競馬をやって何が悪い。〜予想は敗因分析から〜

菊花賞の出走予定馬展望が中心!今週あの人気馬はなぜ負けたのか? ラップとレース映像をリンクさせた詳細な敗因分析から競馬の真髄に迫る。 敗因分析できれば次買うべき馬が解る。競馬予想は回顧から始まる。

菊花賞 2018 予想:本命05エポカドーロ

time 2018/10/20

菊花賞 2018 予想:本命05エポカドーロ

菊花賞(GI)の予想

京都11R 芝外3000m
馬場想定:良、標準馬場想定

展開予想

菊花賞の展開予想については毎度お馴染みyoutubeの『競馬をやって何が悪いch。』にてアップロードいたしましたのでよろしくお願いいたします。

<PR>ダービーJ・大西直宏元騎手の菊花賞予想はこちら↓

 

馬場はやはり標準ぐらい、内が有利というほどでもないし、外差しは普通にあるという想定は先週の通りかな。このメンツだとタイトに流れれば4秒前後はあると思うが、普通の菊花賞の展開通りなら5秒前後だとみている。展開はほぼ動画通りに近いけど、直前のコメントとしてグロンディオーズがある程度ポジションをとってもらうということで外枠でもあるし出していってもうちょっと前はあるかも。ただモレイラも淀の長丁場はほとんど経験ないはずだし、3角の下りでどうなるかはちょっと読めないね。まあいずれにせよ前はちょっと飛ばす、離れた好位にいるであろうエポカドーロとかメイショウテッコン辺りでみてややスローぐらいの入り、後半の4F戦で速いラップは問われず、最速でも11.6~11.7ぐらいで収まるんじゃないかなと思っている。ポテンシャル戦を想定したい。

菊花賞の最終予想

◎05エポカドーロ
○03ブラストワンピース
▲06メイショウテッコン
△02グレイル
△07ユーキャンスマイル
×04ジェネラーレウーノ14グロンディオーズ
3連複◎〇軸▲△×流し
3連単F◎〇▲-◎〇▲△-◎〇▲△×

◎エポカドーロ

悩みに悩んで本命は変えず、エポカドーロを信じる。といってもほとんどブラストワンピースとの2頭軸なんだけどね。そして馬券的にはエタリオウを外して勝負。まずこの馬の良いところは皐月賞で見せたようにポテンシャルを持っていていいポジションでそれを発揮できる。ペース自体は59.2-61.6とかなりのハイだがこれは前3頭のもので。実質的にはこの馬は61秒半ばぐらいで1000を通過している。タフな馬場の中で後半5Fで59秒前半を前目で楽に引き出してきた。12.2-11.9-12.4-12.4-12.7-12.2と前が途中で消耗したので分かりにくいがこの馬は恐らく3~4角からじわっと加速しながら直線でもう一段良い脚を使いながら実際はL1で減速を少ししつつも後続も脚を使わされたので誰も詰められなかったと。あれだけ長く脚を使えたなら後半のポテンシャル面は問題ない。後は前半部分だがもともと基礎スピードが高い馬でしかもギアの上げ下げが上手い。あすなろ賞から非凡だなと思っていたのはそこで、小倉2000で前半3Fが34.7(FA11.57)中盤4Fが50.9(FA12.73)、後半3Fが35.2(FA11.73)と中盤4Fだけ異常に遅いだけでなく前半3Fがかなり速い。それでも息を入れれば底をみせずに最後まで伸びてきたし、こういうタイプは長距離でも問題ないタイプの逃げ先行馬だと思っている。実際後半要素は前の馬の中ではトップレベルだし、多少ペースが速くても中盤で息を入れれば問題ない。力の要る馬場で長く脚を使えるわけで、この状況で本命にするならこの馬かなと。ブラストも条件がいいから正直戦前よりも五分五分に近い悩みだったけど、まあどちらも期待してます。

○ブラストワンピース

対抗といってもほぼダブル本命に近い対抗。戦前でも悩んでいたけど枠順と追い切りを見て、より本命にしたくなった…。けど最終的には悩んでここに。とにかく何と言ってもダービーとゆりかもめ賞。ダービーは60.8-58.3と超スローに肉薄レベルのかなりのスローからの12.0-11.7-11.2-11.2-12.2とTS持続特化、出負けしたが狭いところを内から押し上げて好位に入り込む。しかし狭いところを取ったこともあって直線入りで2列目から進路がない状況で一旦下げてL2では3列目と難しい形からラストまでしぶとく伸びてきた。下がらなければ際どかったと思うが噛み合い切らなかった。ゆりかもめ賞が稍重で力の要る馬場、61.6-59.8とかなりのスロー、12.9-12.5-11.9-11.8-11.7と後半3Fは速いラップを要求されなかったがこの馬だけ内から強烈に捌いて少し不利を与えていたがL2の段階で勝負を決める脚。そこからL1まで突き放して2着がドレーク。このあたりからも力の要る馬場でもしっかりと脚を引き出してきている点は魅力。ポテンシャル面はまだ読めない部分もあるし基本は全てトップスピードを引き出しているが、このゆりかもめ賞は割と長く脚を使っている印象。ハービンジャー産駒の3000がどうかの裏テーマもこれならこなしてくれそうか。

▲メイショウテッコン

単穴はグレイルと悩んだけどこれも初志貫徹することにした。メイショウテッコンも良いところは割とエポカドーロと被るんだがギアの上げ下げが非常に上手い。ラジオNIKKEI賞では結構折り合い面で掛かり気味だったが、それでも前中後半で34.2(FA11.40)-36.8(FA12.27)-35.1(FA11.70)と平均ラップでみてもこれだけ淀みがあってやや掛かりながら前半に入っても最後までしぶとかったからね。そして前走の神戸新聞杯では阪神の2400m戦といTS持続型が有利なレースでも61.9-58.7と超スローからの12.5-12.3-11.8-11.2-11.3-12.1とTS持続特化。それでも逃げてしっかりとL1まで踏ん張ってワグネリアンの0.1差なら立派。京都2400の梅花賞でも61.0-61.1と平均ながらも13.4-13.4-12.7-11.8-11.6-11.6と息を入れての再加速で何とか粘り切っているし、京都の3000で全体をある程度引き締めた中で後半のポテンシャルを前目から引き出せれば、という点でエポカドーロとこの馬という感じかな。前目は基本的にはこの2頭でいいと思っている。

△グレイル

単穴で悩んだところ…かなり面白くなったのは間違いないと思う。この馬の良いところはとにかく速いラップを要求されなければL1まで確実に伸びてくる点。皐月賞も実質はスローからのロンスパ、という流れだとみているが、馬群を捌きながら直線序盤で少し苦労しつつも進路を取り切ってからのL1の伸びはメンバー中でも最上位。また前走のセントライト記念でも60.9-59.2とかなりのスローからの12.0-11.5-11.2-11.6-12.3-12.6とタニノフランケルが速めに仕掛けた形の中で内内で立ち回って直線ズドンを狙ったんだが進路が無くて外まで持って行くのに時間がかかったのも痛かった。出し切れれば皐月賞の感じから怖さがあるし、京都で速いラップをあまり要求されないポテンシャル戦が合っているとは思う。セントライト記念はやや低調なレベルだと思っていたのでそこが微妙なところだが、それでもブラストの近くで進めていけるのは良い材料だし岩田のインズバが嵌る条件はそろったと思う。あとは伸るか反るか。

△ユーキャンスマイル

追い切りもよさそうだったし、枠も良い、ブラストワンピースより前をとるチャンスもあって3~4角である程度ロスなく立ち回れる、基礎スピード面を持っていてポテンシャルで底を見せていないと条件は良い。前走の阿賀野川特別は新潟の2200m戦、内回りで60.2-58.5とかなりのスローから12.0-11.8-11.7-11.5-11.5と徐々に加速しつつ速いラップを要求されなかったが、L1まで落ちない中で少し反応が鈍いもののしぶとくL1で抜け出してきた。長く脚を使える可能性も高いし、ポジションもある程度とっていける。京都新聞杯でもそうだがコーナーで置かれる癖があったのでそこをうまくカバーできれば。

×ジェネラーレウーノ

上位5頭は最初からある程度固めていた。エタリオウを外したのを除いてほぼ狙いたい馬で固めたけど、ここの2つは読めないところを押さえておく。まずじゃジェネラーレウーノで、正直皐月賞は基礎スピードでゴリゴリに押してのもので菊花賞とは繋がりにくいタイプの3着だと思う。セントライト記念は逆にスローロンスパの競馬で粘ったのでこっちの方が菊花賞への適性面では…とも思うが時計的には平凡で出し切ってL1が甘くなったのでそこまで評価できるかどうか。ただ今回も恐らく積極的に行くと思うし、ある程度単騎2番手の状態から力の要る馬場で粘り込む…というパターンはあるかも?というところ。逆にエポカドーロやメイショウテッコンと同じような位置では難しいと思っている。少しリードが欲しいね。

×グロンディオーズ

フィエールマンかアフリカンゴールドかグロンディオーズかの選択でこれをとった。正直パフォーマンス的にはここ2走ではちょっと足りないと思っている。ただこの馬は母の産駒がムスカテールやヒシマサル含めて長距離向きだし、父のルーラーシップも長距離型が多いイメージ。その上でコメントで積極的にポジションをというのが気に入ったかな。押さえ。

―――――――――――――――――――――――――
この春のダービーも!【馬連7950円的中
先日の神戸新聞杯も!【3連単1万0650円的中
―――――――――――――――――――――――――
★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

菊花賞も人気通りにはまず決まらない!!

この舞台だから狙える意外な超穴馬を今すぐ無料で教えます!

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

≪先週の【秋華賞】も難なく完全的中!≫

この秋も毎週超穴馬が激走で『万馬券的中』多数!
―――――――――――――――――――――――
■10月 7日京都 6R 10万5080円的中!
■ 9月22日阪神 6R  8万1880円的中!
■ 9月15日中山 5R  7万2530円的中!
■10月13日京都11R  3万9300円的中!
■10月14日新潟 5R  3万6690円的中!
■ 9月29日阪神 5R  3万3840円的中!
■ 9月23日中山 7R  3万1640円的中!
■ 9月17日中山 6R  3万0020円的中!
■ 9月22日中山 2R  2万8530円的中!
■ 9月 9日中山 6R  2万5380円的中!
■ 9月16日中山11R  2万0860円的中!
■10月14日新潟12R  2万0340円的中!

≪≪その他的中多数!≫≫

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

▼▼▼菊花賞の超穴馬はこれだ!▼▼▼
┌───────────────────────┐
昨年は1→10→13人気の決着で55万馬券!
今年も人気通りにはまず決まらない!!
└───────────────────────┘
ブラストワンピース相手でも馬連想定50倍以上!

【菊花賞】の超穴馬を今すぐ教えます!

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

競馬をやって何が悪い。分析note…弥生賞から高松宮記念まで!



Links

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。