競馬をやって何が悪い。〜予想は敗因分析から〜

菊花賞の出走予定馬展望が中心!今週あの人気馬はなぜ負けたのか? ラップとレース映像をリンクさせた詳細な敗因分析から競馬の真髄に迫る。 敗因分析できれば次買うべき馬が解る。競馬予想は回顧から始まる。

阪神ジュベナイルフィリーズ 2018 追い切り評価!

time 2018/12/07

阪神ジュベナイルフィリーズ 2018 追い切り評価!

阪神ジュベナイルフィリーズ2018の追い切り評価!

良かった馬たち

◎ウインゼノビア
…馬なりで軽く走っているだけなんだが手先の返しが非常に素軽く切れの良さを感じたかな。ラップ的にはこんなもんだが回転力があった。

◎クロノジェネシス
…コーナーでもかなり軽く弾んでいるような感じで、直線に入ってからも馬なりでコントロール。前肢の伸びはそこまででもない、掻き込む感じだが後肢の運びが素軽い、ばねの利いた走りをしているなという印象。良いでしょう。

◎タニノミッション
…頭を上げてかなり行きたがるようなところをみせたりコーナーで少しふらついたり、最後も手前を換える時に若干バランスが崩れたりとまだ完成度は低いかもしれないが、前肢の伸び、後肢のバネの力強さのバランスが良かったし、直線に入ってからの迫力は目立つものがあった。コーナーでも速いラップをある程度踏んでいながら最後まで余裕たっぷり。良いと思う。

◎ダノンファンタジー
…う~ん…時計ははっきり言って地味、13.0-12.8と加速度もあまりない。ただ、それでも映像を見ると追い出したら走るんだろうなってぐらいの迫力ある走り、力強さがあった。気配が良かった、という感じかなあ。

◎メイショウケイメイ
…これまでのラップと比較してもこれを軽めのアクションでやってきたというのは良い材料。力強く前肢を掻き込む感じでしっかりと駆け抜けたし、12.3-12.1は今の坂路なら優秀な加速ラップだと思う。

◎メイショウショウブ
…終い少し追われていたがそこでギアが変わって力強いフットワークで駆け抜けていった。12.2-11.9と今の坂路を考えるとかなり出したといっていいし、加速ラップでL1の急こう配を11.9でというのはこの馬の比較では難しいにせよ目立つ。

微妙な馬たち

今回はいませんでした

 

<PR>大魔神・佐々木主浩氏の阪神ジュベナイルフィリーズ予想はこちら↓

ジャパンカップ有力馬の記事は有料版にて…



Links

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。