競馬をやって何が悪い。〜予想は敗因分析から〜

菊花賞の出走予定馬展望が中心!今週あの人気馬はなぜ負けたのか? ラップとレース映像をリンクさせた詳細な敗因分析から競馬の真髄に迫る。 敗因分析できれば次買うべき馬が解る。競馬予想は回顧から始まる。

CBC賞 2018 出走予定馬:セカンドテーブル&水口確定

time 2018/06/28

CBC賞 2018 出走予定馬:セカンドテーブル&水口確定

第54回 CBC賞(GIII)出走予定馬展望

日程:2018年7月1日()
コース:中京芝1200m

予想用・出走予定馬一覧

セカンドテーブル(水口確定)

昨年のCBC賞でも2着、ここ数走1200m路線で安定している先行馬セカンドテーブルが今年もCBC賞に出走予定だ。安定感は抜群だが、勝利となると2年前の鞍馬ステークス、さらに重賞勝利となると4年前の京王杯2歳ステークスまでさかのぼる。久々の勝利の美酒を味わえるか。

6歳にして完成期というか、どんな競馬でもある程度対応できるようになってきたなあという感じ。これまではハイペースで基礎スピード戦になると甘くなる前後半のバランス型、という感じだったが今は流れてもやれるし後半勝負でも強さを見せている。特に近走はハイペースで流れたぐらいでちょうどいいので、勝負に行って粘り込んでという競馬を期待したいかな。

CBC賞(GIII)2着

中京芝1200m良 18頭7枠14番
1:08.0(+0.0) 33.2-34.8 H^2
12.0-10.5-10.7-11.1-11.1-12.6

昨年のCBC賞2着から振り返る。この時は良馬場発表だが直前で結構雨が降ってきていたので少し渋っていたのは間違いない。ペースも1.6とかなりのハイ、ラップ推移的にL2の直線入りまでは11.1とかなり速いラップを維持していたがL1は12.6と極端に失速している。基礎スピードを高いレベルで要求されているが、3~4角では10.7-11.1と速いラップを踏んでいるのでここでの立ち回りも問われただろう。

14番枠から好発、外から促しながら内の先行各馬に競っていって最終的には2列目の外から番手まで押し上げる。3~4角でも逃げるアクティブミノルを目標にしながら番手で進めて直線で外。序盤でアクティブが粘る中で馬場の外目に誘導もまだ1馬身差2番手、L1でしぶとく伸びて捕えたところにシャイニングレイの猛烈なバテ差しを受けて2着惜敗。

これは正直勝ちに等しい内容だったと思うし、シャイニングレイをほめるしかないかな。外枠から良いスタートを切って番手外まですっとつけるゲート・二の足のバランスの良さ。3~4角でも前を見ながら直線最後にしぶとく踏ん張れていたし前目の馬では一番強い競馬なのは間違いない。まあレベル的にどうだったのか?というのは難しいメンバーだが厳しい流れの中でこれだけ粘れたのはこの時点での自分のイメージとしては意外だったかなと。

鞍馬ステークス(OP)4着

京都芝内1200m良 15頭6枠10番
1:08.2(+0.2) 34.4-33.6 S^1
12.4-10.9-11.1-11.0-11.2-11.4

前走の鞍馬Sも悪くない4着で、ここに出てくるメンバーの中では最先着となる。ペースは0.8でややスロー、1200としてはかなり遅い方で、ラップ推移的にはL3最速と仕掛けは早いがペースが遅い分L1も11.4でまとまったという感じ。トップスピードの質、持続力が必要だった。

10番枠から好発から押して先行争いも内の先行馬が多くいき切れないので控えて2列目とBプランを選択。3~4角でも2列目の外で進めて2頭分外から直線に入ってくる。序盤でしっかりと一足を使って食らいつくのだがL1で甘くなってTS持続タイプにズドンされての4着完敗。

この馬の場合トップスピード戦でもある程度対応はできるが、流石にここまで遅いと後半特化型の末脚が火を噴いてしまう。ティーハーフやカラクレナイみたいに前半無理をしなければ32秒台を余裕で出してくるタイプの馬にとっては追走が楽だったのも大きい。この馬自身も33.5の上がりが示す通りスローバランスで入ってそれなりに脚を使っているけど、それだけでは難しい、というのは確かだろう。

春雷ステークス(OP)2着

中山芝外1200m良 16頭8枠16番
1:07.4(+0.0) 32.9-34.5 H^2
11.8-10.2-10.9-11.3-11.4-11.8

2走前の春雷Sでは大外枠からでもうまくレースに乗っていったがペイシャフェリシタに差し切られた。まあ相手も上手く乗られたので枠の差を考えれば十分評価できるが。1.6とかなりのハイ、ラップ推移的にもよどみない減速ラップを刻み続ける競馬。

16番枠から好発を切って大外枠でもあり押して押してペースを引き上げてうまく内まで持って行く。最終的にはアクティブミノルを行かせて番手も3番手以降を離して進める。3~4角でもアクティブと3番手以降を離して進めて堂々直線入りで先頭に。そのまま押し切りを狙ったがペイシャフェリシタに差し切られての惜敗2着。

ペイシャフェリシタにはやられたけど結局大外枠で行く選択、それによって3番手以降がついてこなかったので要所でスペースががっぽりあったからね。そこでロスなく無理なく最短距離で入れたペイシャフェリシタと比べると大外枠でこのペースで粘り込んだんだからなかなか大したもんだと思う。強い競馬だったし今は多少ハイペースに持ち込んでしまったほうがいいのかなと改めて感じた一戦。

2018CBC賞への展望

昨年でも粘り込んでいるし中京1200適性そのものはそんなに心配していない。ハイペースなら問題ないし、仮に平均ぐらいで落ち着いたとしても3角までに外になりすぎなければある程度は対応してくる。ただし後半各馬の末脚を削げない状況でとなるとTS持続はちょっと足りないのでいかに前半ある程度引き上げられるかだろう。内枠でロスなく立ち回れるならそこまで気にならないけど、基本的にはハイペースに持って行きたいかな。馬場によるけど高速馬場なら前半は遅くても33秒台で入ってほしい。京王杯2歳Sを勝っているように坂の上りでの加速自体は問題ない馬なので3~4角で少し息が入っても直線入りで一足は使える。ただそれをもちろん前前で、抜け出すために使いたいわけで好位ぐらいからになると捕まえに行くところで使い切ってしまう。ハイ~平均ぐらいで前を取って入れれば大きく崩れる心配がないし、その点でも極端な外は別だが中目の枠から好発を切って早い段階でトウショウピストの前に出ちゃいたいかな。総合的にみても最上位になると思うし、特に今回はハイペースに強い馬がそんなにいないから、飛ばした方が勝ち負けに絡んでくる可能性は高くなると思う。本命候補の一頭になるのは間違いないかな。水口も頑張っているからそろそろ重賞を勝っても良いと思う。

PR CBC賞&ラジオNIKKEI賞馬券購入される方に朗報

メルマガ会員登録+アンケート記入で
コラボ放題7日間分もらえます。(7月8日23:59まで)

毎週午前中6レースと指定重賞1個が
無料公開されてた≪うまコラボ≫

今週から≪うまとみらいと≫にリニューアルされ

なんと1個しか見れなかった重賞が・・

今回全レース見れるように
簡単アンケート記入でキャンペーンしております。


※2017年の指数データになります

2018年もCBC賞、ラジオNIKKEI賞の
指数データも気になりますよね?!


ーリニューアル記念ー

アンケートに答えるとコラボ放題7日間もらえます。
有料1,980円Verに無料でお試しいただけます。
期限は7月8日(日)23:59までになります。



アンケートは5個だけです。これで今回コラボ放題もらえます。

メアド登録+アンケート記入で全レース見れるコラボ放題7日間分もらえます。
7月8日23:59までにコラボ放題受け取る
※アンケートご記入いただいた方のみとなります。

 

競馬をやって何が悪い。分析note…弥生賞から高松宮記念まで!



Links

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。