競馬をやって何が悪い。〜予想は敗因分析から〜

菊花賞の出走予定馬展望が中心!今週あの人気馬はなぜ負けたのか? ラップとレース映像をリンクさせた詳細な敗因分析から競馬の真髄に迫る。 敗因分析できれば次買うべき馬が解る。競馬予想は回顧から始まる。

宝塚記念 2018 出走予定馬:サイモンラムセス&小牧太確定

time 2018/06/21

宝塚記念 2018 出走予定馬:サイモンラムセス&小牧太確定

第59回 宝塚記念(GI)出走予定馬展望

日程:2018年6月24日()
コース:阪神芝内2200m

予想用・出走予定馬一覧

サイモンラムセス(小牧太確定)

今年で既に8歳ながら1000万下クラスから連勝で準オープンも卒業、勢いは見劣らないサイモンラムセスが宝塚記念に出走予定だ。これまであと一歩が足りない状況が続いていたがそれを打破したのが逃げの一手。ここ2走で逃げ切りを収めてきただけに、今回初の檜舞台でも思い切って自分を貫くのみだ。強敵を背後に受けてあっと驚く逃げ切りを収めるか。

逃げて結果を出してきたが、これまでの内容的にも高速馬場が大きかったのもあると思う。渋ってくると流石にノーチャンスかなという感じで、あるとしても良馬場で平均~ややスローなのに単騎ですすめられている状況…ぐらい揃わないとというのはある。そういう点でも本来外回り向きな感じはするが。

グリーンS(16下)1着

阪神芝外2400m良 12頭4枠4番
2:24.2 60.1-59.6 M
12.8-11.0-11.8-12.3-12.2-12.2-12.3-12.6-12.4-11.1-11.2-12.3

前走の準OPジューンSから振り返る。かなりの高速馬場の阪神でペースは平均で支配。しかしそこからの3F勝負でL3最速も11.1とかなり速いラップを踏んでいる。3角辺りでは少し息が入って4角で一気に出し抜いてきたという形になる。

4番枠から好発を切って押して押してハナを主張、早い段階で主導権を取ろうとするが外からマイネルレオーネも競ってくるのでペースを落とせず飛ばしていく。道中も途中まで淡々と飛ばして3角へ。3角辺りではラップ的にも少し息を入れてここで我慢、4角の下りで一気に加速、楽な手ごたえで2列目を引き離して2馬身半差で直線に入ってくる。序盤でそこから追い出されてしぶとく伸びて後続を寄せ付けない。L1でも2馬身半差をしっかりとキープするような感じで2馬身差完勝。

ここでは逃げきる形になったがペースを平均に作りつつもしっかりとL3で速いラップを踏んでの内容で4角以降はキタサンブラックか?と思うぐらいいい抜け出し方だったと思う。あそこから長くトップスピードを維持できていたのは意外で、こういう競馬ができるのが強みなんだろうなと。軽い馬場で基礎スピードを引き出し、そこからでも長くトップスピードを維持できる。ブラックタイド産駒はこういう感じなのかなというぐらいキタサンっぽい競馬をしてきたなと。

1000万下1着

京都芝内2000m良 8頭8枠8番
1:58.7 61.0-57.7 S^3
12.7-12.0-12.1-12.0-12.2-11.9-10.9-11.1-11.4-12.4

2走前の1000万下勝ちも面白い競馬。高速馬場でペースは3.3と超スローだが、やはりインパクトがあるのはL4最速10.9ということだろう。3角の坂の下りで一気にペースを上げきってしまった。その点では前走と近いが京都の内回りだとそれではL4最速になるのでしんどくなるはず。それでここまでやれたインパクトは大きい。

8番枠から好発、外から思い切って楽にハナを主張、主導権を取り切ってしまう。道中も単騎に近い形でそれでもドスロー。3角手前で外から絡まれたところで坂の下りで一気にペースを引き上げてしまい4角出口では4~5馬身ほどぶっちぎって直線。序盤で堂々勝負を決めて、L1でも全く問題なかった。

この馬は坂の下りで一気に上げきるのが合っているのかなという感じ。それとコーナーでペースを引き上げていくのが良い印象で、ちょっと違うと思うけどマイネルミラノ的な感じではあると。ここではドスローに持ち込んだ形だが、そこからコーナーで一気に加速して突き放せたようにかなり面白い競馬をしている。ただし、どちらもコーナー地点での下りで加速ができているともいえるので、フラットに近い(緩やかな下り坂が続くが)阪神内回りの2200mでこれができるかどうか。

琵琶湖特別(10下)4着

京都芝外2400m稍 12頭5枠6番
2:30.9(+0.6) 62.8-61.0 S^2
12.5-12.1-12.2-13.0-13.0-12.6-12.7-12.5-12.2-12.2-12.4-12.7

3走前の琵琶湖特別では力の要る馬場状態で逃げの手を打ったが結果が出なかったと。これがこの馬を語るうえで重要かもしれない。ペースは1.8でかなりのスローに入っていてL4最速タイのポテンシャル戦。坂の下りで加速している形。

6番枠からまずまずのスタート、そこから押してハナを主張し結構楽に主導権を取る。そのまま3角の下りでじわっと加速して直線。序盤で一気に出し抜いて勝負あったかなというところを見せながらもL1で失速した。

この辺からも多分だが力の要る馬場でも一瞬は良い脚を使えるが、高速馬場ほどには長くトップスピードを維持できないんだろうと思う。あまりポテンシャル戦剥きではないと感じたのはこの辺かな。ただ馬場の悪い内を通す形にはなっているし、結構強敵が揃っていたので馬鹿にはできないというのも確かか。

2018宝塚記念への展望

個人的には高速馬場なら狙っても良いと思っている。ただし、力の要る馬場だと楽に逃げるパターンは難しいと思う。阪神内回り2200なので力の要る馬場になると13秒台、60で入ればハイペース寄りになってくるし、息を入れるのが難しいコースなのでコーナーで仕掛けるだけの余力を持ちにくいだろう。ただし、高速馬場なら今回も面白い条件。逃げたくない2列目が理想のダンビュライト・タツゴウゲキがある程度楽に行かせてくれるので60秒前後でスローバランスに持っていける可能性は高い。3走前の琵琶湖特別でポテンシャル戦でも結構L2の途中ぐらいまでは良い脚を使えていたし、ここ2走はこれまでのこの馬からはちょっと想像ができないほど要所の抜け出す脚が良かった。ここ2走はフロックという感じではないので、この競馬ができるのであればちょっと警戒は必要かなと感じる。あとは馬場と舐められるかどうか。馬場次第だが穴目で考えたい一頭。

 そこでご紹介したいのが日本ダービージョッキー大西直宏「ワールド競馬WEB」。2018年春G1シリーズも、NHKマイル・ヴィクトリアM・オークス・ダービーと4連続的中で今ノリにノっています。ダービーはワグネリアンから馬連1点で795,000円のシビれるヒットでしたが、宝塚記念はそれ以上に勝負できる自信レースだとのこと。
 大西騎手はG1レースに何度も騎乗して、G1特有の騎手心理などを熟知していて、騎手ならではの観点で勝馬を見抜けるから得意なのだという。
 大西騎手曰く、、「宝塚記念はオッズ的には混戦ですが、絞って狙えそうです。買うのはこの2頭だけでよい!↓↓
「買うべき2頭」はこちら
G1ジョッキー大西直宏自信の
宝塚記念(G1)
「想定30倍以上の馬連1点」
↑無料で今すぐ教えます↑
今年も得意のG1競走で
万馬券連発お届け中!
 
5/27 日本ダービー
馬連7950円的中
——————
5/20 オークス
3連単3360円的中

——————
5/13 ヴィクトリアマイル
3連複8850円的中

——————
5/6 NHKマイルカップ
3連複2万1840円的中

——————
先週!6/10 エプソムC
3連単2万80200円的中

サトノダイヤモンドは復調している?
 
ヴィブロスは牡馬相手でも勝てる?
答えはダービージョッキーに聞け!!
↓↓↓↓↓↓
※メール送信後、返ってくるメール記載のURLをクリックで登録完了。

大魔神・佐々木主浩氏の菊花賞予想はこちら!



Links

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。