競馬をやって何が悪い。〜予想は敗因分析から〜

菊花賞の出走予定馬展望が中心!今週あの人気馬はなぜ負けたのか? ラップとレース映像をリンクさせた詳細な敗因分析から競馬の真髄に迫る。 敗因分析できれば次買うべき馬が解る。競馬予想は回顧から始まる。

帝王賞 2018 出走予定馬:アポロケンタッキー&内田博確定

time 2018/06/26

帝王賞 2018 出走予定馬:アポロケンタッキー&内田博確定

第41回 帝王賞(JpnI)出走予定馬展望

日程:2018年6月27日()
コース:大井ダ2000m

予想用・出走予定馬一覧

アポロケンタッキー(内田博確定)

一昨年の東京大賞典で初GI制覇を成し遂げたアポロケンタッキーが帝王賞に出走予定だ。昨年は日本テレビ盃で強敵を撃破し勝利を収め、今年も川崎記念、ダイオライト記念2着と安定感を見せている。あとは詰めの甘さをどう解消するか、悲願達成となった大井の2000でGI級2勝目を狙う。

この馬は意外と本仕掛けが遅い方がいいタイプだと思うし、その点でもやはりゲートがカギ。前目で待てる形で2F戦というのが本質的には理想で、前走のダイオライト記念も悪くはないけど結局4F戦ではケイティブレイブのポテンシャルが上になる。うまく立ち回れるか。

日本テレビ盃(JpnII)1着

船橋ダ1800m稍 11頭8枠11番
1:52.9 49.2-50.3 H^1
12.1-11.3-12.5-13.3-13.4-12.9-12.4-12.5-12.5

昨年の日本テレビ盃から振り返る。船橋の1800m戦でペースはややハイ、そこからのL3最速戦となっている。仕掛けが比較的早目ではあるが、それでも全体のペースが上がったことで仕掛けの意識も向こう正面の段階ではそこまで上がり切らず、最速L3もL2-1まで大きく落としていないしそこまで速いラップも踏んでいないと。割と基礎スピードを要求されているが、ペースダウンしての3F勝負という感じ。ポテンシャル戦というほど仕掛けは早くないかな。

11番枠から五分のスタート、そこから押して進めていきながら先頭列に並びかけていき、最終的には2列目の外。早い段階で縦長の形になっていたが、向こう正面の段階ではまだペースが上がらず3角でじわっとペースが上がる中で2列目の外で仕掛けを待つような感じ。4角で仕掛けてケイティブレイブの外からしぶとく伸びてL1で先頭に立ち、外のサウンドトゥルーを制しての勝利となった。

ここではケイティブレイブを撃破しているんだが、個人的にはどちらかというと前半の基礎スピードの形になったことでケイティが甘くなった可能性が高いと思っている。とはいえこの馬としてはこの流れにしっかりと先行して2列目で入れていて、しかもケイティを目標にねじ伏せてきたように基礎スピード面の高さを見せたと思うし、この流れである程度脚を出し切るチャンスがあったサウンドトゥルーを撃破した。L1でラップを落としていないし相手も結構強敵だったと思うので意外と基礎スピード面は持っていると思う。

東京大賞典(GI)4着

大井ダ2000m良 16頭3枠5番
2:05.5(+1.3) 61.3-62.9 H^2
12.2-11.1-12.2-13.0-12.8-12.9-12.9-12.6-11.7-12.8

東京大賞典でも昨年のケースではやはり後ろからの競馬になったのが影響したと思う。ペースはかなりのハイ、その分向こう正面での動き出しが遅くなって13秒前後を連続と息が入っている。結果2F戦となってL2最速11.7と切れる脚を要求されてしまった。この流れ自体はこの馬にとっては決して悪くなかったと思うが結局そこまでの位置取りがまずかったと思う。

5番枠からやや出負け、内枠ということもあっていい位置を取れずに後方からの競馬となってしまう。向こう正面でも後方の中目で進めながらで押し上げられず、3角手前でうまく外への進路を取って追い出される。3~4角でも中団で中目を通しつつ直線で大外。序盤でそれなりに伸びてきて好位列には取り付く。L1でもしぶとく伸びて4番手は確保するが位置が悪すぎた。

一昨年勝った時は先行して3~4角で外からという形だったが、昨年の場合は展開自体は良かったと思うがあの位置から押し上げてとなると流石に難しい。2列目から要所で加速する競馬自体は一昨年の東京大賞典で勝っているように適性は高かったと思うが内枠で包まれて入ってしまったのがね。後方からとなると厳しい。

ダイオライト記念(JpnII)2着

船橋ダ2400m稍 9頭2枠2番
2:35.1(+0.3) 63.1-64.9 H^2
13.0-11.8-12.6-13.0-12.7-13.5-13.3-12.7-11.8-12.4-13.4-14.6

前走のダイオライト記念も悪くはなかったが、ケイティブレイブ相手に完敗を喫してはいる。ここでは確かにかなりのハイではあるが中盤に息が入ってL4最速11.8と向こう正面で速いラップを踏み、そこからは消耗している。基礎スピードも問われているが2400で息も入っているし、結局は後半の4Fロンスパポテンシャル戦ではあるだろうと。

2番枠から五分のスタート、そこから押して押して追走でまずは単独の3番手で入っていく。ケイティ、マイネルバサラを見ながらの単独3番手で馬群に包まれずにうまく1周目のスタンド前。ここも前2頭を少し離れた位置で見ながら向こう正面へ。向こう正面でも前2頭が離していて、ここに外から一気に絡んでいって先頭列3頭の一番外で3角。3角ではマイネルバサラが脱落してケイティのすぐ外で並びかけてくる。4角地点でも食らいつくがこのあたりから手ごたえで怪しくなる。序盤でケイティブレイブに突き放され、L1では甘くなってマイネルバサラとの差も少し詰められての2着だった。

単純なスタミナそのものはあると思うんだが、やはり後半ペースが上がってから長く脚を維持するというポテンシャル面に関してはケイティブレイブが強いなと。この馬は恐らく結構いいバランスで入っていて、前2頭から1秒ぐらいは後ろからなので多分平均~ややハイぐらいのバランス。ただ向こう正面で一番早く仕掛ける形になった。3角までに一足早く動いたことがラストの甘さに繋がったし、逆に言えばそういう後半のポテンシャルに頼った競馬でトップレベル相手には難しいかも、というのはある。

2018帝王賞への展望

ポイントは枠の並びで、しっかりと先行できるかどうかが最大のポイントだったと思う。外人オールブラッシュがいるとはいえ、この感じなら基本的にはリカバーして入っていきやすい並びかなと。先行勢の中では外だし、1角までの距離が長い大井なので外目で包まれないほうが入りやすいことが多いからね。ケイティブレイブだってゲートが安定するわけではないし、テイエムジンソクがひとまずの逃げ馬候補としてみてもアウォーディーを意識しながらその前に行くのかどうか、というぐらいなので多少出負けしても先行策をとれるチャンスはある。この馬は基礎スピード自体は結構持っている馬だし、ポテンシャルもケイティブレイブには見劣るといってもそこそこにはある。東京大賞典を勝った時のように良い位置を取った状態で12.5-12.2-12.4-11.6-12.3とL2最速の流れになればこの馬も結構鋭く脚を使えるのでそこは楽しみがある。近走の安定感からもある程度信頼が置きやすい馬だと思うので、馬券的には少なくともヒモでは拾いたい一頭。最序盤の位置取りさえよければケイティが多少出負けして包まれてという形になる可能性もあるし、恵まれての勝ち負けまではあっても良いと思う。

━━━━━━━━━━━━━━━━━

第67回 ラジオNIKKEI賞(G3)

自信のペナルティ付き!もし、この
ラジオN賞を3点で獲れなければ
2018年有馬記念までの
全GIを無料配信いたします

3点勝負買い目を無料公開

━━━━━━━━━━━━━━━━━

過去10年の上位人気馬の成績は、1人気[2.2.1.4]、2人気[3.1.1.5]、3人気[1.1.0.8]。目立つのは伏兵馬の好走で、15年マルターズアポジー(12人気3着)、13年カシノピカチュウ(14人気2着)、12年オペラダンシング(16人気3着)、09年サニーサンデー(13人気2着)と二桁人気馬が馬券圏に入り波乱の立役者となっている。平均配当は馬連8260円、3連複3万2660円、3連単19万5820円。馬連万馬券が2度、3連単10万馬券以上が5度も出ているように荒れるハンデ重賞である。

ステップレースでは、500万下組(3勝)、1000万下組(3勝)、青葉賞組(2勝)、プリンシパルS組(2勝)と条件戦勝ち組の活躍が目立つ。また、白百合S組(OP)は優勝馬が出ていないが2着4回と馬券に絡んでいる。オープン戦組ではプリンシパルS・白百合S組が要注意。

今年はデビュー戦から2戦無敗のフィエールマン、京都新聞杯で1人気に推されるも出遅れて力を出せなかったフランツなどが出走予定だが、確固たる本命馬不在で波乱含み。実は競馬セブンでは波乱の立役者と成り得る激走穴馬の存在をスクープ!週末情報はお見逃しの無いようご注意ください。

騎手・調教師・馬主・生産関係者と太いパイプを持ち、公にはならない裏情報を入手できる競馬セブンだからこそ、極秘情報を入手可能。今回無料登録をして頂いた方には情報は勿論のこと最終ジャッジの『ラジオNIKKEI賞・3点勝負』を特別公開。情報配信は天候・馬場状態など、馬券に直結するありとあらゆる要素を加味したうえでジャッジするため、レース当日13:30頃の配信となるのでそれまでお待ち頂きたい。

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

━━━━━━━━━━━━━━━━━

第67回 ラジオNIKKEI賞(G3)

自信のペナルティ付き!もし、この
ラジオN賞を3点で獲れなければ
2018年有馬記念までの
全GIを無料配信いたします

3点勝負買い目を無料公開

━━━━━━━━━━━━━━━

ジャパンカップ有力馬の記事は有料版にて…



Links

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。