競馬をやって何が悪い。〜予想は敗因分析から〜

菊花賞の出走予定馬展望が中心!今週あの人気馬はなぜ負けたのか? ラップとレース映像をリンクさせた詳細な敗因分析から競馬の真髄に迫る。 敗因分析できれば次買うべき馬が解る。競馬予想は回顧から始まる。

レパードステークス 2018 出走予定馬:アルクトス&田辺想定

time 2018/07/31

レパードステークス 2018 出走予定馬:アルクトス&田辺想定

第10回 レパードステークス(GIII)出走予定馬展望

日程:2018年8月5日()
コース:新潟ダ1800m

予想用・出走予定馬一覧

アルクトス(田辺想定)

すでに古馬相手に1000万下の猪苗代特別を制してきたアルクトスがレパードステークスに出走予定だ。マイルからの距離延長という課題があった前走1700m戦で強い競馬を見せ、1800でもチャンスを感じさせた。同世代のライバルたちを相手に成長を見せつけたい。

この馬が一番面白いかな、とは思っている。バランスが良くて2走前の東京マイル戦では中弛みではあったが全体である程度流れた中で好位からしっかりと脚を使って突き抜けた。前走は距離を延長して後半長く脚を使う形ができたし内で立ち回れた。新潟1800にかみ合いそうな総合力の高いタイプだと思う。

猪苗代特別(10下)1着

福島ダ1700m良 15頭2枠2番
1:45.7 50.4-48.9 S^1
7.2-11.5-12.4-12.8-12.9-12.2-12.4-12.3-12.0

前走の猪苗代特別は時計的にはそこまで速くないがラップ的にかなり優秀といえる。ペースは1.5でスロー、ラップ推移的には4F戦に近いがL1最速となっている。後半のポテンシャル戦だがそのうえでも直線ラストでもう一段の速い脚を要求される感じか。

2番枠から好発を切って無理せずじわっと先行策。外の2頭を行かせて控えて2列目のポケットで進める。道中も緩い流れの中で楽に折り合って2列目のポケット、前にスペースを置き、促してそこを詰めつつ3角。3~4角で流れる中で促しながら追走、食らいついて直線で最内を突く。序盤ですっと反応して先頭列に並びかけ、L1でしぶとく伸びて突き抜けた。

3角からの4F戦でコーナーでうまく立ち回れた分だけ脚を残せたともいえるが、それでもL2でしっかりと反応して内から捌く脚を見せたし、L1でもレースラップ的に加速させるほどの余裕があったといえる。これだけ後半型の競馬で末脚の絶対量で底を見せてこなかったことを考えると距離は実はこれぐらいあっても良い、或いはもっと長くても良いと思う。

500万下1着

東京ダ1600m重 16頭2枠4番
1:36.6 47.5-49.1 H^2
12.1-10.9-11.9-12.6-12.6-12.2-11.9-12.4

2走前の500万下戦では少し違うパターンでの勝利。ペースは1.6でかなりのハイ、中盤で緩みがあってそこからのL2最速11.9。典型的な中弛みの競馬になっている。

4番枠からまずまずのスタート、そこから無理せず控えて好位で進めていく。うまく外に出して単独の5番手で3角まで無理せず。3角で前がペースダウンしてきたので勝手に取りついてくる。そのまま4角で外からスーッと2列目に並びかけて直線。序盤でその勢いのままトップスピードに乗せていきL2で一気に先頭列に並びかけてくる。最後までしぶとく伸びて抜け出しての圧勝だった。

このペースで5番手だとある程度前半で脚を使っているはずで、基礎スピード面でもそこそこ高いレベルのものを見せた。中弛みで取り付けた面はあるがしっかりと反応してL2では先頭に立っていたし、トップスピードの質もまずまず高いものを見せたといえる。またゲートも二の足もよくしっかりと意図的に下げて折り合い面でも問題なくと操縦性の高さも見せたかなと。総合力の高さをいかんなく発揮した一戦といっていいだろう。

500万下8着

中山ダ1800m良 14頭1枠1番
1:57.4(+1.1) 49.6-53.2 H^4
12.4-11.2-12.6-13.4-13.5-13.1-12.7-13.5-13.9

4走前の中山1800m戦ではかなり厳しい流れに自ら持ち込んでしまってオーバーペースとなった。ペースバランスを見てもわかる通り3.6と超超ハイまで入ってしまったしそこで向こう正面で取り返そうと一気に遅いラップを踏んだ。そこからのL3最速戦では流石に…という競馬だった。

1番枠からまずまずのスタートだが最内枠ということもあって包まれるのを嫌って主張、ハナを取り切るもかなりペースが上がってしまったので向こう正面でペースダウン。3角手前では凝縮して逆にまくりを誘発してしまい、ここで抵抗。3角ではまだ脚があったが4角以降では手ごたえ苦しくなって2番手。そこから食らいついて2列目にはいたがさすがにL1で失速した。

前半速かったので中盤抑えすぎて馬群凝縮、後ろの馬に捲らせてしまうというよくあるダメなレースメイクのパターン。まああれだけ前半の入りが速いとどういう乗り方をしても難しかったとは思うが。距離や力負けというよりは騎乗面がかみ合ってこなかった。そんなに悲観する負け方ではないし、別に控えても内で包まれてもやれることを証明した今なら逃げにこだわる必要がないのも強み。

2018レパードステークスへの展望

正直に言えば多分本命候補。もちろんいろいろな条件次第でパフォーマンス的に高い馬もいるので枠順や当日の転機で判断を変えるかもしれないけど、総合的にみてもこの馬が一番期待値が高いんじゃないかなと。前走の猪苗代特別では1700でゆったり入って後半を高めてきた。これは距離へのめどという点では良い材料。時計は速くない(同日500万下の方が若干速いぐらい)が2走前の東京マイルでは軽い馬場の中での基礎スピード戦でしっかりと一足を使ってきている。もちろん中弛みの展開にも対応していて加速もできているので心配ないし、総合的にみても隙が少ない。もちろん4走前のようにオーバーペースを自ら作ってしまったり出負けして後ろからになれば微妙だが、この馬のダート戦をすべて見てもゲートは安定していいし不安は少ない方だろう。また別に今は包まれても良いのでとにかく最序盤でしっかりと2列目までにつけられれば内でも外でも、というところ。楽しみの方が大きい一頭。

《小倉記念》
1番人気は現在12連敗中!今年も荒れるぞ!
―――――――――――――――――――――――――
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

トリオンフ×ユタカを脅かすのはアノ馬だ!!

知らなきゃ買えない!
小倉記念の【超穴馬】を無料で教えます!

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
―――――――――――――――――――――――――
夏の小倉といえば毎年絶好の狙いどころ!

●昨 年8月20日小倉 2R 41万0370円的中
●昨 年8月26日小倉 3R 16万4630円的中
●昨 年8月13日小倉12R  5万3420円的中
●一昨年9月 3日小倉 3R  9万6090円的中
●一昨年7月20日小倉 3R馬連2万6220円的中
―――――――――――――――――――――――――

◎◎◎ 毎年万馬券が多発する超ドル箱! ◎◎◎

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

今年の小倉記念も波乱必至!

トリオンフ×ユタカを脅かすのはアノ馬だ!!

小倉記念の【超穴馬】を無料で教えます!

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

何悪。分析note2020



Links

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。