競馬をやって何が悪い。〜予想は敗因分析から〜

菊花賞の出走予定馬展望が中心!今週あの人気馬はなぜ負けたのか? ラップとレース映像をリンクさせた詳細な敗因分析から競馬の真髄に迫る。 敗因分析できれば次買うべき馬が解る。競馬予想は回顧から始まる。

JBCレディスクラシック 2018 出走予定馬:プリンシアコメータ&武豊騎手想定

time 2018/10/30

JBCレディスクラシック 2018 出走予定馬:プリンシアコメータ&武豊騎手想定

第8回 JBCレディスクラシック(JpnI)出走予定馬展望

日程:2018年11月4日()
コース:京都ダ1800m

予想用・出走予定馬一覧

プリンシアコメータ(武豊騎手想定)

前哨戦のレディスクラシックで接戦を制したプリンシアコメータがJBCレディスクラシックに出走予定だ。京都では3走前の平安ステークスで大敗を喫しているだけに少し不安はあるが、ここ2走の内容は良い。今年は中央で開催されるJBC、昨年わずかに届かなかった雪辱を果たしたい。

平安Sは結局ペースが遅くて基礎スピードを問われなかったというのが大きい気がする。ブリーダーズGCでは2000でもハイペースで飛ばしてしぶとく踏ん張れていたし、もっと全体である程度引き上げたほうがいいのかなという感じ。その点でもある程度流れる意識が強くなる京都1800なら…という感じかな。

レディスプレリュード(JpnII)1着

大井ダ1800m良 14頭6枠9番
1:53.9 51.1-50.3 S^1
12.7-11.9-13.3-13.2-12.5-12.2-12.9-12.3-12.9

前走のレディスプレリュードから振り返る。大井の1800mでペースはややスロー、向こう正面~3角のL4で早めの仕掛け、L3で減速してからのL2再加速という競馬。ただ最速でも12.2なのでそこまで後半速いラップを踏んでいるわけではない。

9番枠からまずまずのスタート、そこからじわっと促しながら楽に2列目の外につけていく。前半は比較的ゆったりした流れの中で2列目の外で我慢しつつ、3角手前辺りからペースがじわっと上がっていく中で外から3角で先頭列に並びかけていく。3角では番手に押し上げ先頭列の外、ここで促しながら楽に先頭に立つ。序盤でしっかりと抜け出し外から伸びてくるブランシェクールとの叩き合い。L1まで食らいつかれたがそれでも抜かせず頭差の勝利。

ここでは極端ではないもののスローの競馬から後半の4~5Fの勝負になったと思う。その中でL3の4角地点でどうしてもラップが落ちたところで外から勝負に行って直線再加速、という流れでスッと反応してきたと。後半のロンスパの流れの中でこれを出せたのは良い材料だが、力の要る馬場ということもあったし速いラップをあまり要求されなかったのも良かったかなと。

平安ステークス(GIII)11着

京都ダ1900m稍 16頭6枠11番
1:58.8(+1.5) 50.5-48.7 S^2
7.1-11.5-12.5-13.1-12.5-11.9-11.7-12.1-12.3-12.6

京都1900m戦の平安Sでは11着と惨敗を喫した。ペースは1.8とかなりのスロー、L4最速で11.7とかなり速いラップを3角で踏んでいることになる。これがちょっとしんどかったかな。

11番枠から五分のスタート、そこから楽に二の足で番手までつけていく。道中もサンライズソアを見ながら番手の外、顕著にスローの流れを嫌って向こう正面で上がっていったミツバの影響で3角手前から一気にペースアップ。ここで番手外から3画でかなり速いラップを踏まされたのも影響したか4角で手ごたえが悪くなって直線。序盤で2列目からすぐに下がってあとは逆噴射。

ここではロンスパになったのもあるが、L4最速で11.7とかなり速いラップを要求されたのが響いた感はある。スロー自体はそこまで問題ない気もするんだが、後半でここまで偏って最速11秒台を2F続けると甘くなってしまうのかなと。この馬にとってのトップスピードの限界点を超えてしまったという感じ。なのでスローすぎて11秒台に入ってしまうような競馬は避けたいかな。

クイーン賞(JpnIII)1着

船橋ダ1800m良 9頭2枠2番
1:51.8 49.5-50.1 M
12.2-11.8-12.8-12.7-12.2-12.1-12.4-12.8-12.8

個人的に面白いのは馬柱の中には入っていないと思うが6走前の昨年クイーン賞。これがこの馬にとってはベストのバランスかなという感じはする。ペースは平均である程度引き上げ、そこから後半の5F勝負で早めに仕掛けることで最速はL4だが12.1で納めている。そこまで速いラップを要求されなければ長く脚を使えるポテンシャルタイプかな。

2番枠から好発を切って押してハナを主張し楽に主導権、ハナを取り切る。道中も前半は息を入れつつ進めていたが、向こう正面でペースを引き上げてロンスパの流れに持ち込んで3角。3~4角でも楽な感じで促しつつ後続をじわっと引き離して直線。序盤で2馬身差のリードを詰めさせず、アンジュデジールを突き放しての3馬身差完勝。

後半のロンスパでもそこまで速いラップではなく12.1程度で済んでいるからね。10秒台に入れなければしぶといという感じはある。実際結果を出しているときも後半で速い上がりを使って勝つというタイプではないし、基本的には長く脚を使う形がいいんだろうと思う。それも前半でしっかりとペースを作っていったうえで。

JBCレディスクラシック2018への展望

相手はそろったけど、ブリーダーズGCは不良で高速ダート、前半からかなり飛ばす形になったし3-3Fでしかないが35.8-40.0は極端なハイ。これで目標にされて2着なら問題ないと思う。多少ハイペースでもいいし、とにかく後半に11秒台になるような競馬はなるべくしたくない。多少ならいいだろうが、平安Sみたいに3角地点で11.7とかなり速いラップを最短距離でなく一つ外からとなるとそれでも苦しかったように感じる。まあ休み明けの可能性もあるけど、それでも結果を出しているときが割とタイトなロンスパやハイペースだったりするので。

相手関係の比較になるが、ラビットランはブリーダーズGCで完敗もあれは流石にペースが厳しすぎた面はある。またタピット産駒のラビットランが高速ダートで噛み合ったというのもあるのでまだ十分チャンスはあるかな。あとは前走レディスクラシックでは普通に最先着だしポテンシャル戦でも基礎スピード勝負でも十分勝負になるはず。アンジュデジール辺りは出負けもあったので何ともだが、その辺も踏まえてこの馬は出足が速いしやはり安定感は評価できる。極端なスローは御免で、良馬場なら基本的には49秒前後で入ってほしい。速いラップを問われないほうがいいし持ち時計的にも微妙なのでできれば良馬場が望ましいかな。今の段階では重い印候補の一頭。

―――――――――――――――――――――――――
【JBCクラシック】3連単買い目を無料で公開!

≪≪≪ 昨年は3連単2万7570円ズバリ! ≫≫≫
―――――――――――――――――――――――――

今年も平穏には決まらない!

勝つのはこの馬だ!

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

【JBCクラシック】3連単の最終買い目を無料で教えます!

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

昨年は4番人気サウンドトゥルーから会心的中!
◎サウンドトゥルー ▲ケイティブレイブ △ミツバ
―――――――――――――――――――――――――
馬 連:2点目1050円【的中】
3連複: 5720円【的中】
3連単: 2万7570円【的中】

\\\\\\\\\\\\V////////////

さらに!スプリントも!レディスCも的中!
【JBC】3戦3勝!

////////////∧\\\\\\\\\\\\

―――――――――――――――――――――――
今年の秋競馬も大万馬券を連発中!
―――――――――――――――――――――――
■10月 7日京都 6R10万5080円的中!
■ 9月22日阪神 6R 8万1880円的中!
■ 9月15日中山 5R 7万2530円的中!
■10月21日東京 5R 3万9620円的中!
■10月13日京都11R 3万9300円的中!
■10月28日東京12R 3万7520円的中!
■10月14日新潟 5R 3万6690円的中!
■ 9月29日阪神 5R 3万3840円的中!
■ 9月23日中山 7R 3万1640円的中!
■ 9月17日中山 6R 3万0020円的中!
■10月21日新潟 1R 2万8740円的中!
■ 9月22日中山 2R 2万8530円的中!
■10月27日東京10R 2万7710円的中!

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

昨年は3連単2万7570円会心的中!

今週のJBCクラシックもお任せください!
―――――――――――――――――――――――――

『3連単の最終買い目』無料公開

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

何悪。分析note2020



Links

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。