競馬をやって何が悪い。〜予想は敗因分析から〜

菊花賞の出走予定馬展望が中心!今週あの人気馬はなぜ負けたのか? ラップとレース映像をリンクさせた詳細な敗因分析から競馬の真髄に迫る。 敗因分析できれば次買うべき馬が解る。競馬予想は回顧から始まる。

七夕賞 2018 出走予定馬:マイネルフロスト&柴田大想定

time 2018/07/02

七夕賞 2018 出走予定馬:マイネルフロスト&柴田大想定

第23回 七夕賞(GIII)出走予定馬展望

日程:2018年7月8日()
コース:福島芝2000m

予想用・出走予定馬一覧

マイネルフロスト(柴田大想定)

中距離重賞路線の安定株、昨年の七夕賞でも2着と結果を残しているマイネルフロストが今年も七夕賞に出走予定だ。休み明け初戦となったエプソムカップでは9着と結果を残せず。そこを叩いて状態面を上げてこられるかがカギだ。得意の福島で激変を誓う。

マイネル軍団3頭出しでここへの本気度を感じるが、フロストの場合はやはり前走が9か月ぶりでいまいちだった、という中で戻せるかどうかかな。適性的には良いとは思うんだけど、とにかくいいころに戻せているかどうか。

七夕賞(GIII)2着

福島芝2000m良 12頭8枠11番
1:58.3(+0.1) 58.0-60.2 H^2
12.0-10.5-11.4-12.2-11.9-12.0-11.6-11.8-11.9-12.9

3走前の七夕賞が厳しい流れの中でもしぶとく粘って2着。ペースは2.2でかなりのハイペース、そのうえでL4最速の11.6とポテンシャルも問われている。もちろんベースは高いレベルでの前半の基礎スピード戦だが、3角からのロンスパに対応できた、というのは流石だなと。

11番枠からまずまずのスタート、そこから無理せずに好位の外で進めていく。前から少し離れた3列目の外で進めて仕掛けを待ちながら3角。3角手前から外から勝負に行ってここで先頭に立つ。4角では単独で先頭に立って最内を立ち回って直線。序盤でしぶとく踏ん張って2馬身弱ぐらいの差はあったがL1でゼーヴィントに交わされての2着惜敗。

この馬の位置では大体1000通過で推定59秒ぐらいだからおそらく実質的には平均で入っていると思うが、その中でしっかりと後半のロンスパを仕掛けて際どく粘ってきた。ポテンシャルの高さも同時に見せたといっていいのかなと。福島では3角が緩いのでここからの仕掛けになりやすいし、そういう競馬に対応できたのは流石というところ。基礎スピードを持っていてポテンシャルも持っている、トップスピード戦でもある程度やれるので状態が良ければ信頼度は結構高いタイプ。

エプソムカップ(GIII)9着

東京芝1800m重 16頭4枠7番
1:48.3(+0.9) 47.7-47.8 M
12.8-11.1-11.5-12.3-11.9-11.9-11.6-11.8-12.5

9か月ぶりとなった前走のエプソムCが9着と完敗だった。重馬場の影響もあったかもしれないが、ペースは平均、そこからのL3最速で11.6とトップスピードは問われないポテンシャル戦となっている。ただ思ったより甘かったなというのは感じたところかな。

7番枠からまずまずのスタート、そこから様子を見ながらの先行策で番手を確保、スマートオーディンを行かせて様子を見ながら内目を選択しての3角。3角でもスマートオーディンの内から馬場の良いところを狙いつつ直線。ただ序盤で追い出されての踏ん張りがいまいちで一気に外からサトノアーサーに交わされる。L2では3列目、L1でさらに後退しての9着完敗だった。

重馬場の影響もあったかなとは思うし、仕掛けも早い流れなので前の馬には楽ではない展開だったとは思う。ただそれでもペースは平均で収まったし、L3最速といっても七夕賞ではL4最速で勝負できているのでそれだけが原因ということもないだろう。物足りないのは確かでおそらく休み明けの影響があったのかなと。ここから立て直してこれるかどうか。

鳴尾記念(GIII)3着

阪神芝内2000m良 10頭3枠3番
1:59.7(+0.3) 61.6-57.8 S^4
12.6-11.6-12.7-12.5-12.2-12.0-11.7-11.5-11.0-11.6

4走前の鳴尾記念では当然ベストな展開ではなかったが、それでも内から加速する流れに一定の対応をしてきた一戦といっていいだろう。ペースは3.8と超超スロー、そこからのL2最速トップスピード戦となったし内からの競馬なのでギアチェンジを問われたと。

3番枠からまずまずのスタートを切り、先行争いが結構激化した中で2列目のポケットを確保する。ここから一気にペースダウンして極端なスローの中で1角では掛かり気味。そこからも掛かりながらの競馬で前になかなかスペースを置けず。3~4角でもブレーキ気味になっているうちに4角で前のステイインシアトルが仕掛けて直線。序盤それでもしっかりと反応して食らいつく。L1では伸びきれずの3着確保まで。

ここではあまりにもスローだったので折り合いを欠いたのはある程度仕方ない。評価したいのは4角以降で一気に加速する流れの中で前に逃げ馬がいながらしっかりと反応して食らいつけたというのがいい。要所で内から立ち回りながら大事なところで加速するギアチェンジを持っているのは強み。馬場次第だが(福島が記録的な短時間の豪雨なのでどの程度影響するか)高速馬場だとL2で加速するパターンもあるので、そういう競馬に対応できそうなのは良い材料といえる。

2018七夕賞への展望

混戦模様の今回だが、ひとまずミラノがいるので展開的には3角からペースが上がっていくかな(ミラノは田辺が違うパターンで乗ってくる可能性もあるが)。昨年の七夕賞で見せたようにコーナーで動いていって長くポテンシャルを発揮することもできるし、基礎スピードも高いレベル。またトップスピード戦がベストではないにせよ前目からしっかりと一足は使える。逆に後ろからのトップスピード戦だとどうしてもトップスピードの持続力で足りないのでその辺り。全体のペースが速ければそこまで前でなくても良いが、2.2とかなりのハイだった七夕賞でも好位で立ち回れているぐらいなのでポジションにはこだわった方がいい。個人的には高速馬場よりは少し渋って時計が若干かかるぐらいの方がいいと思うので、先週ぐらい軽い馬場が維持されるとミラノの方がコーナーでの速度を引き出してくる分厄介なのと、前走のエプソムCが内容的にちょっと不満。このあたりをどう考えるかだが、まあ適性面からも簡単に軽視はできないし押さえは必要かなというところ。相手関係でサーブルオールやキンショーユキヒメ辺りは厄介になると思うし馬場次第ではミラノ、ワンブレスアウェイも強敵。ただ総合的に流れてもやれるしロンスパでもやれる、要所で加速が問われてもやれる。福島では怖い存在なのは確かかな。

―――――――――――――――――――――――――
≪夏競馬も必然の好発進!先週だけでも厳選提供から≫

【土曜中京 6R】 4万3910円的中
【土曜函館 6R】 2万8610円的中
【日曜函館11R】 2万4040円的中
【土曜函館10R】 2万3080円的中
【日曜中京 6R】 2万1620円的中
【日曜福島 5R】 1万7440円的中
―――――――――――――――――――――――――

今週の七夕賞は『ココまで』絞って狙える!

あのダービージョッキーも勝負する!

本当に狙える【絞りに絞った3頭】を無料で教えます!!

―――――――――――――――――――――――――
七夕賞は今年も人気通りにはまず決まらない!
―――――――――――――――――――――――――

超人気薄が毎年のように激走!
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

2014年ニューダイナスティ(10人気2着)
2015年マデイラ (16人気3着)
2016年オリオンザジャパン(11人気3着)

今年も激走する超穴馬がいる!

絞って狙いたい方は是非ご覧ください!!

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

第54回七夕賞の【絞りに絞った3頭】を無料で教えます!!

何悪。分析note2020



Links

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。