競馬をやって何が悪い。〜予想は敗因分析から〜

菊花賞の出走予定馬展望が中心!今週あの人気馬はなぜ負けたのか? ラップとレース映像をリンクさせた詳細な敗因分析から競馬の真髄に迫る。 敗因分析できれば次買うべき馬が解る。競馬予想は回顧から始まる。

東京10R 清里特別 予想:本命13ヤマトワイルド

time 2018/06/24

東京10R 清里特別(10下) ダ1400m
馬場想定:稍~重、高速ダート想定

展開予想

クロースの劇的FK…!ボアテング退場になった時はどうなることか…からの劇的ゴール。なんだかんだ見てしまうなあ…。決める人はラストプレーと分かったうえで決める、凄いわ。これでブラジル・ドイツも勢いがついてきそう。アルゼンチンは…あかん気がする。明日は日本代表、超がんばれ!地味に繋ぎの大下智も見てた…。色々大変やねんな…。帰ってきて乗れてよかった、お疲れ様です。

土曜は想定より雨が降ったのだが、馬場自体は結構いい感じだったというところ。極端な高速ダートではないと思うがそれでも軽い。

展開予想だが、逃げ馬が読みにくくレピアーウィットがしっかりと出られるかどうかで変わってくるかな。一応主張するのはメイショウサチシオかなと思うがダートスタートが未知数で何ともだし、外のアオイサンシャイン辺りも主張するのでおそらくそこそこ激化するかなと。34.5-36.5位でハイペース想定。

予想

◎13ヤマトワイルド
○05レピアーウィット
▲08ワンダープラヤヤン
△04ダイワスキャンプ
△16ミスパイロ
×09リスペクトアース10ティアップサンダー
3連複◎軸○▲△×BOX
3連単F◎〇▲-◎〇▲△-◎〇▲△×

◎ヤマトワイルド

高速ダート適性が高いし、流れても決め手勝負でもやれる強みを評価。2走前は東京1400mで35.9-36.4と平均から11.9-12.2-12.0-12.0-12.4と直線で再加速する流れの中で3列目の外から直線しぶとく伸びてL2でしっかり抜け出す形を取れた。要所で良い脚を使える。3走前の東京1400m戦では稍重で高速ダート、34.3-37.1と超ハイの流れから11.1 – 11.8 – 12.1 – 12.3 – 12.7と消耗戦で中団外々から正攻法で突き抜ける強い競馬。この感じからも前走の御影Sも悪くないので流れても良いだろうと。軸としては信頼が置きやすい。この馬から。

○レピアーウィット

能力的にみればこの馬だと思う。前走の1000万下は強い競馬で外から突き抜けたが、この時は冬場でかなり時計も掛かっていたし、これで実は同日の1000万下大島特別と同タイム。この時点でこのパフォーマンスはかなり高い。また2走前の場合は軽いダートで時計はまずまず程度も36.5-36.1と逃げて平均、12.5-12.8-12.7-11.6-11.8と2F戦で瞬間的な速度は十分。L3が12.7と遅いので上がり3Fだと平凡だがこれは仕掛けが遅かったことが大きい。動けるタイプだと思うので包まれても進路があればとは思うがやはり内枠で出負けのリスクはある。能力を評価しての対抗だが信頼度ではヤマトワイルドが上か。

▲ワンダープラヤアン

穴でこの馬を狙いたい。2走前の大島特別では6着と物足りないように映るが、この時は少しトリッキーな流れで35.9-37.4とかなりのハイも12.0 – 12.4 – 12.7 – 12.1 – 12.6と中弛みがあったし直線入りの地点でもまだ12.7と緩いところで馬群に包まれて後方近くに下げて外とリズムが悪かった。そこからは伸びていたので中弛みで取り付けていたら、という感じ。前走、3走前の内容からも出し切りやすい流れの方がよさそうで、1200で勝ち上がったけど1400ぐらいが合うと思う。一発狙い。

△ダイワスキャンプ

前走の富嶽賞は勝ち馬が強すぎた。勝ち馬の時計は同日のOP欅Sより速いわけで、これは相手が悪すぎ。35.5-36.0と平均ペースの流れで中団馬群の中目で待たされて後方に下がって直線に入ってしまった。それでも最後まで伸びてきていて末脚の絶対量はここでもトップレベル。今回も内枠なので包まれてどうかというところはあるが力は警戒しないといけない。

△ミスパイロ

個人的には高速ダートで基礎スピード戦でとなるとちょっと不安があるのと、前走を見てもダートスタートでも行き脚が鈍かった感じなのでこのあたりは不安。ただ前走の決め手は破格で、ハイペースではあったにせよ一頭だけ上がり35.8と明らかに違う脚色でL2の地点でほぼ勝負を決める競馬(上がり次点が36.9)。後半型の競馬で覚醒しつつあると思うので本来もうちょっと距離があった方が?とは思うが高速ダート自体はパイロ×ティンバー系のアドマイヤドンだしよさそう。

×リスペクトアース

3走前のBSイレブン賞を評価。準OPでかなり軽い状況だったにせよ35.5-35.2と前後半ともに速い、11.6 – 11.8 – 11.4 – 11.6 – 12.2とよどみない流れで外枠から外々押し上げてという競馬で2着なので単調な競馬のほうが合っていると思う。前走が物足りないが高速ダート以外のパフォーマンスがいまいちなのでこういう馬場で狙っても面白い。

×ティアップサンダー

これもミスパイロと同様で前走の中京1400のインパクトがすごい。これまで忙しい競馬をして追走に苦労していたが、1400への延長で後半勝負に特化したことで直線だけでまとめて面倒。35.3-37.8と超ハイで11.4 – 12.1 – 12.6 – 12.5 – 12.7とよどみなくという中ではあったにせよ一頭だけ次元が違う脚(これも次点が36.4)。高速ダート適性が同課は微妙な血統だが後傾バランスで良さが出てきたし、力の要る馬場だったことを考えてもL2の伸びはかなりのもので11秒台に入っているはず。切れる可能性もあるので押さえておきたい。

 そこでご紹介したいのが日本ダービージョッキー大西直宏「ワールド競馬WEB」。2018年春G1シリーズも、NHKマイル・ヴィクトリアM・オークス・ダービーと4連続的中で今ノリにノっています。ダービーはワグネリアンから馬連1点で795,000円のシビれるヒットでしたが、宝塚記念はそれ以上に勝負できる自信レースだとのこと。
 大西騎手はG1レースに何度も騎乗して、G1特有の騎手心理などを熟知していて、騎手ならではの観点で勝馬を見抜けるから得意なのだという。
 大西騎手曰く、、「宝塚記念はオッズ的には混戦ですが、絞って狙えそうです。買うのはこの2頭だけでよい!↓↓
「買うべき2頭」はこちら
G1ジョッキー大西直宏自信の
宝塚記念(G1)
「想定30倍以上の馬連1点」
↑無料で今すぐ教えます↑
今年も得意のG1競走で
万馬券連発お届け中!
 
5/27 日本ダービー
馬連7950円的中
——————
5/20 オークス
3連単3360円的中

——————
5/13 ヴィクトリアマイル
3連複8850円的中

——————
5/6 NHKマイルカップ
3連複2万1840円的中

——————
先週!6/10 エプソムC
3連単2万80200円的中
サトノダイヤモンドは復調している?
 
ヴィブロスは牡馬相手でも勝てる?
答えはダービージョッキーに聞け!!
↓↓↓↓↓↓
絞りに絞った馬連1点無料配信
※メール送信後、返ってくるメール記載のURLをクリックで登録完了。

何悪。分析note2022



Links

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。