競馬をやって何が悪い。〜予想は敗因分析から〜

菊花賞の出走予定馬展望が中心!今週あの人気馬はなぜ負けたのか? ラップとレース映像をリンクさせた詳細な敗因分析から競馬の真髄に迫る。 敗因分析できれば次買うべき馬が解る。競馬予想は回顧から始まる。

プロキオンステークス 2018 出走予定馬:サクセスエナジー&松山想定

time 2018/07/04

プロキオンステークス 2018 出走予定馬:サクセスエナジー&松山想定

第23回 プロキオンステークス(GIII)出走予定馬展望

日程:2018年7月8日()
コース:中京ダ1400m

予想用・出走予定馬一覧

サクセスエナジー(松山想定)

かきつばた記念、さきたま杯と地方交流重賞を連勝で勢いに乗るサクセスエナジーがプロキオンステークスに出走予定だ。ここ2走は地方特有の1周コースの1400m戦。それだけに課題となるのは中央ワンターンの1400、それも芝スタートでしっかりと競馬ができるかどうかだろう。ここも克服して重賞3連勝となるか。

個人的にはここでは狙いを下げるべきだと思っている一頭。58kgというのもあるんだけど芝スタートでペースが上がってしまった時の不安が少しあると思う。ハイペース自体はやれているし勢いは買うけどダートスタート1周コースの1400mの中で良い位置を取ってというところもあるからね。ここに入ると最序盤の運びが簡単ではないと思う。

さきたま杯(JpnII)1着

浦和ダ1400m良 11頭2枠2番
1:26.2 35.1-38.6 H^4
12.1-11.0-12.0-12.5-12.1-13.6-12.9

前走のさきたま杯から振り返る。浦和の1400m戦で1周コース、ペースがかなり速く3.5で超超ハイとなる。ラップ推移的にもL2で13.6と極端に落としているが、L1で再加速となった。ダートスタートとしてはかなり速い流れになった。

2番枠から好発を切って押して押しての先行策。ただ外の各馬が速いので2列目のポケットの位置から1角に入っていく。1~2角では後退して前にスペースを置く形で4番手。向こう正面でも内目で立ち回っていたが単独の4番手になったことで3角では外へ誘導。そこから激しく追われて押し上げ2列目で直線。序盤でそこからしぶとく伸びて食らいつくキタサンミカヅキとの叩き合いを制した。

ここではダートスタートの割にかなり流れて前半の基礎スピードをかなり高いレベルで要求された。そこで内にいながらも3角までにはうまく外に誘導できたし4角出口で前が落ちたところで外から一気にこれたのも良かった。相手関係は割と楽だったと思っているが、この流れでやれたこと自体は評価したい。ダートスタートでの基礎スピードの高さは見せたかなと。

コーラルS(OP)6着

阪神ダ1400m良 16頭5枠9番
1:24.1(+0.7) 34.1-37.3 H^4
12.2-10.6-11.3-12.0-12.0-12.3-13.0

ただし、3走前のコーラルSは負けパターンの一つになると思う。芝スタートでペースも3.2と同じように超超ハイだが絶対的に34.1と速い。ワンターンで芝スタートだと前半質の高い基礎スピードを問われるがそこがいまいちだった感はあると。

9番枠から五分のスタートを切ってそこから押して押して追走、好位列の中目でまずは入っていく。そこからも押して追走して2列目のポケットに入り込んでの3角。3~4角でもよどみない流れで進めていくが前とのスペースが徐々に広がっておかれながら直線。序盤でそこからしぶとく食らいつくが差はつまらない。ラストまでじりじりと下がっての6着完敗。

3~4角にかけては加速しておらず基本的に減速基調なのでその中で置かれていたというのはちょっと物足りない。前にスペースを保った状態で進められていてそれでも置かれてしまっていたしね。単純に前半のペースがこの馬にとっては速くて質的に追走で脚を使ってしまったのかなという感じはあると。軽い基礎スピードを持っている馬はここで後続に脚を使わせることができたという感じだし、3着のドリームキラリとの比較で完敗だったのはそこ。この馬はダートスタートで前半力の要る状況でペースを引き上げる分にはいいと思うが、芝スタートでみんなが軽いスピードを引き出せる状況だと良さが出ない感じはする。

春待月賞(10下)1着

阪神ダ1400m稍 16頭5枠9番
1:23.5 34.6-37.0 H^3
12.4-10.7-11.5-11.9-12.3-12.2-12.5

5走前の春待月賞は悪くなかったんだが。時計的にも1:23.5は稍重とはいえ年末で比較的に時計が掛かっている中で1000万下としては破格。オープンでもと思えるだけのパフォーマンスをみせていたが、結果的に僅差だった2着のシルバーポジーもその後がいまいち。2.4で超ハイ、そこからL3-2で誤差程度の加速はあるが基本的には前半の基礎スピード勝負。

9番枠から五分のスタート、そこから押して押して先行策で先頭列3頭の外。そこからコントロールしつつ最終的に2番手で進めて3~4角でも番手外で仕掛けを待ちながら直線。序盤で追い出されて抜け出しを狙うが外から一気にシルバーポジーに来られて前に出られる。L1でしぶとく差し返しての勝利。

厳しい流れの中ではあったが阪神1400としては上がり切ったというところまではいってない。その中で番手で仕掛けを待って直線で一足、という点ではシルバーポジーの方が上だったがそれをL1で競り落とした。3着以下のレースレベルは平凡で、それは突き放しているし時計的には優秀なんだけど…これをどう考えるかかな。コーラルSの内容と比較して考えてもやはり重賞でこのメンツでとなると…そこそこ不安があると。

2018プロキオンステークスへの展望

個人的には高いレベルでの話になると芝スタートよりダートスタートの方が持ち味を生かせていると思う。前半楽にスピードが出てしまう芝スタートだと。ダートスタートで最序盤から厳しい流れに持ち込んで脚を削ぐというところが引き出し切れない感があると。二の足がそんなに速くないのでこのクラスでこれだけ先行勢が揃った時に芝スタートではポジションでの優位性が取れない可能性も高い。そこがまず一つ課題。それにここ2走の地方交流重賞を勝ってどうしても人気を背負う形になりそうだし、それでいて58kgとなるのでこれだけメンツが揃うと流石に簡単ではないかな。キングズガードやドリームキラリといったところはかなり厄介になると思うし、もちろん連闘がカギとはいえマテラスカイも行き切れれば基礎スピードは非凡。また緩んだらインカン辺りも厄介で意外と手を出しづらい馬だなと。現時点では消す方がいいかなと思っている。

―――――――――――――――――――――――――
≪夏競馬も必然の好発進!先週だけでも厳選提供から≫【土曜中京 6R】 4万3910円的中
【土曜函館 6R】 2万8610円的中
【日曜函館11R】 2万4040円的中
【土曜函館10R】 2万3080円的中
【日曜中京 6R】 2万1620円的中
【日曜福島 5R】 1万7440円的中
―――――――――――――――――――――――――

今週の七夕賞は『ココまで』絞って狙える!

あのダービージョッキーも勝負する!

本当に狙える【絞りに絞った3頭】を無料で教えます!!

―――――――――――――――――――――――――
七夕賞は今年も人気通りにはまず決まらない!
―――――――――――――――――――――――――

超人気薄が毎年のように激走!
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

2014年ニューダイナスティ(10人気2着)
2015年マデイラ (16人気3着)
2016年オリオンザジャパン(11人気3着)

今年も激走する超穴馬がいる!

絞って狙いたい方は是非ご覧ください!!

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

第54回七夕賞の【絞りに絞った3頭】を無料で教えます!!

何悪。分析note2022



Links

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。