競馬をやって何が悪い。〜予想は敗因分析から〜

菊花賞の出走予定馬展望が中心!今週あの人気馬はなぜ負けたのか? ラップとレース映像をリンクさせた詳細な敗因分析から競馬の真髄に迫る。 敗因分析できれば次買うべき馬が解る。競馬予想は回顧から始まる。

新潟記念 2018 出走予定馬:ストーンウェア&蛯名騎手想定

time 2018/08/28

新潟記念 2018 出走予定馬:ストーンウェア&蛯名騎手想定

第54回 新潟記念(GIII)出走予定馬展望

日程:2018年9月2日()
コース:新潟芝外2000m

予想用・出走予定馬一覧

ストーンウェア(蛯名騎手想定)

メイステークスで2着に食い込むなど今年は安定した末脚を引き出せているストーンウェアが新潟記念に出走予定だ。前走の小倉記念ではいつもより積極的なポジショニングでの競馬も少し伸びあぐねた。直線の長い新潟に変わって強烈な末脚を引き出したい。

前走小倉記念の負け方が嫌な感じではある。個人的にはポジション取り自体はあれでよかったと思うし、むしろ後ろからの意識が強くなると?という感じかな。メイSみたいに流れればいいけど、基本後方一手は馬場差が顕著か能力的に抜けてないと難しい。噛み合えば結構いい勝負できると思っているけど、そこがカギ。今年のメンバー構成、騎手の想定からもそんなにタイトにレースを作っていく意識を持つ騎手は先行馬には少ないと思うから、しっかりと良い位置を取りたいね。

メイステークス(OP)2着

東京芝1800m良 15頭3枠4番
1:45.7(+0.1) 46.1-47.1 H^1
12.8-10.9-10.9-11.5-12.4-12.5-11.5-11.4-11.7

まずは2走前のメイSから。東京1800m戦でペースは見ての通り1秒のハイ。全体である程度流れているという中で中盤の中弛みが12.4-12.5と顕著。そこからの直線勝負でL2最速11.4はそこまで速くない。

4番枠から五分のスタート、そこから促しつつ追走も前が速いので追走に苦労して中団の内内でという競馬になる。3~4角で前がペースを落としてという流れで馬群が凝縮、そこで後方馬群の中目から促しながらスペースを詰めて中団で直線。序盤で進路がなく少し待たされる。L2でもまだ進路自体はないが前のダイワキャグニーを追いかける形でしっかり外に出し、L1でしぶとく伸びてきての2着確保。

ここで普通にサトノアーサーを撃破しているんだよね。この辺から重賞で絶対的な能力が足りないとは全く思わない。ここでは前半の基礎スピード面もある程度問われたし、もちろん中弛みがあったので直線入りでは取り付けたという側面はあるが、それでも同じような競馬だったダイワキャグニー、サトノアーサーと比較しても十分互角に立ち回れている。展開ドンピシャに近かったバーディーイーグルも撃破したし普通に強かったと思うんだけどね。基礎スピードをある程度問われた中で後半のTS持続を引き出してきた感覚。中弛みで取り付いたぐらいだし距離に関しては2000でも良いとは思っている。

小倉記念(GIII)5着

小倉芝2000m良 12頭3枠3番
1:57.6(+0.7) 60.0-56.9 S^3
12.5-11.2-11.9-12.5-11.9-11.7-11.7-11.1-10.9-11.5

前走の小倉記念はちょっと難しい競馬になってしまったかな。超高速馬場なんだが3.1と超スロー。しかも向こう正面からうまく前が引き上げてしまったし、そのうえでL3で11.1、L2で10.9ともう一段加速していく競馬。4角地点でかなり速いラップを踏んでいるし、ここでの立ち回りが重要だったし、前が56.9でまとめているので後ろからではそもそも難しい。

3番枠から好発を切って先行争いに入っていたが最終的には控えて好位。道中も3列目の内ポケットで進めて向こう正面から1段階目の加速、そこで好位の内から少し外を目指して3角。3~4角ではサトノクロニクルの後ろから追われるが置かれてしまって中団に吸収されて直線。序盤でそこからの伸びは意外と悪くはなく最後までじりじりとは伸びての5着だった。

ここで感じたのは2段階目の加速となった4角地点で置かれていたことかな。メイSではコーナーで減速ラップだった、ここはコーナーで加速しないといけなかった。4角地点で明らかに置かれ気味になっていたので敗因として大きいのはここになると思う。一方で56.9と後半かなり速い時計、ラップ的にもL1では落ちているがかなり速いラップを連続し続けている中でL1までなだれ込めたのは評価していいと思う。ドスローだった中でポジションも少し前目を取れたのは良かったと思うが、後半要素は結構高いレベルにあるし個人的には2000より長い距離でもいいんじゃないかなと思っている。

ノベンバーS(16下)1着

東京芝2000m良 14枠6枠8番
2:00.9 62.8-58.1 S^5
13.3-12.2-12.2-12.4-12.7-12.4-11.8-11.4-11.1-11.4

極端なドスローではあるが、ノベンバーS勝ちは評価したい。相手が準OPの重鎮ルックトゥワイスで、それを相手に後半特化の流れの中で勝ち切った。ペースは4.7で極端なドスロー、ラップ推移的にはL4-3-2と加速していきながらで3F戦に近いが段階的に加速していてそこまでギアチェンジは問われていないという感じ。

8番枠から五分のスタート、そこから無理せずに好位を確保していく。道中もドスローなんだが結構折り合っていてむしろ少し促すときもあるぐらい。3~4角で徐々に加速していく流れの中で好位の中目で促しながら追走して2列目で直線。序盤で前が壁の状況、進路確保ができずにL2で待たされて狭いところを割って徐々に伸びる。L1ではしぶとく伸びて外のルックトゥワイスとのたたき合いを制しての勝利。

反応自体はそこまで速い感じではないし、これはメイSでも小倉記念でも感じたところ。ただし手ごたえ以上に最後は来る。この馬の一番の武器はやっぱりTS持続力になると思うし、これをしっかりと引き出し切る競馬ができれば重賞でもメンツ次第で通用していいんだろうなと。ただ、この感覚はやっぱり個人的にはもっと長い距離の方がいいと思うんだよね。ゲートはうまいしスローでも折り合えちゃうぐらいコントロールが利きやすい。要所の反応があまりよくなくてもTS持続が武器だからね。

2018新潟記念への展望

ちょっとしたきっかけ次第で化ける可能性がある馬だとは思うし、個人的には追いかけていきたい馬。前走の小倉記念は超スローで2段階加速、どちらかというと質的に足りなかった感じなのと、コーナーで加速する流れがどうもかみ合ってなかった印象ではあると。基本的には直線勝負でL1しぶとくバテ差すイメージだし、エンジンがかかってからが良い。新潟2000だと出し切りやすい条件ではあるのでそこは良いのと、地味にL4からの加速になりやすいので前述しているジューンSと傾向的には近い面がある。もちろんペースはもう少しタイトになると思っているけど、今年の先行勢の騎手考えると石川にしても内田にしてもポジションは取るけどレースメイクは微妙だし、ミラノも丹内ならもう少し全体のペースを引き上げると思うが津村が上手く乗るイメージはないからなあ。流れとしてはそこまで上がらない可能性が高いと思うので、そう考えるとこの馬としては良い位置をとって出し切れればチャンスも十分。ゲート自体はまずまず上手い方だし、折り合いが上手いので多少出していっても良い。仮に流れてもメイSのパフォーマンスを考えればこのメンツならブラストワンピースは強敵としても適性面でセダブリランテスを上回ってくる可能性は高いと思う。グリュイエールがたぶんタイプ的に近いと思うけど、こちらの方が軽い馬場の2000なら…という感覚ではあるかな。小倉記念でもチャンスはあったと思うけど展開的に不運だった。ここでもう一度強めに狙いたいところかな。

━━━━━━━━━━━━━━━━━
“競馬の神様”故・大川慶次郎が創設

創業37年【ホースメン会議】の
実力を無料で体感できるキャンペーン
━━━━━━━━━━━━━━━━━
100名限定 特別無料配信
新潟記念(G3) 鉄板3点勝負

馬連平均8750円の荒れる重賞を
プロは絞って買う!
━━━━━━━━━━━━━━━━━

■直近の的中買い目

8/19 札幌記念  1万6590円的中!
8/18 小倉11R   1万6850円的中!
8/12 小倉8R  1万6880円的中!
8/11 小倉11R   8320円的中!
8/5 レパードS  10万2870円的中!
8/4 小倉12R   2万3950円的中!

新潟記念の3点を無料で見る方法

何悪。分析note2020



Links

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。