競馬をやって何が悪い。〜予想は敗因分析から〜

菊花賞の出走予定馬展望が中心!今週あの人気馬はなぜ負けたのか? ラップとレース映像をリンクさせた詳細な敗因分析から競馬の真髄に迫る。 敗因分析できれば次買うべき馬が解る。競馬予想は回顧から始まる。

CBC賞 2018 出走予定馬:ダイメイフジ&M.デムーロ確定

time 2018/06/28

CBC賞 2018 出走予定馬:ダイメイフジ&M.デムーロ確定

第54回 CBC賞(GIII)出走予定馬展望

日程:2018年7月1日()
コース:中京芝1200m

予想用・出走予定馬一覧

ダイメイフジ(M.デムーロ確定)

安土城ステークスでは後の安田記念馬モズアスコットを競り落としたダイメイフジがCBC賞に出走予定だ。素質の高さは既に証明した形だが、あとは1200mの舞台が本当に合っているのかどうかだろう。強烈な末脚をミルコ・デムーロが引き出し切ってスプリント路線の中心となるか。

トップスピードに乗ってからの持続力の高さは非凡なのは間違いない。ただしペースが上がるとその足が削がれる傾向ではあるし、1200や1400では流れてしまうと難しい。本質的には前半が忙しいと難しいタイプだとは思う。中京1200だと前半そこまで上がりにくいが、それでもこの時期の高速馬場だと前もある程度引き上げてくるので純粋に追走力で見劣らないかがカギ。

安土城ステークス(OP)1着

京都芝外1400m良 17頭1枠2番
1:20.7 35.6-33.7 S^2
12.4 – 11.6 – 11.6 – 11.4 – 11.1 – 11.0 – 11.6

まずは前走の安土城S勝ちから振り返る。基本的にはこの馬のベストのパターンだと思っていて。高速馬場でペースが遅い状態から坂の下りで加速しながらL2最速11.0もL4から速いラップである程度仕掛けの意識が早い展開にはなっていると。TS持続力の高さを引き出せた一戦。またL3地点でも11.1なので4角の立ち回りも重要だった。

2番枠からやや出負け、そこから無理せず中団馬群の内内で我慢しながら3角。3~4角でも中団の内目で我慢して4角でもワンテンポ仕掛けを待ちながら外目に誘導。序盤でモズアスコットが外から伸びてきて並びかけられてから鞭。そこからL1でしぶとく伸びてモズとともに内の馬を交わし、最後にモズも競り落とした。

3~4角ではワンテンポ仕掛けを待つ形だが前もL3の4角地点では速いラップを踏んでいたのでここで待たされてもある程度スピードには乗れていた。そこから直線で外に出してモズの方が先に伸びていたがこれは外から押し上げて勢いに乗っていた分。ただし3~4角は速いラップで、モズは大外を回す形になったことを考えるとロスは相当響いたと思う。L1で何とか競り落とせたのは3~4角の差があったと思うので、まあ力で勝ったとは思わないほうがいいだろうと。それでもこの形でモズを破っているようにトップスピード戦では強いし基本的には前半無理をしないほうがいいタイプだろうとは思っている。

オーシャンS(GIII)3着

中山芝外1200m良 16頭5枠10番
1:08.4(+0.1) 33.5-34.8 H^2
11.9 – 10.6 – 11.0 – 11.4 – 11.3 – 12.1

3走前のオーシャンSでは3着とそれなりにやれたともいえるが、基礎スピードが問われた中ではそこまで決定的な脚を使えなかった。ペースは1.3でかなりのハイ。L3-2で誤差程度の加速があるがL1で12.1と落としているし前半の基礎スピード面が基本にはなってくるだろうと。

10番枠からまずまずのスタートを切っていたが二の足がいまいち、押しているんだが中団ぐらいでの競馬となる。道中も促しながら中団やや後ろで進めて3角。3~4角で外目からの競馬、4角でかなり外を回して後方で直線。序盤ではまだジリジリ、L1で急追して伸びてきたのは流石だが届かずの3着だった。

まあ最後の伸びは目立ったといえるんだが、正直キングハートが勝つような展開だともいえるしロスの多かったナックビーナスを相手に決定的とまでは言えない半馬身差があったからね。1200で流れてしまった時にこの馬としては前半の追走力で苦しむし、そこで脚を使うことで決定的なトップスピードの持続力というのが少し甘くなるのは否めないところ。1200が忙しいのかなと感じるのはこの辺で、本質的には高いレベルまでくるとマイルぐらいでもいいかもしれないと感じる。

京王杯スプリングC(GII)17着

東京芝1400m良 18頭7枠13番
1:20.8(+1.3) 34.2-34.1 M
12.3 – 10.9 – 11.0 – 11.2 – 11.2 – 11.2 – 11.7

京王杯SCが一番この馬にとって難しい競馬になったと思う。1400m戦なんだが超高速馬場で淡々と前半から中盤まで淀みなく11秒前後を刻む形。そこからL1も11.7でまとめてきてしまう、そこで外枠では…という感じ。

13番枠から五分には出たが促されてもなかなか前には進めずに後方に下げながらの競馬になる。3~4角でも後方の中目から外目を回して直線だが伸びる気配がない。最後までじりじりとなだれ込んではいるが前との差はほとんど詰まらずの惨敗だった。

追走に苦労していてこの流れでも脚を使わされてというパターンになってしまっている。1400でも前走の安土城Sのように入りがゆったり、スローの流れの中で末脚の絶対量を活かして差し込んでくるタイプだと思う。こうやって前後半のバランスが問われてしまうと難しいかな。基礎スピード面が問われたときに甘くなるのがこの馬の傾向にはなっているので。

2018CBC賞への展望

トップスピードの持続力はかなり高いレベルにあるし、それは前走の安土城Sでも証明できているだろうと。ただし、やはりペースが上がるとその末脚が削がれる傾向にあるのが今の段階でのこの馬の適性になると思うし、ハイペースでもやれなくはないんだがオーシャンS3着のパフォーマンスだとこのメンツでも多少不安があるかな。高速馬場でトップスピードの質を高めてくる展開なら面白いけど、今のところ1200では走破時計的にも8秒台を切るめどは立てていないのも現実。今の段階ではパンパン良馬場で高速馬場、7秒台半ばの決着となった時には不安の方が大きいと思う。この馬自身前走の安土城Sでもスローの中で33.0までしか出せていないし、正直このレベルで後ろから差し切るレベルまで考えるとレッドファルクスぐらいのレベルはまず必要だと思う。内枠で嵌れば良いんだけど、外枠からだとポジションも難しいし3~4角のロスも大きくなりそう。現時点では評価は控えめにしたい。マイルを一度使ってほしいんだけどね。

―――――――――――――――――――――――――

【ラジオNIKKEI賞】
昨年は超穴馬ウインガナドルが激走して的中!

―――――――――――――――――――――――――

≪1番人気が相手でも馬連想定50倍以上!≫

今年狙える衝撃の【超穴馬】を今すぐ教えます

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

春シーズン後半の重賞でも会心ヒットを連発!

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

【エプソムC】穴:グリュイエール(5人気)
2万8020円【的中】
―――――――――――――――――――――――――
【NHKマイル】穴:レッドヴェイロン(9人気)
2万1840円【的中】
―――――――――――――――――――――――――
【ダービー】穴:ワグネリアン(5人気)
7950円【的中】
―――――――――――――――――――――――――
【Vマイル】穴:レッドアヴァンセ(7人気)
8850円【的中】
―――――――――――――――――――――――――

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

今週のラジオNIKKEI賞も人気通りには決まらない
――――――――――――――――――――――――
■■■■■■今年の超穴馬はこれだ!!■■■■■■
――――――――――――――――――――――――

【ラジオNIKKEI賞の超穴馬】を今すぐ無料で教えます!

何悪。分析note2022



Links

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。