競馬をやって何が悪い。〜予想は敗因分析から〜

菊花賞の出走予定馬展望が中心!今週あの人気馬はなぜ負けたのか? ラップとレース映像をリンクさせた詳細な敗因分析から競馬の真髄に迫る。 敗因分析できれば次買うべき馬が解る。競馬予想は回顧から始まる。

札幌記念 2018 出走予定馬:マカヒキ&ルメール想定

time 2018/08/13

札幌記念 2018 出走予定馬:マカヒキ&ルメール想定

第54回 札幌記念(GII)出走予定馬展望

日程:2018年8月19日()
コース:札幌芝2000m

予想用・出走予定馬一覧

マカヒキ(ルメール想定)

栄光の日本ダービー馬、GI戦線でも掲示板には入ってくるマカヒキが札幌記念に出走予定だ。ダービー馬も勝利の美酒からは久しく、シャンティイの地でニエル賞を制して以来見放されている。ダービー馬の威厳に賭けて、この一戦は是が非でも譲れない。期待はただ一つ、意地をみせろ。

状態面がどうなのかというのはあるんだが、ここでルメールを用意してくるぐらいなので、ノーザンの仕上げとしてもかなり本気なんじゃないかなと。そのうえで、札幌の2000というのをどう考えるか…かな。

日本ダービー(GI)1着

東京芝2400m良 18頭2枠3番
2:24.0 60.0-58.0 S^2
12.6-11.1-11.9-12.1-12.3-12.9-13.1-11.8-12.0-11.6-11.0-11.6

仕方がないのでダービーから振り返る。正直このパフォーマンスだけが抜きんでている感じ、古馬以降はこの馬らしさを引き出せていないと思う。超高速馬場でペースは2秒とかなりのスロー、そこからの2段階加速でL2最速は11.0とかなり速いラップを踏んでいる。L2の坂の上りで加速する脚を要求されたがここでのインパクトがすごかった。

3番枠からまずまずのスタートを切って無理はせずに中団の内内を楽に確保する。道中も縦長で進んでいくがそれでもスロー、という中で中団の内目でじっと我慢。3~4角でも中団のうち目からじわっと押し上げつつ徐々に中目に誘導して直線。序盤でエアスピネルの後ろを狙ってそこから追い出されるとL2の坂を上り終えたところからスッと伸びてエアスピネルとサトノダイヤモンドの間を割ってくる。最後は食らいつくサトノとの一騎打ちを退けての勝利だった。

ここではL2の坂の上りの地点でしっかりと伸びてきて馬群を割って先頭に立った。直線地点での反応面、特に坂の上りで伸びてくるイメージが強い馬で、その前の皐月賞でもL1の坂の上りでグンと来ていた。もちろん皐月賞ではL1で減速ラップだったがそれでもこの馬自身の伸びを考えるとかなりのインパクトだったと思う。このダービーでもL2の地点で目立つ足を使っていて、サトノダイヤモンドと違ったのはここかなと。ただし、超高速馬場でこの馬の位置からかなりゆったり入れていると思うし、あくまでそこからの後半勝負での鋭さで勝ち切ったというのは確かだろうと。

大阪杯(GI)4着

阪神芝内2000m良 14頭8枠14番
1:59.3(+0.4) 59.6-59.3 M
12.3-11.1-12.1-12.1-12.0-12.2-11.8-11.7-11.6-12.0

4走前の大阪杯ではキタサンブラックに完敗の4着。まあそれ自体は仕方がないとしても、やっぱり内容的にみて3着のヤマカツエースに見劣ったのはいただけないかなと。ペースは平均だがこれは単騎で逃げたマルターズアポジーのもの。実質的にキタサンの位置で見れば61秒を切るかどうかぐらいなので顕著にスローだったと思う。そこから3~4角でキタサンが動いて差を詰めているので実質的にはTS持続特化戦に近いんじゃないかなと。

14番枠からやや出負け、そこから外枠でもあり無理はせずに後方からの競馬を展開する。道中も前のマルターズアポジーは飛ばすが2番手以降はそうでもない、という流れでも後方外目で我慢。3~4角でヤマカツエースの大外から押し上げにかかるが動けないまま直線。序盤でそこからじりじりと伸びるが好位列まで、L1での伸びはいまいちで3着のヤマカツに完敗、4着争いも死守したというレベルだった。

これが個人的にはかなり物足りない。もちろん3~4角でキタサンが動いたので実質的にここで速いラップを踏んでいると思うし、そこで大外を回したロスが小さいはずはない。それでもヤマカツエースもそこそこ外目を回していたし、そのヤマカツに対してL1で差を詰められないどころか少し離されていて5番手グループに吸収されてしまったというのは良いとは言えないなと。スローのトップスピード戦の適性は高いはずで、コーナーで脚を使う形となったにせよ、完敗だった。ただしこれはその前の年に凱旋門賞で惨敗していて反動などがあった可能性もあるのはある。京都記念3着も含めて3歳春の出来にあったかどうか?という面も考える余地はあるのかなと。

ジャパンカップ(GI)4着

東京芝2400m良 17頭6枠11番
2:24.6(+0.9) 60.2-59.1 S^1
13.0-11.2-12.1-12.1-11.8-12.1-12.3-12.2-11.8-11.3-11.8-12.0

前走のジャパンカップでは4着といっても上位3頭からはかなり離されての完敗だった。ペースは1.1、開催最終週、良でも雨が少し残っていて時計が少し掛かっていた状況だったのもあるがそれでも甘かったかな。一応ややスローからのTS持続戦だがキタサンを目標にみんながついていったわけだし、L3最速と仕掛けも早かったので比較的出し切りやすい展開だったといえる。

11番枠から出負けして後方からじわっと促して中団の外目ぐらいには付けていく。道中も促しながらの競馬だがやはりそこそこ流れているので、中団やや後方で前にスペースを保った状態で3角に入っていく。3~4角でも中団やや後ろから中目を通して直線で外目に誘導しつつ追い出される。序盤でうまくレイデオロの直後をとるが反応で置かれてしまい、L2の地点で徐々に伸びてくるが前3頭には圧倒される。L1までしぶとく踏ん張って4着争いは制したが完敗だった。

出し切りやすい流れだったが、全体の流れが2400としてはバランス的にそこそこ速く、そこで脚を使ったうえでL3最速11.3とそこまで速いラップを要求されなかった。ここでこの馬の持ち味である鋭さを削がれてしまった感はあるし、ラストまで踏ん張ってきたけどインパクトとしては薄目。この辺からもあまり分散する形が良くないのかなというのと、超高速馬場巧者という可能性が高くなってきたのかなと。

2018札幌記念への展望

今回はルメールに替わるし騎手の良し悪しは置いておくとしても陣営の本気度は感じる。ただ、あとは札幌の2000が合うかどうか…。この馬はあまりコーナーで動けるイメージではなく皐月賞でもダービーでも伸びてきたのは直線に入ってから少し経ってから。直線なら割とギアチェンジを持っていると思うんだけど、コーナーで動いていけるかどうか。札幌はコーナー自体はかなり緩いので不器用な馬でも動いていけるし、そこで対応できれば…というのはある。ただし、本当に不安が多い。まず基礎スピード面、次に馬場。それを覆すだけのポテンシャル面を持っているか?も京都記念でサトノクラウンに完敗している。前半でペースが上がっても不安があるし、となると現状のこの馬のパフォーマンスを考えると信頼は置けない。…というか正直馬券的には消したい。L2最速戦になりやすいのはこの馬としては良いんだけど、コーナーで動けなければ直線が短い札幌でまとめてというのは難しいし…。馬券的にはかなり悩ましいけど、復活してほしい気持ちを持ちつつも押さえるか消すかのライン上かな。追い切りが良くても押さえまでにしたい。

PR ) 昨年20万馬券の札幌記念は夏競馬も絶好調の指数で読み解く!

来週は8月唯一のG2そして高額賞金のレース「札幌記念」が行われます。
昨年は20万馬券となった札幌記念。
出走予定の馬を見ると逃げ先行の馬が多い中、スタートから最初のコーナーまでの直線が長めの札幌でどんなレースが展開されるか注目です。

その難しいレースを読むのに役立つ「指数」があります。
うまとみらいと」の「コラボ@指数」です。
先週は指数上位4頭でエルムステークスを的中させました!

早速、指数を見に行く

8月11日(土)は3連単の的中率が「41.7%」!!

難しいと言われている夏競馬の土曜日のレースで叩き出した数値です。
毎週発表される的中率は見るたびに驚かされます。

全会場1R~6Rと重賞1レースが無料で見れる「コラボ@指数」。
今週末の重賞無料提供はもちろん「札幌記念」です!

無料で登録できるので、悩んだらまず指数をチェックしてみてください。
メールアドレスを登録して返信メール内URLをクリックすれば登録完了です!

札幌記念」の指数は土曜日に公開です。
それまで過去データを検証することをおススメします。

夏競馬、勝ってますか?
週末に10万人が利用している指数をチェックしていなかったら…勿体ない!
札幌記念の指数を見に行く

何悪。分析note2022



Links

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。