競馬をやって何が悪い。〜予想は敗因分析から〜

菊花賞の出走予定馬展望が中心!今週あの人気馬はなぜ負けたのか? ラップとレース映像をリンクさせた詳細な敗因分析から競馬の真髄に迫る。 敗因分析できれば次買うべき馬が解る。競馬予想は回顧から始まる。

小倉記念 2018 予想用ラップデータ:ペースが速く仕掛けも早く…消耗戦に強い馬を狙いたい

time 2018/07/30

2018小倉記念の予想用ラップデータ

小倉記念の過去10年ラップデータから予想、分析していく。

ペース傾向

基本的には流れるとみておいていいと思う。過去10年でみても平均が最多で5度と半数を占める。次点がかなりのスロー、ややスローの2度ずつなので9/10が平均以上では流れている。なので基礎スピードがないとリスクが大きいなというのは確か。

仕掛け傾向

仕掛けの傾向としては、向こう正面からの競馬になる可能性が高いのが特徴的ではある。まず最多はL5最速で4度。半数まではいかないが、L4最速の2度と合わせるとロンスパになりやすい傾向というのははっきりしているかな。残りはL3,L2最速がそれぞれ2度ずつなので、傾向的にはやはり向こう正面~3角辺りでペースが上がっていきやすいとみるべきだろう。基礎スピードだけでなく後半のポテンシャル面が問われる。瞬間的な切れ味がほとんど要求されないような傾向。

脚質傾向

脚質別でみると、前半は流れやすいので前目がそんなに有利ではない。ただし勝ち馬に限ればやはり中団ぐらいにはいないと難しいのかなという感じ。過去10年で好位が5勝しているように、流れた中でもしっかりと追走して最後まで踏ん張れる馬が勝ち切りやすい。差し馬が2着に来ることが多いレースだが、前半の基礎スピード面で見劣って最後に伸びるけど届かない、というパターンが多いと思う。前目の馬は3着ぐらいまでで粘ることはあるが、やはり早仕掛けの傾向が強いレースなのでなかなか粘り込むところまでは難しいのかなという感じ。

□◆□◆□◆□◆□◆□◆□◆□

第54回 小倉記念(G3)

新聞の印に惑わされたくない方へ
【買うべき穴馬はコレ!】
万券ハンターの買い目を大公開!

ここをクリック!

━━━━━━━━━━━━━━━

「新聞にはまったく印が打たれていませんでした」
「なんでこんな人気のない馬から買えるんですか」

凄腕の万券ハンターと提携している【暴露王】のもとには、こうした驚きのメールがよく届きます。

▼ ▼ ▼

しかし、3連単で万券を獲ることはそれほど難しくありません。

重要なのは、

作られた『虚構の人気馬』を把握と、誰にも気づかれない『人気薄=激走馬』を知ることです。

そもそも、陣営の“ホンネ”というのは、なかなか表に出てこないものなのです(オーナーへの配慮、人気になってマークされるのを嫌気)。

“情報力・執念・視点”の違いをウリとする【暴露王】が、凄腕の万券ハンターと提携し、どこまで陣営の本音を掴んでいるかは、レース当日に買い目と根拠、結果をみていただければ一目瞭然でしょう。

こんな的中お届けしてます!

今週ご登録頂いた皆様には、目玉重賞『小倉記念(G3)』を初めとして、万券ハンターだからこそ知っている“ヒミツの話”を【毎週無料】でコッソリ教えます!

買い目もしっかり提供させて頂くので、週末は【暴露王】からのメールを待つだけで問題なし!

今週の週末から、「本物の情報」で皆様の馬券ライフを180度変えてみせます!

▼詳しくはこちらでどうぞ!▼

本物の【凄穴馬情報】を無料公開
【買うべき穴馬はコレ!】
完全無料・小倉記念

━━━━━━━━━━━━━━━

何悪。分析note2020



Links

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。