競馬をやって何が悪い。〜予想は敗因分析から〜

菊花賞の出走予定馬展望が中心!今週あの人気馬はなぜ負けたのか? ラップとレース映像をリンクさせた詳細な敗因分析から競馬の真髄に迫る。 敗因分析できれば次買うべき馬が解る。競馬予想は回顧から始まる。

中京記念 2018 出走予定馬:ミエノサクシード&川島信想定

time 2018/07/18

中京記念 2018 出走予定馬:ミエノサクシード&川島信想定

第66回 中京記念(GIII)出走予定馬展望

日程:2018年7月22日()
コース:中京芝1600m

予想用・出走予定馬一覧

ミエノサクシード(川島信想定)

牝馬路線からは昨年の元町ステークスを制してオープン入りを果たしたミエノサクシードが中京記念に出走予定だ。ここ2走は牝馬重賞路線でマイル、2000と挑んでマーメイドステークスで3着と存在感は見せた。再びマイルに戻して牡馬を相手に重賞で成功を収めることができるか。

マーメイドSはタイプ的にどうかな?と思っていたがそこそこやれた。まあアンドリエッテ辺りが来ちゃってるのでレベルが?というのもあるんだが、思ったより積極的な競馬で悪くなかったし、マイルである程度流れた中でどこまでやれるか。

元町ステークス(16下)1着

阪神芝外1600m良 17頭4枠7番
1:33.8 47.6-46.2 S^1
12.7-11.1-11.7-12.1-11.9-11.4-11.0-11.9

まずは3走前の元町S勝ちから。年末の阪神で1:33.8と時計はそこまで速くないし同日の朝日杯の方が時計・パフォーマンスともに高い…といってもダノンプレミアムだけだが。ペースは1.4でややスローからのL2最速なので阪神の外回りとしてはそこまで仕掛けが早くない展開。直線前半での切れ味が問われた一戦かな。

7番枠から五分には出てそこから促しつつだが後方からの競馬となる。道中も後方馬群の外に出してオコレマルーナの後ろぐらいで仕掛けを待ちつつ3角。3~4角でも後方外目で追走して直線。序盤でそこから追われて最速地点でスルスルと伸びてきてここで一気に3列目ぐらいまでくる。そこからL1まで脚を維持してまとめて差し切った。

パフォーマンスとしては圧巻で、質・持続力ともに素直に一番だったかなと思う。しかも3~4角でそこまで速いラップを踏んでいたわけではないにせよ、加速していく段階ではあるわけで外から動いて最後まで長く脚を使ってきたのだからなかなかのインパクト。スローからのトップスピード戦で良さが出たのは確かでこれはこれまで通りのイメージかな。ここではスローの決め手勝負とはいえロジクライを撃破しているからね。

阪神牝馬S(GII)6着

阪神芝外1600m良 13頭4枠4番
1:35.2(+0.4) 49.1-45.7 S^3
12.9-12.0-12.3-11.9-11.9-11.0-11.1-11.7

2走前の阪神牝馬Sでは休み明けということもあったか、やや決め手で物足りないところを見せた。ただ相手もかなり手ごわかったというのはあるかもしれない。ペースは3.4で極端なスロー。そこからのL3最速でTS持続戦に特化した一戦だが、前半がここまで緩いと序盤のポジションが重要だった。

4番枠からここではまずまずのスタートからある程度促して好位馬群の中に入っていく。3角手前ではうまく外に出してそこからは好位の外目を追走、最速地点でソウルスターリングの後ろを回しながら直線。序盤でそこから追い出されるが決め手に欠ける感じで4番手。L1での伸びも物足りず前は捕えられない、後ろからは交わされるというような感じで6着完敗。

前目につけたことはあるが、それでもここまで極端なスローならそれが原因とは感じない。それよりもL3最速、つまり4角地点が最速の流れの中で少しロスがあったことが響いたかなというのと、あとはシンプルに相手が強かった可能性を考えないといけないと。馬場も少し渋って標準~ややタフぐらいの感じではあったし、その中でL3最速となるとしかけのタイミングは早い。4角地点でロスを作って勝負になるほどのメンバーだったか?といわれるとリスグラシューやアドマイヤリード、ジュールポレールといったGIレベルの実力馬が相手、さらに前にいたミスパンテール、レッドアヴァンセともに強敵だった。なので敗因というよりは後半特化の決め手勝負でこれらを相手に外から勝負になるほどではなかった、という感じかな。牝馬路線、特にマイル路線はハイレベルだと思っているのでこれはそこまで悲観する内容ではない。

マーメイドS(GIII)3着

阪神芝内2000m良 15頭7枠12番
1:59.4(+0.3) 59.6-59.5 M
12.7-10.5-12.1-12.3-12.0-12.7-11.8-11.5-11.6-11.9

前走のマーメイドSは結構意外な3着だった。これの評価をどう考えるかが難しいなと。ペースは平均で2000としてはそこそこ流れた。ただ中盤で12.7と緩んでいるのがあるのでどちらかというと後ろからの馬ならここで取り付けていて実質はややスローからの後半の4F戦、というイメージがいいのかなという感じ。L1も11.9と落ちていないからね。

12番枠から五分には出てそこから無理せずにじわっと楽に先行、好位につけていく。道中も3列目で我慢して前にエマノンを置きながら少し離れたところから3角。3~4角でも好位の外からロンスパ気味の中で追走して3列目をキープして直線。序盤でしぶとく伸びて先頭列まで近いところに来る。L1で甘くなったがそれでも3着は何とか確保した。

流石に上位2頭には完敗だったが外から勝ちに行ったロスもあったし、コーナーである程度速いラップを踏む中で外からとなると響いたのはある。それでも全体の流れの中にある程度近いところで入ってL2までは良い脚を使えていた、しかもポテンシャル戦でと考えると2000でも割とやれるな?というのは感じた。もちろんこの3着と阪神牝馬Sの6着で考えるとメンツを考えれば個人的には阪神牝馬Sの方を評価しないといけないとは思っているんだけどね。相手が違うからなあ。

2018中京記念への展望

今回はレースレベル的には結構高いと思っている。ただし各馬それぞれ不安があったりするのでそこに付け入るスキがあるのと、これまでこの馬はペースが上がって微妙かなと思っていたが1800~2000なら流れてもやれている。マイルでは厳しい流れになったこと自体がそもそもこれまでの経験からあまりないので、未知数かもしれない。阪神外回りで下り坂でトップスピードに乗せる感じはあるので中京マイルがカギになるが、ウインガニオンが3~4角で勝負する昨年のような展開になれば立ち回り次第で怖さはあるかな。全体の仕掛けが遅れたときに一応元町Sで強烈な脚を使えているが、中京でL2最速だと坂の上りでの加速が問われる。これ4走前のユートピアSの感じだとちょっと不安がある。怖さはあるんだけど、積極的に狙うか?といえるほどのインパクトはない、というのが今の段階での評価。ロジクライなんかはペースをある程度引き上げたほうがいいので、元町Sぐらい遅い流れで包まれていては力を出し切れなかったと思うし、そういったところを総合的に評価しながら。ただレベル的に今の牝馬マイル路線はかなりハイレベルだとは思っているので、馬券的に押さえは必要かなと思っている。

━━━━━━━━━━━━━━━━━
“競馬の神様”故・大川慶次郎が創設

創業37年【ホースメン会議】

的中率7割以上・平均配当200倍以上
プロ集団の実力を無料で体感できます
━━━━━━━━━━━━━━━━━
1日1鞍の渾身予想
8月5日まで(4週間)無料公開!

しかも今週限定で函館記念の
重賞情報も無料で特別公開!
━━━━━━━━━━━━━━━━━

1日1鞍の渾身予想は前開催で9戦7勝、
的中率77%(6/2~6/30)のプロを束ねる
能勢俊介(TV・ラジオ解説を歴任)!

↓↓直近で公開した下記6勝の↓↓
↓↓ 平均配当は何と27904円! ↓↓

6/30 中京8R   1万7860円的中!
6/22 阪神12R    7590円的中!
6/17 阪神7R 8万4240円的中!
6/16 函館11R 1万3240円的中!
6/10 阪神8R 1万5930円的中!
6/9 東京11R   2万0670円的中!
6/3 阪神10R 3万5800円的中!

1日1鞍の渾身予想を無料で見る

何悪。分析note2020



Links

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。