競馬をやって何が悪い。〜予想は敗因分析から〜

菊花賞の出走予定馬展望が中心!今週あの人気馬はなぜ負けたのか? ラップとレース映像をリンクさせた詳細な敗因分析から競馬の真髄に迫る。 敗因分析できれば次買うべき馬が解る。競馬予想は回顧から始まる。

レパードステークス 2018 追い切り・調教評価:イダペガサス、コーナーでの迫力良し、最後まで踏ん張った!

time 2018/08/02

2018レパードステークスの追い切り・調教評価一覧

追い切り一番馬:イダペガサス

コーナーの地点で速いラップを踏みながらも外目、スピード感もいいし手ごたえ抜群。直線に入ってから追われての反応そのものは微妙で減速ラップだがコーナー地点で速いラップを踏んでの迫力が良かったかな。

良かった馬

◎アルクトス
…終い重点、割とゆったりとした走りから直線でもピッチが速いというほどではないが前肢をリズミカルに動かして雰囲気が良かったかな。ラップ的にもこの馬比較でまずまず。

◎クレディブル
…終い重点ではあるがこの馬としては速いラップを踏んできたし併走馬に少し見劣ったけどフットワークも素軽い感じで最後までピッチを維持できていた。この馬比較でみていい感じに上昇しているか。

◎ビッグスモーキー
…いつも終いが甘くなりがちな馬で、今回はピッチを最後まで落とさずに入れているし、加速度も悪くない。L1をこれだけまとめてきたのは珍しいし、四肢の回転が良かったのは好印象かな。

微妙な馬

△フロリアヌス
…飛ばしたとはいえ短めだし、コーナー地点で速いラップでここは悪くないがラストはちょっと迫力を欠いたかな。減速しているなというのがわかるレベルだったので割り引きたい。

PR

毎年6番人気以降が食い込んでくる!!小倉記念分析開始
■近年の傾向 ■出走予定馬データ考察
まずここから開始してみました。

■近年の傾向

■出走予定馬データ考察

【総括】
牡馬、5歳馬、関西馬が強い傾向にあり、この表にはない、
相性、地域適性なども鑑み
総括すると、小倉大賞典で1着勝ちとった「トリオンフ」を軸かなと
他2レースも2着1着で小倉は相性のいいコースでしたので「トリオンフ」
また、逃げ&ハービンジャー産駒で「マイネルサージュ」も現時点では一考中

今回、脚質、血統、馬齢などだけでは難しいかな。。。?
こういう時こそ長年愛用してる指数データをCHECKします。
ー長年愛用してる指数データはコチラー

これが愛用してる指数データになります。
このデータは指数上位馬6頭を推奨
ちなみに去年の小倉記念のデータですが、
1着ー指数順位3位 2着ー指数順位3位 3着指数順位2位で
上位の馬が入選しており小倉記念は相性がいいかもしれません。

この指数サイトは・・・
スピード指数】×【適性指数】×【統計データ】×【血統理論
4つのデータを合わせて、他にはない指数情報を提供しています。

まだまだ迷うところは小倉記念週ありますが、無料で過去のデータ全てと
馬ごとのデータも見れるためおすすめです。
またメルマガ登録すると無料で週末土曜夜、小倉記念の指数データが見れます!

ー小倉記念週の無料指数データはコチラー
メールアドレスを登録して確認メールが届いたらそこからログインできます。
※迷惑メールフォルダーもご確認下さい。

競馬をやって何が悪い。分析note…弥生賞から高松宮記念まで!



Links

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。