウィルアウェイがフィリーズレビューに出走予定だ。今年初戦は新コンビの石橋脩と心機一転、阪神1400の舞台に臨む。厳しい流れに対応できるかどうかが焦点だ。

※この記事はブログ無料公開対象です

<PR>分析note’19もよろしくお願いします

 程度の差はもちろんあるが、ここ3走はすべてスローの流れの中でのもの。阪神1400は基本的に前半から平均では流れる傾向が顕著に出ているわけで、その中でも脚を引き出すことができるのかどうか。末脚は一級品だが、激しい流れに削がれなければ…という懸念はどうしてもある。

新馬戦1着

阪神芝内1200m良 12頭3枠3番
1:10.3 35.8-34.5 S^2
12.7 – 11.5 – 11.6 – 11.4 – 11.3 – 11.8

 新馬戦から順を追ってみていきたい。6月阪神の1200m戦でデビュー。強い競馬だったが1200m戦としては遅く1.3とかなりのスロー。L2最速で11.3とある程度速いラップを後半で要求された一戦。

 3番枠から出負けして最後方、二の足も遅く鞭が入ってようやく勢いに乗っていくという感じ。そのままの勢いでスローの内に押し上げてしまって楽に中団まで取り付く。3~4角でも大外をぶん回して好位列で直線。序盤でそのままの勢いで一気に突き抜けて、L1でも楽、流すような感じで2馬身差完勝。

 直線入りではまだ3列目に近いところ、L2の4角地点で最低でも前とは3馬身はあったと思うので、ここで先頭列まで来ていると考えれば少なくとも10.9は使えていると思う。L1は流しているのでわからないが、かなり切れたな、という感じ。ただエンジンのかかりが遅く、特に序盤のポジション取りで明らかに苦労、二の足がついてからそのまま余裕があったがペースが遅かったのでここまで楽に押し上げられたと思う。その点でも1200より長い距離向きだと。ゲートも酷かったのでこのあたりの改善は必要だったし、まだまだ完成度は低かった。

ダリア賞(OP)1着

新潟芝内1400m良 7頭1枠1番
1:21.6 35.6-34.2 S^2
12.7 – 11.2 – 11.7 – 11.8 – 12.0 – 11.0 – 11.2

 2走前のダリア賞は距離延長ではあったが新潟の1400で厳しい流れになる可能性もあった。ただ小頭数でもあり、実際は1.4とスローだし、ラップ推移を見てもわかるように2Fだけの競馬となっている。まあそこまで極端に遅かったわけではないが、それでも直線でのギアチェンジが問われたウエイトは大きかっただろうと。

 1番枠からやや出負け、窮屈にもなったのでひとまず下げて後方からの競馬となる。道中も後方2番手で進めながら、折り合いを意識しつつ3角へ。3~4角でもペースが上がらずという中で中団外々から勢いに乗せて少し膨らみつつ直線。序盤の段階で先頭に立ってしまってL1で突き抜けた。

 決め手の質量ともに圧倒していた、という感想で良いと思う。一方でここも前半の基礎スピードがあまり問われない一戦だったのをどう考えるかだろうと。L2の地点では2馬身ちょっとはあったと思うので、ここでも10.7はまず使ってきていると思うし、L1も11.0でまとめているようにトップスピードの質・持続力の両面で高いレベルにある。加えて3~4角で外から勢いをつけていったといっても直線に入ってのギアチェンジだろう。後半の3要素を高いレベルで持ち合わせていたと。正直この内容ならマイルでも良いと思うぐらいの競馬ではあった。ゲートの課題も克服できなかったし、まだまだ不安の多い馬ではあるが。

京王杯2歳S(GII)2着

東京芝1400m良 8頭5枠5番
1:24.7(+0.0) 38.0-33.5 S^5
12.9 – 12.2 – 12.9 – 13.2 – 11.7 – 10.8 – 11.0

 前走の京王杯2歳Sに関してはもっとひどかった。何せ4.5とこの距離としては異常といっても良いほどに遅く、直線でも2Fだけの競馬と坂の登りでの加速性能だけ問われたような一戦。

 5番枠から出負けして窮屈になって下げて最後方とやはりポジショニングの課題は克服できず。道中内目のスペースを押し上げて上手くファンタジストの後ろをとる。ただ3~4角でもペースが上がらないので我慢しながら最後方列で直線。序盤で前のファンタジストを追いかけながらL2の坂の登りで最内に切って反応、ファンタジストとともに内から抜け出してくる。L1で前にいたファンタジストにくらいついて最後は接戦まで持ち込んだものの2着惜敗。

 なんにしても高いレベルではこのゲートのまずさはネックになってくる。ここでもポジションを取れなかったことで直線最後方で内内と悪い状況で入ってしまった。そこから内に進路を取って進められたが前にいたファンタジストがワンテンポ待っての仕掛けになっているしL1まで踏ん張り切られた要因にはなるんじゃないかな。L1は差を詰めていたのでこれでもうちょっと良い位置を取れれば違うんだが…。それと極端なドスローなのでここ3走で基礎スピード面が高いレベルで見せられていないという点はやはり懸念材料。

フィリーズレビュー2019への展望

 まあこれまでを見てもわかるように、緩い流れから瞬時に加速ができるし、トップスピードの質も10.7ラインまで来ている。L1も底を見せていない。これらは高く評価していいと思っているし、個人的には桜花賞戦線ではちょっと怖いんじゃないかなと。ただ、このフィリーズレビューというのは基本的にはそういう要素をあまり問われないことが多い。前半で高いレベルでの基礎スピードを要求されて後半では最速でも11秒台半ばぐらいまで、というケースがほとんどになる。なので、この馬としてはこれまで3走で圧倒的な末脚を引き出してきたが、それが引き出せるかどうか。

 特にこれまではスローだったのでポジションを引き上げることができたり、できなくても切れ味だけで何とかなったりした。これが出負けして多頭数、後方に下がりながらといううちに縦長でややハイぐらいで引っ張られ、淡々としてしまうとなかなか難しいんじゃないかなと。そういった不安はどうしてもある。素材的には結構高いレベルにあると思うし、仮に桜花賞に出てくれば穴馬で狙いたいなと感じる一頭だが、今回は馬券的には少し評価を下げて穴馬を狙いたいかな。まだ未知数なのでハイペースでやれたとしても驚かないけど、出負け癖があるし淡々とした流れだとリスクは小さくないと思う。

 ということで馬券をどこから買おうか迷うレース。そこでひとつ新しい買い方を試してみませんか?最新の能力指数を使った買い方です。
 
 最近登場した「うまとみらいと」というサイトの指数がかなり当たっていて利用者が急増していると編集部内でも話題になっています。
 自分の力だけで予想するよりも、利用できる新しい手段は使ったほうが効率が良いことに気付かれ始めているようです。
 
で、「うまとみらいと」の何が凄いの? ↑無料登録できるので、私自身も使って試してみました。
 
使ってみて感じたのは、とにかく「指数コンテンツ」が豊富だということ。
以前から3連単がよく当たると話題の「コラボ指数」に加えて、「的中率90%の鉄板系指数」と、「爆発力がある穴馬指数」までも。競馬指数コンテンツがいろいろ詰め込まれて取り放題といった感じです。
 
3つの指数とも使ってみましたが、個人的なお気に入りはやはり「コラボ指数」。
走る馬が視覚的に一瞬でわかってしまうシステムの使いやすさ。
指数が低い馬=強い馬なので、単純に指数の低い順に買うだけという明快さです↓
↑このコラボ指数が本当に高確率で的中を持ってきてくれます。
 
因みにこの時、フェブラリーSの結果は憶えていますか?
コラボ指数順に並べると
15 インカンテーション
16 ノンコノユメ
18 サンライズノヴァ
19 ゴールドドリーム
21 テイエムジンソク
この5頭で勝負したわけですが、、
 
結果
15 インカンテーション 3着
16 ノンコノユメ    1着
18 サンライズノヴァ  4着
19 ゴールドドリーム  2着
21 テイエムジンソク  12着
 
どうですか?
いとも簡単に3連単41,560円GET!
 
この時のコラボ指数考案者・北条直人の予想根拠がこちらです↓
「6番インカンテーションは前走地方の7着と過去データ的には対象ではなく人気も低いですが、直近3年全てで指数1位が絡んでいることから今回候補として入れました。前走データでも絞りましたが、指数的に見ても上手く上位でまとまっていますし、過去のデータからも指数上位が入りやすいのでこの5頭でイケるはず」
※「北条直人の競馬ブログ」より抜粋
重賞予想解説者:北条直人
 
6番人気→1番人気→4番人気の決着ですからね
こんなにサラリと当ててくるとは、、
 
この男いとも簡単に三連単を当ててくるので
数日分遡ってサンプルを取って的中率を調べてみたところ、、↓↓
コラボ指数:12月28日(木)的中率結果 ================================== 単勝:87% 複勝:100% 馬連:66.7% ワイド:91.3% 3連複:54.2% 3連単54.2% ==================================
 
コラボ指数:12月24日(日)的中率結果 ================================== 単勝:79.2% 複勝:95.8% 馬連:45.8% ワイド:75% 3連複:41.7% 3連単41.7% ==================================
 
コラボ指数:12月23日(土)的中率結果 ================================== 単勝:87.5% 複勝:100% 馬連:62.5% ワイド:83.3% 3連複:25.0% 3連単25.0% ==================================
 
一般的に3連単の的中率は10%程度なので、 平均の約3~4倍、、
3回に1回は三連単が当たっていました!
この精度は、ぐーの音も出ない、、。
 
https://miraito.collabo-n.com 3連単が3回に1回当たる「コラボ指数」
これはオススメできます!
  さらに、的中を重視したいときには「的中率90%の反則技指数」、高配当を狙っていきたいときは「魅せる穴馬HitMake」と使い分けることができる。このあたりは、その時々のお財布事情次第で使い分けるとよいとは思います。
 TVでも新聞でも他の競馬サイトでもこの量の指数予想はできないです。数字を見ているだけでも楽しくなりますよ。確かにこんなサイトは今までありませんでした。
 
 当然、「週末全72レース分の予想・買い目」の準備がここで全て足りてしまいます。プロ(さほど当たらないプロ)の予想に数万円かけて購入するより、格段に割がよいと思います。
 
 毎週のメインレースと1~6レースは無料提供しています。無料予想だけでも十分儲けられるので、まずは無料でどんどん当てまくってみて下さい!↓↓
https://miraito.collabo-n.com
※メール送信後、返ってくるメール記載のURLをクリックで登録完了。
※全レースの指数を見放題できるコラボ放題プラン(月額1,980円)もあります。

競馬をやって何が悪い。分析note…弥生賞から高松宮記念まで!



Links

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。