競馬をやって何が悪い。〜予想は敗因分析から〜

菊花賞の出走予定馬展望が中心!今週あの人気馬はなぜ負けたのか? ラップとレース映像をリンクさせた詳細な敗因分析から競馬の真髄に迫る。 敗因分析できれば次買うべき馬が解る。競馬予想は回顧から始まる。

ローズステークス 2018 出走予定馬:センテリュオ&北村友騎手確定

time 2018/09/13

ローズステークス 2018 出走予定馬:センテリュオ&北村友騎手確定

第36回 ローズステークス(GII)出走予定馬展望

日程:2018年9月16日()
コース:阪神芝外1800m

予想用・出走予定馬一覧

センテリュオ(北村友騎手確定)

4戦4連対と安定感を見せ、前走の都井岬特別では1:57.6の好時計で完勝したセンテリュオがローズステークスに出走予定だ。君子蘭賞でも強い2着、阪神1800適性もしっかりと見せているだけにあとは強敵相手にどこまでやれるか。

ロケットが回避してしまったが、この馬も結構面白い競馬ができている。特に2000ではあるが前走みたいに全体で流れた中でもやれたのは収穫かな。君子蘭賞の内容も良いと思うので個人的にはちょっと不気味さがある。今年のローズステークスは一線級がいない分かなり混戦模様だし、付け入るスキはあるかな。

都井岬特別(5下)1着

小倉芝2000m良 13頭5枠7番
1:57.6 58.1-59.5 H^1
12.1-10.8-11.2-12.2-11.8-11.8-12.1-11.8-11.8-12.0

前走の都井岬特別から振り返る。超高速馬場の小倉でペースは1.4とハイペース。58.1通過ということを考えても速いなというのは感じられるが、その中で後方で脚を残す形を選択している。終始大きな淀みなく進んで単調な流れだった。

7番枠から出負け、二の足も遅く後方からの競馬となる。そこから促しながら前のスペースを埋めながら内に入り込む。向こう正面では後ろの3頭を除いた集団の最後方の位置で進めて仕掛けを待ちながら3角へ。3~4角では内をさばきながら馬群を押し上げて好位列で直線。序盤でしぶとく伸びて4番手、L1でまとめて差し切っての完勝だった。

秋華賞に向けて、という観点で見れば活きてくる競馬だったかなと思う。超高速馬場でペースも速く自身でもある程度追走して後半長く脚を使ってきた。もちろんコーナーでうまく捌いて押し上げてきたのも良かったが、L1まで良い脚を維持し続けて後続を寄せ付けないパフォーマンスだったし、超高速馬場だったことを差し引く必要があるが時計的にもかなり評価していいだろうと。

君子蘭賞(5下)2着

阪神芝外1800m良 10頭8枠9番
1:47.1(+0.1) 48.1-46.7 S^1
12.7-11.2-11.9-12.3-12.2-12.0-11.7-11.2-11.8

3走前の君子蘭賞では最後まで末脚をのばしてしぶとく2着に食い込んだ。ペースは1.4とやや遅め、そこからのL2最速戦で11.2。L3で11.7なので仕掛けのタイミングはそこまで速くない。ただ同日の毎日杯が1:46.5だし程度の差はあるがどちらもスロー。結構時計的には良い方になると思う。

9番枠からまずまずのスタート、そこから促しつつだがあまり前には行けず後方に下がってしまう感じ。道中もスローで一団、という流れの中で後方外目で3画に入っていく。3~4角でも外目から追走、ロケットを見ながら直線。序盤で追い出されてロケットの後ろからじりじりと伸びるがロケットには離され2列目付近まで。L1で2馬身半ぐらいあった差を半馬身さまで詰めてきたが及ばずの2着。

対ロケットでみると瞬間的なトップスピードの質ではロケットに明確に見劣ったが、L1のTS持続ではこちらの方が優位性が明確にあった。実際2馬身ぐらいはラストだけで詰めているからね。L1が11.8の地点でその感じなのでおそらく11秒半ばはキープできている。トップスピードの持続力は結構いいものを持っていると思う。レースレベル自体も結構高かったと思うし、回避してしまったけど出てくればロケットともども怖いなと思っていた。

矢車賞(5下)2着

京都芝外2200m良 12頭6枠7番
2:15.2(+0.2) 62.9-58.8 S^4
12.7-11.2-13.2-12.8-13.0-13.3-12.5-11.9-11.6-11.4-11.4

2走前の矢車賞も安定していたけど早めに仕掛けてねばり切れなかったかなという感じ。騎乗自体は良かったと思う。ペースは超超スローでそこからのロンスパ気味だがそれでも上がり切らなかったのでL2最速タイ、L1で落ちなかったということからもロンスパ気味だが直線2Fで速いラップを踏んでいるので外を回したロスはそこまで大きくなかったとみておく。

7番枠からやや出負け、無理はせずに後方からの競馬を選択。道中でドスローということもあり最初は後方外目で折り合いを意識していたが3角手前ぐらいでスーッと押し上げて2列目の外に取り付く。3~4角でも2列目の外からじわっと仕掛けながら前を追走、4角でも動かしていたがいまいち反応できないママ直線。序盤でそこから下がり気味で3列目ぐらいになる。しかしそこからL1で逆に伸びてきて2番手を確保した。

あそこで動いたこと自体は個人的には正解だと思うけど、そこから終始促しながらで動ききれず、直線でさらに加速となった時に反応できなかった。ただL1では伸びてきているのでばてていたわけではない、というかむしろL1で加速しているんじゃないか?というところまで来ていたので、多分だけどドスローすぎて前が余力があった状況で出し抜かれたのが敗因。動いたけどそこで勢いをつけきらないまま直線に入ったのでそうなってしまった感じかな。コーナーで加速する性能があまり高くない、直線でも反応が鈍い感じなので結構ステイヤー色が強い感じかな。

2018ローズステークスへの展望

素材的には通用する可能性を秘めている馬だけど、ここに入って勝ち負けまでとなると展開が限られるかもしれない。例えばドスローのトップスピード特化戦だとギアチェンジやトップスピードの質で足りないと思うし、逆に淡々と流れても阪神1800だと基礎スピード的には苦労しなくてもポジション的に決定的に差し込めるポジションまで来ているかどうか。一番は中弛みの地点で押し上げながら直線に入っていって出し切るイメージかな。エンジンのかかりが悪いので4角下りから勢いに乗せて入りやすい阪神外回りは良いと思うし、1800は短いと思うけど阪神ならまだマシだと思う、また少し渋ってペースの意識が下がればそれだけ追走は楽になる。仕掛けの意識を強く持つべき馬で、あとはこの馬がトーセンブレスやサトノワルキューレ、サラキアといったトップスピード戦での世代2番手グループ相手にどこまで通用するかだろう。ゲート・二の足が安定して悪いし中弛みが欲しいタイプ。本質的には1800は短いと思うので雨が降った方が個人的には良いかな。その中である程度平均で流れつつ中盤で息が入って外から、というパターンがベスト。かみ合えば突き抜けても不思議はないけど、本来は本番の秋華賞の方が合っているタイプだと思う。ここで権利をとって本番に出てほしい馬だけどね。

―――――――――――――――――――――――――
【先週もズバリ】紫苑S(G3)も完全的中!
―――――――――――――――――――――――――
超穴馬ランドネ(7人気)が情報通り激走して
◎→▲→穴で1万6070円ズバリ!

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

ローズSにもランドネに匹敵する情報がある!

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

アーモンドアイが出ていても狙えた
ローズSの【超穴馬】今すぐ教えます!

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

十八番の牝馬重賞は超穴馬が激走して高配当連発!

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
―――――――――――――――――――――――――
2018年 ヴィクトリアマイル(G1)
【穴】レッドアヴァンセ(7人気) 8850円的中!
―――――――――――――――――――――――――
2018年 京都牝馬S(G3)
【穴】エスティタート(5人気)1万0260円的中!
―――――――――――――――――――――――――
2017年 ファンタジーS(G3)
【穴】ベルーガ(5人気) 1万7980円的中!
―――――――――――――――――――――――――
2017年 秋華賞(G1)
【穴】モズカッチャン(5人気)1万4760円的中!
―――――――――――――――――――――――――
2017年 府中牝馬S(G2)
【穴】クロコスミア(5人気) 1万9390円的中!
―――――――――――――――――――――――――

≪今週も自信の超穴馬がいる≫

昨年のローズSは8人気・6人気の決着で馬連2万馬券

今年も人気通りにはまず決まらない!

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

1番人気が相手でも想定馬連50倍以上!

アーモンドアイが出ていても狙えたローズSの超穴馬

今すぐ無料で教えます

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

大魔神・佐々木主浩氏の菊花賞予想はこちら!



Links

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。