競馬をやって何が悪い。〜予想は敗因分析から〜

エルムステークス 2018 出走予定馬:ロンドンタウン&蛯名想定

time 2018/08/08

エルムステークス 2018 出走予定馬:ロンドンタウン&蛯名想定

第23回 エルムステークス(GIII)出走予定馬展望

日程:2018年8月12日()
コース:札幌ダ1700m

予想用・出走予定馬一覧

ロンドンタウン(蛯名想定)

昨年不良馬場ののエルムステークスを制したロンドンタウンが今年は連覇を懸けてエルムステークスに出走予定だ。今年はフェブラリーステークスで惨敗、重賞戦線でも掲示板を外しておりなかなか本調子とは言えない状況。昨年台頭を果たした舞台で華麗なる復活をみせられるか。

近走の内容もあまりよくないし、正直今年は昨年ほどのパフォーマンスを期待するのは危険かなという感じ。高速ダートの1700は合うかもしれないけど前走のアンタレスSもいまいちだったしなあ…。

エルムステークス(GIII)1着

札幌ダ1700m不
1:40.9R 47.5-47.5 M
6.8-10.6-11.8-12.3-11.9-11.6-11.7-11.8-12.4

昨年のエルムステークス勝ちから振り返っていきたい。不良で高速ダートなのは間違いなくレコードが出たのもその影響があったはず。ペースは平均ではあるが後半の5Fから11秒台に入っていてL4最速11.6。3~4角地点での立ち回りも重要だったと思う。

2番枠から好発、ドリームキラリを行かせて無理はせずに2列目から3列目の内ポケットで我慢。道中もテイエムジンソクが番手でコントロールして2列目のスペースが空いていたのでそこを楽に詰めて3角。3角ではテイエムが仕掛けてくれたおかげで前がペースアップしスペースを保ちながら4角まで楽な手ごたえで直線。序盤で少し待たされるがテイエムの後ろから外に進路を追ってL1でバテ差しを決め込んだ。

まあまず第一に枠の並びが抜群に良かったというのはある。好発を切ったのもあるが、すぐ外にドリームキラリとテイエムジンソクがいてこの2頭がレースを支配したから内のスペースが空いた状態、労せず2列目のポケットを確保できた。そのうえでテイエムが早めに3角手前からプレッシャーをかけたことで3角が最速。3~4角で速い流れの中で緩いカーブで最短距離をずっと通せたのだから砂を被ること以外はメリットだったと思う。その流れでうまく立ち回ってラストで前が落としたところで踏ん張っての勝利。かみ合った面が強いとは思うが、それでも相手は強敵だからね…。この一戦は素直に評価したいところ。

マーチS(GIII)6着

中山ダ1800m良 16頭8枠15番
1:52.6(+0.5) 49.3-50.4 H^1
12.4-11.5-12.5-12.9-12.4-12.6-12.6-12.4-12.8

2走前のマーチSまでもなかなか安定しない結果が続いていたがそれでもGIクラス。ここではレベル的に落ちた中でも結果を出せなかった。ペースは1.1とややハイ、ラップ推移的にもL5最速タイで速いラップをさほど踏むことなく割と単調な流れになっているかなと。

15番枠から五分のスタートから無理せず中団の外目で進める形を選択。道中も中団の外目で追走し、淡々とした流れの中で無理せず3角に入っていく。3角手前でメイショウウタゲが上がってきたので抵抗しながら仕掛けて4角で鞭が入るが特に上げられずに直線。序盤でもばてないが前との差は詰まってこない、L1でもじりじりとなだれ込むまでの6着完敗だった。

う~ん…よく言えば頑張っているけど悪く言えば何もない、という感じか。ある程度流れた中で外枠から中団外と特にアイデアなく走らされた。ただ、それでも強い馬ならラストで十分伸びるチャンスはあったが、なだれ込むところまでで特にインパクトはなかった…というのが率直な感想かな。これまでは相手が強かったこともあったが、やや下降線に入ってきている感はこの時点でしていた。

アンタレスS(GIII)6着

阪神ダ1800m不 16頭4枠7番
1:50.5(+0.7) 47.9-49.6 H^2
12.7-10.7-12.3-12.2-12.3-12.0-12.3-12.3-13.0

前走のアンタレスSではエルムSと同じ道悪での高速ダートという中で一縷の望みも…というところもあったが完敗。少しかみ合わなかった面はあるにせよ最後の伸びもいまいちだった。ペースはかなりのハイ、L4最速12.0なので仕掛けのタイミングも早くL1も落ちているので差し込む余地はあった。

7番枠から五分のスタートから促しながら先行しつつ、最終的には控えて好位の中目でまずは様子を見ていくという感じ。道中好位の中目でじっとしていたが外から動くミツバやグレイトパールに動かれてポジションダウン。3~4角では3列目の外目から追走して鞭、4角でグレイトパールの後ろをとって直線。序盤で伸びがいまいちで離れた4~5番手集団。L1まで伸びもなくの完敗だった。

高速ダートでそれなりにやれるかなと思っていたけど、結局流れた中で脚がなくてそのままいいところもなく。もともとそんなにハイペースに強い馬という認識ではないが、それでもここ2走は適度な流れだしこれで甘くなってしまっているので正直に言えばパフォーマンスを落としていると思う。

2018エルムステークスへの展望

昨年のエルムステークスの覇者、という点はもちろん敬意を表したい。ただし、それも道悪で内内をタイトに立ち回ったことに枠や展開もかみ合った。ここ2走はゲート自体も普通だし、良いポジションをあまり取れていないというのもある。最内で3~4角からの勝負をロスなく立ち回れたのはかなりかみ合ったと思うが、今年それができるかどうか?というのはここ2走の前半の内容からも懐疑的かな。またここ2走はシンプルにパフォーマンスを落としている面もあると思うし、後半もう少し伸びてきてほしいというところから甘くなっているからね。今回もそこそこ人気しそうだし、道悪でという目も前走で潰えたのであれば、ここは評価を下げて入るべきだろうと。馬券的には3着ヒモで拾うか消すか、当落線上というというところ。

□◆□◆□◆□◆□◆□◆□◆□

第53回 関屋記念(G3)

新聞の印に惑わされたくない方へ
【買うべき穴馬はコレ!】
万券ハンターの買い目を大公開!

ここをクリック!

━━━━━━━━━━━━━━━

「新聞にはまったく印が打たれていませんでした」
「なんでこんな人気のない馬から買えるんですか」

凄腕の万券ハンターと提携している【暴露王】のもとには、こうした驚きのメールがよく届きます。

▼ ▼ ▼

しかし、3連単で万券を獲ることはそれほど難しくありません。

重要なのは、

作られた『虚構の人気馬』を把握と、誰にも気づかれない『人気薄=激走馬』を知ることです。

そもそも、陣営の“ホンネ”というのは、なかなか表に出てこないものなのです(オーナーへの配慮、人気になってマークされるのを嫌気)。

“情報力・執念・視点”の違いをウリとする【暴露王】が、凄腕の万券ハンターと提携し、どこまで陣営の本音を掴んでいるかは、レース当日に買い目と根拠、結果をみていただければ一目瞭然でしょう。

こんな的中お届けしてます!

今週ご登録頂いた皆様には、目玉重賞『関屋記念(G3)』を初めとして、万券ハンターだからこそ知っている“ヒミツの話”を【毎週無料】でコッソリ教えます!

買い目もしっかり提供させて頂くので、週末は【暴露王】からのメールを待つだけで問題なし!

今週の週末から、「本物の情報」で皆様の馬券ライフを180度変えてみせます!

▼詳しくはこちらでどうぞ!▼

本物の【凄穴馬情報】を無料公開
【買うべき穴馬はコレ!】

完全無料・関屋記念

━━━━━━━━━━━━━━━

GI馬主・佐々木主浩の最終結論を無料公開

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。