競馬をやって何が悪い。〜予想は敗因分析から〜

菊花賞の出走予定馬展望が中心!今週あの人気馬はなぜ負けたのか? ラップとレース映像をリンクさせた詳細な敗因分析から競馬の真髄に迫る。 敗因分析できれば次買うべき馬が解る。競馬予想は回顧から始まる。

JBCクラシック 2018 出走予定馬:クリソライト&武豊騎手想定

time 2018/11/01

JBCクラシック 2018 出走予定馬:クリソライト&武豊騎手想定

第18回 JBCクラシック(JpnI)出走予定馬展望

日程:2018年11月4日()
コース:京都ダ1900m

予想用・出走予定馬一覧

クリソライト(武豊騎手想定)

昨年の帝王賞で2着、韓国遠征となったコリアカップでも2着と存在感を見せていたクリソライトが武豊とのコンビでJBCクラシックに出走予定だ。とはいえ、何せ1年ぶりの休養明けが今回は最大の不安材料。持ち味のバテないポテンシャルを武器に、何とかこの逆境を乗り越えたい。

条件は良いと思うんだけど、やっぱり韓国遠征明けから1年経っているという点は不安が大きい。

帝王賞(JpnI)2着

大井ダ2000m重 16頭5枠10番
2:04.7(+0.3) 62.1-62.3 M
12.6-11.6-12.5-12.8-12.6-12.4-12.3-12.6-12.2-12.8

2走前の昨年帝王賞2着から振り返る。この時はケイティブレイブが出負けして後ろからポテンシャルを炸裂させた形だが、それが無ければ普通にクリソライトが完勝していても驚けなかった。それぐらいには強かったんだけどね。ペースは平均、向こう正面でもある程度のペースを作り、4角で少し緩んでから直線で再加速。ただそこまで顕著ではないし、基本的には前半の基礎スピードと後半のポテンシャルのバランスが問われたかな。

10番枠からまずまずのスタート、楽にハナを窺わせつつ内のオールブラッシュを行かせて番手で進めていく。道中もオールについていく感じでしっかりと番手をキープ、3角手前で並びかけていく。3~4角でもオールブラッシュに対して前に出て先頭に立ち、そのまま1馬身弱のリードで直線。序盤でしぶとく伸びて1馬身半差、L1で外から一気にケイティブレイブに交わされるも3着以下は完封した。

前半のペースをしっかりと平均に引き上げ、後半も3~4角で脚を使いつつ直線しぶとく伸びてきたという形。コーナーが結構急な大井なんだが、オールブラッシュが苦しむ中でこちらは3~4角でしっかりと動いて先頭に立った。流石にケイティブレイブがあれほど弾けるとは思わなかったが、基礎スピードを2000でしっかりと生かしてきたし、引き上げたうえで後半もしっかりと粘って前後半で高いレベルの競馬ができたと思う。

平安ステークス(GIII)2着

京都ダ1900m良 16頭2枠4番
1:56.4(+0.7) 47.2-50.4 H^3
6.9-10.6-11.1-12.5-12.1-12.1-12.4-12.5-12.6-12.9

京都1900mの舞台では昨年の平安S2着が印象深い。ペースは超ハイで中盤もほとんど淀みなく進んで後半は減速ラップ。ケイティブレイブが厳しい逃げになった中ではあるが、ここでは楽に先着している。もちろん後ろからの競馬になったのがペース的に良かったともいえるが、それでもここまでタイトだと自然には取り付けなかった。基礎スピード面と後半のポテンシャルを持っているからこそ脚を追走に使っても差し込めたともいえるし、単に嵌ったわけではないと思う。出負けしたわけではないけどね。

4番枠からまずまずのスタートを切っていたが外の各馬が殺到してきて窮屈になったのもあり、かなり下がって最後方で進めていく。1~2角は無理せず最短距離で入ってそこから向こう正面でも押し上げるポイントを探すが前も落とさないので押し上げられないまま3角へ。3~4角でも最後方列でできるだけ内目を立ち回りつつ、そのまま勢いに乗せて中目から出口で直線外に出す。序盤で大外から猛然と伸び中団を飲み干す勢い、L1までしぶとく伸び続けて差し切った。

終始淀みなかった中で1~4角でロスを最小限にという競馬ができたのも最後まで伸びた要因の一つにはなると思う。とはいえ、超ハイで流れた中で後半あの位置から最後まで伸びてくるには当然高いポテンシャルを求められる。最後まで伸び続けての上がり36.3は次点がピオネロの37.1という点でみても突出している。ラストも12秒前後ぐらいでまとめてきているとみるべきかな。この時点ではポテンシャル面でかなり高いレベルにあったが、ケイティはここではオーバーペースだったし、直近の内容を見ても普通ならば自身より手ごわい相手だと思う。その点では展開に恵まれたかな。

コリアカップ(GI)2着

ソウルD1800m良 11頭10番枠
1:51.4(+0.7)

昨年のコリアカップはラップ面はわからないので何とも言えないが、ロンドンタウンには完敗の内容だったのは間違いないだろう。

10番枠からまずまずのスタート、外からロンドンタウンが行くのでそれを行かせて番手で進めていく。道中も楽な感じで番手で進めながら3角へ。3~4角で恐らくペースが上がって後続を引き離しつつロンドンタウンと共に2頭のマッチレースの様相を呈す。序盤では2馬身差ぐらいで食らいついていたが徐々に離されての2着。

ラップ推移が無いので何ともだけど、ひとまず3~4角以降逃げて主導権をとっていたロンドンタウンに最後までジリジリと離される形での完敗ではあった。正直この路線の韓国勢は勝負にならないのでそことの比較はあまり意味がないと思う。それでも当時のロンドンタウンが強敵といっても後半で甘さが出たのは不満かな。最後まで食らいついてほしかった。

JBCクラシック2018への展望

基本的にはハイペースで強い馬ではあるし、持ち味は最後まで長く脚を使ってくるポテンシャル面。出し切る形で強く、ダイオライト記念で強いように距離はもう少し長いぐらいでちょうどいい。帝王賞でも積極的に先行できていて、そこから勝ちに行って強い競馬での2着。あの時点で考えればやはり強かったと思うが、それでも後半のポテンシャル面でも基礎スピード面でも基本的にはケイティブレイブの方が1枚上だった。

今回は1年以上の休養明けということになる。これは流石に厳しい材料。仮に順調に使ってきていたとしても、ケイティ以上の評価がしづらいところで、京都1900だと悪くない条件だがそれでも3着ヒモ辺りでひっかけるまでかな、という感じの評価。このメンツで1年以上の休み明けでとなるとやはりそこから下げる必要はあると思う。能力は認めるけど、不安が大きいので印を回したくないかな。

―――――――――――――――――――――――――
【JBCクラシック】3連単買い目を無料で公開!

≪≪≪ 昨年は3連単2万7570円ズバリ! ≫≫≫
―――――――――――――――――――――――――

今年も平穏には決まらない!

勝つのはこの馬だ!

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

【JBCクラシック】3連単の最終買い目を無料で教えます!

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

昨年は4番人気サウンドトゥルーから会心的中!
◎サウンドトゥルー ▲ケイティブレイブ △ミツバ
―――――――――――――――――――――――――
馬 連:2点目1050円【的中】
3連複: 5720円【的中】
3連単: 2万7570円【的中】

\\\\\\\\\\\\V////////////

さらに!スプリントも!レディスCも的中!
【JBC】3戦3勝!

////////////∧\\\\\\\\\\\\

―――――――――――――――――――――――
今年の秋競馬も大万馬券を連発中!
―――――――――――――――――――――――
■10月 7日京都 6R10万5080円的中!
■ 9月22日阪神 6R 8万1880円的中!
■ 9月15日中山 5R 7万2530円的中!
■10月21日東京 5R 3万9620円的中!
■10月13日京都11R 3万9300円的中!
■10月28日東京12R 3万7520円的中!
■10月14日新潟 5R 3万6690円的中!
■ 9月29日阪神 5R 3万3840円的中!
■ 9月23日中山 7R 3万1640円的中!
■ 9月17日中山 6R 3万0020円的中!
■10月21日新潟 1R 2万8740円的中!
■ 9月22日中山 2R 2万8530円的中!
■10月27日東京10R 2万7710円的中!

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

昨年は3連単2万7570円会心的中!

今週のJBCクラシックもお任せください!
―――――――――――――――――――――――――

『3連単の最終買い目』無料公開

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

競馬をやって何が悪い。分析note…弥生賞から高松宮記念まで!



Links

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。