競馬をやって何が悪い。〜予想は敗因分析から〜

菊花賞の出走予定馬展望が中心!今週あの人気馬はなぜ負けたのか? ラップとレース映像をリンクさせた詳細な敗因分析から競馬の真髄に迫る。 敗因分析できれば次買うべき馬が解る。競馬予想は回顧から始まる。

小倉記念 2018 出走予定馬:メドウラーク&丸田想定

time 2018/08/01

小倉記念 2018 出走予定馬:メドウラーク&丸田想定

第54回 小倉記念(GIII)出走予定馬展望

日程:2018年8月5日()
コース:小倉芝2000m

予想用・出走予定馬一覧

メドウラーク(丸田想定)

前走の七夕賞では単勝万馬券という人気薄を覆す番狂わせでの勝利、サマー2000シリーズのチャンピオンを目指すメドウラークが小倉記念に出走予定だ。前走は力の要る馬場での消耗戦で結果を出してきただけに、夏の高速小倉に対応できるかがカギ。しかし勢いは1,2、余勢を駆ってと行きたいところ。

流石に今の小倉で良馬場で、57秒台の決着に対応できるとは思わないかな。前走の七夕賞でも結局前が顕著に消耗する中でのバテ差しではあるからね。もちろん淡々と流れやすいという展開自体は良いんだけど、この馬の場合は時計的に足りないのが今回はネックになると思う。後方内内で潜んでロスなく立ち回って、前もそこまで落ちない中で内からどこまで差し込めるかというところかな。

七夕賞(GIII)1着

福島芝2000m良 12頭4枠4番
2:00.8 58.2-62.6 H^4
12.4-10.8-11.2-12.0-11.8-11.9-12.1-12.6-12.9-13.1

まずは前走の七夕賞勝ちから振り返る。福島の2000で時計もかなりかかっていた状況。その中で4.4と超超ハイ、極端なハイペースでの消耗戦という流れではあったし、後方で進めていたこの馬でもバランス的にハイというのはなかなか珍しい。

4番枠からまずまずのスタートを切っていたが無理はせずに多少促す程度で後方にじわっと下がっていく。道中も前が強烈にペースを引き上げる中で後方内内で我慢しながら3角へ。3角ではまだそこまで落ちていないが下がってくる馬を外から交わしながら、4角で前が一気にペースダウンしたところで外から2列目に取り付いて直線。序盤でしぶとく伸びて先頭に立つが外からマイネルサージュも食い込んでくる。L1でこれをしぶとくクビ差、退けての勝利だった。

まあここまで単調な消耗戦になると後ろにいたのが良かったのはあるし、展開的に恵まれたところは否定できない。ただし、もともと単調な競馬のほうが合っている印象ではあるし、時計がかかる馬場で前半特化の競馬になったことで適性的にかみ合った面もある。それと、流石に単勝万馬券レベルの人気薄になるほどの馬ではないし、近走結果が出ていないといってもマイル戦が中心で明らかに距離不足だった。かみ合い切ったので勝ち切れたとはいえ、もともとチャンス自体は十分あった条件だと思う。

チャレンジカップ(GIII)8着

阪神芝内2000m良 12頭2枠2番
1:59.7(+1.1) 59.9-58.7 S^1
12.7-11.4-12.4-12.0-11.4-11.9-11.6-11.4-11.7-12.1

ただ、5走前のチャレンジCでは伸びが物足りなかったように、余力がある中での後半のロンスパ、ポテンシャル戦という形ではちょっと分が悪い。七夕賞と比べると全体的なレベルもそれなりに高かったとは思うが、それでも1.2のややスローからのL6最速でポテンシャル戦。速いラップをそこまで要求されていない中でも高速馬場で苦しかったという感じ。

2番枠から好発を切っていたが無理はせずに控えて後方まで下げ切って進めていく。前半はそこそこには流れていて、無理はせずに後方2番手で様子を見ながらだが向こう正面で前がペースを引き上げてロンスパの形。3角では後方で内目を立ち回ってロスなく、4角で鞭が入って追い出されるがいまいち反応できずに直線。序盤でもじりじりと伸びそうで伸びずに後方。L1でも差を詰めるところまではいかずの8着完敗。

後半の6F戦でうまく3~4角では立ち回って直線での進路取りもスムーズ。それでもL2の地点で再加速したところで置かれ気味だったしL1で伸びてきたわけでもない。後半のポテンシャル勝負のウエイトが大きい、基礎スピード面でそこまで各馬苦しくならなかったし前が落ちてこないので自力で差し込んでくるということができなかったかなと。6F戦でこの感じだと前が落ちてこないと難しいし、今は典型的バテ差しタイプといっていいんだろうと思う。その点で超高速馬場だったのも痛かった。

アンドロメダS(OP)3着

京都芝内2000m重 15頭3枠5番
2:01.6(+0.2) 60.9-60.5 M
12.5-11.3-12.2-12.4-12.5-12.7-12.0-11.7-11.9-12.2

6走前のアンドロメダS3着がおもしろい。2着ストロングタイタンとは内容的に比較してもかなり惜しい3着だったと思う。ペースは平均程度には流れていてそこからのL3最速戦で仕掛けの意識は早め。前半部分もある程度問われたし後半も出し切りやすい展開ではあったと思う。

5番枠からここではやや出負け、無理のない範囲で追走しつつも結局後方馬群の内目。道中も後方内内でじっと我慢しながら3角に入っていく。3~4角でも最内でロスなく立ち回るが進路がない状況。待たされつつ4角出口で外目に誘導しながら中団に押し上げて直線。序盤ですぐに進路確保し先に抜け出したブラックバゴを追いかける展開。L1でしぶとく差し込んできて最後はストロングタイタンに急追するが3着までだった。

ここでは力の要る馬場だったことで後半そこまで速いラップを要求されなかったというのは大きいと思う。福島記念とは違うパターンでの差し込みだが、共通して言えるのは力の要る馬場になることで後半そこまで速いラップを要求されていないということ。そしてどちらも程度の差はあるにせよ前半ある程度流れて後半特化になっていないという点が大きいだろうと。

2018小倉記念への展望

超高速馬場だと仮に58で入ったとしても後半で60秒台に入るところまで行かないと思う。そうなるとこの馬としては楽ではないかな。やはり基本的には少し時計がかかる馬場が望ましいと思う。もちろん昔は府中の2000の上がり勝負でもそこそこやれていたんだけど、近走の内容を見るとワンターンではペースが上がると距離不足になりがち、遅いとトップスピードの質的に足りない、というような感じで大阪城Sから米子Sまでは明らかに適性的に合ってなかったと思う。そこと比べると小倉2000ならチャンスはあるけど、超高速馬場でとなると?マイル~2000での持ち時計的にも足りない馬なので、前に基礎スピードの質的に押し切られてしまうと?というのはある。距離自体はもうちょっとあっても良い位だと思っているので、2000で超高速馬場では七夕賞との比較で狙いは下げざるを得ないかな。雨でも降って力の要る馬場になれば引き続き警戒は必要だけど。

《小倉記念》
1番人気は現在12連敗中!今年も荒れるぞ!
―――――――――――――――――――――――――
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

トリオンフ×ユタカを脅かすのはアノ馬だ!!

知らなきゃ買えない!
小倉記念の【超穴馬】を無料で教えます!

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
―――――――――――――――――――――――――
夏の小倉といえば毎年絶好の狙いどころ!

●昨 年8月20日小倉 2R 41万0370円的中
●昨 年8月26日小倉 3R 16万4630円的中
●昨 年8月13日小倉12R  5万3420円的中
●一昨年9月 3日小倉 3R  9万6090円的中
●一昨年7月20日小倉 3R馬連2万6220円的中
―――――――――――――――――――――――――

◎◎◎ 毎年万馬券が多発する超ドル箱! ◎◎◎

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

今年の小倉記念も波乱必至!

トリオンフ×ユタカを脅かすのはアノ馬だ!!

小倉記念の【超穴馬】を無料で教えます!

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

何悪。分析note2021



Links

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。