競馬をやって何が悪い。〜予想は敗因分析から〜

菊花賞の出走予定馬展望が中心!今週あの人気馬はなぜ負けたのか? ラップとレース映像をリンクさせた詳細な敗因分析から競馬の真髄に迫る。 敗因分析できれば次買うべき馬が解る。競馬予想は回顧から始まる。

アイビスサマーダッシュ 2018 出走予定馬:カラクレナイ&福永想定

time 2018/07/24

アイビスサマーダッシュ 2018 出走予定馬:カラクレナイ&福永想定

第18回 アイビスサマーダッシュ(GIII)出走予定馬展望

日程:2018年7月29日()
コース:新潟芝直1000m

予想用・出走予定馬一覧

カラクレナイ(福永想定)

これまで強烈な末脚を見せてきているものの勝利から見放されてしまっているカラクレナイがアイビスサマーダッシュに出走予定だ。これまでにないストレートオンリーのコースを舞台に身上の切れ味を爆発させることができるか。ダービージョッキー福永のお手並み拝見と行きたい。

タイプとしては結構怖い馬で、特にシルクロードSや2走前の鞍馬Sもそうだが1200でも後傾バランスでトップスピードの持続力を引き出してきている。また鞍馬Sでは極端なスローで速いラップを踏めている。こういうタイプは新潟1000では警戒したいかな。ただ後ろからの馬というのはやはりどうしてもマイナス材料になるので、うまくさばけるかどうか。特に早い段階で3列目の外ラチ沿いを狙えるかどうかで変わってくると思う。ゲート自体は良くなっているのでポジションを取れれば。

鞍馬ステークス(OP)3着

京都芝内1200m良 15頭3枠5番
1:08.1(+0.1) 34.4-33.6 S^1
12.4-10.9-11.1-11.0-11.2-11.4

直近での好走となると2走前の鞍馬Sかな。京都1200はペースが落ち着きやすいがそれでも遅い。0.8でややスロー、ラップ推移的にもコーナーで11秒前後を刻んでいるがL1でも11.4と落としていない。トップスピードの持続力も問われたが、L1で差し込むなら質的にも問われている。コーナー地点で速いラップを踏んでいるので外から回しては難しい競馬ではあったと思っている。

5番枠から五分のスタート、無理はせずに控えて後方に下げて3角へ入っていく。3~4角でも中目から外目に誘導しながら直線で大外に出す。序盤で後方集団からすっと伸びてきて好位列に近いところ。L1でもう一段目立つ伸びが欲しかったが3着まで、それでもL1はメンバー中一番の伸びではあった。

ここでも見せたように前半はかなり緩い中で後半の末脚の絶対量を高めてきていると。京都1200ではそういうタイプの差し馬が台頭しやすいが、この馬もおそらく前半の基礎スピードはあまり要求されないほうがいいタイプ、と最終的にはなるのかなと。フィリーズレビューでハイペースを差し切っているので判断が難しいが…。

安土城ステークス(OP)8着

京都芝外1400m良 17頭8枠15番
1:21.3(+0.6) 35.6-33.7 S^2
12.4-11.6-11.6-11.4-11.1-11.0-11.6

前走の安土城Sはちょっと物足りなかった。ペースは1.9でかなりのスロー、そこからのL2最速戦だがL4の段階でも11.4とある程度早いラップ。比較的末脚を出し切りやすい展開だったと思うが、結果は伸びきれなかったのは不満かな。

15番枠から好発を切ってそこから下げながら中団馬群の中に入っていく。道中掛かりながらの競馬で何度か首を上げて3角へ。3~4角でも好位列の後ろで我慢、中目を追走しながら直線。序盤で3列目から追い出されてすっと反応しかけるがここで止まる。L1で甘くなっての完敗だった。

1400で極端にスロー、その中でゲートもよく下げながらの競馬になったがここで折り合い面で苦労していたのは一つあるかもしれない。そこからの後半勝負で本来の末脚を引き出せなかったとは思うし、その辺りの影響があったと考えるべきかな。その点でも今はゲートも安定してきているし1200路線というのは間違ってないのかもしれない。

シルクロードS(GIII)4着

京都芝内1200m良 18頭7枠13番
1:08.7(+0.4) 34.0-34.3 M
12.2-10.9-10.9-11.1-11.5-11.7

4走前のシルクロードSでは平均ペースの流れで後方外から脚を使って4着になだれ込んだ。この時がファインニードルやセイウンコウセイ、ナックビーナスなので結果的にみれば結構やれているともいえると思う。

13番枠からやや出負けして促しつつ中団ぐらいにリカバーして進めていく。3~4角でも外々を追走しながらロスを作りつつも中団で直線。序盤でそこからすっと伸びて好位列、L1でも伸びてはいるが外のフミノムーンには差されての4着となった。

フミノムーンの方がロスは少なかったがそれでも中目を通してはいたし、これに差されたというところからも現状ではこの位置かなというのはある。もちろんフミノムーンも強敵ではあるけど、1200路線の差し馬としてはこれぐらいで、鞍馬Sでもスローでの決め手勝負で質を高めてきたといってもズドンはできなかったからね。ただしこれだけやれれば今回のメンツなら?というのもある。

2018アイビスサマーダッシュへの展望

最近はゲート自体は結構よくなってきているので、このゲートから楽に中団ぐらいを取れれば違ってくるかなと思う。開幕週の新潟1000で差すのに必要なのはバテ差しではなく瞬間的なトップスピードの質が必要。この馬はそれは鞍馬Sで見せてきているし、10秒台のラップを踏めるのは大きい。それでもレースレベルとしてみたときに、フミノムーンやティーハーフあたりに見劣っているので現状重賞では相手に恵まれないといけない。今回はそういう点では良いと思うし、差し馬の中では狙いたい部類になるかな。あとは枠順。ゲートが上手くいけば外目の枠ならすぐに2,3列目で前に壁を置けると思うし、そうなれば面白い。開幕週で高速馬場での後半の速度比べならトップレベルにあるはず。新潟巧者の先行馬を前に置いて抜け出したところのスペースを拾えれば。

《直近5年で4勝のドル箱》アイビスサマーダッシュ
―――――――――――――――――――――――――

昨年も超穴馬ラインミーティア(8人気)激走で
4300円・7210円的中

―――――――――――――――――――――――――
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

現役時代にアイビスSD2勝の千直マイスター
元JRA騎手・大西直宏が

今年注目する超穴馬を無料で教えます!!

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

アイビスサマーダッシュは最近5年で
―――――――――――――――――――――――――
2014年 2万1450円【的中】
2013年 1万0140円【的中】
2017年   7210円【的中】
2016年    480円【的中】
―――――――――――――――――――――――――

\\\万馬券2本を含む5戦4勝のドル箱重賞!///

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

今年のアイビスSDもお任せください!

◎◎◎ 馬券を買う前に必見! ◎◎◎

『千直マイスター』元JRA騎手の大西直宏が
注目する超穴馬を無料で教えます!

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

何悪。分析note2021



Links

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。