競馬をやって何が悪い。〜予想は敗因分析から〜

菊花賞の出走予定馬展望が中心!今週あの人気馬はなぜ負けたのか? ラップとレース映像をリンクさせた詳細な敗因分析から競馬の真髄に迫る。 敗因分析できれば次買うべき馬が解る。競馬予想は回顧から始まる。

関屋記念 2018 出走予定馬:スターオブペルシャ&内田博確定

time 2018/08/09

関屋記念 2018 出走予定馬:スターオブペルシャ&内田博確定

第53回 関屋記念(GIII)出走予定馬展望

日程:2018年8月12日()
コース:新潟芝外1600m

予想用・出走予定馬一覧

スターオブペルシャ(内田博)

新潟マイルのオープン特別である谷川岳ステークスで内から鋭く抜け出したスターオブペルシャが関屋記念に出走予定だ。準OPでワンパンチ足りないところを見せていただけに、卒業後の即オープン勝ちは価値がある。新潟の1600mという舞台で再び結果を残したい。

決め手勝負では分が悪いと思う。1400路線でも流れたトリトンSで良さが出たし、スローの決め手勝負ではやはりどうしてもワンパンチ足りない。谷川岳Sも結局は全体で流れたことで基礎スピードを問われたのも大きいと思うからね。前走のパラダイスSがいまいちだったことからも、各馬余力がある状況での末脚勝負では?

谷川岳ステークス(OP)1着

新潟芝外1600m良 16頭1枠1番
1:32.5 45.4-47.1 H^2
12.0-10.4-11.4-11.6-11.7-11.6-11.3-12.5

まずは2走前の谷川岳Sから振り返る。新潟のマイル戦ではあるんだが、ペースは速く1.7とかなりのハイまで上がっている。そこからのL3-2で再加速もL2で11.3とそこまで速いラップを踏んではいない。

1番枠から好発を切っていて押しているがさすがに前には行けず、少し下がりながら中団の内目で進めていく。3~4角でも内内をロスなく立ち回って好位に近い位置で直線。序盤で最内に進路をとるが壁、そこから内目に出してL2で抜け出す。L1でも誰も寄せ付けず2馬身弱の完勝。

ここでは内から鋭く抜け出しての完勝だったが、この馬自身の上がりが34.5であることが示しているように、あくまで全体で流れた中での末脚であると。厳しい流れで基礎スピードを要求された中でもしっかりと本来の脚に近いレベルで引き出すことができた、他がそうではなかった分だけ直線での見た目の切れ味に繋がったかなと思う。個人的にはマイルだとこれぐらい流れないと難しいかなと感じる所以ではあると。

パラダイスS(OP)9着

東京芝1400m稍 10頭7枠8番
1:23.3(+1.6) 36.3-33.8 S^3
13.0-11.6-11.7-11.6-11.1-10.7-12.0

前走のパラダイスSは真逆の競馬になった。ペースは2.5と超スローでラップ推移的にみても標準馬場で10.7と非常に速くトップスピードの質を相当高いレベルで問われている。

8番枠からまずまずのスタート、そこから様子を見ながら促しつつ、最終的には2列目の外ぐらいで進めていく。3~4角でも2列目の外からロードクエストを見ながら進めて直線。ただし3列目ぐらいから加速していく過程でもろに置かれてL2ではもう後方に下がってしまっている。最後まで良いところなくのブービー負けだった。

ここでは緩い流れの中で前をとってとバランス的には良い入り方をしていたと思うんだが、後半直線勝負に特化して、10.7に向けてトップスピードに乗せていく過程で明らかに置かれてしまった。このあたりからも末脚勝負がシンプルに向いていなかったのかなと感じる負け方だった。

トリトンS(16下)1着

中京芝1400m稍 17頭3枠5番
1:21.7 33.8-36.1 H^3
12.0-10.7-11.1-11.8-11.7-11.7-12.7

3走前のトリトンSでも厳しい流れの中で良さが出た。特にこのレースはそのイメージが濃くて、ペースも2.3で超ハイだがその流れに先行策で乗っていって自身でも34.0-36.0とかなりハイペースのバランスで入っている。基礎スピード色を前面に出してきた一戦。

5番枠から出負けしてそこから押して押してのリカバー、馬群の中を押し上げてハイペースの流れでも強引に前に行く。2列目外から先頭列に近いところで3~4角でも3頭分外から直線へ。序盤で追い出されてじりじりと伸びてここで先頭に立ち半馬身ほどのリード。L1で抜け出してからは外から一気にダイトウキョウに決定的に詰め寄られたがそれでもクビ差凌いだ。

これだけのハイペースで序盤のうちにリカバーしてとなると34.0と表記してあるが実質はそれ以上に脚を使っているはず。それでも最後に脚を使って抜け出しているように他の馬よりも余力があったということになる。これぐらい厳しい流れでも最後まで踏ん張り切れていることからもかなり前半の基礎スピード色が強い一戦だったかなと。

2018関屋記念への展望

2走前の谷川岳Sみたいに流れれば当然怖い。基礎スピード面ではここでもトップクラスにあると思う。ただし、それ以外では脆い、というのが正直なところ。完全な決め手勝負となった前走のパラダイスSは真逆の適性なので仕方ないにせよ、4走前の雲雀Sでも適度なスローという中で決め手で見劣ったしトップスピード戦では質・持続力ともに物足りない。やはりある程度流れてくれないとこのクラスでどうこうというのは難しい。谷川岳Sのようにマイルでハイペースで流れてくれないと、だが嵌れば厳しい流れでも一足を使って踏ん張ってくる基礎スピード面はもちろん武器。なので展開次第かな。関屋記念はなかなか上がり切る可能性が低いレースだし、平均ペースで逃げ馬が作っていくと番手以降ではトップスピード面をある程度は求められてしまう。そうなると分が悪いので、前を突くぐらいの意識が欲しいかな。内田なので前目意識は強くなると思うがペース全体をしっかりと引き上げられるかは微妙で、この辺は逃げ馬争い次第。エイシンティンクルが飛ばすような展開ならそれにある程度ついていくぐらいの意識が欲しいし、それで2番手で進めて3番手以下を離している状況ならば一気の台頭もある。その点でも自身以外の枠の並びも重要になるかな。枠を見ないと評価が難しい一頭。

『儲かる夏競馬』真っ最中!
―――――――――――――――――――――――――
【先 週】8人気の衝撃◎から⇒7万4650円的中!
【先々週】6番人気を大本線に⇒6万0150円的中!
―――――――――――――――――――――――――
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

今週の関屋記念(G3)も一獲千金の大チャンス!

≪≪今年も人気通りにはまず決まらない!≫≫

10万円馬券以上もありえる
関屋記念の【3連単】最終結論を無料で教えます!

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

【関屋記念といえば真夏の超ドル箱重賞】

《2015年》10万9570円・2万5190円的中
《16年》5340円的中 《13年》2620円的中

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
―――――――――――――――――――――――――

昨年も1番人気がメートルダールが敗れて
3連単は13万馬券の波乱決着!

≪≪今年も人気通りにはまず決まらない!≫≫

情報通りなら3連単は10万馬券以上も!
―――――――――――――――――――――――――

今年波乱の主役はアノ馬だ!

関屋記念の【3連単】最終結論を無料で教えます!

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

大魔神・佐々木主浩氏の菊花賞予想はこちら!



Links

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。