競馬をやって何が悪い。〜予想は敗因分析から〜

菊花賞の出走予定馬展望が中心!今週あの人気馬はなぜ負けたのか? ラップとレース映像をリンクさせた詳細な敗因分析から競馬の真髄に迫る。 敗因分析できれば次買うべき馬が解る。競馬予想は回顧から始まる。

東京大賞典 2018 レース回顧:オメガパフューム、最後もやっぱり3歳馬の勝利!やっぱりミルコとルメールのワンツー!

time 2018/12/30

毎週日曜の22:00からツイキャスでホープフルS・東京大賞典など重賞回顧ライブを行います。ラップや騎手など様々な観点から次のレース予想に繋がる回顧をお届けしますので、ぜひお聴きください。ライブ前にコメントで質問、レースの流れで気になったこと等を書き込んでもらえたらありがたいです! http://twitcasting.tv/c:nandecas 競馬ナンデトップページからも視聴できます http://www.keibanande.net

東京大賞典2018のレース回顧

大井ダ2000m良
2:05.9 61.2-64.7 H^3
12.4 – 11.5 – 12.2 – 12.7 – 12.4 – 12.2 – 12.9 – 13.6 – 12.8 – 13.2

展開分析・総評

 やっぱりミルコとルメールだったなあ、という。まあ、今回はその中でもミルコで、ルメールは神がかってはなかった。ミルコに関してはオメガパフュームはどうやって伸び初めの遅さをカバーするかと思ったけど流石やね。ルメールを閉じ込めながら3~4角のペースダウンで外からスーッとって感じ。

 全体のペースは超ハイでもS^4に肉薄レベルなので相当速かった。1~2角の減速から向こう正面での加速も思ったよりスーパーステションが強気にやってきたなという感じ。ただし、その分だけ12.9-13.6と大きく減速したところでもありオメガにとっては多少恵まれた面もあるんだけどね。逆にゴールドはここでロスなくと思っていたら少しミルコにやられてしまった面もある。とはいえこの2頭がワンツーだし、流石。

1着05オメガパフューム(M.デムーロ)

 五分には出たかな?という程度であまりいい出方ではなく、包まれて後方でという入り方。向こう正面までにうまくゴールドドリームを意識できるところまで中目から押し上げながら3角に入っていく。3角ではまだ中目で促しつつゴールドを目標、ゴールドが待っているところで外からスーッと並べかけてケイティの直後をとってゴールドに蓋。序盤で3列目からジリジリと伸びて2列目だがまだケイティとの差は詰まってこない。しかしL1で1馬身ちょっとの差をしっかりと捕え、さらに内から食らいつくゴールドドリームを振り払っての3/4馬身差勝利。

 まあ、嵌った面はある。例えば前半は超ハイという強烈な流れだったので後方で脚を残せていたのは最後のラップが落ち込んでいることからも大きかったかなと。それと、向こう正面でもペースが落ちなかったことで逆に3~4角でペースが落ちた。ここで外から取りついていけたのでJDDでは加速していく過程で置かれていたという面が見られずしっかりと3~4角でポジションを上げて入れた。これは展開面で恵まれた要素としてはあると思う。

 ただし、この流れでミルコがこの馬の良さであるポテンシャルをしっかりと信じているから4角で動いていくという選択をとれたわけで、クリスチャンならずっとゴールドの後ろで我慢していて直線で伸びきれない、なんてことになりかねなかったんじゃないかな。それぐらいにこのデムーロ兄弟には差がある。恵まれたけど、それをしっかりと出し切れるミルコってのは馬の適性や能力を評価するのと、途中で展開を読む力が優れているし、だから大舞台で強いんだろうなあ。まあ最近はルメールが腕を上げてきて簡単ではなくなったけど、流石ミルコ。鞍上が大事です!

2着13ゴールドドリーム(ルメール)

 出負けして後方からの入りとなってしまう。それでもそこから1角までの段階である程度リカバーして、向こう正面では中団外で前を向いてケイティブレイブを目標。3~4角でもケイティの後ろぐらいで我慢しながら、4角でケイティが外に出したところで一つ内をキープもここでオメガに並ばれ蓋をされ3列目。序盤で追い出されるが外から動いてきたオメガの方が勢いがある。そのままL1まで必死に食らいつくがその差は覆せず、ケイティは捕えたが3/4馬身差の2着。

 2着になった理由としては難しいところもあるが、展開面で見ると本当に多少。ルメールとしては最後でちょっとビビった分の差はあるかも。消耗はある程度していたはずなので3~4角で前が減速したところでこちらもペースダウンしてそこからの加速という流れでちょっと待たされたし、そうしている間に外から一気にオメガに来られて蓋をされちゃった。そこから直線でオメガはもう勢いがついていたし、こちらはそこからの加速。それでも捌いてきたのは流石ゴールドドリームという感じかな。

 ただ、帝王賞に近い展開といえるし、その中でケイティと同じような感じだったことを考えると、ある程度この馬としても力を出し切っているのかな、というのもある。なので敗因として多少展開面でミルコにやられた面はあるにせよ、今回に限ってはオメガを評価すべきなのかなと。やっぱり2000は若干だが長い気はするので、その辺かなあ。

3着02ケイティブレイブ(福永)

 好発を切って外のスーパーステションを行かせながらだが、無理はせずに好位の内目でまずは入っていく。道中も離れた3列目で進めながら3角へ。3~4角でも好位の外目でジッとしながら、4角で外に出して勝負を仕掛ける。直線で抜け出したが外からオメガ、ゴールドに交わされるも3着、力は見せた。

 う~ん…まあ悪くはない入り方だったと思うんだけど、やっぱり力関係から考えると上位2頭が強かったのかな。内容としてはやはり前半からハイペースだったのでこの流れになってしまったのはケイティとしてはあまり好ましくはなかった。向こう正面で上がればケイティやオメガへの仕掛けのスイッチとなるし、3~4角の中弛みで我慢しながら仕掛けをワンテンポ待って4角でという競馬にしたと思う。ただこのレースでは向こう正面でもペースが速かったし、ある程度ポテンシャル面でも、という競馬だったからねえ。2000ならハイペースでも、というところでやっぱり帝王賞の内容通りでこの流れではちょっと足りなかったかな。もうちょっと前半ゆったりした流れの中でみたいね。

4着07サウンドトゥルー(御神本)

 やや出負けして最後方に下がりながらの競馬となる。道中も最後方付近から少しずつ押し上げて3角手前でオメガの後ろ。3~4角でもオメガの後ろを狙いながら中目を通して直線。序盤でそこからオメガの後ろからジリジリと伸びてくるがまだ3列目で前とは差がある。L1で前が落ちたところでジリジリと差し込むも4着争いを制するまで。

 結局ゲートがね。超ハイなので前もしんどかったと思うけど、それでもオメガやゴールドドリームぐらいの位置にいないとそれを差すというのが難しくなってくる。向こう正面でもまだ後方にいてとなると最後は必ず脚を使ってくるけど届かない。力関係的にみてもケイティには今年は見劣ってきたからね。下降線だった中で強敵が揃ったし、この馬としては展開がドはまりしないと今はなかなか難しいんじゃないかな。ここからも緩やかな下降線に入っていくんだと思う。ゲートを解消できないとやっぱり高いレベルで馬券に絡むのは簡単ではないかも。

5着06エイコーン(岩田)

 五分のスタートから無理せず中団馬群の中で進めていく。道中も中団の内目から中目のスペースを拾って2列目付近まで押し上げながら3角へ。3~4角で2列目の内ポケットで前のスペースを詰めながら直線と完璧な騎乗。序盤で進路をとって追い出されるがケイティに前に出られる。途中までまで2列目に加わっていたがラストはじりじり下がって5着。

 ほぼ完璧に乗ってくれたんじゃないかな。前半はハイペース、無理せずに中団で進めて向こう正面以降で押し上げたし3~4角で内内からスペースを保って直線ですっと進路確保。まあ全体がこのペースだとこの馬としては速かったかもしれないが、それでも現時点では上位勢と比べるとちょっと足りなかったかな。サウンドトゥルーに差されているようだと、交流GIではちょっと足りないし、まずは地道に賞金を積み上げながらかな。

 ということで馬券をどこから買おうか迷うレース。そこでひとつ新しい買い方を試してみませんか?最新の能力指数を使った買い方です。
 
 最近登場した「うまとみらいと」というサイトの指数がかなり当たっていて利用者が急増していると編集部内でも話題になっています。
 自分の力だけで予想するよりも、利用できる新しい手段は使ったほうが効率が良いことに気付かれ始めているようです。
 
で、「うまとみらいと」の何が凄いの? ↑無料登録できるので、私自身も使って試してみました。
 
使ってみて感じたのは、とにかく「指数コンテンツ」が豊富だということ。
以前から3連単がよく当たると話題の「コラボ指数」に加えて、「的中率90%の鉄板系指数」と、「爆発力がある穴馬指数」までも。競馬指数コンテンツがいろいろ詰め込まれて取り放題といった感じです。
 
3つの指数とも使ってみましたが、個人的なお気に入りはやはり「コラボ指数」。
走る馬が視覚的に一瞬でわかってしまうシステムの使いやすさ。
指数が低い馬=強い馬なので、単純に指数の低い順に買うだけという明快さです↓
↑このコラボ指数が本当に高確率で的中を持ってきてくれます。
 
因みにこの時、フェブラリーSの結果は憶えていますか?
コラボ指数順に並べると
15 インカンテーション
16 ノンコノユメ
18 サンライズノヴァ
19 ゴールドドリーム
21 テイエムジンソク
この5頭で勝負したわけですが、、
 
結果
15 インカンテーション 3着
16 ノンコノユメ    1着
18 サンライズノヴァ  4着
19 ゴールドドリーム  2着
21 テイエムジンソク  12着
 
どうですか?
いとも簡単に3連単41,560円GET!
 
この時のコラボ指数考案者・北条直人の予想根拠がこちらです↓
「6番インカンテーションは前走地方の7着と過去データ的には対象ではなく人気も低いですが、直近3年全てで指数1位が絡んでいることから今回候補として入れました。前走データでも絞りましたが、指数的に見ても上手く上位でまとまっていますし、過去のデータからも指数上位が入りやすいのでこの5頭でイケるはず」
※「北条直人の競馬ブログ」より抜粋
重賞予想解説者:北条直人
 
6番人気→1番人気→4番人気の決着ですからね
こんなにサラリと当ててくるとは、、
 
この男いとも簡単に三連単を当ててくるので
数日分遡ってサンプルを取って的中率を調べてみたところ、、↓↓
コラボ指数:12月28日(木)的中率結果 ================================== 単勝:87% 複勝:100% 馬連:66.7% ワイド:91.3% 3連複:54.2% 3連単54.2% ==================================
 
コラボ指数:12月24日(日)的中率結果 ================================== 単勝:79.2% 複勝:95.8% 馬連:45.8% ワイド:75% 3連複:41.7% 3連単41.7% ==================================
 
コラボ指数:12月23日(土)的中率結果 ================================== 単勝:87.5% 複勝:100% 馬連:62.5% ワイド:83.3% 3連複:25.0% 3連単25.0% ==================================
 
一般的に3連単の的中率は10%程度なので、 平均の約3~4倍、、
3回に1回は三連単が当たっていました!
この精度は、ぐーの音も出ない、、。
 
https://miraito.collabo-n.com 3連単が3回に1回当たる「コラボ指数」
これはオススメできます!
  さらに、的中を重視したいときには「的中率90%の反則技指数」、高配当を狙っていきたいときは「魅せる穴馬HitMake」と使い分けることができる。このあたりは、その時々のお財布事情次第で使い分けるとよいとは思います。
 TVでも新聞でも他の競馬サイトでもこの量の指数予想はできないです。数字を見ているだけでも楽しくなりますよ。確かにこんなサイトは今までありませんでした。
 
 当然、「週末全72レース分の予想・買い目」の準備がここで全て足りてしまいます。プロ(さほど当たらないプロ)の予想に数万円かけて購入するより、格段に割がよいと思います。
 
 毎週のメインレースと1~6レースは無料提供しています。無料予想だけでも十分儲けられるので、まずは無料でどんどん当てまくってみて下さい!↓↓
https://miraito.collabo-n.com
※メール送信後、返ってくるメール記載のURLをクリックで登録完了。
※全レースの指数を見放題できるコラボ放題プラン(月額1,980円)もあります。

競馬をやって何が悪い。分析note…弥生賞から高松宮記念まで!



Links

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。