競馬をやって何が悪い。〜予想は敗因分析から〜

菊花賞の出走予定馬展望が中心!今週あの人気馬はなぜ負けたのか? ラップとレース映像をリンクさせた詳細な敗因分析から競馬の真髄に迫る。 敗因分析できれば次買うべき馬が解る。競馬予想は回顧から始まる。

エルムステークス 2018 出走予定馬:ドリームキラリ&藤岡佑想定

time 2018/08/08

エルムステークス 2018 出走予定馬:ドリームキラリ&藤岡佑想定

第23回 エルムステークス(GIII)出走予定馬展望

日程:2018年8月12日()
コース:札幌ダ1700m

予想用・出走予定馬一覧

ドリームキラリ(藤岡佑想定)

今年は欅ステークスでライバルたちを完封する逃げ切り勝ち、ドリームキラリがエルムステークスに出走予定だ。前走のプロキオンステークスでは先行策も包まれる形となって6着と踏ん張り切れなかった。距離を1700に延ばすがもともとこれぐらいの距離で結果を出していた馬、これが吉と出るか?

重馬場高速ダートだった昨年のエルムステークスで強い競馬をしているし距離は心配していない。というよりもむしろこれぐらいの距離で平均~ややハイでコントロールできる方が今はいいかもしれない。前走プロキオンSは包まれたというよりかなり流れた中普通に芝スタートの1400では忙しすぎた感じだと思う。

欅ステークス(OP)1着

東京ダ1400m良 16頭3枠6番
1:23.8 36.1-35.8 M
12.8-11.4-11.9-11.9-11.5-11.8-12.5

2走前の欅Sから振り返る。東京1400でダートスタート、そこまで忙しくなくて平均ペースだがL3最速11.5と仕掛けは早め。結構出し切りやすい競馬になったと思う。

6番枠から好発、押して押してハナを取り切り楽にハナ。そのままペースをコントロールしていたが3~4角では外からベストマッチョに絡まれて直線。序盤で必死に追われて苦しいがそれでも食らいつく。L2辺りで徐々に優位に立ち半馬身差リード。L1で振り切ると今度は外からサンライズノヴァが突っ込んできたがしっかりとこれを振り切った。

強かったなという感じ。特にダートスタートの1400で好発を切って楽にハナを取り切れたからこそペースをうまくコントロールできた、という感じ。そこからコーナーでベストマッチョが絡んできてここで仕掛けが早くなっているが、要所の反応では見劣っても減速ラップ地点でしっかりと踏ん張って粘り込んでいるように末脚の絶対量そのものではベストマッチョを上回ってきた。サンライズノヴァを撃破できたのは普通に評価して良いんじゃないかなと。

プロキオンS(GIII)6着

中京ダ1400m不 14頭2枠2番
1:21.2(+0.9) 33.5-35.6 H^3
11.9-10.7-10.9-11.2-11.6-11.2-12.8

前走のプロキオンSでは6着と着外に終わったが、欅Sと違うのはやはり芝スタートで前半3Fが33.5と絶対的な軽いスピードを要求されたという面はある。2.1と超ハイに入っていて、そこからL3-2で再加速のラップ。そこで包まれたのも多少影響はあったと思うが、どちらかというと前半のペースの問題かもしれない。

2番枠から五分のスタートを切ってそこから押して押しての先行策もマテラスカイが速いので控えて2列目の内ポケットで進めていく。3~4角でも2列目のポケットで進めていたが前にスペースがある状況で押して押しての追走でも置かれて3列目。序盤で前のマテラスカイが加速する流れで追われるも伸びない。ラストまで大きくばてなかったし、少し窮屈な面もあったがそれでも6着完敗だった。

最後は手ごたえ以上に踏ん張っていたのでそこは評価できる。ただし、3~4角の地点では前との間にしっかりとスペースがあったのに置かれていたので末脚を引き出す余力がなかったかなという感じはある。芝スタートの1400だと本質的には難しいかなと感じたのはこの辺。もちろんコーラルSみたいにそこそこにはやれているし、このプロキオンSも6着とはいえ2着との差でみれば0.2差だから悪くはないんだけど。

エルムステークス(GIII)3着

札幌ダ1700m重 14頭3枠3番
1:41.0(+0.1) 47.5-47.5 M
6.8-10.6-11.8-12.3-11.9-11.6-11.7-11.8-12.4

昨年のエルムステークスでは重馬場の中で際どく逃げ粘っての3着だった。ペースは平均だがL4の3角地点で最速の11.6を刻む5F戦に近い競馬。比較的後半勝負になっていると思うし、軽いダートの中でコーナーで勝負してしっかりと長く脚を維持してきたとみていいんだろうと。もちろん最短距離を通せた逃げ馬、というのもあるが。

3番枠から好発、押して押してハナを取り切り主導権を握る。2角過ぎで少しコントロールする意識が働いたが番手のテイエムジンソクがある程度絡んでくるのでこのあたりからペースが上がっていく。3~4角では並びかけてくるテイエムに対して押して押して抵抗、4角出口ではテイエムに馬なりで並ばれて直線となる。序盤でテイエムの追撃を思った以上に封じ込めていたがL1で流石に苦しくなり、ロンドンタウンに差されてテイエムジンソクにも捕え切られての3着惜敗。

高速ダートの中で好発から押して押してハナを取り切る競馬に持ち込めたのは大きい。枠も良かったがそれでも相手はテイエムジンソクでこれにずっとマークを受ける形は楽ではなかったと思う。もちろんテイエムジンソクからすればもう少しペースを引き上げる形を取りたかったと思うし、手ごたえ以上に踏ん張れたのは向こう正面から3角にかけてしっかりと早めの競馬で長く脚を使えるところを活かせたのが大きいのかなと。コーナーで分散させたので外から来た馬に対してはここで脚を使わせることができたのもあると思う。ペースバランス的には多少ハイでもいいと思っているが、ベストは平均かな。

2018エルムステークスへの展望

エルムステークスの傾向としてはペースはやはり平均前後で極端になりにくい、というのはあると思う。ダートスタートでの一歩目が速い印象のこの馬なので、すっと出てハナを取り切れれば結構楽に主導権を取って理想的なペースで入れるのかなと。トップスピードの質は足りないが後半ロンスパでポテンシャルを引き出す傾向だし、距離に関してはいろいろやれているけど1700~1800ぐらいがいいのかなとも思う。今回は強力な同型にハイランドピークがいるのだが、1700mならこちらの方がゲート、テンの速さで優位に立てる可能性が高い。ディアデルレイ辺りがペースを引き上げてきたら厄介だが、それでも多少のハイは問題ないので先手を主張してほしいかな。かみ合えば十分勝ち負けできる馬だと思うし、昨年3着も強かったからね。外枠過ぎると少し下げたい、面白い馬も多いので何ともだけど、現時点では重い印を打っても良いレベルの馬とは思っている。

『儲かる夏競馬』真っ最中!
―――――――――――――――――――――――――
【先 週】8人気の衝撃◎から⇒7万4650円的中!
【先々週】6番人気を大本線に⇒6万0150円的中!
―――――――――――――――――――――――――
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

今週の関屋記念(G3)も一獲千金の大チャンス!

≪≪今年も人気通りにはまず決まらない!≫≫

10万円馬券以上もありえる
関屋記念の【3連単】最終結論を無料で教えます!

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

【関屋記念といえば真夏の超ドル箱重賞】

《2015年》10万9570円・2万5190円的中
《16年》5340円的中 《13年》2620円的中

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
―――――――――――――――――――――――――

昨年も1番人気がメートルダールが敗れて
3連単は13万馬券の波乱決着!

≪≪今年も人気通りにはまず決まらない!≫≫

情報通りなら3連単は10万馬券以上も!
―――――――――――――――――――――――――

今年波乱の主役はアノ馬だ!

関屋記念の【3連単】最終結論を無料で教えます!

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

何悪。分析note2022



Links

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。