競馬をやって何が悪い。〜予想は敗因分析から〜

菊花賞の出走予定馬展望が中心!今週あの人気馬はなぜ負けたのか? ラップとレース映像をリンクさせた詳細な敗因分析から競馬の真髄に迫る。 敗因分析できれば次買うべき馬が解る。競馬予想は回顧から始まる。

阪神10R 花のみちステークス 予想:本命01コパノリスボン

time 2018/06/24

阪神10R 花のみちステークス(16下) ダ1200m
馬場想定:稍~重、高速ダート想定

展開予想

展開的には逃げたいマテラスカイとその外からジープルメリアが競ってこの2頭のレースメイク、ある程度激しくなると思う。その外からシルバードリームやゼンノサーベイヤー辺りが先行してペースは34-36ぐらいとみておく。土曜を見ると極端ではないけど高速ダートで10秒前後の時計になる可能性は十分あるので。

予想

◎01コパノリスボン
○11ノボリクイーン
△03マテラスカイ
△14タガノヴィッター
×04ダノンアイリス15ゼンノサーベイヤー
3連複◎〇軸▲△×流し
3連単F◎〇▲-◎〇▲△-◎〇▲△×

◎コパノリスボン

ここは積極的に穴狙い。マテラスカイやジープルメリアと前目でペースを引き上げて良さが出る馬が内にいてこの2頭の花争いでできるスペースを拾えるのは良い材料。阪神1200はどうしても3角の入りが鋭角なので内内で窮屈だとしんどいが、今回はそこをうまく立ち回れる可能性が高い状況なのは良い。それと、やはり道悪での実績がある。500万下を勝った時が阪神1200の重馬場で中団中目で包まれつつ3角で徐々に押し上げて外に誘導しながらねじ伏せる競馬だが、34.4-36.4とかなりのハイの中でキックバックを受けてもある程度やれたし、タガノヴィッターをここでは撃破していて相手も手ごわかった。1400だがクリスマスキャロル賞でもアキトクレッセントの2着と道悪で高速決着自体適性が高い。あとはこの枠でうまく2列目で入っていければ面白いかな。

○ノボリクイーン

ここは一発狙い。前が引っ張る前提で高速ダートでの基礎スピード戦なら通用していい。京都1200mだが1000万下2着時が不良の高速ダートで1:10.4と好時計。ラップ推移的にも34.0-36.4と超ハイからの12.2 – 10.6 – 11.2 – 11.7 – 12.1 – 12.6と基礎スピード戦を逃げてかなりしぶとく踏ん張った。ここ数走は物足りないけどダートスタートの方がいい印象だし、休み明け初戦だが13日の坂路が52.7-24.7-12.3と結構いいラップでやれている。このメンツで15番人気なら思い切って狙ってみても良いかな。

△マテラスカイ

純粋にドバイ遠征明け、検疫明けでしっかりと立て直せているのかどうか。能力的には最上位だし前走のドバイゴールデンシャヒーンでも日本式の計測なら9秒台も視野に入ってくる。その基礎スピード勝負に対応できてたのは一定の評価。2走前の橿原Sでも34.8-36.2とかなりのハイからの12.3 – 10.9 – 11.6 – 11.9 – 11.9 – 12.4と単調な流れで逃げてちぎった。稍重だが結構時計が掛かっていた冬の京都で、この辺からも個人的には力の要る馬場で消耗させたい感じはある。高速ダート適性とドバイ明けがカギだが能力を評価し連下。

△タガノヴィッター

シドニーT組では一番かな。34.3-36.6と京都1200にしてはかなり流れたが、12.1 – 10.7 – 11.5 – 11.7 – 12.1 – 12.8と消耗戦の流れで中団外々から押し上げながらラストまでしぶとく差し込んできた。厳しい流れが合っていると思うし、なにわSでもジープルメリアが押し切りを狙ったところで結構際どく差し込んできた。ジープルメリアは落馬競走中止明けで追い切りがいまいちだし、この馬を連下で。

×ダノンアイリス

ヴェンジェンスはダートスタートでは小倉1700でいまいちな感じだったのでそれならこちらを狙おうかなと。内の各馬が主導権を握る中でその後ろのスペースを確保できそうというのはコパノリスボンと同じ。前走陽春Sは7着も内容的には悪くないし、ゲートもまずまず出ていたが少し消極的な感じになって下がったのもある。12.0 – 10.6 – 11.5 – 11.9 – 11.8 – 13.1のラップ推移で4角出口で包まれて外に出すのにワンテンポ置かれてしまったし、L1はそれなりに来ていたのでなだれ込みが利きやすい高速ダートの1200で流れに乗っての一発い警戒。

×ゼンノサーベイヤー

まあ陽春S、シドニーSをそれなf理に評価したというところ。ただ基本的に入ペース向きではないと思っているし、阪神1200だと基礎スピード戦になりがちなので後半の決め手が甘くなりがち。前走のシドニーTの感じからもタガノヴィッターより上位の評価は難しいので3着ヒモまで。

 そこでご紹介したいのが日本ダービージョッキー大西直宏「ワールド競馬WEB」。2018年春G1シリーズも、NHKマイル・ヴィクトリアM・オークス・ダービーと4連続的中で今ノリにノっています。ダービーはワグネリアンから馬連1点で795,000円のシビれるヒットでしたが、宝塚記念はそれ以上に勝負できる自信レースだとのこと。
 大西騎手はG1レースに何度も騎乗して、G1特有の騎手心理などを熟知していて、騎手ならではの観点で勝馬を見抜けるから得意なのだという。
 大西騎手曰く、、「宝塚記念はオッズ的には混戦ですが、絞って狙えそうです。買うのはこの2頭だけでよい!↓↓
「買うべき2頭」はこちら
G1ジョッキー大西直宏自信の
宝塚記念(G1)
「想定30倍以上の馬連1点」
↑無料で今すぐ教えます↑
今年も得意のG1競走で
万馬券連発お届け中!
 
5/27 日本ダービー
馬連7950円的中
——————
5/20 オークス
3連単3360円的中

——————
5/13 ヴィクトリアマイル
3連複8850円的中

——————
5/6 NHKマイルカップ
3連複2万1840円的中

——————
先週!6/10 エプソムC
3連単2万80200円的中
サトノダイヤモンドは復調している?
 
ヴィブロスは牡馬相手でも勝てる?
答えはダービージョッキーに聞け!!
↓↓↓↓↓↓
絞りに絞った馬連1点無料配信
※メール送信後、返ってくるメール記載のURLをクリックで登録完了。

 

ジャパンカップ有力馬の記事は有料版にて…



Links

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。