競馬をやって何が悪い。〜予想は敗因分析から〜

菊花賞の出走予定馬展望が中心!今週あの人気馬はなぜ負けたのか? ラップとレース映像をリンクさせた詳細な敗因分析から競馬の真髄に迫る。 敗因分析できれば次買うべき馬が解る。競馬予想は回顧から始まる。

関屋記念 2018 出走予定馬:ロードクエスト&三浦確定

time 2018/08/09

関屋記念 2018 出走予定馬:ロードクエスト&三浦確定

第53回 関屋記念(GIII)出走予定馬展望

日程:2018年8月12日()
コース:新潟芝外1600m

予想用・出走予定馬一覧

ロードクエスト(三浦確定)

3歳時にはクラシックを期待されながらもそこからはまさに鳴かず飛ばずとなってしまったロードクエストが関屋記念に出走予定だ。色々な試行錯誤を繰り返しつつも前走のパラダイスステークスでは先行策からしぶとく粘って2着とようやく兆しを見せることができた。これまでのスタイルを捨てて新しい一歩を踏み出せるか。

う~ん…まあ正直に言えば前走のポジショニングをここで期待はしないほうがいい、というのが一つ。新潟なら直線での上り坂が無いのでスピードに乗せやすい分いくらかチャンスはあるかもしれないけど、このレベルでは要所のギアチェンジで見劣ることが多いし、シンプルに3歳時からパフォーマンスが落ちていて上がってきた感覚がないからね。これで少し人気するようなら軽視したいかなあ。

パラダイスS(OP)2着

東京芝1400m稍 10頭3枠3番
1:22.1(+0.4) 36.3-33.8 S^3
13.0-11.6-11.7-11.6-11.1-10.7-12.0

前走のパラダイスSが一応近走では一番結果を残した形にはなる。ペースは2.5で超スロー、ラップ推移的には最序盤だけが遅くそこからL2最速10.7と馬場を考えればかなり速いラップを踏んでL1では12.0と前も落としてきたし、差し込む余地自体はあったと思う。

3番枠から出負けしていたが雨の影響、各騎手の行く意識が低かったこともあり13.0と遅い地点で先行しきる。そのまま少し離れた2列目内から3~4角でショウナンの後ろを狙って直線。序盤で追い出されて食らいついて1馬身半ぐらいだが、L2の最速地点で一気に置かれてここで3馬身半ほどに広がってしまう。ラストはそれでもそれなりに差を詰めたが2着争いを制すところまで、2馬身半差の完敗だった。

とにかく坂の上りの地点でキレ負けしていたのが最大の敗因。L1はある程度マシだったが、10.7の地点でショウナンが鋭かったとはいえここで決め手を活かせなかったのは良い材料とは言えないかな。また前目から運べたといっても小頭数で最序盤が遅かったからできた芸当でもある。出負けは相変わらずしていたし、ここに対してあまり期待するのは良くないんじゃないかなと。うまく前目を取れたのは周りの環境に依るところが大きかったと思う。

キャピタルS(OP)11着

東京芝1600m良 18頭7枠15番
1:33.5(+0.9) 46.9-45.7 S^1
12.4-11.2-11.6-11.7-11.5-11.3-11.4-11.5

5走前のキャピタルSでは東京マイルで惨敗だった。ペースは1.2とややスロー、中盤の淀みがなく終始11秒台を刻む競馬でL3最速11.3とそこまで速いラップを要求されていない中でL1で前が落とさなかったという内容。もちろんロスがあったのはあるがそれでも末脚が平凡だったのも事実。

15番枠からやや出負けしたが無理せず最後方まで下げていく。道中も割と淡々とした流れの中で最後方列の外。3~4角でもその位置から外々を回して前を向いて直線で大外。序盤でそれなりに楽な手ごたえだったが追い出されてからの伸びが地味。L2からL1の地点ではなだれ込むだけの11着に終わっている。

もちろんあそこまで後ろから大外一気で差せるような展開では全くなかったし、ある程度は仕方ない。とはいえやはりL2-1の地点での伸びというのは目立たなかったし、同じように外からの競馬となったアウトライアーズを差せなかったのを評価するというのはちょっと無理があるかなと。3歳時に見せたパフォーマンスを期待するのは酷かなと感じている。

関屋記念(GIII)6着

新潟芝外1600m良 16頭7枠14番
1:32.5(+0.3) 46.6-45.6 S^1
12.4-11.1-11.7-11.4-11.3-11.1-11.0-12.2

昨年の関屋記念は悪くはなかった、という感じ。ペースは1秒でスロー、中盤以降が緩まずに11秒台半ば~前半で進んでL2最速11.0とそこまで速いラップを要求されずにL1では12.2と落としている。基礎スピードはそこそこ問われたが結構仕掛けの意識が強かったのでTS持続面が問われたかなと。

14番枠から出負けして最後方近くからの競馬。外枠でもありある程度リカバーして後方の外目で3角。3~4角でも積極的に中団外まで押し上げて直線に入ってくる。序盤でしぶとく伸びて3列目、L2の地点でもジリジリと食らいつく。L1でも前との差はじわっと詰めているがそれでも着順を挙げられずに6着完敗だった。

内容的には良い。3~4角で前が引き上げて流れが落ち着いていないところで外から押し上げて最後まで食らいついていたし末脚の絶対量そのものはやはりある。ただし、ここでも直線に入って決定的な脚を使えたわけではないし、2,3歳春の切れるイメージではなく今の時点ではTS持続で出し切ってというような競馬の方がいい。その辺からも今はマイルはちょっと短いかもなあとは思う。

2018関屋記念への展望

もともと府中の上り坂で速い脚を要求されないほうがいいタイプではあると思うので、そこはある。ただそれでもキャピタルSではそういう競馬になってない中で甘かったし、昨年の関屋記念6着も悪くないとはいえやはり決定打に欠けるのも事実。前に行けた前走も小頭数で雨の影響、騎手の意識が下がったところで出負けしてリカバーしているにすぎないので、高速馬場で前がまともな主導権争いをする中での先行策、というところまでは難しいと思っている。昨年の関屋記念より少し前を取れればいいぐらい、中団ぐらいで進められるとしてそこからの脚をどこまで期待するか。現状では人気に見合うだけのパフォーマンスができていないし、直線ほぼ平坦となる新潟外回りで多少は?とも思うがそれだけでは…というところかな。現時点では軽視すべき一頭だと思っているし、あっても3着ヒモまでで収めたい。

『儲かる夏競馬』真っ最中!
―――――――――――――――――――――――――
【先 週】8人気の衝撃◎から⇒7万4650円的中!
【先々週】6番人気を大本線に⇒6万0150円的中!
―――――――――――――――――――――――――
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

今週の関屋記念(G3)も一獲千金の大チャンス!

≪≪今年も人気通りにはまず決まらない!≫≫

10万円馬券以上もありえる
関屋記念の【3連単】最終結論を無料で教えます!

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

【関屋記念といえば真夏の超ドル箱重賞】

《2015年》10万9570円・2万5190円的中
《16年》5340円的中 《13年》2620円的中

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
―――――――――――――――――――――――――

昨年も1番人気がメートルダールが敗れて
3連単は13万馬券の波乱決着!

≪≪今年も人気通りにはまず決まらない!≫≫

情報通りなら3連単は10万馬券以上も!
―――――――――――――――――――――――――

今年波乱の主役はアノ馬だ!

関屋記念の【3連単】最終結論を無料で教えます!

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

大魔神・佐々木主浩氏の菊花賞予想はこちら!



Links

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。