競馬をやって何が悪い。〜予想は敗因分析から〜

菊花賞の出走予定馬展望が中心!今週あの人気馬はなぜ負けたのか? ラップとレース映像をリンクさせた詳細な敗因分析から競馬の真髄に迫る。 敗因分析できれば次買うべき馬が解る。競馬予想は回顧から始まる。

神戸新聞杯 2018 出走予定馬:メイショウテッコン&松山騎手想定

time 2018/09/19

神戸新聞杯 2018 出走予定馬:メイショウテッコン&松山騎手想定

第66回 神戸新聞杯(GII)出走予定馬展望

日程:2018年9月23日()
コース:阪神芝外2400m

予想用・出走予定馬一覧

メイショウテッコン(松山騎手想定)

世代の中でも屈指の個性を放っているラジオNIKKEI賞勝ち馬メイショウテッコンが神戸新聞杯に出走予定だ。1800重賞でスピードで押し切る競馬をしながら、2400mではエタリオウやサトノワルキューレを撃破と守備範囲の広さを誇る。今回は強敵相手に阪神2400m戦、押し切るのは簡単ではない舞台だが4勝馬はダービー馬とこの馬だけ。あっと言わせるか?

面白い馬。距離の融通が利いているのはギアの上げ下げが上手い印象が強い。それと、後半勝負にある程度シフトしてもその分だけ結構長く脚を使ってくるのでその辺も強みかな。阪神2400だと後半勝負になりやすいのでそうなると各馬が余力を持った中でのTS持続では微妙。出来れば遅くとも59秒台で入ってほしいね。

<PR>

ラジオNIKKEI賞(GIII)1着

福島芝1800m良 13頭2枠2番
1:46.1 46.3-47.4 H^1
12.2-10.4-11.6-12.1-12.4-12.3-11.9-11.6-11.6

前走のラジニケ賞から。福島の1800mでペース自体はややハイ。ただし前半3Fが34.2と速く中盤で12秒台を3F刻んでの3F勝負でL1も落ちず、という形。シンプルな基礎スピード戦というよりは中盤の淀みで取り付くチャンスがあったレースといえそう。逆に言えば前の馬は先行して脚を使って中盤でペースを落としてもう一度加速する余力があったかどうかが問われている。

2番枠から好発、ただ外から速い馬がいたので無理せず行かせて2列目で競馬をしていく。流石に入りは少し掛かり気味で2角の上り坂でも少しブレーキ気味。さらに向こう正面でペースダウンする中で進路を外に取りつつ3角。3~4角では3頭分外から2列目で追走、直線序盤で1馬身差から半馬身差ほどに詰める。L1で抜け出したところに外からフィエールマンに食い込まれるが半馬身差で粘り切った。

ここでは入りがかなり速かった中で流れに乗って掛かっていた状況から向こう正面でさらにペースダウンする形、かなり難しい競馬になったが見た目ほどには影響しなかったのか3角以降最後までラップ的にも落とさずに入って粘り込んでいるしこれは評価しないといけないだろうと。1800で前半の基礎スピード面が問われたところで脚を使いつつ、向こう正面で緩んで後続が取り付きやすい流れからの3F勝負で3頭分外から押し切ってと、かなり強かった。本来なら差し馬有利の展開だと思うし、これをこの競馬で勝ち切ったのはなかなかのインパクト。時計も1:46.1と高速馬場なのでまずまずといったところだが、前述の通りでペースの淀みがあったこととL1が11.6ということを考えるとかなり優秀だと思う。

京都新聞杯(GII)5着

京都芝外2200m良 17頭3枠6番
2:11.4(+0.4) 58.5-59.3 H^1
12.5-10.5-11.7-11.7-12.1-13.2-12.6-12.1-11.3-11.4-11.9

京都新聞杯ではステイフーリッシュに競り落とされたがそれでもしっかりとこの馬らしい競馬を見せた。ペースは速くややハイ程度だが58.5と絶対的にみて前半は速かった。中盤13.2吐息を入れてからの再加速だがL3最速と仕掛けのタイミングが早くなったのもペースを考えると痛かったかなという感じ。

6番枠からまずまずのスタート、そこから楽な感じで主導権をとっていくのだが、外からステイフーリッシュが結構積極的に絡んでくる。向こう正面ではそれでも単騎気味に引き離しながら進めて3角手前の上り坂でペースを落としたが、ここでステイに取り付かれて3角。3~4角ではそのステイが外から絡んでくるのでどうしても仕掛けを待てず、ワンテンポ早い仕掛けで直線。序盤でステイにあっさり交わされて2馬身ぐらいの差、2列目に下がる。L1でも踏ん張っていたが何とか掲示板を死守したというような内容の5着。

息を入れること自体は問題ないんだけど、そこを上手く突いた藤岡に早めに仕掛けられた形になったのが痛かった。相手に強いと思われたのもあるのか、かなり強気に3角以降はステイフーリッシュが絡んできたので、それでも5着なら悪くない。それに前半58.5で入って息を入れてもしっかりと楽に加速ができていて、同じ逃げ馬のケイティクレバーやタニノフランケルと比較しても前半の自由度の高さはトップクラス。息を入れれば多少速くても問題ないので折り合い面はともかく、幅を持たせやすい馬なのもいい材料。ただし、やはり本質的にエンジンがかかり切ってからはL1で踏ん張ってというタイプではないと思うので、出来るだけ加速性能で後続を突き放すイメージが欲しいかな。

梅花賞(5下)1着

京都芝外2400m良 9頭4枠4番
2:28.9 61.0-61.1 M
12.7-11.1-11.1-12.9-13.2-13.4-13.4-13.4-12.7-11.8-11.6-11.6

やはりこの梅花賞は振り返らないと、という感じ。この時は4番人気でややダークホース的な勝ち方だったが、前半はそこそこ速いものの中盤以降はかなり緩いラップを連続。当時はそこそこ時計が掛かっていた状況で後半3F勝負、速いラップを踏まない中でL1まで落とさないラップ推移で逃げ切った。

4番枠からまずまずのスタート、そこから様子を見ながらじわっと入っていきまずは2番手、キボウノダイチが落ち着けたところで外からスーッとハナを奪う感じで1角に入っていく。そこからはペースをコントロールしながら向こう正面では13秒前後で遅くして一気に馬群が凝縮。3角の下りからじわっと仕掛けつつ、並びかけてきたジェシーを4角で少し離しながら直線。序盤でしぶとく抜け出して1馬身半、L1で外から唯一伸びてきたエタリオウの追撃を決定的に食らって最後は僅差も僅差、それでも凌ぎ切った。

この馬の凄いところは1800で基礎スピードが問われてもやれるところと、この梅花賞のようにハロン13辺りまでギアを落としてそれでももう一度ギアを上げてL1まで大きく落とさず長く脚を使えてしまうというのを併用できる点にあると思う。普通前半の基礎スピード面が高い馬だとコントロールが難しいし、よしんば上手く13秒前後まで落としたとしても末脚の絶対量で足りなくなりがち。この馬は息を入れればしっかりと後半の良さにつなげることができるのは強みといっていい。3着のサトノワルキューレ以下は完封しているし、5着のジェシー辺りでも1000万下で勝負になっているからね。強い競馬だったと思うが、それでもエタリオウにはL1で決定的に詰められていて、恐らく相手に11秒前半の脚を使われている。中弛みを顕著にという形をとったが高いレベルまで来て勝負するなら、もう少し本仕掛けを待てる展開が望ましいかな。これは京都新聞杯でも感じたところ。

神戸新聞杯2018への展望

崩れているのは前にいけなかった若葉Sぐらいで、それもタイムフライヤーとの比較でみるとそんなに言うほど悪くはない。ただし前に行けないと、というのは確かだろう。賞金的には余裕で足りている立場だし、ダービー組と比べると放牧期間が他より短い中での立て直しなので、中間の過程は他より不安があるとは思う。1週前のCWの時計・ラップが若干物足りない面もあるので、直前での動きをしっかりとみたいところ。良いところを考えるとペースが速くても息を入れれば後半要素を大きく落としてこないし、要所でしっかりと動ける馬。この辺は武器になるかな。また13秒前後まで落とせちゃうギアの上げ下げの上手さがある。休み明け自体は不安だが1800で激しい流れの中での競馬からリセットしたわけなので折り合い面は楽になると思う。ただし、距離自体は問題ないが後半勝負の中でL1はどうしても甘くなりがち。休み明けもあるし何よりも阪神2400は素材馬が脚を出し切りやすい条件なので、この馬は個人的にはここいらで少し甘くなって菊花賞でマークが甘くなったところでこそ全力で狙いたいかなという感じ。さらに先を見据えて一度スローからの2段階加速、キタサンが勝った有馬記念みたいな運び方でどこまでやれるかを見てみたいね。前半要素の基礎スピードと一足ではなく、後半要素のポテンシャルと一足、という競馬でもやれるようならさらに幅が広がると思う。3着ヒモ穴ぐらいで拾うかどうか、というラインかな。

―――――――――――――――――――――――――
【神戸新聞杯】本当にワグネリアンの相手探し?
―――――――――――――――――――――――――
その最終ジャッジは
ダービーも的中のWORLDにお任せ下さい!\\\\\\\\\\\\V////////////

神戸新聞杯の【◎-穴】馬連1点を教えます!!

////////////∧\\\\\\\\\\\\

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
―――――――――――――――――――――――――

【【今年のダービーもキッチリ獲った】】

◎ワグネリアン-穴エポカドーロ

【馬 連】7950円【的 中】
―――――――――――――――――――――――――
★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

≪さらに!この1ヶ月のメインだけでも万券連発!≫
―――――――――――――――――――――――――
[9月2日]札幌11R ◎コルコバード
3連単⇒9万9970円【的 中】
3連複⇒2万1050円【的 中】
―――――――――――――――――――――――――
[9月8日]中山11R ◎ノームコア
3連単⇒1万6070円【的 中】
―――――――――――――――――――――――――
[8月26日]新潟11R ◎アンブロークン
3連単⇒1万5950円【的 中】
―――――――――――――――――――――――――
[8月18日]札幌11R ◎ララエクラテール
3連単⇒1万3160円【的 中】
―――――――――――――――――――――――――
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

≪≪今週はこれで分厚く狙え!≫≫

神戸新聞杯の【◎-穴】馬連1点を教えます!!

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

何悪。分析note2020



Links

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。