競馬をやって何が悪い。〜予想は敗因分析から〜

菊花賞の出走予定馬展望が中心!今週あの人気馬はなぜ負けたのか? ラップとレース映像をリンクさせた詳細な敗因分析から競馬の真髄に迫る。 敗因分析できれば次買うべき馬が解る。競馬予想は回顧から始まる。

CBC賞 2018 出走予定馬:ワンスインナムーン&浜中確定

time 2018/06/28

CBC賞 2018 出走予定馬:ワンスインナムーン&浜中確定

第54回 CBC賞(GIII)出走予定馬展望

日程:2018年7月1日()
コース:中京芝1200m

予想用・出走予定馬一覧

ワンスインナムーン(浜中想定)

昨年のスプリンターズステークスでは逃げ粘って3着と健闘を果たしたワンスインナムーンがCBC賞に出走予定だ。今年は結果が出ていないものの上手くマイペースに落とせた時は怖い存在だ。マークが薄れそうな今回、マイペースの逃げを打って重賞初制覇を狙いたい。

今回は条件的には面白いと思うが状態面が戻っているかどうか。前走の函館スプリントSは休み明けもあったし番手でちょっと物足りない競馬になったがハイペースが得意という馬ではないので。まあそれでも少し不満はあるが、やはりスプリンターズSのように上げきらずコントロールできる形がいい。そこまで強力な同型は不在で高速馬場の中京1200なら支配しやすいか。あとは状態面の問題でそっちの方がカギ。

スプリンターズS(GI)3着

中山芝外1200m良 16頭3枠6番
1:07.7(+0.1) 33.9-33.7 M
11.9-10.8-11.2-10.9-11.1-11.7

4走前のスプリンターズS3着を振り返りたい。ペースは平均と中山1200としては遅いぐらい。番手のダイアナヘイローがすっと控えてくれたことでかなり楽にレースをコントロールできたし、そこからのL3最速で4角地点で早めに仕掛けて粘り込む競馬を選択したと。

6番枠からまずまずのスタート、そこから押して楽にハナを主張しきる。道中もペースをコントロールしてうまく楽に進めていく。3~4角でも単独で進めて4角で仕掛けて1馬身半差ほどで直線に入ってくる。序盤でしぶとくねばるが1馬身差ほどに詰まる。L1で内からドンキに、外からまとめてレッドファルクスに交わされたが3着は死守した。

ここでは前半でうまくペースをコントロールできたことで後半のTS持続を引き出す形にはなった。4角最速ラップを踏んでしかも自身は最短距離なので流れとしてはうまく乗って仕掛けられたなという感じ。1200m戦ではハイペースでもテレビユー福島賞でやれてはいたが、後述する函館スプリントSでは完敗だったし、本質は基礎スピードだけで押すよりは後半の末脚を温存してコーナーでうまく勝負していきたいタイプかなと。

函館スプリントS(GIII)8着

函館芝1200m良 16頭4枠8番
1:08.0(+0.4) 33.1-34.5 H^2
11.8-10.4-10.9-11.3-11.3-11.9

前走の函館スプリントSでは1200mらしい前半からの基礎スピード戦となっている。1.4でかなりのハイに突入しているし、終始淀みないラップ推移だった。

8番枠からまずまずのスタート、押してハナを主張するが内のセイウンコウセイが思い切っていうのでこれを行かせて番手でBプラン。道中もペースが速い中で番手で楽についていく。ただ3~4角では押っ付け通しで直線に入ってくる。序盤で後退して2列目に吸収される。そのままL1まで良いところなくの8着完敗だった。

一応テレビユー福島賞を勝った時が33.2-34.4と近いペースで踏ん張れているし、当時の函館の馬場もそこそこ軽かったのでもうちょっと踏ん張れてもよかったと思うのだがいまいち踏ん張り切れなかった。休み明けの影響もあったかもしれないが、トップレベルまでくると基礎スピードで押していけないなというのはある。前後半のバランスを取りたいタイプで、ある程度ペースをコントロールして後半勝負に持ち込む意識が必要かな。

京都牝馬ステークス(GIII)5着

京都芝外1400m良 12頭2枠2番
1:23.4(+0.4) 36.1-34.7 S^2
12.4-11.4-12.3-12.2-11.8-11.3-11.6

2走前の京都牝馬Sでは逆にペースをコントロールしすぎたのもあるが、それでもちょっと物足りない競馬。1.4でかなりのスロー、L2最速戦なので仕掛け自体は遅めだったと思うしそこで甘かったのは物足りない要素になる。

2番枠からまずまずのスタート、そこから押して楽に先行策、最終的には押し出されるような感じでハナを取り切る。道中もかなり緩い流れで支配。3~4角でも仕掛けを待ちながら余裕を持って直線で仕掛ける。序盤で楽な感じでラップを引き上げてくるが外から一気にミスパンテールに差を詰められる。L1でさらに少し甘くなってエスティタートにも先着されての5着完敗だった。

確かにスローで仕掛けが遅いのだが、その流れでも昨年の京都牝馬Sではドンキ相手にそこそこ戦えたし何よりエスティタートには先着できていたと。今回の場合その前の香港遠征で馬体減、そこから検疫を終えての調整のはずで、かつ馬体を戻しながらになったのも響いた可能性が高い。となるとこの段階では秋の出来には遠かったと考える必要もあるかも。ここ2走はどちらも違うパターンではあるがともにパフォーマンスが落ちている印象。

2018CBC賞への展望

個人的には舞台は良いと思うが流れたときがカギ。特に今回はセカンドテーブルがいて、これが最近はハイペースでのパフォーマンスを上げてきている。この馬自身は番手でも行ける馬なのでトウショウやセカンドが引っ張ってペースが上がるようなら離れた位置でもいいだろうし、アクティブミノルも同様に平均までが望ましいタイプなので上手くレースを作れるチャンスはあるが流れてどうかの不安も当然。冷静に見渡すとスプリンターズSではかなりかみ合ったのであれ以上は難しいかもだし、今回は強敵も多い。特に平均ペースまでで総合力を活かすタイプ、TS持続を活かすタイプの強敵が多いので昨年夏の出来にないと勝ち負けまでというのは簡単ではないかもしれない。馬券的に怖さのある馬ではあるが、香港遠征での馬体減からここ2走が物足りないのも事実。特に前走の場合は京都牝馬Sで思うように結果が出なかったところから立て直してきたと思うし、馬体を戻した後のものなのであれで踏ん張りが足りなかったとなると一気に変わってこれるのか?という不安はあるかな。この時期は状態面が重要になるので直前追い切りを見て判断したいが押さえまでかなあ。適性、能力面は十分通用するけど常に穴人気する馬でここ2走の内容と人気、想定される展開とを冷静に見極めたいところ。セカンドが外から競ってくるような感じだと簡単ではないし、状態面の不安もあるからなあ。

PR CBC賞&ラジオNIKKEI賞馬券購入される方に朗報

メルマガ会員登録+アンケート記入で
コラボ放題7日間分もらえます。(7月8日23:59まで)

毎週午前中6レースと指定重賞1個が
無料公開されてた≪うまコラボ≫

今週から≪うまとみらいと≫にリニューアルされ

なんと1個しか見れなかった重賞が・・

今回全レース見れるように
簡単アンケート記入でキャンペーンしております。


※2017年の指数データになります

2018年もCBC賞、ラジオNIKKEI賞の
指数データも気になりますよね?!


ーリニューアル記念ー

アンケートに答えるとコラボ放題7日間もらえます。
有料1,980円Verに無料でお試しいただけます。
期限は7月8日(日)23:59までになります。



アンケートは5個だけです。これで今回コラボ放題もらえます。

メアド登録+アンケート記入で全レース見れるコラボ放題7日間分もらえます。
7月8日23:59までにコラボ放題受け取る
※アンケートご記入いただいた方のみとなります。

 

 

競馬をやって何が悪い。分析note…弥生賞から高松宮記念まで!



Links

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。