競馬をやって何が悪い。〜予想は敗因分析から〜

菊花賞の出走予定馬展望が中心!今週あの人気馬はなぜ負けたのか? ラップとレース映像をリンクさせた詳細な敗因分析から競馬の真髄に迫る。 敗因分析できれば次買うべき馬が解る。競馬予想は回顧から始まる。

京王杯2歳ステークス 2018 出走予定馬:ファンタジスト&武豊騎手想定

time 2018/10/30

京王杯2歳ステークス 2018 出走予定馬:ファンタジスト&武豊騎手想定

第54回 京王杯2歳ステークス(GII)出走予定馬展望

日程:2018年11月3日()
コース:東京芝1400m

予想用・出走予定馬一覧

ファンタジスト(武豊騎手想定)

新馬戦では中京1200mで完勝、小倉2歳ステークスも制したファンタジストが武豊とのコンビで京王杯2歳ステークスに出走予定だ。3頭の2戦2勝馬が中心となるが、アウィルアウェイと比較すると1400mへの延長という課題は残されている。名手武豊がこの延長でどう対応してくるか?

新馬戦の感じからは坂の上りでも加速出来ているし、1400も守備範囲かな?という感じはする。小倉2歳Sもレースの内容は良かったが、時計的にはそこまで高いパフォーマンスではない。新馬戦2着馬のディアンドルが結構強かったなかで、後半勝負で一応勝ち切ったので対応はできそうかなとみている。

新馬戦1着

中京芝1200m良 12頭6枠7番
1:09.6 35.1-34.5 S^1
12.6 – 11.0 – 11.5 – 11.5 – 11.1 – 11.9

まずは2走前の新馬戦から順を追ってみておこう。中京の1200m戦で開催後半、極端ではないが普通の高速馬場状態。ペースはややスローで後半はL2地点の坂の上りで最速11.1。しっかりとここで加速出来たかどうかだが、L1では結構落としている。

7番枠からまずまずのスタート、二の足良くすっとハナに並びかけていって最終的に控えて番手。3~4角でも番手外というよりはほぼ先頭列に並びかけて直線に入る。序盤でしっかりと加速ラップを刻んで堂々先頭に立って半馬身ほどリード。抜け出してソラを使いかけたがL1で内からきたディアンドルに対してしぶとく踏ん張りクビ差の勝利。

L2最速地点の段階で先頭列にいたので11.1のレースラップ通りの脚を使ってきたとみていいし、坂の上りでしっかりと速いラップを踏めたのは収穫。一方でL1が甘くなったのをどう考えるかだが、抜け出してから少し首を上げたりとふわふわしていて、いわゆるソラを使う状態になっていたようにも感じた。前に目標がなくなったのもあるので、その辺も踏まえるとまだ余力はあったかもしれないかな。いずれにせよL2最速地点で伸びたのは評価できるし、ある程度の流れから加速ができたという点では距離も対応していいと思う。

小倉2歳ステークス(GIII)1着

小倉芝1200m良 14頭4枠6番
1:08.9 33.4-35.5 H^3
11.9 – 10.4 – 11.1 – 11.7 – 11.7 – 12.1

前走の小倉2歳Sでは一転して2.1と超ハイペースとなった。後半ではL3の段階で11.7とかなり落としていて、消耗度合いの大きい競馬。前半の基礎スピード特化戦だったと思う。

6番枠から五分には出たという感じ、そこから二の足ですっと先行してきて楽に2列目外につけていく。3~4角で既に前がしんどくなるところ、馬なりで外に膨れるのをコントロールしつつ2列目から先頭列。直線で堂々抜け出しあとは特に誰も差し込んでこず、2馬身弱の完勝だった。

ゲートは微妙だったけど二の足の速さですっと流れに乗って先行できた。しかもペースはかなり速かったし、質的にみても33.4の流れに2列目で入っているので(自身で33.5)基礎スピード面もある程度高いレベルにはある。ただ、当時は超高速に近い馬場で、500万下牝馬限定でも1:07.8と高速決着、7秒台に3着馬までが入っているようにかなり時計が出ていた。その状況を考えるとここまで完勝できたのはレースレベルが微妙だったのもあると思う。その辺をどう考えるかかな。

京王杯2歳ステークス2018への展望

まあ去年のアサクサゲンキのようなケースもあるから、適性的に小倉2歳Sとは違うといっても新馬戦の内容を考えるとこなしてきてもいいと思う。距離は守備範囲だと思っているけど、前走厳しい流れに乗ったことで今回折り合い面でしっかりとコントロールできるのか?は一つ課題にはある。

最速ラップは新馬戦で11.1なのでこれは当時の馬場状態・ペースを考えてもなかなか優秀。L1で抜け出したときにソラを使い加減だったのもあるし、もうちょっと上げてきてもいい。後半型の競馬への対応力も見せていて総合的には良いものを持っている。ただ確たる武器となるとトップスピードの質という観点ではアウィルアウェイが手ごわい。スローからの決め手勝負となると府中で勝ち切るのは難しいかなと思う。前目から一足を使えるとは思うので、2,3着では拾っていいと思っているが重い印を打てるところまでかどうかはもうちょっと悩みたいかな。東京1400ならアウィルアウェイを上位に取りたい。

<PR>大魔神・佐々木主浩氏のJBCクラシック予想はこちら↓

 

何悪。分析note2022



Links

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。