競馬をやって何が悪い。〜予想は敗因分析から〜

菊花賞の出走予定馬展望が中心!今週あの人気馬はなぜ負けたのか? ラップとレース映像をリンクさせた詳細な敗因分析から競馬の真髄に迫る。 敗因分析できれば次買うべき馬が解る。競馬予想は回顧から始まる。

札幌記念 2018 出走予定馬:ゴーフォザサミット&蛯名確定

time 2018/08/16

札幌記念 2018 出走予定馬:ゴーフォザサミット&蛯名確定

第54回 札幌記念(GII)出走予定馬展望

日程:2018年8月19日()
コース:札幌芝2000m

予想用・出走予定馬一覧

ゴーフォザサミット(蛯名確定)

3歳世代からは青葉賞で強烈な末脚を発揮し完勝したゴーフォザサミットが札幌記念に出走予定だ。ダービーこそ直線で伸びきれずに7着と物足りない結果となったが青葉賞ではダービーでも好走したエタリオウを楽に撃破しているのも事実。札幌の2000mという舞台はカギも、強烈な末脚をここで発揮して古馬を撃破したい。

やっぱり基礎スピード面での課題がある馬なのは確かで、古馬のレベルで59-59.5ぐらいの競馬になった時に対応できるイメージは正直今はしない。そもそもがハーツの仔だからね。ただ藤沢馬は結構基礎スピードを持っている馬が多いのも事実なのでここでどういう競馬ができるかだね。古馬も好メンツといっても現役トップクラスがいるわけでもないから。

青葉賞(GII)1着

東京芝2400m良 18頭5枠9番
2:24.4 60.8-58.6 S^2
13.2-11.2-11.8-12.2-12.4-12.7-12.3-12.2-12.0-11.6-11.1-11.7

まずは青葉賞から振り返りたい。超高速馬場に近いレベルで、ペースは2.2とかなりのスロー。特徴的なのはL2最速11.1、そしてL3は11.6とまだ加速の過程、という点にある。仕掛けが遅めの競馬なので瞬間的な切れ味を要求された一戦とみていいだろう。

9番枠からまずまずのスタートを切ってそのまま楽に好位をとっていく。道中も前が飛ばす流れの中で好位の内内で潜み込み、向こう正面で前との差もある程度は詰めつつ3角。3~4角では3列目から2列目の中目に押し上げて進めて徐々に外を意識して直線。序盤で外に誘導しつつ加速、L2で1馬身半差あった中ですっと伸びてここで先頭に立つ。L1までしぶとく伸びて差を広げての完勝だった。

おそらくL2最速地点までの反応の良さ、そこからのトップスピードの持続力でという形ではあると思う。ダービーでエタリオウに逆転されたのはかなり意外だが、この時点では完勝だった。要所の反応の良さ、ポジショニング、TS持続のバランスを非常に高いレベルで見せてきたと思うし、ダービーでも勝負になって良い競馬をしていたと思う。ただし、やはり2.2とかなりのスローでのものであり、前半のポジショニングに関してはその辺りもあった。

日本ダービー(GI)7着

東京芝2400m良 18頭3枠6番
2:24.0(+0.4) 60.8-58.3 S^2
12.7-11.0-12.3-12.4-12.4-12.3-12.2-12.0-11.7-11.2-11.2-12.2

ダービーは正直ペースとしては普通に青葉賞に近いと思っているし、一応仕掛けどころが早くL3最速、L4でも11.7なので外からのロスはある程度あったとは思うがそれでももうちょっと頑張ってほしかったかな。正直物足りなかった。

6番枠から五分には出て促しつつ3列目の内。しかし1~2角で少不利があり前に入られて中団の内内でという競馬になる。道中も接触があったこともありそこから折り合いで少し掛かるところも見せつつ3角。3~4角でも中団馬群の中目から外を意識しつつ、4角で外に誘導してワグネリアンの後ろから直線。序盤で鞭が入って追い出されるとここでは一瞬伸びかけるがL2で少し甘くなって3列目から上がってこない。ラストまでそれなりには食らいつくが物足りずの7着となった。

道中で若干リズムを欠く遠因となった不利もあったし、細かいところはあったがそれでもワグネリアンの後ろから脚を使えなかった、という点では物足りないという感じ。道中も青葉賞とそんなに変わらないペース、位置取りは一列後ろになってしまったにせよそんなに悪い直線までの入り方ではないんだが、そこで伸びあぐねた要因はちょっと読みにくい。エタリオウも後ろからで爆発させた感はあるし青葉賞とはちょっと状況が違うからね。ただ青葉賞では反応面での良さがあったのも事実だし、このダービーでは仕掛けのタイミングが早かったのでその辺りも含めて総合的なものか実力も含めるか。どれと決めつけられないぐらい、ちょっとよくわからない伸びあぐね方だった。

スプリングS(GII)7着

中山芝内1800m良 13頭7枠11番
1:48.8(+0.7) 47.8-48.5 M
12.4-11.3-11.9-12.2-11.8-12.1-12.4-12.2-11.8

1周コースのスプリングSでは完敗。ペースは平均だがこれはコスモイグナーツの単騎なのであまりあてにならない。一応目視推定で番手で見れば49秒前後だと思うので、明確にスローにはなると思う。コーナーで押し上げていて実質的には3~4角からのロンスパからのL2最速でもう一段の脚、というイメージで良いかなと思う。

11番枠からやや出負け、外枠でもあり無理せずに下げて後方外。道中も後方外々で進めざるを得ず、3角では最後方列の中目。そこから3角でカフジバンガードが動いてからその直後を取って最後方近くで直線。序盤でそこから伸びは地味もL1では伸びてきて最後は3着争いに近いところまで来たがそれでも7着完敗。

前半のポジショニングは1角までの距離が短く上り坂スタートでセンスが問われるし、それはあまり悲観していない。もともとゲートは安定していない馬なのでそこは課題だが。ただ、やはり3~4角からの仕掛けとなってロスもあったとはいえそこまで決定的に伸びてきたわけではないというのは不満かな。ダービーを見ても青葉賞を見てもそうだが、末脚の絶対量というのはそこまでないのかもしれない。百日草特別なんかを見ても緩い流れから加速していくのはうまいんだけどね。

2018札幌記念への展望

今の時点では不安の方が圧倒的に多い。ゲートはあまりうまくないし、札幌の2000でこのメンツだとポジション取りで苦労する可能性が高いのが一つ。また基礎スピード面で全く目途が立ってない点。青葉賞もスローでポジションをとってのギアチェンジ面含めた後半の総合力で良さが出たし、強烈に脚を使った共同通信杯も結局はレベル的に疑問があるうえで自身でドスローのバランスで入って内を立ち回ってのもの。前半無理をしないことで末脚を高めてきているのは事実だと思うので、2000で流れての不安はやはり小さくない。最後に末脚の絶対量そのものが足りない可能性。青葉賞では器用に2列目から抜け出してはきたが、仕掛けどころがL2、L3地点では11.6と速くなり切ってなかった。瞬間的な加速力が要求されたわけだし、ダービーではL3から11.2と最速タイとなると伸びも地味だしラストも甘かった。この世代のレベルは結構高そうかなと思っているが、それでも適性的にかなり癖があるし、ダービーからこの短期間でいきなりタイトな流れに対応できるか?といわれると微妙だろう。狙うとして内枠を引いてくれないと難しい。前半で脚を使わされてもよくないだろうし、要所で動いていくだけのポテンシャル、TS持続も見せていないからね。もちろん未知数な面が大きいのが3歳馬なので怖さがないといえば嘘になるが、それでも見せている適性はあまり札幌記念で狙いたいと思うものではない。どちらかというと後ろからの馬に求めたいのはポテンシャルやTS持続といった素材面だからね。複合的にみても1周コースの2000では不利になる可能性が高いと思う。

━━━━━━━━━━━━━━━━━
“競馬の神様”故・大川慶次郎が創設

創業37年【ホースメン会議】の
実力を無料で体感できるキャンペーン
━━━━━━━━━━━━━━━━━
100名限定 特別無料配信
札幌記念(G2) 鉄板3点勝負

プロ集団がこう宣言!
「8月の重賞で一番の自信度」
━━━━━━━━━━━━━━━━━

■直近の的中買い目

8/5 アイビスSD 10万2870円的中!
8/4 小倉12R   2万3950円的中!
7/29 新潟10R 8万5980円的中!
7/28 新潟11R   4万1200円的中!
7/22 中京12R 1万5210円的中!
7/21 中京10R   1万4210円的中!
7/15 中京12R   3万7360円的中!
7/14 中京6R   4万9460円的中!
7/8 函館6R   6万6660円的中!

札幌記念の3点を無料で見る方法

何悪。分析note2020



Links

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。