競馬をやって何が悪い。〜予想は敗因分析から〜

菊花賞の出走予定馬展望が中心!今週あの人気馬はなぜ負けたのか? ラップとレース映像をリンクさせた詳細な敗因分析から競馬の真髄に迫る。 敗因分析できれば次買うべき馬が解る。競馬予想は回顧から始まる。

日経新春杯 2019 予想:本命10ルックトゥワイス

time 2019/01/12

日経新春杯 2019 予想:本命10ルックトゥワイス

日経新春杯2019の予想

京都11R 芝外2400m
馬場想定:良、ややタフな馬場想定

展開予想

 馬場は先週の京都金杯やシンザン記念の時と比べると少しマシかなというぐらいで1段階は上げるが引き続きややタフな馬場状態にはあると思う。

 展開予想は動画の方でも上げてますが、基本的には同じようなイメージで入りたい。何が行くかハッキリとは読めないけど、外のメイショウテッコン武豊、ロードヴァンドール横山典弘が主体的、アイトーンもなるべく前を狙う。中目のウインテンダネスもいければハナを狙うかもしれないが外の方が速いかな。ペースは読みにくいが今の馬場だと想定でも2:25.5ぐらい出ればいい方。60で入れば恐らく稍ハイペースになるぐらい。多分コントロールしてくると思うが61-60.5ぐらいのイメージで入っておく。中盤で少し緩むと思う。

予想

◎10ルックトゥワイス
○02グローリーヴェイズ
▲15ロードヴァンドール
△12メイショウテッコン
△16ムイトオブリガード
×01マサハヤドリーム07ガンコ
3連複◎〇軸▲△×流し
3連単F◎〇▲-◎〇▲△-◎〇▲△×

◎ルックトゥワイス

 悩んだ中で色々考えてこの馬にした。本音を言えば字面だけ見ればメイショウテッコン本命で良いと思っていた。ただ、やっぱり中間の追い切りに問題があったのは確かでちょっと信頼できなかった。そこで素材的に一番買いたい馬を狙おうと。鞍上の岩田との相性は未知数で、本音を言えば出し切る騎手の方が良いとは思っているが…

 前走のグレイトフルSが課題を克服以上のパフォーマンス。初めて標準以上に力の要る馬場状態でポテンシャルを発揮してきた一戦となる。61.6-60.4とややスローからL5最速、12.1 – 11.9 – 12.0 – 12.0 – 12.1 – 12.4の6Fのポテンシャル戦で好位外からねじ伏せてきた。課題だったゲートも克服して五分に出てからのロンスパで突き抜けたしこれならポテンシャルは活きてくる。

 弱点はギアチェンジでアル共なんかは典型的に苦しい展開。62.8-58.2と極端に緩く12.6 – 12.3 – 11.1 – 11.0 – 11.2と3F勝負で後ろから。エンジンのかかりがどうしても遅いので直線前半で置かれてL1でジリジリ。そういうタイプなのでギアチェンジの性能が直結する状況は望ましくない。京都外回りでも高速馬場でL2最速とかだと難しいが、今の馬場ならそこまで急激な加速も問われないだろうし、3~4角でロスがあってもいいタイプ、強気の競馬が欲しいけどまあ今の馬場なら多少踏み遅れてもL1で食い込んでくれることを期待。

○グローリーヴェイズ

 枠がなあ、という感じで本命にし切れなかった。ただきさらぎ賞は結構レベルが高かったと思っていて、あの時も力の要る淀で1800m。49.3-47.5とかなりのスローから12.0 – 12.1 – 12.2 – 11.5 – 11.7と2F戦、番手で進めて逃げるサトノフェイバーに対してちょっと置かれたがL1までジリジリ食らいついてハナ差、差を詰める粘りを見せての2着。3着以下もラセットやカツジといった強敵で、それらを問題としなかった。

 京都新聞杯でも58.5-59.3とややハイから12.6 – 12.1 – 11.3 – 11.4 – 11.9とL3最速で中団からジリジリとは来ていた。ただ前半で分散、L3最速のTS持続戦で後半もそこまでの脚は使えなかった。それでもここに入れば十分戦えると思うし展開・馬場の幅が広いのは良い。位置取りはできれば取ってほしいが、最悪中団ぐらいまでなら、加速性能自体は菊花賞でも外を向いて入っていたとはいえそれなりには伸びていたし、弱点らしいものはあまりないと思う。

 あとは前半のポジションだけかな。位置取りに関しては正直そこまでゲートが上手くない中で内枠、今回の枠の並びだとイマイチ不安。その点を総合的にみて、あとは正月ボケしてるミルコが目覚めてくれることを祈りつつかな。

▲ロードヴァンドール

 かなり悩んだんだけど、ロードヴァンドールってもともと高く評価していた馬ではあるんだよね。というよりも、昨年の日経新春杯はレベルが高かった、という見立て。あの時のミッキーロケットは足りなかったし後半型の競馬ではいまいちなので何ともだが、ガンコやパフォーマプロミスがその後も結果を出している中で結構粘っての2着。62.0-59.4と超スローではあるが力の要る馬場状態で12.3 – 12.5 – 12.3 – 11.6 – 11.4 – 11.6と3F勝負、L2の最速地点ではガンコの方が伸びていたがL1でむしろ離して粘っているところに外からパフォーマに差し切られた。

 日経賞は結局スローロンスパの形の中でガンコと位置取りが逆になって3~4角で勝ちに行く形になったのが響いたと思っている。62.8-60.4とかなりのスローからの12.2 – 11.9 – 12.0 – 12.4 – 11.9 – 11.6 – 12.5とロンスパからのもう一段、という中で好位外から3~4角でロスがある状況だったというのはあるかな。逃げなくても良いが、本来逃げか番手でこそという馬。力の要る馬場も問題ないし血統からは考えにくいけど適性的には長距離向き。日経賞のように後半型のポテンシャルでの分散でもある程度やれているからね。今の淀の馬場で主導権をとれればやれると思う。寒い冬に強いイメージもあるからね、この辺でノリの一発を期待したい。

△メイショウテッコン

 もう本当に状態面だけ。単純な力は1枚上だと思っている。基礎スピードが高くラジニケ賞でも46.3-47.4とハイペースから12.4 – 12.3 – 11.9 – 11.6 – 11.6と中弛みの再加速で粘って菊花賞馬フィエールマンの追撃を振り切って完勝。神戸新聞杯では61.9-58.7と超スローからの12.3 – 11.8 – 11.2 – 11.3 – 12.1とL3最速TS持続戦で粘り込んでダービー馬ワグネリアンらを相手に善戦するだけのものは見せている。距離もいいし適性の幅が広い、道中息を入れられる。まだそこまでのレベルではないがタイプ的にはキタサンブラックに近い馬。なので状態面だけで、今年の飛躍に期待しているし、豊とのコンビでどこまで跳ねるか見てみたい。

△ムイトオブリガード

 一番悩んだ馬で連下で拾うことにした。まず嫌な要素はルーラーシップの仔で超高速馬場でよさが出てきたという過程、キセキじゃないけど現実的に力の要る馬場が実は合わない可能性?というのはルーラーの仔は結構あると思うのでムイトオブリガードがそうなる可能性もある。

 ただし、シンプルに近走は強いんじゃないかと。2走前の六社Sはルックトゥワイスが5F戦でも出し切れないような展開の中で良い位置をとって内内を立ち回って11.4 – 11.9 – 11.4 – 11.2 – 11.7というラップ推移、L2で抜け出してラストは流していたのもあるからね。前走のアル共でも超高速馬場で後ろからトップスピードの質・持続力の高さを見せてきた。今回はそこまで良い位置を取れないかなと思うけど、近走の上昇度は不気味だし、川田というのも含めて総合的に連下で披露。

×マサハヤドリーム

 ×には狙いたい穴馬を引っかける。まずマサハヤドリームだが、基本的にこの馬はある程度全体で流れた方が良いと思っていて、思った以上に強いなと思ったレースは大体そんな感じ。例えば4走前の福島テレビOPもだし、6走前の都大路Sもだがある程度前半から流れている。2400は長いかもしれないけど、内内で我慢に我慢を重ねる北村友一はこういうタイプなら怖さは出てくるかな。全体で平均だけどL2最速とかで内からジリジリ加速して脚を使ってくれば怖い。

×ガンコ

 状態面が戻ってくればこの馬も当然選択肢に入ってくる。ただ、ロードヴァンドールとの比較でみたときにこの馬は後半のポテンシャルでロンスパになった方が良いんだと思う。日経賞が62.8-60.4とかなりのスローからの12.2 – 11.9 – 12.0 – 12.4 – 11.9 – 11.6 – 12.5とロンスパからL2最速で捲ったキセキの内から3~4角緩んだところで取り付いて直線入りですっと加速。日経新春杯では3F勝負でL2最速地点ではロードに迫りながらもL1では甘く。分散してもいいタイプだけど本当に良い脚は一瞬タイプだと思うので、あとは2列目を確保できるかどうか。ロードに逃げられてしまうとそれ以上は難しいかも?という感覚かな。

━━━━━━━━━━━━━━━━━
この秋も予告の菊花賞10万0590円的中
JBCレディスで5万3720円的中など!
“競馬の神様”故・大川慶次郎が創設

 創業38年【ホースメン会議】

 的中率7割以上・万馬券的中多数
プロ集団の実力を無料で体感できます
━━━━━━━━━━━━━━━━━
    1日1鞍の渾身予想

2月3日まで(4週間)無料公開!

 しかも今週限定で日経新春杯の
  重賞情報も無料で特別公開!
━━━━━━━━━━━━━━━━━

18年1月も週1~2鞍の勝負レースで
5戦4勝的中率80%のプロが提供!

18/1/6 中山6R Arank 2万1720円的中
18/1/8 京都10RArank 2万7420円的中
18/1/14中山8R Arank  4730円的中
18/1/20中山9R Srank 1万0700円的中

1日1鞍の渾身予想を無料で見る


ジャパンカップ有力馬の記事は有料版にて…



Links

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。