競馬をやって何が悪い。〜予想は敗因分析から〜

菊花賞の出走予定馬展望が中心!今週あの人気馬はなぜ負けたのか? ラップとレース映像をリンクさせた詳細な敗因分析から競馬の真髄に迫る。 敗因分析できれば次買うべき馬が解る。競馬予想は回顧から始まる。

ラジオNIKKEI賞 2018 出走予定馬:メイショウテッコン&松山想定

time 2018/06/27

ラジオNIKKEI賞 2018 出走予定馬:メイショウテッコン&松山想定

第67回 ラジオNIKKEI賞(GIII)出走予定馬展望

日程:2018年7月1日()
コース:福島芝1800m

予想用・出走予定馬一覧

メイショウテッコン(松山想定)

2400mで逃げ切ったかと思えば前走の白百合ステークスでは1800mで快足を飛ばしての完勝、メイショウテッコンがラジオNIKKEI賞に出走予定だ。これまでは長い距離で良さが出てきた印象だったが、白百合ステークスではスピードを活かして押し切った。この勢いで福島でも押し切ることができるか。

白百合Sもそうだけどほとんどのレースで入りが速い、中盤で少しコントロール、そこから再加速という形。いわゆる前後半が速く中盤で息を入れてそれを引き出すというタイプ。個人的にはギアの上げ下げが上手い逃げ馬は距離の融通が利く、という印象でこういうタイプの馬は逃げにはこだわらないかなと。もちろん逃げられればそれが理想。前走の感じならここは下手にこの馬のペースを狂わせなければ結果はおのずとついてくるのかなという感じ。

白百合ステークス(OP)1着

京都芝外1800m良 9頭6枠6番
1:45.9 46.8-46.9 M
12.7-10.7-11.2-12.2-12.2-12.3-11.6-11.4-11.6

前走の白百合Sから。超高速馬場ではあったと思うが、インパクトとしては相当なレベルで、かなり時計も速い。そのうえでラップ推移的にもコントロールして3F勝負としてL1を11.6でまとめてきたというのはなかなかの内容。基礎スピードを高いレベルで問われているが、特に前半3Fが34.6と速いしそこから息を入れてとギアの上げ下げを問われた。

6番枠からまずまずのスタート、そこから押して押して先行争いに入って外からハナを取り切る。最序盤でかなり飛ばしてアイトーンを競り落とし、そこから中盤で少し息を入れて3角。3角ではまだ仕掛けを待ちながら余裕、4角でアイトーンが外から来たので促されて直線入りでゴーサイン。ここでしっかりと加速するラップを踏むがアイトーンに食らいつかれる。L1でこれを突き放しての完勝となった。

前半速いペースを踏んで、中盤に息を入れて4角からの再加速という競馬で前の馬でも簡単ではなかったと思うがかなり強かった。超高速馬場だったとは言え前半を46秒台で入って後半も46秒台でまとめてきているというのはかなりのインパクト。それに二の足をこれだけのレベルでやれるというのは大きい材料かな。ただゲートに関してはここではそこまででもなかったし少頭数でのもの。テンの1Fも12.7なのでそこまで速くない。内枠を引いて包まれるケースというのは注意しないといけないかも。

京都新聞杯(GII)5着

京都芝外2200m良 17頭3枠6番
2:11.4(+0.4) 58.5-59.3 H^1
12.5-10.5-11.7-11.7-12.1-13.2-12.6-12.1-11.3-11.4-11.9

京都新聞杯も強い競馬だったと思うし、前には厳しい流れの中でよく踏ん張った。ここも前半3Fでみれば34.7とかなり速いしそこから中盤で13.2と息を入れすぎたのもあって後続に取り付かれる形になったうえでL3最速と仕掛けが早くなってしまったのはあると思う。

6番枠から五分のスタート、そこから二の足が速く楽にスピードに乗ってハナを取り切る。道中も単騎気味に進めながらタイトな流れで3角手前。ただ坂の上りの地点で目に見えてペースダウンしたことでここで後続に取り付かれ、3~4角でステイフーリッシュに並びかけられて早めの仕掛けで直線。序盤で流石に下がって2列目、L1まで抵抗はするものの踏ん張れずの5着完敗だった。

まあもちろんここまで前半が速いと息を入れる、という意識になるのは当然だが、もうちょっといいバランスで入れたらなあというのは感じた。それでもこの流れで大きくばてなかったように前半の基礎スピードの高さはかなりのものがあると思うし、結構ハイレベルな一戦だったと思っている。梅花賞勝ちも高いパフォーマンスだったように距離に関してもかなり融通が利くタイプ。

若葉ステークス(OP)6着

阪神芝内2000m良 12頭4枠4番
2:01.0(+1.0) 60.4-59.6 S^1
12.6-11.3-12.1-12.4-12.0-12.3-12.0-11.6-11.7-12.0

若葉Sが負けパターンといえば負けパターンだろう。後ろからの競馬になって外から正攻法では難しい。後半のポテンシャル勝負でトップレベル相手に戦えるタイプではないと思うし、やはりいかに前半のポジションが重要なタイプか、というのは感じるかな。

4番枠から五分のスタート、ただ早い段階で包まれてしまって後方に下げざるを得ない形になる。道中も後方内目で立ち回りながらタイムフライヤーの内で3角へ。3~4角でタイムフライヤーの内から進めながら直線で外に出す。序盤でタイムの方が先に伸びてその後ろからL1でなだれ込むが前有利の展開もあり伸びずにタイムフライヤーの3馬身後ろで6着完敗。

ペースは平均であの位置なので余力はあったはずなんだがかといってそれで後半のポテンシャルを爆発的に上げてくるというわけではない。末脚の絶対量そのものが高いわけではない、というのはポイントとして考えておくべきで、逆に強くなったのはこの末脚をしっかりと前で引き出せること、ペースを引き上げてもやれるというところで良さが出たからとみるべきだろうと。

2018ラジオNIKKEI賞への展望

自分の競馬ができれば距離はともかくエタリオウ相手に競り勝った馬なわけでクラシック戦線に乗ってきてもおかしくなかった馬ともいえる。ただし、若葉Sではここ一番で自分の競馬ができなかったのが響いたし、前が残る馬場で外からの競馬になったのもあった。前走の白百合Sではゲートはまずまずも二の足の速さを見せたし、適度に外からしっかりと勢いに乗せて入っていく、というのが重要になると思う。福島の場合1角が下り、2角が上りになるので2角の上り以降で少しペースを落としやすいしギアの上げ下げが上手いこの馬としてはここで少し息を入れてコントロールしやすい。また3角のスパイラルでじわっと加速して4角出口でもう一段の加速となりやすいが、白百合Sの感じならこの馬もそういう競馬ができそうで、前を取れれば実力・信頼度ともにここではトップレベルの馬だと思う。とにかくゲートだけだろう。悪くとも3枠、できれば4~5枠辺りが望ましい。1~2枠は包まれるリスクが大きくなると思うし、そうなるとこれまでのパフォーマンスからも高い評価はできない。ハナを切れれば、或いは番手外ぐらいならこのメンツならと思うし本命視しても良いと思っているが、枠の並び次第かな。

―――――――――――――――――――――――――

【ラジオNIKKEI賞】
昨年は超穴馬ウインガナドルが激走して的中!

―――――――――――――――――――――――――

≪1番人気が相手でも馬連想定50倍以上!≫

今年狙える衝撃の【超穴馬】を今すぐ教えます

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

春シーズン後半の重賞でも会心ヒットを連発!

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

【エプソムC】穴:グリュイエール(5人気)
2万8020円【的中】
―――――――――――――――――――――――――
【NHKマイル】穴:レッドヴェイロン(9人気)
2万1840円【的中】
―――――――――――――――――――――――――
【ダービー】穴:ワグネリアン(5人気)
7950円【的中】
―――――――――――――――――――――――――
【Vマイル】穴:レッドアヴァンセ(7人気)
8850円【的中】
―――――――――――――――――――――――――

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

今週のラジオNIKKEI賞も人気通りには決まらない
――――――――――――――――――――――――
■■■■■■今年の超穴馬はこれだ!!■■■■■■
――――――――――――――――――――――――

【ラジオNIKKEI賞の超穴馬】を今すぐ無料で教えます!

何悪。分析note2022



Links

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。