競馬をやって何が悪い。〜予想は敗因分析から〜

菊花賞の出走予定馬展望が中心!今週あの人気馬はなぜ負けたのか? ラップとレース映像をリンクさせた詳細な敗因分析から競馬の真髄に迫る。 敗因分析できれば次買うべき馬が解る。競馬予想は回顧から始まる。

JBCクラシック 2018 出走予定馬:テイエムジンソク&古川吉騎手想定

time 2018/10/29

JBCクラシック 2018 出走予定馬:テイエムジンソク&古川吉騎手想定

第18回 JBCクラシック(JpnI)出走予定馬展望

日程:2018年11月4日()
コース:京都ダ1900m

予想用・出走予定馬一覧

テイエムジンソク(古川吉騎手想定)

昨年のチャンピオンズカップで2着、今年の東海ステークスでは3着以下は引き離しての勝利と強さを見せたテイエムジンソクがJBCクラシックに出走予定だ。ただ近走は物足りず、ここ4走で馬券圏外。5勝を挙げた京都が今年は舞台、クロフネ産駒最強のダート馬がここで復活を果たせるか?

GIを勝つチャンスもあったかなと思うんだが、そのタイミングを逸したうえで近走物足りない面も見せているからね。1800なら基礎スピードで押せると思うが1900だとどうかな。

東海ステークス(GII)1着

中京ダ1800m良 16頭4枠8番
1:51.8 49.5-50.3 H^1
12.7-11.1-12.9-12.8-12.0-12.2-12.7-12.4-13.0

まずは5走前の東海S勝ちを振り返る。この時はペースもややハイと前半である程度基礎スピードを要求させつつ、後半5FのロンスパからL3-2で再加速という競馬。ここでしっかりと逃げ切ったように力はあった。

8番枠から坂スタートでもまずまず、そこから促して内のサルサディオーネを競り落としてハナ。そのままペースをコントロールして1~2角で息を入れる。スローになりそうだったがここで外からアスカノロマンが動いたことでロンスパとなり3角。3~4角でも楽な手ごたえで引っ張り、4角で少しラップを落して1馬身ちょっとの差で直線。序盤でそのまま出し抜くがこれにコスモカナディアンが食らいつく。それでもラストまでこれをほとんど寄せ付けず、3着以下は遥か後方にちぎっての完勝。

ここでは前半が少し速かったが息を入れつつややハイまでコントロール。L5地点でペースが上がったのでロンスパでポテンシャルを高いレベルで問われたがしっかりと押し切った。とはいえコスモカナディアンには食らいつかれたし個人的にはもう少し引き上げたほうが強さは見られたかも?とは思っているが、それでも前後半バランスよく進めて完勝。

日本テレビ盃(JpnII)4着

船橋ダ1800m稍 12頭1枠1番
1:53.5(+1.0) 51.7-48.4 S^3
12.5-12.2-13.7-13.3-12.4-11.8-12.0-12.0-12.6

前走の日本テレビ盃では強敵相手にスローに持ち込んだ結果後半勝負で決め手負けした。ペースは見ての通り極端にスローで3.3。そこからの4F戦でポテンシャルに特化したレースとなった。

1番枠から好発を切って二の足良く楽にハナを取り切る。1~2角でペースを落としにかかるが極端に緩めてしまう。そこからの向こう正面のロンスパに持ち込んで3角。3~4角でケイティに外からプレッシャーをかけられて直線。序盤で一気にケイティに交わされて2番手、L1でさらに下がってしまってアポロケンタッキーやサウンドトゥルーにまで交わされての4着。

まあシンプルに基礎スピードを殺して後半勝負にして後続の脚を削げなかったのが痛かったと思う。特にケイティブレイブにとってかなり有利な展開にわざわざ持ち込んでしまったのが痛かった。もちろんここまでの段階で少しパフォーマンスを落していたし、超ハイで進めた帝王賞で逃げて沈んだことも影響したかもしれないがだとしても加減ってもんがある。

平安ステークス(GIII)6着

京都ダ1900m良 16頭3枠5番
1:57.6(+0.3) 50.5-48.7 S^2
7.1-11.5-12.5-13.1-12.5-11.9-11.7-12.1-12.3-12.6

京都1900m戦では今年の平安Sに出走したが完敗。ペースは1.8でかなりのスロー、そこからのL4最速戦で11.7と速いラップを踏みつつL3以降は減速基調。ポテンシャル面を高いレベルで問われている。

5番枠からまずまずのスタート、そこからじわっと促しながらだが外からサンライズソアを行かせて2列目ポケットでの競馬。道中も逃げるサンライズソアがペースをコントロールする中で手綱を引っ張り切り、という感じで2列目ポケットで我慢。3~4角でも最内を通してロスなく立ち回りながら直線。序盤で内目からサンライズの後ろを食らいついていたものの最後まで伸びるという感じではなく2着争い激しい中で少し見劣る6着完敗。

このペースでとなるとやはりポテンシャル戦になってしまうし、その中で3~4角最短距離を通せ多分L1まで踏ん張れたと思うが内容的には大したことはなかった。相手に恵まれたから結構踏ん張れたと思うんだが、テレビ日本盃で見せたようにスローロンスパでは最上位のポテンシャルタイプ相手に苦戦してしまっているし、京都1900でもゆったり入ってしまうとこうなる。リスクを背負って主張してペースを引き上げていくべきかな。

JBCクラシック2018への展望

みやこSで強かった時が47.8-50.0とかなりのハイを好位で進めて抜け出してきた。チャンピオンズCでもL2最速でキレ負けしたのはあるが、それでも48.9-48.5と平均には引き上げていた。後半勝負よりも前半ある程度ペースを引き上げたほうがいいと思う。1900以上では後半のポテンシャル戦で苦戦する可能性が高いし、帝王賞はかなりぶっ飛ばしたとは言え甘くなった。割と1800が合っている馬で、その点では今回はあまりいい材料ではない。

相手関係を見てもスローでの4~5F戦では日本テレビ盃の上位3頭が全て参戦するし、平安Sを勝ったサンライズソアも強敵、中距離で直接勝負はないが出し切った時のノンコノユメもサウンドトゥルーと同様手ごわいからね。スローではまず難しい。基礎スピードを活かして平均まで持ち込めれば1800m路線ならチャンピオンズC2着は優秀で、ある程度速いラップも踏んできた(ゴールドドリームにはキレ負けしたが)。また東海Sも3着以下はちぎっているし、みやこSでは2秒のハイに持ち込んで後続の脚を削ぐ形で完勝。ある程度引き上げないと難しいかな。

近走は極端な競馬が多く、フェブラリーSは芝スタートで超ハイでは難しいし帝王賞も極端なハイで同様。一方前走日本テレビ盃、3走前の平安Sはスローすぎ。適度なハイを作るのは1900では難しいかもしれないが、せめて平均ペースで運んでほしいかな。それでようやくチャンスはでてくる。ただ本質的にポテンシャル面で勝負したい馬ではないので、実績はあるんだが京都みたいに3角の下りでというパターンになりやすいのは高いレベルになると良くないと思う。サンライズソアもケイティも飛ばしたいタイプではないので、自分でレースを作るつもりがないと簡単ではないし、フルキチにそれができるかどうかだろう。現時点でだが重い印は打ちたくない。この馬は1800と1900では結構な差があると思う。

□◆□◆□◆□◆□◆□◆□◆□

馬券に人気は関係ない!

第8回JBCレディスクラシック
本命x対抗
【万馬券ハンターの馬券指南】
3種勝負馬券を大公開!

ここをクリック!

━━━━━━━━━━━━━━━

「新聞にはまったく印が打たれていませんでした」
「なんでこんな人気のない馬から買えるんですか」

凄腕の万馬券ハンターと提携している【暴露王】のもとには、こうした驚きのメールがよく届きます。

▼ ▼ ▼

しかし、万馬券を獲ることはそれほど難しくありません。

重要なのは、『人気に左右されず馬の良し悪しを見分けること』です。

例えば、新聞紙にこれでもかというほど重い印が打たれていたり、単勝1倍台だったりすると、ついつい買ってしまいたくなるでしょう。

あるいは二桁人気だったり、単勝100倍を超えていたりというだけで消してしまったこともあるのではないでしょうか。

これこそが万馬券を効率的に狙う上では罠なのです。

“情報力・執念・視点”の違いをウリとする【暴露王】は、凄腕の万馬券ハンターと提携することで、人気に左右されず“情報力”だけで勝負しています。

▼最近も万馬券ハンターが
驚きの的中率を達成!▼

こんな的中お届けしてます!

今週ご登録頂いた皆様には、目玉重賞『JBCレディスクラシック』を始めとして、「どんなに悪くても5割は下らない的中率」と言われる“的中請負人”の勝負買い目を【毎週無料】でコッソリ教えます!

買い目・見解はレース当日に【暴露王】からのメールを待つだけで問題なし!

今週の週末から、「本物の情報」で皆様の馬券ライフを180度変えてみせます!

▼詳しくはこちらでどうぞ!▼

第8回JBCレディスクラシック
本命x対抗
【万馬券ハンターの馬券指南】
3種勝負馬券を大公開!

【買うべき本命x対抗はコレ】

━━━━━━━━━━━━━━━

何悪。分析note2020



Links

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。