競馬をやって何が悪い。〜予想は敗因分析から〜

菊花賞の出走予定馬展望が中心!今週あの人気馬はなぜ負けたのか? ラップとレース映像をリンクさせた詳細な敗因分析から競馬の真髄に迫る。 敗因分析できれば次買うべき馬が解る。競馬予想は回顧から始まる。

神戸新聞杯 2018 出走予定馬:ワグネリアン&藤岡康騎手想定

time 2018/09/18

神戸新聞杯 2018 出走予定馬:ワグネリアン&藤岡康騎手想定

第66回 神戸新聞杯(GII)出走予定馬展望

日程:2018年9月23日()
コース:阪神芝外2400m

予想用・出走予定馬一覧

ワグネリアン(藤岡康騎手想定)

今年福永祐一に悲願をもたらした第85代日本ダービー馬ワグネリアンが神戸新聞杯に出走予定だ。夏を順調に越えたものの、鞍上の福永祐一が先週の落馬で頭蓋骨骨折…結果として騎乗できず、藤岡康太に白羽の矢。新コンビで秋初戦も堂々とダービー馬の威厳を示したい。

鞍上の方がリアルに不安なんだが、まあそれを言っても仕方がない。いずれにせよ馬の方は適性的に大きな不安はないはずで、あとは勝ち切れるかどうかだろう。今回はかなりメンツが揃ったと思うので、確勝・安泰とまでは言えないかも。もちろん圏内には食い込んでくれないと困るが。

<PR>

日本ダービー(GI)1着

東京芝2400m良 18頭8枠17番
2:23.6 60.8-58.3 S^2
12.7 – 11.0 – 12.3 – 12.4 – 12.4 – 12.3 – 12.2 – 12.0 – 11.7 – 11.2 – 11.2 – 12.2

前走の日本ダービーから振り返ろう。何と言っても福永祐一がダービージョッキーになった、競馬ファンにとってはインパクトの大きいレースだった。ペースは2.5で超スローに肉薄するレベルでかなりのスロー。ラップ推移的にはスローの分だけ仕掛けのイメージが強くなってL4で11.7とある程度速く、そこからL3最速タイなのでTS持続力を高いレベルで問われた。また4Fで分散したので瞬間的な切れ味はあまり問われなかったかなという感じ。TS持続特化といってしまっていいレベル。

17番枠から五分のスタート、そこからじわっと促しながら積極的にポジションをとっていって福永としてはかなり珍しく好位の外にまでつけていった。やはりある程度促した分だけ掛かり気味にはなるがそれをコントロールして2角過ぎ。道中もかなり緩い流れで手綱は引っ張っているがそれでも位置取りを大きく上げたり下げたりせずキープして3角に入っていく。3~4角で好位の外からじわっと仕掛けて2列目に近いところまで押し上げて直線。序盤でそこからジリジリと伸びて2列目、L2でもまだエポカドーロが抵抗していて半馬身差、L1でそれをしぶとく競り落として激しい3着争いを尻目にねじ伏せた。

強い競馬だったが、やはり前半のスローの段階で外枠を怖がらずに上手くポジションをとっていったことが最大の要因かなとは思う。馬も強かったのは間違いなくて、L4から11秒台に入ってL3地点では11.2。府中でもL3地点は4角地点が若干絡んでくるし、L4からだと3角出口地点からペースが上がっているというイメージ。そこで外から動いて最後まで長く脚を使っての完勝は高く評価できる内容だ。3Fだと微妙だが、上がり4Fでみると速いと思う。スローの段階であの位置を取り、そこから素材的にも高いレベルのものを見せつけてねじ伏せた。ダービージョッキー、ダービー馬となるにふさわしいパフォーマンスだったと思う。超高速馬場適性も見せた。

皐月賞(GI)7着

中山芝内2000m稍 16頭1枠2番
2:01.6(+0.8) 59.2-61.6 H^2
12.6 – 11.0 – 11.9 – 11.5 – 12.2 – 11.9 – 12.4 – 12.4 – 12.7 – 12.2

逆に2走前の皐月賞では稍重で時計もかなりかかった状態、後半のポテンシャル戦でスムーズさを欠いたのもあるが7着と完敗。ペースはかなりのハイではあるが、これは前3頭が離して進めたもので、離れた4番手のエポカドーロでは61秒台は確実。恐らく力の要る馬場でのスローロンスパの形になっていると思う。

2番枠から好発を切っていたが様子を見ながら控えて中団馬群の中。道中も前3頭が離す中で離れた集団馬群の外目で進めて3角。3角辺りから促しながら徐々に進出を狙うがなかなか動けず、4角で外々を回した分もあっておかれて最後方に近いところ。直線でそこから伸びたかったがキタノコマンドールの方が脚色良く。最後は狭くなったのもあるが伸びあぐねた。

展開としては離れた3頭を捕えエポカドーロ以降が馬場の良い外に振れながらペースを引き上げていったので、ここで大外を回す形になると馬場の良いところよりもさらに外を回す羽目になったし苦しかったと思う。ただ、それを考慮に入れても4角地点ではマイネルファンロンより動けず下がってしまっていたことからも、コーナーで動いていくのがあまり得意ではないのか?それとも馬場が渋って力が要る中でとなると難しかったのか?という感じかな。いずれにせよこの馬にとっては厳しい展開・騎乗面という形で仕方ない面もある。コーナーで動けなかったことは同じ右回りの阪神となる今回、少し引っかかるかなという感じかな。

弥生賞(GII)2着

中山芝内2000m良 10頭7枠8番
2:01.2(+0.2) 61.5-59.5 S^2
12.5 – 11.0 – 12.5 – 12.8 – 12.7 – 12.4 – 12.8 – 11.7 – 11.0 – 11.6

3走前の弥生賞では皐月賞とは違いかなりのスローでも仕掛けのタイミングが遅くL2最速11.0とかなり早いラップを問われたし、L3の段階でも11.7とあまり上がってない。L4では12.8と極端に緩んでいてギアチェンジ面やトップスピードの質を問われた一戦。

8番枠からまずまずのスタート、そこから無理はせずにじわっと様子を見ながら好位の外で進めていく。サンリヴァルやダノンプレミアムが引っ張る流れの中でそこからは少し離れて中団やや後ろで進め、ジャンダルムをマークしながら3角。3角辺りでサンリヴァルがペースを落としたのでここで凝縮、ジャンダルムの後ろからだが少し手ごたえ怪しく鞍上の手が動いて直線。序盤の地点でダノンプレミアムに出し抜かれ、ジャンダルムとの差も詰まらず4番手、L1でようやく伸び始めたが、という内容の2着だった。

まあトライアルなのでこれで問題ないが、内容だけで言えば明らかに出し切れていないのが敗因となる。ここでは4角辺りから前が一気に加速しているんだが、後ろからジャンダルムマークで進めていたら動けずに反応で置かれて、前が落ちてきたL1でようやくという感じになったと。それでもあの位置でとなると難しいし、結果的にダービーを勝った要因として、府中で強気の競馬で進めることができたからともいえる。基本的にはTS持続力がこの馬の最大の武器で、瞬間的な切れ味や加速していくギアチェンジ面というのはさほどでもないと思う。皐月賞でも置かれていたので右回りがあまり得意ではない可能性も残ってはいるし、コーナーで速いラップを踏んだときに置かれないかどうかは少し引っかかるかな。

神戸新聞杯2018への展望

前述している通り動き出しが少し鈍いし、中山でどちらも見せてしまっているという面はある。野路菊Sでも突き詰めればL1での突き抜けを評価すべきで瞬間的な切れ味はあまり持っていない印象だ。なのでディープ×キンカメ(キングマンボ系)という感じで割とステイヤー色が強い方だと思う。瞬間的な切れ味はあまり高いレベルには無い、動き出しが鈍いという点をL3の4角下り坂からフォローしやすい阪神2400なので適性面はあまり気にしていないかな。もちろん右回りで置かれている感覚ではあるので完全に信頼できるとまでは言わないが3~4角地点はフラットな中山よりは下っている阪神の方がいいしコーナーも外回りなら緩いからね。この馬の適性的には不安はない。あとは相手関係だろう。ダービーでインパクトのある伸びを見せていたエタリオウ、アドマイヤアルバの2頭はともに素材型の面を見せてきているので阪神2400で出し切って怖いタイプ。逆に前のエポカドーロなんかは全体である程度引き上げたいところもあるし、ダービーの感じだと手ごわいのは手ごわいがスローならばこちらの方が上といっていいと思う。ダービーのように仕上げて外枠から前をとってもしっかりとコントロールが利いていたんだから、個人的にはある程度前、というのはこだわってほしい。変に後ろからの競馬になってアドマイヤアルバやエタリオウと同じような位置から勝ちに行く形になった時に足をすくわれる可能性はある。特にこちらは明確にたたき台だからね。勝ち切れなくてもいいわけで、その辺りの細かいところをどう考えるかやね。大枠でみて崩れる心配はないし力は最上位。TS持続もトップクラスだと思うがTS持続では厄介な馬も多く、抜きんでていないという評価かな。とりあえず対抗~連下辺りで考えつつ面白い馬がいるかどうか次第。それと福永が乗れるかどうかも含めてかな、といったところやはり難しく鞍上変更で藤岡康太とのこと。まあ、安静にしてもらいたいしここは仕方がないかな。康太も絶好のチャンスでしっかりと結果を出してほしいね。

 ということで馬券をどこから買おうか迷うレース。そこでひとつ新しい買い方を試してみませんか?最新の能力指数を使った買い方です。

最近登場した「うまとみらいと」というサイトの指数がかなり当たっていて利用者が急増していると編集部内でも話題になっています。

 自分の力だけで予想するよりも、利用できる新しい手段は使ったほうが効率が良いことに気付かれ始めているようです。
で、「うまとみらいと」の何が凄いの?

↑無料登録できるので、私自身も使って試してみました。
使ってみて感じたのは、とにかく「指数コンテンツ」が豊富だということ。
以前から3連単がよく当たると話題の「コラボ指数」に加えて、「的中率90%の鉄板系指数」と、「爆発力がある穴馬指数」までも。競馬指数コンテンツがいろいろ詰め込まれて取り放題といった感じです。
3つの指数とも使ってみましたが、個人的なお気に入りはやはり「コラボ指数」。
走る馬が視覚的に一瞬でわかってしまうシステムの使いやすさ。
指数が低い馬=強い馬なので、単純に指数の低い順に買うだけという明快さです↓
↑このコラボ指数が本当に高確率で的中を持ってきてくれます。
因みにこの時、フェブラリーSの結果は憶えていますか?
コラボ指数順に並べると
15 インカンテーション
16 ノンコノユメ
18 サンライズノヴァ
19 ゴールドドリーム
21 テイエムジンソク
この5頭で勝負したわけですが、、
結果
15 インカンテーション 3着
16 ノンコノユメ    1着
18 サンライズノヴァ  4着
19 ゴールドドリーム  2着
21 テイエムジンソク  12着
どうですか?
いとも簡単に3連単41,560円GET!
この時のコラボ指数考案者・北条直人の予想根拠がこちらです↓
「6番インカンテーションは前走地方の7着と過去データ的には対象ではなく人気も低いですが、直近3年全てで指数1位が絡んでいることから今回候補として入れました。前走データでも絞りましたが、指数的に見ても上手く上位でまとまっていますし、過去のデータからも指数上位が入りやすいのでこの5頭でイケるはず」
※「北条直人の競馬ブログ」より抜粋

重賞予想解説者:北条直人
6番人気→1番人気→4番人気の決着ですからね
こんなにサラリと当ててくるとは、、
この男いとも簡単に三連単を当ててくるので
数日分遡ってサンプルを取って的中率を調べてみたところ、、↓↓

コラボ指数:12月28日(木)的中率結果
==================================
単勝:87% 複勝:100% 馬連:66.7%
ワイド:91.3% 3連複:54.2% 3連単54.2%
==================================

コラボ指数:12月24日(日)的中率結果
==================================
単勝:79.2% 複勝:95.8% 馬連:45.8%
ワイド:75% 3連複:41.7% 3連単41.7%
==================================

コラボ指数:12月23日(土)的中率結果
==================================
単勝:87.5% 複勝:100% 馬連:62.5%
ワイド:83.3% 3連複:25.0% 3連単25.0%
==================================

一般的に3連単の的中率は10%程度なので、
平均の約3~4倍、、

3回に1回は三連単が当たっていました!
この精度は、ぐーの音も出ない、、。
https://miraito.collabo-n.com

3連単が3回に1回当たる「コラボ指数」
これはオススメできます!

 さらには、的中を重視したいときには「的中率90%の反則技指数」、高配当を狙っていきたいときは「魅せる穴馬HitMake」と使い分けることができる。このあたりは、その時々のお財布事情次第で使い分けるとよいとは思います。

 TVでも新聞でも他の競馬サイトでもこの量の指数予想はできないです。数字を見ているだけでも楽しくなりますよ。確かにこんなサイトは今までありませんでした。
 当然、「週末全72レース分の予想・買い目」の準備がここで全て足りてしまいます。プロ(さほど当たらないプロ)の予想に数万円かけて購入するより、格段に割がよいと思います。
 毎週のメインレースと1~6レースは無料提供しています。無料予想だけでも十分儲けられるので、まずは無料でどんどん当てまくってみて下さい!↓↓
https://miraito.collabo-n.com

何悪。分析note2020



Links

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。