競馬をやって何が悪い。〜予想は敗因分析から〜

菊花賞の出走予定馬展望が中心!今週あの人気馬はなぜ負けたのか? ラップとレース映像をリンクさせた詳細な敗因分析から競馬の真髄に迫る。 敗因分析できれば次買うべき馬が解る。競馬予想は回顧から始まる。

クイーンステークス 2018 出走予定馬:アンドリエッテ&国分恭確定

time 2018/07/26

クイーンステークス 2018 出走予定馬:アンドリエッテ&国分恭確定

第66回 クイーンステークス(GIII)出走予定馬展望

日程:2018年7月29日()
コース:札幌芝1800m

予想用・出走予定馬一覧

アンドリエッテ(国分恭確定)

なかなか期待に応えられなかったが前走のマーメイドステークスでようやくうれしい重賞初制覇、アンドリエッテがクイーンステークスに出走予定だ。1000万下を勝ちあがることすらなかなかままならずにいたが、時間をかけて6歳となりようやくこの位置までたどり着いた。この勢いを駆って夏の札幌でさらにもう一段上に行きたい。

基本的には末脚勝負に特化していいタイプではない。全体である程度流れること、コースロスなく立ち回ることで前走でも結果が出てきた。チューリップ賞で見せた大外一気も結局は道悪の中弛みでのものであり、スローからの決め手勝負では常に苦しい競馬。今回も全体で流れたほうがチャンスはあるかもしれないが、それでも強敵が多いので微妙なところかな。

マーメイドS(GIII)1着

阪神芝内2000m良 15頭2枠3番
1:59.1 59.6-59.5 M
12.7-10.5-12.1-12.3-12.0-12.7-11.8-11.5-11.6-11.9

前走のマーメイドSでは平均ペースではあるが中弛みがあってそこからのL3最速ポテンシャル戦。ただし中弛みで前半ついていけなくても12.7の地点で取り付きやすい流れ、コーナー最速だし開幕週でのもの。内内で立ち回ってというところが上手くかみ合った面が強い。

3番枠からまずまずのスタート、促しながら追走もやはり追走に苦労していったん後方に下がる。道中スペースを押し上げつつ中団のうち目で進めて中弛みで3角ぐらいには馬群凝縮。その流れの中で上手く中団内内で脚を残し最速地点をロスなく立ち回って直線。序盤でうまく狭いところをさばいてすっと伸びて2番手に。L1で抜け出し外のワンブレスアウェイとの一騎打ちを制した。

開幕週の高速馬場らしいというか、3~4角の立ち回りがかなり重要な一戦になったと思う。ワンブレスアウェイなんかもコーナーでの立ち回りが上手い馬でこれが4角で少し進路取りでまずった感じで、外に出してくれたのでそのスペースをうまく拾っていけた。かなりかみ合ってのものではあるし、末脚の絶対量の足りなさをコーナーワークとうまくスペースが空いて最短距離でもスムーズだったことが大きいと思う。

うずしおS(16下)8着

阪神芝外1600m良 9頭3枠3番
1:35.9(+0.5) 49.8-45.6 S^4
13.4-12.1-12.2-12.1-12.1-11.4-10.7-11.4

スローの3F勝負に特化したうずしおSではなすすべもなかった。ペースは4.2と超超スロー、ラップ推移的にもL2最速10.7とかなり速いラップを要求されている。末脚の質がないと苦しい一戦となった。

3番枠から出負けして追走に苦労、後方からの競馬となる。道中もドスローなので団子の中で後方内内、というけいばで3角。3~4角でも最内で仕掛けを待ちながら直線。序盤で前のスペースを突きながら追い出されるとそれなりには伸びてくる。L1で中団地点までは押し上げていたがそこからの伸びがいまいちで最後は差が詰まらず8着まで。

瞬間的な切れ味自体はそこそこあったと思うんだが、L1で維持する能力があまり高くなかったかなという感じ。だからドスローの直線勝負であの位置からでとなると各馬も余力があるので難しいし、コーナーではそんなに速いラップを踏んでいないのでそこでの立ち回りもさほど影響がなかったから純粋な決め手勝負で持続力で見劣ったという感覚かな。

パールS(16下)3着

京都芝外1800m良 9頭6枠6番
1:47.0(+0.4) 46.5-48.0 H^1
12.3-11.1-11.3-11.8-12.1-12.1-12.4-12.0-11.5

2走前のパールSなんかも少しトリッキーな競馬の中で良さが出ている。前2頭が単騎で飛ばしてハイペース、離れた3番手で実質的にみれば目視で48秒前半ぐらいなので実質は恐らくスロー。そこからのラップが前と後ろで離れているので難しいのだが、3~4角では前が減速している中でじわっと差を詰めている。それでもL1が11.5なので実質はスローで3F戦ぐらいになるのかなと。ただし極端なスローではない。

6番枠から五分には出てそこから二の足で追走に苦労して最後方にという感じ。道中も前が飛ばす形、この馬は集団の後方外目で我慢しながら。3~4角でも最後方列に近いところから中目を通して直線で大外。そこからL2ですっと伸びてきて2列目付近までくる。ただL1での伸びはそこまででもなくテーオービクトリーら上位2頭との差はつまらなかった。

ここでは前半でそれなりに流れたというのもあるかもだが、それでも離れた集団は前半でそこまで脚を削がれず、後半の決め手勝負という中で瞬間的には悪くなくてもそれを維持するだけのものをL1では見せてこなかったと思う。なのでスローだと結局は質的には足りても持続力、量的に足りないという感じでいいのかなと。それを補うには…というのもこの馬自身やはり前にいける馬ではないので展開面に左右されるというところだろうなと。

2018クイーンステークスへの展望

良馬場ならおそらくある程度高速馬場状態になる。全体のペースが上がった方がチャンスはあるかな。前走のマーメイドSでも平均の流れで紛れがあってうまく立ち回っての差し込み。チューリップ賞2着時も重馬場で中弛みからの一足。高いレベルでなくても1000万下レベルで決め手勝負では足りてなかったようにトップスピードの持続力は足りない。このレベルの決め手勝負では難しいと思うし、かといって流れたからといっても基本は後ろからになるのでマイルで流れてもスピード負けをそこまでしないソウルスターリングやドバイターフで最低限対応してきたディアドラを破れるか。前目で面白いツヅミモンらもいるなかで前走のレベルが微妙という点も踏まえ、人気ならば馬券的にはあまり積極的に手を出したくないかな。

PR)韋駄天Sと駿風S勝ち馬「ダイメイプリンセス」がアイビスサマーダッシュに挑む!

さあ!夏競馬といえばアイビスサマーダッシュ
直線コースのみで施行される重賞レースです。
あっという間に終わっちゃうので目が離せません。

アイビスサマーダッシュ
のステップレースでもある「韋駄天S」「駿風S
勝ち馬は「ダイメイプリンセス」でした!
前走のCBC賞では後方からの競馬になってしまい9着という結果に敗れました…。
今回は、どんな走りを見せてくれるのか期待が高まります。

アイビスサマーダッシュをもっと楽しみたい方に必見!

指数サイト「うまとみらいと」をオススメします!

このサイトの指数は・・・
【スピード指数】×【適性指数】×【統計データ】×【血統理論】
この4つから弾き出された高精度の指数なんです。

予想時間が短縮されるのはありがたい・・・!

今週末に行われるアイビスサマーダッシュの気になる馬の指数を見てみませんか?

ー指数サイトを今すぐ見に行く!ー
メールアドレス登録してリターンメールクリックするだけ!

迷惑メールフォルダに入ってたりするので良くチェックしてください!

こちらは、2016年のアイビスサマーダッシュの指数及び結果一覧と過去4年のデータです。

うまコラボは、指数上位6頭を推奨しています。
2016年の結果は…指数順位3位までの馬で決着しています。
指数上位馬と数値が30以下の馬は要注目ですよ。

うまとみらいとは、3つのコンテンツであなたの競馬ライフを全力サポート!

あなたの競馬のみらいは「うまとみらいと」にあります。

無料登録するとアイビスサマーダッシュの指数データが見れます。
週末は指数を見まくってアイビスサマーダッシュを取りましょう!

ー指数サイトを見るー

メールアドレスを登録してリターンメールクリックするだけ!
迷惑メールフォルダに入ってたりするので良くチェックしてください!

何悪。分析note2022



Links

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。