競馬をやって何が悪い。〜予想は敗因分析から〜

菊花賞の出走予定馬展望が中心!今週あの人気馬はなぜ負けたのか? ラップとレース映像をリンクさせた詳細な敗因分析から競馬の真髄に迫る。 敗因分析できれば次買うべき馬が解る。競馬予想は回顧から始まる。

毎日王冠 2018 出走予定馬:アエロリット&モレイラ騎手想定

time 2018/10/02

毎日王冠 2018 出走予定馬:アエロリット&モレイラ騎手想定

第69回 毎日王冠(GII)出走予定馬展望

日程:2018年10月7日()
コース:東京外1800m

予想用・出走予定馬一覧

アエロリット(モレイラ騎手想定)

昨年のNHKマイルカップの覇者、そして今年は安田記念でも2着と府中で実績を残しているアエロリットが毎日王冠に出走予定だ。牡馬相手に正攻法で挑んだ安田記念で強い2着と力を証明。1800mの距離もクイーンステークスで問題なく、再度牡馬相手に強烈な粘り込みとなるか。

安田記念でも強かったように地力は間違いない。ただし、安田や中山記念で評価すべきはやはり前半の基礎スピード面、ということになる。緩かったヴィクトリアマイルではやはりトップスピードの質的に足りなかったので、1800でも府中でとなると相当上手くペースを作る必要がある。モレイラに乗り替わってしっかりとペースを作っていく意識を持てるかだろう。

安田記念(GI)2着

東京芝1600m良 16頭2枠4番
1:31.3(+0.0) 45.5-45.8 M
12.2-10.8-11.2-11.3-11.3-11.4-11.4-11.7

まずは前走の安田記念から振り返りたい。超高速馬場でペースは平均も前後半ともに45秒台という質の高い勝負になった。特にラップ推移的にみてもよどみなく進んでいるし、この流れでも末脚を引き出すことができるかどうか、またこのペースで前をとれるか?というようなGIらしい競馬になったと思う。

4番枠から五分のスタート、そこから押して追走して2列目の内目に入っていく。道中も2列目の内で厳しい流れの中で先行、3角手前ぐらいから少し下げて前にスペースを1馬身ちょっとぐらい保つ感じ。そのまま3~4角でも前にスペースを置いた状態で直線。序盤でウインガニオンの後ろから外に出してじわっと伸びてくる。L2でしぶとく伸びて先頭に立つが、L1でモズアスコットに交わされての2着惜敗だった。

モズアスコット以外は文字通り完封している。ここではあとで触れるがヴィクトリアマイルと違って前半の基礎スピードを高いレベルで要求されたことが大きい。バランス的にみても平均ペースだが、平均に収めることができたという解釈かな。前半を45.5という流れについていって進めたわけだし、そこから後半もしっかりと脚を引き出して1:31.3という走破時計は超一流のマイラーでないとなかなか難しい。実力的には間違いなくトップレベルの基礎スピードを持っていると思う。

ヴィクトリアマイル(GI)4着

東京芝1600m稍 18頭5枠10番
1:32.4(+0.1) 46.8-45.5 S^1
12.4-11.3-11.5-11.6-11.5-11.1-11.2-11.7

逆に2走前のヴィクトリアマイルでは後半決め手で見劣った形といえる。ペースは1.3でスロー、稍重でペースを引き上げる意識を持つのが難しかったと思うが、実際に馬場はそこまで重くなくて後半は45.5と結構速い。L3最速で早めの仕掛けにはなっているし瞬間的にはそこまででもないが、それでも後半のラップでみれば安田記念よりも馬場が悪い中で11.1と速いラップを踏んでいるというのもある。特化しているわけではないが、後半のウエイトが大きいレースだったと。

10番枠から五分のスタート、そこから促して進めて2列目の外まで押し上げて行くという形。ただ道悪が残って出負けして取り付いて、少し掛かり気味なのでコントロールを意識して2列目の外で我慢。3~4角でも掛かり気味に取りついて4角では抑えず先頭列に並びかけて直線。序盤でそのまま追い出されるがじりじりとした伸び。L2でも踏ん張っているがレッドアヴァンセに一気に前に出られる。L1では抵抗しているが外のTS持続勢に差し切られての4着完敗。

まあ極端なスローではなかったし瞬間的なキレも11.1なのでそこまででもない。ただそれでもこのペースだと後続の脚を削げなかったし、リスグラシューやジュールポレールといったトップスピードの質を持っているタイプには苦戦しtら。ジュールはこの展開で鋭く加速するのはともかくL1まで伸びきったのは少し意外だが、リスグラシューと比較するとわかりやすいと思う。アエロリットはリスグラシューに勝つ競馬をするのが重要で、全体のペースを引き上げて後続の脚を削ぐ。そういう競馬が望ましいし、マイルで非常に高いレベルでそれをやってきたのが安田記念だろう。

中山記念(GII)2着

中山芝内1800m良 10頭8枠10番
1:47.6(+0.0) 47.7-48.4 M
12.8-11.7-11.7-11.5-11.5-11.8-12.2-11.9-12.5

中山記念2着も面白い内容だったと思う。力の要る馬場でペースは平均もマルターズアポジーが飛ばしてのもの。ただし、アエロリットもこの流れに近いところで進めていたので前半の基礎スピードを活かす形での競馬となっている。

10番枠からまずまずのスタートを切って坂スタートでも二の足良くすっと先行、マルターズアポジーの番手につける。そのままマルターズをある程度追いかけて2番手、3番低下を大きく話した状態で3角へ。3~4角でもマルターズの後ろで2馬身差ほど、後続との差は5馬身ぐらいあったがここで詰められて2列目で直線。序盤でウインブライトに交わされ万事休すかと思いきや、L1の坂の上りではむしろウインより伸びてきて最後は差を詰めての2着だった。

4角の段階では後続に取り付かれてしまったけど、結果的にみればあの時点で早めに勝負してしまったほうが良かったかなと。手ごたえ以上にしっかりと踏ん張れる馬で、クロフネ産駒なんだけどギアチェンジよりも基礎スピードやポテンシャルの方が目立つ。その辺をうまく頼って強気の競馬をするのが基本になるかな。

毎日王冠2018への展望

開幕週の東京なわけで、良馬場なら普通に超高速馬場の可能性が高い。個人的には後半で45秒台というトップスピードの質・持続力の両面が問われる競馬になってしまうと厳しいと思う。なのでバランス的にみて最低でも46秒台後半では入らないと、この馬としては良さが出しづらいかなと。府中1800だとやはり前半意識的に引っ張っていかないと後半の決め手を削ぐというのは難しいと思うし、個人的にはここではあまり狙わないほうがいいのかも?という感じ。こういうタイプの馬が好きなのでどうしても狙いたくなるけど、やはりマイルでタイトな流れでこそ後続の脚を削げたわけで一番の武器は基礎スピードになるのは間違いないからね。1周コースの1800ならそこまで速いラップを要求されることもないけど、ここでどこまでやれるか。流れが落ち着いた中でただ先行する形だけでは簡単ではないと思っている。後続に対してリードをとって早めに抜け出すぐらいの気持ちが欲しいかな。

━━━━━━━━━━━━━━━━━
“競馬の神様”故・大川慶次郎が創設

創業37年【ホースメン会議】の
実力を無料で体感できるキャンペーン
━━━━━━━━━━━━━━━━━
100名限定 特別無料配信
毎日王冠(G2) 鉄板3点勝負

馬連平均5890円(過去10年)の
荒れる重賞をプロは絞って勝負!
━━━━━━━━━━━━━━━━━

■直近の的中買い目

9/23 阪神7R  2万4500円的中!
9/22 阪神7R    6880円的中!
9/17 セントライト記念 3万3050円的中!
9/16 中山11R  2万0860円的中!
9/15 中山10R  2万7090円的中!
9/2  札幌12R  3万0390円的中!
9/1  札幌6R  1万4670円的中!
8/26 新潟2歳S  1万5950円的中!

毎日王冠の3点を無料で見る方法

何悪。分析note2020



Links

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。