競馬をやって何が悪い。〜予想は敗因分析から〜

菊花賞の出走予定馬展望が中心!今週あの人気馬はなぜ負けたのか? ラップとレース映像をリンクさせた詳細な敗因分析から競馬の真髄に迫る。 敗因分析できれば次買うべき馬が解る。競馬予想は回顧から始まる。

有馬記念 2018 予想:本命11ミッキーロケット

time 2018/12/22

有馬記念 2018 予想:本命11ミッキーロケット

有馬記念2018の予想

中山11R 芝内2500m
馬場想定:良、ややタフな馬場想定

展開予想

 土曜はグレイトフルSの段階で小雨が降っていて、最終のノエル賞まで見て判断しようと思ったが、やはり時計が掛かっているなと。中山1800でスローの3F勝負だが最速が11.5と上がらず。この感じならややタフ、今年のメンツは上位勢が力の要る馬場であまり戦っていないので読みにくいけど、32秒台かなと思っている。1000通過がちょうど60秒ぐらいで平均ペースになるだろうと。

<PR>競馬をやって何が悪い。分析note’18ラストスパート!

 展開予想に関しては動画にて既にアップロードしてますのでそちらを見ていただけたらと思いますが、この馬場状態ならオジュウチョウサンの武豊は恐らく逃げを狙ってくると思う。これができるかどうかは別にして、ゲートは安定していてこのメンツならハナをという可能性もあるし、外からキセキが来るがキセキもかなり外なので中山2500ですぐに4角が来るコースと、行き切れるかどうかも出てくる。そしてこの2頭以外は逃げは嫌だろうと思うので、キセキを行かせてから外のミッキーロケット辺りが先行策、シュヴァルグランも好位を取ってくるかな。キセキをある程度目標にしやすい分外の方が先行しやすいかなと。内の場合はオジュウの後ろを良しとするかどうか?というのもあるしね。クリンチャー辺りがいいスタートを切れればというのもあるが、モズやクリンチャーが先行していってサトノダイヤモンドがどのあたりまでポジションをとるか。ブラストはゲートがイマイチなので中目の枠というのはあまりよくないしどの程度上げていけるか。

 全体のペースは馬場が気持ち重くなったことでバランス的には少し上がる可能性が高いんじゃないかなと思っている。キセキがどうしても今回は各馬の目標になるし、キセキの後ろを狙う先行勢がいてその外から動かないといけないレイデオロやシュヴァルといったところが向こう正面から。馬場もそこまで速いラップを踏めなさそうな感じだし、後半はポテンシャル戦になる可能性が高くなった。また前半も馬場が重くなってきたと思うので前後半でそこまでの差が生まれにくい状況にはなると思う。入りが63秒とかだと別だが、今の川田のレースメイクならそこまで緩めないと思うし、豊のオジュウもそこまでドスローでは難しいと見ると思うので、全体で60秒半ばぐらいには上がってくるんじゃないかな。60.5-43-59.5ぐらいのイメージで入りたい。2:32.0をベースに32秒台は少し切るかな、というぐらいのイメージで。平均~2秒程度のスローまでを想定しておく。

予想

◎11ミッキーロケット
○03モズカッチャン
▲15シュヴァルグラン
△02クリンチャー
△12レイデオロ
×06サトノダイヤモンド08ブラストワンピース
3連複◎〇軸▲△×流し
3連単F◎〇▲-◎〇▲△-◎〇▲△×

◎ミッキーロケット

 正直午前中の段階ではかなり迷っていて、結構いい時計が出ていた印象だった。ただ外回りと内回りで先週の段階でも内回りはある程度掛かっているかなという感じだった。ややタフな馬場で前半のパワー型基礎スピードもある程度問われそうなのとマーフィーは割と先行策は思い切って進めるイメージで、キセキを目標に入りやすいという条件も良く2列目ぐらいは狙えそう。展開面や馬場といった条件は良いと思う。

 そのうえで、やはり近走の内容がいい。宝塚記念がベストではあるが、59.4-60.2とややハイまで上がったにせよ、12.0 – 11.8 – 12.1 – 12.2 – 11.7 – 12.4とみての通りL5から11.8に入りつつ3~4角でペースが落ちてL2で再加速でスッと出し抜く競馬ができたように、後半のポテンシャル面の幅の広さ要所での一足が良かった。ただし、前半の基礎スピード面で後続の脚もある程度削いでいたという前提ではあったと思う。

 もう一点、やはり天皇賞秋を評価したいと。個人的には春天辺りから復調基調に入っていて、宝塚でベストまで持ってこれた。秋天では適性的に苦戦すると思っていたので内容を重視したいなとみていたが59.4-57.4とかなりのスローで超高速馬場、11.7 – 11.6 – 11.3 – 10.9 – 11.6 – 12.0とロンスパからのL3最速戦で10.9というラップが問われた中でロスなく進めたにせよ最後まで食らいつけた。こういう競馬では甘くなるイメージだったので、この辺で秋はJC,有馬で面白いと思っていたと。

 ただ、JC回避は不安材料でそれは間違いない。追い切りが良かったので気にせずに思い切って本命にしたというところ。全体のペースがスローでなければこの馬としては基礎スピードが生きてくる。春天も悪くなくて前後半では60.1-60.6と平均で流れてのL2最速、クリンチャーより後ろでの競馬というのが響いたと思うし、今回は枠の並び的にこちらが前をとるのは進めやすい。音無師のこの馬の解釈も珍しく当たっていて、流れた方が良いし逃げ馬の後ろぐらいがいいというコメント。そのイメージでばっちりなので、逃げるのがオジュウかキセキかはわからんが、前を突くイメージで乗ってくれれば最高。そのうえで後ろに対してポジション差をとって、3~4角で押し上げてくる馬に対して仕掛けを待って宝塚のようにL2で加速してすっと出し抜いてくれれば、というイメージかな。今のこの馬なら多少のスローでも問題ないのと、恐らく今回はシュヴァルよりは前だと思うので。

○モズカッチャン

 相手はこの馬にした。有馬記念への適性面は高いと思っていて、やはりギアチェンジをある程度持っていることと、力の要る馬場でポテンシャルを見せていること、さらに言えばパワー型の基礎スピードも持っているという点を評価したいと。

 ギアチェンジに関しては昨年のエリ女で見せてきた。62.0-59.5とかなりのスローから12.9 – 12.2 – 11.6 – 11.2 – 11.6で好位から直線クロコスミアの直後をとって置かれず食らいついてL1で差し込んだ。ポテンシャル面は京都記念で63.0-60.7とかなりのスローからの12.2 – 12.2 – 12.2 – 11.8 – 12.3とL2最速だが後半の5Fのロンスパという中で直線内からスルッと反応して一瞬見せ場。馬場差を考えれば評価できる4着。そして基礎スピードは秋華賞が重馬場で59.1-61.1とかなりのハイで好位内からしぶとく、ディアドラやリスグラシュー相手に踏ん張ったと考えれば評価ができる。

 それと、この馬はあまり休みで走ってこない印象ではある。京都記念も一瞬は良かったが、ローズSでは持ち味を活かせなかった。前走のエリ女も昨年を考えれば極めて物足りないんだが、ぶっつけになったのも影響した可能性が高い。叩き2走目は常に上昇しているイメージなので、この条件ならば信頼度もかなり高いと思う。鞍上のミルコも中山2500での立ち回りは信用できるので、あとは状態面と出遅れさえなければ。ここ最近出負け癖が出てきた印象なのでそこだけはしっかりとしてほしいかな。3つの武器を活かすにはある程度の位置で内目をとって進めてほしいからね。

▲シュヴァルグラン

 2走前の京都大賞典は猛烈に物足りないんだが、前走のジャパンカップは復調したといっていい。ペースは59.9-57.2と超スローからの11.7 – 11.4 – 11.4 – 11.0 – 11.4 – 12.0とL3最速戦でTS持続特化となったがそれでも好位から最後までじりじりと伸びてきての4着で、スワーヴとの差は詰めてきた。超高速でこれでも後半に特化してしまったし位置取りも後ろになったのは前半質的な基礎スピードを要求された面がある。

 昨年のジャパンカップの場合は雨の影響で高速ではあったがある程度の馬場だったのと、60.2-59.1と全体である程度流れていた中で、前半好位のポジションをとって攻めていたし、レイデオロに対してポジションで優位性をとっていたことも大きかった。またL3最速で11.3程度で済んだこともあってL1でもそこまでレイデオロに詰めさせなかったからね。

 レイデオロは強いと思うけど、暴力的に強いのは超高速馬場でのTS持続特化だと思う。オールカマーや京都記念を見ても力の要る馬場でぶんさんして速いラップをあまり要求されなければそこまで抜けてない。ミッキーロケット同様キセキを見ながら外から内に切り込んでいける形にはなるわけで、先行勢なら良い枠の並びだと思っている。前半ある程度追いかけてペースもある程度引き上げられれば。昨年有馬は位置取りが悪かったと思うし、春天でも先行策をとってきたボウマンなら期待して良いかな。良い位置を取ってほしいね。

△クリンチャー

 う~ん…めっちゃ悩んだけど、やっぱり買わずにはいられん。京都記念では重馬場で63.0-60.7とかなりのスローだが12.6 – 12.2 – 12.2 – 12.2 – 11.8 – 12.3と5Fのロンスパから直線でもう一段。L2の地点では反応はそこまでよくなかったがL1で体一つ抜け出しての完勝で、相手がGI馬3頭だからやはりこれは評価したい。また天皇賞春で上位に来ているわけで、今回評価をしているポイントとは合致すると。不安は2つで、まず凱旋門賞遠征明けがどうか。追い切りは気にならなかったかな。もう一つはゲート。この距離でこのメンツで内枠、日本ではすっと出られない馬、二の足が速い馬ではなかったので福永に替わって解消すればいいが包まれてモズより後ろだとなかなか難しいかな。連下までにしたのはその辺。

△レイデオロ

 かなり悩んだけど、有馬記念なので自分が狙いたい馬を上位に取ったのと、レイデオロ自体にも前述している通りの不安があると。そもそもこの馬の適性面はダービーがトリッキーな勝ち方をしたことで読みにくかったが、ベストはやはり秋天になる。59.4-57.4、超高速馬場でこれでもかなりのスローから11.6 – 11.3 – 10.9 – 11.6 – 12.0とL3最速でTS持続特化を外目から追いかけながらL1まで伸びきっての完勝とかなり強い競馬だった。

 一方でオールカマーや京都記念、皐月賞といった速いラップをあまり要求されない競馬でどうだったか?という点はもう一度見直すべきだろう。オールカマーが直近になるが、勝ったのは勝ったけど60.5-59.0とスローからの11.7 – 11.8 – 11.9 – 11.8 – 11.5 – 12.0と6F戦で前にいたアルアインが離れていたマイネルミラノを捕えに動いてくれたその後ろであまりロスなく進められた中でl1で何とか捕えた。休み明けでこれなら十分ともいえるが、相手関係を考えても?というところ。京都記念でも重馬場での5F戦からL2最速で掛かりながらの競馬になったにせよ甘かったのは確かだろう。この辺を踏まえると外枠でミッキーやシュヴァルが前にいて3~4角で外から動く形で捕えきれるかどうか?結構微妙なラインなんじゃないかなと。

×サトノダイヤモンド

 う~ん…パフォーマプロミスとめっちゃ悩んでこっちをとった。パフォーマは確かに怖いんだけど、やっぱり目黒記念で期待していたウインテンダネスがちょっと足りなかったし、パフォーマ自身も昨年グレイトフルSの内容はまずまずだがここに入って?というのはあるかな。なのでサトノダイヤモンドをとった。

 サトノダイヤモンドは今はL2で鋭く脚を使ってくるイメージになっている。京都大賞典が61.2-59.7でウインが単騎、これを捕まえにという流れの中で12.6 – 12.0 – 12.1 – 11.2 – 11.8とL2で推定10秒台の脚を使って鋭く切れている。宝塚でも59.4-60.2、外から捲る脚を見せて一瞬は見せ場があった。ペースが上がった中でも脚は使えているが、使える脚が最近は限定的になっていると。なので内枠で我慢して内目からという競馬を期待かな。力の要る馬場も合うはず。あとは状態面だけかな。流石に多少劣化しているとは思うのでこの評価まで。

×ブラストワンピース

 ここもめちゃくちゃ悩んだんだけどね。ブラストをどこまで評価するのか。やはりゆりかもめ賞のインパクトが強くてスローからの力の要る馬場での12.9 – 12.5 – 11.9 – 11.8 – 11.7と3F勝負だがここで直線一頭だけ内から鋭く伸びてお行儀はわるかったが反応が良かった。力の要る馬場での脚というのも見せているしダービーでは60.8-58.3とかなりのスローからの12.0 – 11.7 – 11.2 – 11.2 – 12.2と4F戦、2列目付近から直線で進路が無くて下げて外からL1まで来ていたように長くTS持続を引き出した。菊花賞は力の要る馬場で2Fだけの競馬でL2最速10.7で苦しんだ印象。

 毎日杯からギアチェンジもある程度持っているはずで、総合的にはまだ底を見せているわけではない。有馬なら速いラップを踏むこともないと思うが、同時にやはり高いレベルでどこまでやれるのかは今の3歳勢を見ても王道路線ではまだ何とも言い難い。難しいけど押さえというところが無難かな。ゲートが拙いので中目の枠、内外から来られてというのもあまりいい材料ではないというのはある。

 そこでご紹介したいのが日本ダービージョッキー大西直宏「ワールド競馬WEB」。先週の朝日杯も馬連97.1倍を的中するなど、なんとマイルCS以降5週連続G1的中の絶好調!大西騎手の現役時同様に大レースに強く、総決算の有馬記念も見逃せません。
 大西曰く、、「有馬記念は絞って勝負することができそうです。この3頭で大丈夫。とっておきの超穴馬も掴んでいます!」とのこと。↓↓

「その3頭」がこちら!

G1ジョッキー大西直宏自信の
有馬記念(G1)
「絞りに絞った3連単1点」
↑無料で今すぐ教えます↑


根拠が明確・詳細なので
安心できるサービス内容↓

先週公開していた内容
朝日杯FS(2018.12.16)
アドマイヤマーズの話
“前走は陣営としては「前哨戦仕上げで余裕があったし、レースもこの馬には苦手に思えたスローの瞬発力勝負。押し出されるようにハナに立ったこともあり、危ないかと思った」と、敗戦も覚悟した一戦。それを勝ち切ったことで「いよいよ欠点と呼べるところが無くなってきた」と、却って自信を増しているそうだ。
「最近の実績からも明らかなように、前哨戦と本番では全く仕上げが違う厩舎。前走を勝ったのも見事だが、そこからさらにグンと良くなっている」と、関係者は仕上がりに太鼓判。「他の関西馬には負けないよ」と、かなり強気な様子”

結果
1着アドマイヤマーズ
2着クリノガウディー
3着グランアレグリア
馬連97.1倍的中!
×10,000円
=97万1,000円回収!!


大西騎手旋風!G1連続的中が止まらない

阪神JF 3連単15,950円的中!

チャンピオンズC 3連単27,310円的中!

ジャパンC 3連複96,000円回収!

マイルCS 3連複5,480円的中!


有馬記念ももちろん自信あり!
↓↓↓↓↓↓

※メール送信後、返ってくるメール記載のURLをクリックで登録完了。


ジャパンカップ有力馬の記事は有料版にて…



Links

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。