競馬をやって何が悪い。〜予想は敗因分析から〜

菊花賞の出走予定馬展望が中心!今週あの人気馬はなぜ負けたのか? ラップとレース映像をリンクさせた詳細な敗因分析から競馬の真髄に迫る。 敗因分析できれば次買うべき馬が解る。競馬予想は回顧から始まる。

プロキオンステークス 2018 出走予定馬:ドリームキラリ&M.デムーロ想定

time 2018/07/02

プロキオンステークス 2018 出走予定馬:ドリームキラリ&M.デムーロ想定

第23回 プロキオンステークス(GIII)出走予定馬展望

日程:2018年7月8日()
コース:中京ダ1400m

予想用・出走予定馬一覧

ドリームキラリ(M.デムーロ想定)

強烈な逃げの一手を一貫して続け、前走欅ステークスでは強敵を撃破したドリームキラリがプロキオンステークスに出走予定だ。今回はミルコ・デムーロとのコンビで挑むこととなりそうだが、同型が多い今回は主張できるかどうかがポイント。自分のスタイルを貫いてキラリと光る走りを見せつけたい。

タイプ的には一番狙いたいタイプだが、理想を言えば少し息を入れたい。この馬の場合はハイペースがいいとは思うんだが完全に基礎スピードに特化してしまうと若干甘さが出る。府中で合うのもしっかりと坂の上りで加速ができるからなので中京1400自体は合うし、ペースも対応できる。自分の競馬ができるかどうかかな。

欅ステークス(OP)1着

東京ダ1400m良 16頭3枠6番
1:23.8 36.1-35.8 M
12.8-11.4-11.9-11.9-11.5-11.8-12.5

前走の欅Sは面白い競馬をしてきた。ペースは平均で最序盤だけ遅い、という感じ。そこからは11秒台を刻んでL3最速が11.5とかなり速く、L1が12.5と落ちたのは仕掛けが早かったことが大きいだろうと思う。基礎スピードはあまり問われず、この条件としてはトップスピードの質、持続力が問われたのかなと。

6番枠から好発、押して押してハナを取り切りすぐにペースをコントロール。3~4角でも楽だったが外からベストマッチョが絡んできたのでここでペースを引き上げて直線。序盤でしぶとく抵抗、ベストの方が手ごたえがいいがL2で前に出て突き放す。ラストは外からサンライズノヴァが食い込んできたが全く問題とせずの完勝だった。

前半をコントロールしたがそのせいもあって仕掛けの意識が強くなってL3最速。末脚の絶対量が問われた中で結果を出してきたのは1800辺りでも問題なくやれていた所以だろうと。前でやれたのはあるがしっかりとラストまでサンライズノヴァ以外は寄せ付けなかったわけで末脚の絶対量の高さを見せてくれたと思う。

オアシスS(OP)3着

東京ダ1600m良 16頭6枠11番
1:36.8(+0.1) 48.1-48.6 M
12.3-11.2-12.1-12.5-12.4-12.1-11.5-12.6

このオアシスSでは平均ペースにコントロールしての2F戦、というような形になった。最速11.5は結構速いし坂の上りでかなり加速を問われた一戦となったので、東京マイルらしいギアチェンジが求められていると。

11番枠から好発、押して押してハナを楽に主張しきる。外からルグランフリソンが来たが抑えたのでペースをコントロール。3~4角では少し手が動いて動く準備をしながら直線。ただ序盤での反応がそこまでよくなくて加速の地点でルグランフリソンに前に出られる。L2の最速地点で食らいつくがL1は甘くなって最後は3着。

こういう展開ではルグランフリソンは強かったという感じで、機動力は相手の方が上。こちらはペースをコントロールしたのは良いけどそういう競馬に持ち込んでしまい番手のルグランフリソンの良いようにさせてしまった、という印象かな。個人的にはもうちょっと前半のペースを引き上げてどこまでやれたかというのは見たかった面もある。ルグランフリソンもハイペースでそこそこやれる馬だけどね。ただ緩い流れから一気に加速という展開に強いルグランフリソン相手に結構食らいつけたし加速戦でも結構やれるなというのは見せた。これは中京1400を考える上では結構重要な要素になるので良い材料かな。

コーラルS(OP)3着

阪神ダ1400m良 16頭2枠3番
1:23.6(+0.2) 34.1-37.3 H^4
12.2-10.6-11.3-12.0-12.0-12.3-13.0

基礎スピード特化戦となった3走前のコーラルSでも健闘した。3.2で超超ハイ、ラップ推移的にもよどみなく減速ラップでL1が13.0と消耗した一戦。

3番枠から五分のスタート、そこから押して押して芝の地点でスピードに乗せてハナを取り切る。道中もペースを落とさず淡々と進め、3~4角でもハナを譲らず最短距離を通して1馬身差で直線。じょばんでしぶとく粘ってここではまだ寄せ付けない。しかしL1で甘くなったところで追撃を食らい、モーニン、テーオーヘリオスには交わされるが3着は死守した。

モーニンは読みにくいところはあるが、テーオーヘリオスが北海道スプリントを制したり、レースレベル的にも高かったと思う。この時の阪神は少し時計が掛かって力の要る馬場状態だったのでこのペースでは息を入れられなかったと思うが、それでも単調な流れでこれだけやれたのは収穫としては大きい。

2018プロキオンステークスへの展望

展開的な注文があまりつかないタイプだが、今回は同型が多い。芝スタートでも二の足は速いがここでハナを切れるかどうかは結構重要で、やはり逃げられないと不安は大きいかなと。その辺はマテラスカイと同じ。ただマテラスカイよりはペースの融通は利くし、コーラルSの内容からも仮に単調な基礎スピード戦に特化した流れになってもそこまでパフォーマンスを落とさずやれる。理想はL2で再加速する展開だろう。34.5-36.0ぐらいの感じでペースをコントロールして直線の坂の上りでしっかりと加速を問われる展開に持ち込めれば面白いかなと。もちろんそれを出来れば逃げて、或いは悪くとも番手外で進められればチャンスは十分にあると思う。キングズガード辺りが基礎スピード戦では強敵だが近走パフォーマンスを落としている感があるし、ペースをコントロールするとインカンテーションが手ごわいがインカンも芝スタートの1400は前半で流石にリスクがある。総合的にみればこの馬が一番狙いやすいかなと思っているが、あとはとにかく包まれないように入りたい。その点ではこの馬もマテラスカイ同様で少し外目の枠の方が競馬がしやすいかな。行き切るのが理想だが、個人的には番手外での競馬を試しても良いかなと思う。中京1400ならどういう展開になっても包まれなければ期待できそうなので重い印も視野に入れたい一頭かな。

PR CBC賞&ラジオNIKKEI賞馬券購入される方に朗報

メルマガ会員登録+アンケート記入で
コラボ放題7日間分もらえます。(7月8日23:59まで)

毎週午前中6レースと指定重賞1個が
無料公開されてた≪うまコラボ≫

今週から≪うまとみらいと≫にリニューアルされ

なんと1個しか見れなかった重賞が・・

今回全レース見れるように
簡単アンケート記入でキャンペーンしております。


※2017年の指数データになります

2018年もCBC賞、ラジオNIKKEI賞の
指数データも気になりますよね?!


ーリニューアル記念ー

アンケートに答えるとコラボ放題7日間もらえます。
有料1,980円Verに無料でお試しいただけます。
期限は7月8日(日)23:59までになります。



アンケートは5個だけです。これで今回コラボ放題もらえます。

メアド登録+アンケート記入で全レース見れるコラボ放題7日間分もらえます。
7月8日23:59までにコラボ放題受け取る
※アンケートご記入いただいた方のみとなります。

 

何悪。分析note2022



Links

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。