競馬をやって何が悪い。〜予想は敗因分析から〜

菊花賞の出走予定馬展望が中心!今週あの人気馬はなぜ負けたのか? ラップとレース映像をリンクさせた詳細な敗因分析から競馬の真髄に迫る。 敗因分析できれば次買うべき馬が解る。競馬予想は回顧から始まる。

アルテミスステークス 2018 出走予定馬:ミリオンドリームズ&武豊騎手想定

time 2018/10/23

アルテミスステークス 2018 出走予定馬:ミリオンドリームズ&武豊騎手想定

第7回 アルテミスステークス(GIII)出走予定馬展望

日程:2018年10月27日()
コース:東京芝1600m

予想用・出走予定馬一覧

ミリオンドリームズ(武豊騎手想定)

新馬戦では藤沢和雄×ルメールの黄金コンビで完勝したミリオンドリームズが武豊とのコンビでアルテミスステークスに出走予定だ。今回は高速府中マイルに舞台が替わるが、潜在能力を名手が引き出し切れるかに注目したい。

フランケルの仔で傾向的に割と軽い馬場は合うかなとは思っている。特に母父エーピー系だしある程度基礎スピードが問われても大丈夫かなと。あとは単純に能力の問題だけど…そこは新馬戦だけだと正直微妙なところかな。

新馬戦1着

札幌芝1800m稍 10頭7枠7番
1:51.2 50.6-48.1 S^2
13.1-12.2-12.6-12.7-12.5-12.4-12.2-11.5-12.0

新馬戦を振り返るしかないのでしっかりと見ていきたい。札幌の芝1800m戦で稍重だった。ただし、この時はまだ開催前半でそこまで極端には時計も掛かっておらず、ややタフな馬場ぐらいの感じ。ペースはかなりのスローでラップ推移的にはL2最速11.5。仕掛としてはこの辺になるが馬場が少し重かったのでこんなもんかな。目立つラップ推移ではないが全体時計はまずまず。

7番枠からまずまずのスタート、そこからコントロールして好位の外目で進めていく。道中はスローの流れで折り合い重視、中団中目で前に壁を作りつつ3角へ。3角でも単独の5番手で前4頭を見ながら内目で我慢。4角で中目から外に誘導しながら3列目で直線。序盤で外からしぶとく伸びて2列目、L1でしっかりと抜け出して1馬身半差の完勝だった。

このレースの中では強かったのは間違いないだろう。ポンと出て中団ぐらいにはつけていく。3~4角で前4頭を見ながら徐々に外に出して力でねじ伏せた。ただし、L2最速地点でも地味ではあったし、L1の段階では前も落としている中での差し切り。この馬自身もL1の段階では減速ラップではあったと思う。またレースレベル的にも今の段階では低めかなと。その点を踏まえても、この一戦だけであまり高く評価するのは危険で、適性面なり状態面なりでパフォーマンスを上げてくる必要はあると思う。

アルテミスステークス2018への展望

この時期なのでやってみないとわからない面はあるが、新馬戦の内容・レースレベルから考えるとここでは物足りないかなとは思っている。適性的にトップスピード戦でどうか、高速馬場でプラスに働くかどうか、というところから振れ幅は大きいとは思うが、

新馬戦の内容自体は正直地味だったと。掲示板の上位4頭でまだ勝ち上がった馬はいないからね。ラップ的にもL1の減速を考えるとさほど強調はできない。

あとは血統からフランケルに母父がエーピー系のプルピットと割と短距離志向が強そうな感じの血統なので、そこがかみ合えば。フランケル産駒はイメージ以上に高速馬場が得意な馬が多いし、府中変わりはプラスになる可能性もある。後は武豊が上手く流れに乗せて戦ってどこまでというところかな。現時点ではまだ何とも言えないけど、押さえ以上の評価はしないつもり。

<PR>ヴィブロスの馬主・佐々木主浩氏の天皇賞秋予想はこちら↓

大魔神・佐々木主浩氏の菊花賞予想はこちら!



Links

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。