競馬をやって何が悪い。〜予想は敗因分析から〜

菊花賞の出走予定馬展望が中心!今週あの人気馬はなぜ負けたのか? ラップとレース映像をリンクさせた詳細な敗因分析から競馬の真髄に迫る。 敗因分析できれば次買うべき馬が解る。競馬予想は回顧から始まる。

東海ステークス 2019 レース回顧・結果:インティ、直線で11秒台に入れてさらに加速し完勝!

time 2019/01/20

毎週日曜の22:00からツイキャスで東海ステークスなど重賞回顧ライブを行います。ラップや騎手など様々な観点から次のレース予想に繋がる回顧をお届けしますので、ぜひお聴きください。ライブ前にコメントで質問、レースの流れで気になったこと等を書き込んでもらえたらありがたいです! http://twitcasting.tv/c:nandecas 競馬ナンデトップページからも視聴できます http://www.keibanande.net

東海ステークス2019のレース回顧・結果

中京ダ1800m良
1:49.8 49.2-48.3 S^1
13.0 – 11.2 – 12.7 – 12.3 – 12.3 – 12.4 – 12.4 – 11.6 – 11.9

展開分析・総評

 雨が少し降っていたので良とはいえ少し出やすかったのかな?とは思うが、それでもこの時期の中京で50秒台を切ってくるとは恐れ入った。ペースはややスローに突入していて中盤以降は淡々と12秒台前半を刻みながら直線坂の上りで12.4-11.6と一気に加速。ここに対応できなければ勝負には加われなかった。L1も11.9でまとめているようにインティを褒めるしかないかなという感じ。

 ただ中京1800は前が支配して加速競馬となればこのパターンで後続を突き放すことは珍しくないので、これが芝スタートの府中マイルで通用するかどうか?というのはまた別問題ではある。とりあえず今回に関しては後半2Fのトップスピード面が無いと話にならなかったし、そのうえでそこまでのギアチェンジを問われていると見るべきかな。

1着04インティ(武豊)

 まずまずのスタートから楽に二の足でハナを取り切り外から競ってくるスマハマに対してある程度促して抵抗しながら1角、ここまではそこそこ速かったが2角以降でブレーキしながらうまくペースをコントロール。後ろからの捲りを誘発させない程度にうまく息を入れながら3角まで動かず。3~4角でも下り坂で加速したいところだが我慢して後続の動きを待つ。そのまま抜群の手ごたえで1馬身差で直線。序盤の坂の上りで軽く促すだけで出し抜くが外からチュウワウィザードが唯一伸びてくる。しかしラストまでこれをほとんど寄せ付けずに2馬身差を保っての完勝。

 強かったの一言。課題の坂スタートを無難にこなしてまずまずいい入り方だし、すぐ外のスマハマが競ってきたけどここで怯まずに主張しきってコーナーで減速しながら、そして向こう正面でも下手にペースを落としすぎずに入れた。馬もそれに応えて直線の坂の上りでスッと反応して2列目を出し抜くギアチェンジを見せたしトップスピードの質も高いレベルのところまで見せてきた。正直要所のギアチェンジだけはどうかな?と思っていたんだけど、中京1800でこのパターンで動けたので問題ないね。

 あとは次のフェブラリーSをどう考えるか。東京マイルだけど、これはちょっと難しいとは思っている。芝スタートはやってみないとわからないし、前半はどうしても速いからね。あまり前に拘ると難しくなるし、かといって好位から我慢してとなるとL2の地点では今回もチュウワが結構良かったので、後半勝負向きの馬に対してどこまでやれるか。ダートスタートですっとレースを支配して変に大きく緩めずに良さが出ている馬なので、東京マイルみたいに前半速い、中盤緩みがち、後半再加速の競馬で不安が出やすいタイプにはなるんじゃないかな。芝スタートも読めないし、相手と自分の出方で合わせながら対応しやすい外枠を引いた方が良いと思う。

2着03チュウワウィザード(川田)

 まずまずのスタートを切ってそこから促しながら好位の中目で進めていく。道中も好位3列目の中目で進めながら3角まで特に動きがない。3~4角でも手が動いて3列目からスマハマの後ろを通しながら直線で外。序盤の加速でスッと反応してスマハマを交わして2番手に上がってくる。L1でしぶとく食らいついてジリジリと若干ではあるがインティとの差を詰め、3着以下はちぎっての2着。

 2馬身差というのをどう考えるかだけど、前が支配して2F戦という中でしっかりと反応して伸びてきていたし、L1で前も11.9と大きく落としていない中でジリジリとでも差を詰めてきていた。これは評価していいんじゃないかなと。3走前でもトップスピード面で良いものを見せていたけど、ギアチェンジを高いレベルで問われた中でもやれた。

 この馬は本番のフェブラリーSに出られるか賞金的には微妙なところだが、東京マイルだと流石にちょっと短い感はある。それでもトップスピードの質・ギアチェンジはある程度見せたので、前半前が飛ばして中弛みで取り付きながら嵌れば?というぐらいの馬にはなるんじゃないかな。やっぱり明け4歳世代のダート路線はハイレベルやね。最序盤で良い位置を取れたという川田の騎乗面もよかったと思う。

3着05スマハマ(藤岡佑)

 まずまずのスタートを切ってインティの外からプレッシャーをかけて入っていく。最終的には2番手で進めて道中もインティを見ながら流れに乗って3角。3~4角でじわっと手を動かしながら2番手で直線。序盤の最速地点で追い出されるが反応で見劣ってここで3番手に後退。更にL1で甘くなって焦点は3着を守れるかどうかとなったが、後ろも甘くなったので3着は単独で確保もかなり離された。

 う~ん、まあ休み明け、骨折明けということを考えればまずまずの内容だけど、やっぱりかなり離されちゃったからねえ。内容的にみてもL2でかなり速いラップを要求されているが、この馬自身はヒヤシンスSや青竜Sでそういう競馬にも対応できていた。直線に入って手前を換えていなかったというのも影響しているかもしれないけど、もうちょっとここでは頑張ってほしかったかな。L1で甘くなったのは休み明けの影響もあるかもしれないけど。

4着10コスモカナディアン(丸山)

 五分のスタートから様子を見ながら中団馬群の中に入れていく感じ。道中も中団の内目で進めながら3角。3~4角でも中団内内で進めながらグレンツェントの後ろのスペースを拾いながら3列目で直線。序盤で追い出されるがジリジリとした伸びでなかなか前との差は詰まってこない。L1では下がってきたスマハマを捕えられるか?というところでこちらも甘くなって詰まらず4着完敗。

 昨年は強かったけど3~4角でロンスパ気味ではあったからね。今回は2F戦になってそこでギアチェンジも問われたから、そういった速度面では前3頭に見劣ってしまったかな。相手関係を考えると悪くない競馬はできていると思う。今回に関しては1,2着馬をほめるべきだと思うわ。この馬もメンツに恵まれれば重賞でも再度馬券に絡むチャンスはあると思う。内で立ち回れる馬だし、ペースが速くても対応できるしロンスパがいい馬だけどこうやって2F戦でも最低限の走りができる。馬主孝行の馬だと思う。

5着02アスカノロマン(太宰)

 まずまずのスタートを切るも控えて中団内内でから後方に近いところで進めていく。道中もコスモカナディアンの後ろで進めながら中団に取り付きつつ3角。3~4角でもコスモの後ろで進めて直線。序盤で中団から伸びきれず中団のまま。L1でも特に変わらず掲示板争いを接戦で制したという程度。

 最短距離を通し続けてなだれ込んだだけの内容で、普通にコスモカナディアンに見劣る競馬となってしまっている。後半型の競馬でそれなりに脚を使ってといってもやはり限界があると思うし、下降線をたどっているこの馬としてはこうやって現実的な着拾いの競馬に徹していくしかないという感じかな。4歳世代の波が押し寄せてきている中でダート重賞路線でどこまで賞金を稼げるかというところ。5着と健闘したとは思うが馬券的には今後も難しいかな。

8着01グレンツェント(ミナリク)

 まずまずのスタートから押して先行策を狙うが外の各馬が速く控えて2列目ポケット。それでも理想的な序盤の入り方で、向こう正面でもインティの後ろで進めていくが2角付近では少し掛かり気味ではある。3角辺りでじわっと促しながら追走、4角で明確に手が動いていたが反応が怪しく2列目に食い下がって直線。序盤で鞭が入るもののジリジリと後退、L1に入る前に失速してそのまま下がった。

 ん~状況的には結構いい感じだったと思うんだけど。東海Sを勝った時のような状態面ではないということだと思う。今回に関して言えば正直追い切りがイマイチだったので難しいかなと思っていたし、3角の辺りまでの進め方は怖かったけどやっぱり反応する余力が無かった感じだしね。良いころに戻るにはまだ時間がかかるんじゃないかな。

12着07アンジュデジール(横山典)

 五分のスタートからある程度促して先行しようとしていたがいまいちで好位の一角。道中も好位の中目で進め、3~4角で徐々に後退気味、手が動いているが反応できず、下がり切ってしまった。

 最後は下馬していたみたいだし、状態面での問題があったのかな…という感じ。ゲートもそこまでよくなかったが二の足であまりいつもの良さが見られなかったからね。状態落ちだったのかな…。

□◆□◆□◆□◆□◆□◆□◆□



  馬券に人気は関係ない!



第24回 シルクロードS(G3)

【万馬券ハンターの馬券指南】

  3種勝負馬券を大公開!



  →ここをクリック!



━━━━━━━━━━━━━━━



「新聞にはまったく印が打たれていませんでした」

「なんでこんな人気のない馬から買えるんですか」



凄腕の万馬券ハンターと提携している【暴露王】のもとには、こうした驚きのメールがよく届きます。



▼ ▼ ▼



しかし、万馬券を獲ることはそれほど難しくありません。



重要なのは、『人気に左右されず馬の良し悪しを見分けること』です。



例えば、新聞紙にこれでもかというほど重い印が打たれていたり、単勝1倍台だったりすると、ついつい買ってしまいたくなるでしょう。



あるいは二桁人気だったり、単勝100倍を超えていたりというだけで消してしまったこともあるのではないでしょうか。





これこそが万馬券を効率的に狙う上では罠なのです。





“情報力・執念・視点”の違いをウリとする【暴露王】は、凄腕の万馬券ハンターと提携することで、人気に左右されず“情報力”だけで勝負しています。



▼最近も万馬券ハンターが

   驚きの的中率を達成!▼



こんな的中お届けしてます!



今週ご登録頂いた皆様には、目玉重賞『シルクロードS(G3)』を始めとして、「どんなに悪くても5割は下らない的中率」と言われる“的中請負人”の勝負買い目を【毎週無料】でコッソリ教えます!



買い目・見解はレース当日に【暴露王】からのメールを待つだけで問題なし!



今週の週末から、「本物の情報」で皆様の馬券ライフを180度変えてみせます!



▼詳しくはこちらでどうぞ!▼



第24回 シルクロードS(G3)

     本命x対抗

【万馬券ハンターの馬券指南】

  3種勝負馬券を大公開!



  →


ここをクリック!




━━━━━━━━━━━━━━━

競馬をやって何が悪い。分析note…弥生賞から高松宮記念まで!



Links

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。